フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

チューナー関連リンク

« SONY ST-J75 その2 | トップページ | 入会19周年 »

2006年10月22日 (日)

TRIO KT-7700

Kt770012  1977年、SONY ST-5130の次に我家にやってきた7連バリコンのFM専用チューナーです。ランプ切れ無し、針のズレもほとんど無し、今でも良い音を奏でています。全く問題なしと思っていましたが、先日思わぬ故障に気が付きました。メーター上にパイロットランプ(LED)が3つ並んでいます。左から「stereo」「narrow」「mpx filter」で本来ならば3個とも赤く輝くはずですが、右側2個が点灯しないことに気が付きました。私は左側の「stereo」ランプだけが点灯する状態で使っていました。IFバンドを「wide」側にしていると「narrow」ランプは点灯しません。「mpx filter」ランプもモードを切り替えない限り点灯しません。だから今まで気が付かなかったのです。いつから不具合があったのか分かりませんが、本格的な故障なのかそれともただのランプ切れなのか確かめるために天板を外してみました。

 せっかくの機会ですのでいろいろ写真を撮っておきました。興味のある方はご覧ください。さてランプはすぐ手の届く場所にありました。LEDです。驚いたことにLEDの足は半田付けされておらず、ソケットに差し込んであるだけの構造でした。簡単に外せます。試しに手持ちのLEDに交換したところ、目出たく点灯!形状が似ているLEDに赤色が無かったので、とりあえずオレンジ色と緑色に交換してあっという間に作業完了です。(LEDが並んでいる写真で左側2個が本機から取り外した純正品の赤色LEDです。)

 さすがに3個とも点灯させると輝度の違いが分かりますが、いずれジャンク品などから赤色LEDを確保できたら再度交換するつもりです。逆に思い切って色を変えてしまっても良いかもしれません。

Trio_kt7700

Kt770006 Kt770009 Kt770010 Kt770011_1 Kt770001

Kt770007 Kt770008 Kt770003 Kt770005_1 Kt770002

【2007年9月16日 追記】

 KT-7700の取扱説明書を入手しました。この頃の説明書は技術解説が豊富に記載されているので、読むだけで結構勉強になります。操作方法や定格をお調べの方はご利用ください。

◆TRIO KT-7700 取扱説明書 (PDF形式 約8.9MB)

TRIO KT-7700 定格 <取扱説明書P11より転記>
【FM部】
受信周波数 76MHz~90MHZ
アンテナインピーダンス 300Ω平衡および75Ω不平衡
感度(IHF規格) 1.5μV(300Ω) 0.8μV(75Ω)
クワィティング感度(SN比50dB) 2.8μV(MONO)
30μV(STEREO)
歪率(100%変調)  
wide 1kHz 0.08%(MONO) 0.1%(STEREO)
wide 50Hz~10kHz 0.1%(MONO) 0.15%(STEREO)
wide 15kHz 0.15%(MONO) 0.4%(STEREO)
narrow 1kHz 0.15%(MONO) 0.4%(STEREO)
SN比(100%変調 1mV入力) 78dB(MONO) 75dB(STEREO)
イメージ比 120dB
選択度(IHF規格)  
wide 400kHz 35dB
narrow 400kHz 110dB
narrow 300kHz 60dB
IF妨害比 120dB
ハーモニック・スプリアスレスポンス 120dB
AM抑圧比 65dB
キャプチャーレシオ wide 1.0dB
narrow 1.5dB
ステレオセパレーション  
wide 1kHz 50dB
wide 50Hz~10kHz 45dB
narrow 15kHz 40dB
narrow 1kHz 45dB
キャリアリーケージ 70dB
周波数特性  
50Hz~10kHz ±0.2dB
30Hz~15kHz +0.2dB -1.2dB
【出力およびインピーダンス】
FM(400Hz 100%変調) 可変 0~1.5V 1.2kΩ
固定 0.75V 1.0kΩ
FM DET OUT 0.3V
マルチパス出力 H:0.3V V:0.1V
【電源部その他】
電源電圧 周波数 AC100V 50Hz/60Hz
定格消費電力 22W
寸法(mm) 幅430×高さ149×奥行376
重量 8.5kg

-----------------------------------------------------------------------------
■KT-7700の特長:取扱説明書から抜粋

発振回路内蔵、FM専用周波数直線7連VC採用、DD-MOS型FET採用のフロントエンド
 (※DD-MOS=ダブルディフューズド-MOS)
 発振回路内蔵の周波数直線7連バリコンを使用、バリコンの回転角度に対して周波数を合わせてあるので、目盛精度が極めて良好です。また、高周波増幅部が Single tune / Double tune / Triple tune の構成ですので、イメージ妨害比、スプリアス妨害比等の妨害排除能力が優れています。
 また高周波増幅部には2石のDD-MOS型FETを、周波数混合部に1石のデュアルゲートMOS型FETを使用しましたので、回路の安定度、混変調、相互変調が極めて良好です。このDD-MOS型FETはエンハンスメントで大入力でもリニアリティが良いので、特に相互変調およびスプリアス特性が良好です。さらに帰還容量、NFが小さいので安定かつ高感度です。
 さらに局発部を立体配線にしブロック化することにより、安定受信の一要素である局発部の安定度を高め、温度・湿度の変化による周波数ドリフトを極めて小さく抑えています。

選択度2段切替および超広帯域検波のIF部
 高選択度特性によるクリアーな受信と超低歪率による良い音質を両立させるため、IFの帯域をnarrow / wide の2段階に切り替えることができます。
 narrow bandの回路には、群遅延特性のすぐれた4素子セラミックフィルター(フェイズリニア型)を3段構成とし、合計で12素子で110dBの高選択度を得ています。wide bandは、理想的な群遅延特性を有する4ポールLCフィルターを2段で構成し、新開発のマルチプリケーティブ ディスクリミネーターと相まってオーディオアンプ並みの低歪率を得ています。
 マルチプリケーティブ ディスクリミネーターは、帯域peak to peak 5MHz以上、0.04%の歪の範囲が1MHz以上という超低歪率、超広帯域の理想的な検波回路です。またこの検波回路をパッケージ化しましたので、歪のバラツキがなく安定度が抜群です。

PLLとNew DSDC それに7素子LPFによるMPX部
 MPX部には、PLLにループ応答自動切替回路を付加してパイロット信号と変調周波数との混変調歪をなくし、さらにトリオ独自のアナログスイッチとして最適なFETスイッチング方式による New DSDC を搭載し、その結果低歪率と左右独立セパレーション調整による高いセパレーション特性が得られます。LPFはノルトン変換した7素子のフィルターを使用し、音質を損なうことなくキャリアリークを抑えています。
 ※DSDC=Double Switching Demodulator Circuit

±2電源ドライブによるローノイズオペレーショナルアンプ使用のポストアンプ部
 ローノイズオペレーショナルアンプを±2電源で使用、低歪率でダイナミックレンジが広く、300%以上の混変調に対しても強い設計となっています。また、エンファシス回路には、±1%誤差の抵抗および±2%のコンデンサーを使用した高忠実度設計です。

リレー式2段階ミューティング回路採用
 ミューティング回路はリードリレーによるミューティング回路を採用、アンテナ入力とディスクリSカーブとをAND結合した出力をシュミットトリガー回路でドライブし、しかも高信号レベルを断続しているため、ショックノイズは極小です。さらにこのリードリレーによって電源ON/OFF時のショックノイズも防止しています。また局間ノイズをカットする場合とステレオでSN比が50dB以上の局を選択する場合との2段階に切り替えることができます。

メタルグレーズ型半固定VR使用の高信頼設計
 極限に迫る性能を発揮させるために、半固定抵抗器だけでも10か所を微調整しています。この半固定抵抗すべてに温度湿度特性に優れたメタルグレーズ型を採用して、環境変化に対しても高性能を維持します。また必要個所には±50ppm/℃の高安定度高精度の金属皮膜抵抗を使用しています。

「本物」が感じられるデザイン フィーリング
 フロントパネルは4mm厚のアルミ1枚パネルで、ブロンズゴールドのヘアライン仕上げ、無垢の味わいのあるツマミに加えて8mmの合わせガラスを使ったフロントグラス、本物のガラスを使ったユニークな目盛板など高級機の思想が生かされています。

便利で使いやすい機能
・マルチパス検出に便利な multipathメーター、FM multipath端子。
・エアチェックに便利なピーク検出型でdB表示の deviationメーター。
・将来FM4ch放送が始まったとき、アダプターがつながる FM det out端子。

-----------------------------------------------------------------------------
【2008年1月26日追記】

 ■→サービスマニュアルに従ってきっちり調整した記録記事。サービスマニュアルあります。

« SONY ST-J75 その2 | トップページ | 入会19周年 »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

毎回楽しみに拝見しています。
こちらのページとひろくんのページに触発されて最近KT-7700をゲットしました。
以前何かの記事で、KT-7700のメーターのランプ切れに対応するため、調べたら自動車用のスタンレーの電球が合うと見たような記憶がありますが、ご存じありませんでしょうか?
年代もののチューナーを愛する方を見ると、25年前の学生時代を思い出し、感傷に浸ってしまいます。
かかる中、本日ケンウッドサービスに、メーター修理を依頼してしまいました。

コメントありがとうございます。

SONY ST-5950の照明が自動車のルームランプと同じ・・という記事でしたら以前書いたことがあります。

古いチューナーはKENWOODやPIONEERなどサポート体制が整っているメーカー機種を選ぶことがポイントですね。メーター修理のその後の経過(故障状況、対応、修理費用など)をお知らせくださると嬉しいです。

本日ケンウッドサービスからの回答。部品ありませんとのこと。想定していたとは言え残念でした。機能面では調整は必要ないほどの程度とのことでした。LEDが切れていたのでこの記事を参考に個人的に千石通商様のサイトでTOSHIBBA TLG226の2φLED(緑色)を入手し無事LEDは回復しました。サービスの方は大変親切で、お願いして古い回路図の部分コピーをいただきました。やはりメーカーにより対応は違いますね。某YAMA○○様は少々固い対応かな?素人には使いこなせそうもありませんので、よろしければリクエストしてください。次はメーターランプの補修に挑戦です。

30年前の機種ですから「部品無し」は仕方ないですね。

私は同系統機KT-7500のジャンク品を確保し、故障時の部品交換に備えています。ジャンク品といっても幸運なことにほぼ正常に機能する動作品でした。

古い機器と永く付き合うためには苦労が絶えませんね。といってもこれが楽しいのですが・・。

BLUESS様
初めまして、昔からのトリオ・チューナファンの70を超えた爺いです。先日、昔から欲しかったKT-7700の中古を手に入れました。FM各局の受信は正常の様ですが、3つあるLEDがどれも点灯しません。LEDの点灯条件が”stereo”については説明書に記載されてますが、他は不明、このサイトの記事を読み、本体天板を外し、各LEDの端子間の導通をテスターで
確認した所、断線状態でした。この判断が正しいとして、代替え品を探したいのですが、出来れば赤色LEDでと考えてますが、何か該当するものがありますでしょうか、お判りでしたらお教え下さると助かります。因みにFMは実験放送時代にトリオのチューナーで聴いてました。 waka1941

waka1941様

ちょうどKT-7700の修理記事をアップしたところです。
LEDの交換作業も行なっていますので参考になるかもしれません。

TRIO KT-7700 修理調整記録2

LEDは先端の直径が2mmの凸型です。パーツショップで入手可能です。
でも台座部分のサイズまで含めて同型品、同サイズ品を探すのは難しいです。
直径2mmさえ合っていれば、あとは取り付け方の工夫で何とかなります。

あるいは同時期のKT-7500とかKT-5500の安いジャンク品を入手してLEDを移植する方法もあります。

BLUESS 様
早速にご連絡有難うございました。LEDの件、色々ネットで調べてますが、このサイトで
のKT-7700のLEDの写真(現行品2本と、黄、緑の4本が写っている)の右2本のタイプ
が良さそうですので、このLEDの入手先もしくはメーカー名か型式等がお判りでしたら教えていただけませんか。LEDは先端部分が直径2mm長さは3~5mmなのかなと思い調べ、
東芝のTLR226が近そうと思ってますが寸法的にちと短いようで。本当であればKT-770のLED周辺の回路図があれば助かります。
 waka1941


申し訳ありませんがLEDの型番は分かりません。
現物を持参してパーツショップで探したものです。

凸型先端部:直径2mm、長さ4mm
凸型台座部:直径4mm、高さ4mm

先端部のサイズが合っていれば、取り付けは工夫次第で何とかなります。

BLUESS様
LEDの件、KT-7700のLEDの写真を基に秋葉原のラジオデパートで現行品とサイズ的にほぼ同サイズのものを見つけました。当デパート2階の奥にある・・・無線で、色は赤、緑、黄
と3色あり、赤、緑の2色を手に入れ実機のソケットに装填、点灯してみましたが、赤が良かったので3点共赤LEDにしました。このLEDだとゴムのアダプタ、パネル穴にも何の加工もせずすんなり入り、後はゴム面にボンドを塗り無事装着できました。このLED、50円/本、多分Made in Chinaのようです。もしトリオ・チューナーでLEDの断線で交換用をお探しの方がおられるようでしたら、ご参考にされてはいかがでしょうか。このLEDの形番かどうか分かりませんが、店のパーツボックスに”2533D”と書いてありました。レシートが手元にありますので、店の名前も判ります。
もう一つ判ったことはダイヤルノブを固定しているネジですが、2mm六角ネジ?らしい、と聞いて、1.5、2、2.5mmの六角レンチを探しトライした結果、1.5mmが正解のようです。こチューナー、一応各局共選局時にはSigレベルが4.2位を指し、stereo表示も正常なので、近いうちに電源部の電解コンデンサだけでも新しいものに交換しようかと考えてます。手持ちの測定器、工具類がテスター、ドライバー、半田コテしかありませんので。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140763/12374755

この記事へのトラックバック一覧です: TRIO KT-7700:

« SONY ST-J75 その2 | トップページ | 入会19周年 »