フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

チューナー関連リンク

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月の記事

2006年11月26日 (日)

DENON TU-900

Denon_tu900_01  1990年頃に友人から譲り受けたFM専用チューナーです。チューナー自体は1980年頃の製品だと思います。5連バリコンのアナログ式ながら4桁のデジタル表示も備えている珍しい機種です。とても太くて良い音です。今でも針が示す周波数とデジタル表示はピッタリ一致しており、動作にまったく問題ありません。

 オーディオブームがピークを過ぎた1990年頃からでしょうか。私のオーディオ好きを知っている友人たちが、不要になったアンプやチューナー等を「寄付」と称して我が家に置いて(捨てて?)いくようになりました。数多くの名機に囲まれて幸せ気分に浸りましたが置き場所に困るようになり、実家の倉庫に大量保管していました。

 ネットオークションを利用するようになってずいぶん多くの機器を処分してきましたが、この機種は大切に残しておきたいと思います。我家のメイン機ではありませんが、時々通電して使っています。何故メイン機ではないかと言いますと、本機はサイドウッドを含めると全幅が505mmもあります。ラックに収まらないのです(涙)。電源トランスが背面パネルに、しかも斜めに取り付けられています。本体の高さを抑えるための工夫でしょうか。興味のある方はどうぞご覧ください。

 昭和56年7月発行 DENON総合カタログ PDFファイル:707KB

Denon_tu900

【2007年10月17日 追記】--------------------------------------------

Denon_tu900_12  TU-900の記事を書いてから約11ヶ月経過しましたが、最近になって標準信号発生器やFMステレオ変調器を入手しました。ようやく本格的な調整作業ができるようになった訳です。この記事を書いた頃は壊してはいけないと思い基板や部品にはノータッチでしたが、今回はいろいろと調整してみました。可変抵抗などには機能を示すシルク印刷がないので試行錯誤でしたが、次の調整ポイントが判明しました。場所は写真をご覧ください。音質はかなり良好です。[HA12412]によるクォドラチャー検波、MPX部は[HA11223]です。スペック上はセパレーション60dB確保されています。

 ・ステレオセパレーションの調整
 ・19kHzパイロット信号キャンセル 【2009年5月9日訂正記事掲載】詳細は下の方で・・
 ・RECレベル調整
 ・シグナルインジケーター点灯位置調整

【2008年6月21日 追記】----------------------------------------------

 昭和55年(1980年)10月発行TU-900のカタログを入手しました。当時の「売り」や詳しいスペックが判明しましたので、仕様の部分を抜粋するとともにPDFファイルでアップします。

DENON TU-900

洗練されたニュー・デジアナ・チューナー誕生!!
卓越した操作性と4桁表示高精密同調、低ひずみ率

 音楽ファンにとって手近なハイクォリティソースはディスクレコード再生が中心でした。しかしここにきてFM放送も、PCMステレオ中継回線の全国ネットワークがほぼ完成し、加えて生中継・PCM録音の番組増設など放送局の積極的な動きを見るなかで、FM放送の音楽ソースとしての期待は高まる一方です。  こうした高品質のFM放送を受信するには、チューナーの基本性能を向上させるとともにチューナーの使命から放送局の周波数に正確に同調させることが第一の条件となります。本機はまず、すっきりしたデザインのアナログ表示ダイヤルスケールのほかに4桁表示のデジタル・ディスプレイによるジャストチューニング方式を採用、加えてタッチセンサー方式オートサーボロックを装備して同調操作の容易さ、正確さを実現しました。さらに、基本性能を向上させるため、高感度フロンドエンド、広・狭2帯域中間周波数増幅、広帯域検波回路、パイロットキャンセラー付MPX回路、DCアンプオーディオ回路などを備えて高SN比88dB、低ひずみ率0.025%、セパレーション60dBを得ております。  またスリムなフロントパネルの両端にウッドを配し、落着きのある現代感覚を漂わすハイセンスなフィーリングを創りだしました。

DENON TU-900 定格 <カタログより転記>
【FM部】
受信周波数 76MHz~90MHZ
アンテナ端子 75Ω(FMコネクター式)300Ω(ターミナル式)
実用感度 0.9μV(75Ω、10.3dBf)
S/N50dB感度 STEREO:18μV(75Ω、36.4dBf)
MONO:1.7μV(75Ω、15.9dBf)
イメージ妨害比 120dB(83MHz)
スプリアスレスポンス 120dB(83MHz)
IF妨害比 110dB(83MHz)
AM抑圧比 70dB(IHF規格)
実効選択度(±400kHz) WIDE 50dB
NARROW 90dB
キャプチャー比(IHF規格) WIDE 1.0dB
NARROW 1.5dB
サブキャリア抑圧比(IHF規格) 73dB
周波数特性 20Hz~15kHz±0.5dB
SN比(IHF-A) MONO 88dB STEREO 85dB
歪率 MONO(100%変調)1kHz WIDE 0.025% NARROW 0.1%
歪率 STEREO(90%変調)1kHz WIDE 0.035% NARROW 0.3%
セパレーション(1kHz) WIDE 60dB NARROW 45dB
ミューティング動作レベル 30.8dBf
【出力およびインピーダンス】
出力レベル(100%変調) 0.6V/3.3kΩ(デッキ用)
0.6V/10kΩ
【同調表示】
有効長214mmロングスケールLEDポインタによるアナログ表示と4桁デジタル表示併用
JUST TUNING:LED点灯表示
LED5個による点灯表示
【レベルチェック信号】
周波数 440Hz正弦波
出力レベル 0.3V(50%変調)
【その他】
電源電圧 周波数 AC100V 50Hz/60Hz
定格消費電力 14W
寸法(mm) 幅505×高さ83×奥行344
重量 6.1kg

【2008年6月28日 追記】--------------------------------

TRIO/KT-1100、PIONEER/F-700との比較一覧表を作りました。ほぼ同時期の製品で価格帯も同じです。

 ◆→比較一覧表 http://homepage2.nifty.com/bluess/audio/80s.htm

■再調整 【2009年5月9日追記】----------------------------

 2009年5月の連休を利用して保有しているアナログチューナーの再調整を実施しました。このTU-900 は1年ほど前にも調整していますが、今回はテストポイント(TP)も理解したうえでしっかり調整できました。

 ・VR1:Narrow歪調整 ゲイン調整:Narrowポジションにて測定 (※2011年7月23日訂正)
 ・T1 :Narrow歪調整:Narrowポジションにて測定
 ・T2 :FM同調点調整:直下TP間の電圧ゼロに
 ・T3 :二次歪調整 :電圧ゼロ時に二次歪最小に
 ・TP2-TP3 TP1-TP2 に周波数カウンタ接続 (※2011年7月23日訂正)
 ・VR2:VCO調整:76kHzに(SSG-83MHz、60dB、無変調)
 ・VR3:パイロット信号キャンセル
 ・VR4:セパレーション調整
 ・VR5:REC LEVEL調整
 ・VR6:シグナルメーター点灯調整

Tu90020 Tu90021 Tu90022 Tu90023 Tu90024

Tu90025 Tu90026

 セパレーション調整はVR4の1個だけですが、両chとも実測63dB前後確保できます。特別な歪補正回路も無いのにこの状態ならOKでしょう。オーソドックスなクォドラチュア検波の音ですが全く不満はありません。こういうチューナーを大切に残したいですね。

Denon_tu900_03 Denon_tu900_05 Denon_tu900_06 Denon_tu900_09 Denon_tu900_10

■訂正 【2011年7月23日追記】----------------------------

 ・2011年7月、いな様から VR1 調整内容に関しご指摘をいただきました。
 ・レンタル中だった知人宅から持ち帰って再確認しました。

  【正】VR1:Narrowゲイン調整:Narrowポジションにて測定
  【誤】VR1:Narrow歪調整:Narrowポジションにて測定

 ・IF=Wide 受信 → HA12412-13pin(Sメータ)電圧確認(60dBuで3.9Vでした)
 ・IF=Narrow受信 → 上記電圧と同じになるよう VR1 を調整

Tu900_30

 ・もう一ヶ所訂正

  【正】・TP2-TP3に周波数カウンタ接続
  【誤】・TP1-TP2に周波数カウンタ接続

 ・TP1 → HA11223-16pin
 ・TP2 → GND

 ・当時の調整記録を書きとめたノートには正しく書いてあったのですが、、
 ・ブログ記事なんて、、迂闊に信用してはいけませんね(笑)
 ・ご指摘いただきありがとうございました。

Tu900_31_2

 

2006年11月25日 (土)

九月の雨 太田裕美

「九月の雨」:太田裕美  作詞:松本隆 作曲:筒美京平 編曲:筒美京平

 偶然立ち寄った喫茶店のBGMで太田裕美さんのヒット曲「九月の雨」を久しぶりに耳にしました。思わず聴き入ってしまいました。

 1977年、私が大学生の頃にヒットしていた曲です。太田裕美さんの歌声がとても好きでした。歌詞や曲も良いのですが、私はこの曲のアレンジが特にお気に入りでした。ストリングスの美しさに魅了され、カセットテープが擦り切れるまで何度も何度も聴き直した事を懐かしく思い出しました。

 帰宅して早速所蔵レコードの中からアルバムを見つけ出し、本当に久しぶりに針を下ろしました。あれから約30年経っていますが、今聴いても全く古さを感じない名曲だと思います。明日ベスト版CDを買ってきます。もう一度しっかり聴いて、打ち込みでMIDIデータを作ってみようと思います。何だか休日の楽しみがまた一つ増えました。

■YouTube 九月の雨/太田裕美

 「夜のヒットスタジオ」の映像ですね。「今日は新曲を歌います・・」と言っているので1977年の映像だと思います。バンド指揮者は後ろ姿からダン・池田氏でしょう。埋め込み禁止素材なのでリンク先でご覧ください。

 →http://www.youtube.com/watch?v=RiKwZf8TWQo

 

2006年11月19日 (日)

エリック クラプトン 名古屋公演

 昨日(2006年11月18日) 高校生の娘とエリック・クラプトンの名古屋公演に行きました。仕事帰りだったため私はスーツ姿。私服の娘と合流して会場入りしました。観客の年齢層はやはり高いですね。子連れ(娘連れ)オヤジなんてそんなにいないだろうと思いきや、小中学生位の子供を連れたお父さんも結構いました。

 前回の来日公演も行きましたが、今回もやはり良かった!!個人的にはアコギ1本で聴かせるブルースにしびれました。最近バンドを始めた娘も「生のクラプトンを見れて幸せ!」、「何でTears in heavenやらないの~~!」と言って涙ぐんでいました。

 一般的に女子高生がクラプトンに興味を持つことはそんなに無いと思いますが、我が家の場合は「子供の成長に与える親の影響力の強さ」を証明しています。「子供は親の背中を見て育つ」とも言えます。見られて恥ずかしくない背中であり続けたいものです。

2006年11月16日 (木)

防災士

 日本時間2006年11月15日20時15分頃、択捉島東北東390km付近でM8.1の地震が発生したという報道を、遅く帰宅した23時過ぎに知りました。M8.1という規模に驚くとともに、津波の被害を心配しました。

© NIED 独立行政法人防災科学技術研究所

 地震、噴火、台風、津波などの自然災害が発生し、その悲惨な模様がテレビや新聞で報道されるたび、その災いが自分の身に降りかからなかった幸運に感謝せずにはいられません。日本列島に生きている限り、世界的にも稀有な4枚のプレートが接する危うい大地に生きている限り、テレビで見る災いはまさに「明日は我が身」であることを自覚するべきです。では万一のとき、自分は何ができるのか?

 私は「防災士」の資格を取得しました。きっかけは数年前の集中豪雨災害の復旧ボランティアに参加したことです。堤防決壊で家を失った多くの人が避難所になった小学校で生活していましたが、避難所自体はボランティアによって維持運営されていることを知りました。もしもその災難が自分の身に降りかかったとき、実際に避難所生活を強いられたとき、救助の手を差し伸べられる側ではなく、積極的に被災者を支援する側に立ちたいと思いました。

 私は大学で地質学を学びました。地震や噴火の仕組みは熟知しています。卒業後は地質調査会社に勤務していました。高層ビルの基礎地盤調査や地すべり地帯の地盤変動観測などを経験しました。この経験を活かして社会の役に立ちたいとの思いが募っていたときに「防災士」の存在を知りました。例えば地震の発生をあらかじめ予報することは現代科学を持ってしても不可能です。ただ地震発生に備えた準備を万全にしておけば、その被害は最小限に止めることは可能です。防災・減災に力を注ぐことの重要性に気が付きました。

 自分が防災士としてどんな活動ができるかまだ分かりませんが、防災士の資格取得者が増え、防災・減災の意識が高まることを希望します。

日本防災士機構

NPO法人 防災士研修センター

日本防災士会

2006年11月12日 (日)

YAMAHA CDR-HD1500 その2

◆CDトレイが安っぽい・・

パソコンのパーツのような貧弱さなので、オーディオ機器らしく重厚感とか質感を演出して欲しいところです。

◆パソコンとの接続がRS-232Cとは・・

パソコンとの接続はタイトルの編集などで欠かせませんが、次期製品ではUSBとかLAN接続を望みます。さらにCDDBなどに対応できれば申し分ありません。

 今のところ上記2点が不満点ですが、それ以外はとても満足です。昨今の家庭用録音機器としては秀逸な存在です。FM放送の留守録、不要部分の編集、CD-R作成がとてもスムーズにできます。CDの複製も簡単です。音楽用CD-Rしか使えない点は理解します。

 改良型の次期製品発売を楽しみにしています。YAMAHAさん、よろしくお願いします。

2006年11月10日 (金)

YAMAHA CDR-HD1500

Cdrhd15001_1  私は30年来のFM放送ファンです。特にNHK-FMから流れるジャズやクラシックの貴重な音源を留守録し、夜な夜なお酒を飲みつつ一人悦に入りながら聴くことが至極の幸福です。留守録やらエアチェックという言葉は既に死語かもしれませんが、我が家の最新留守録事情を書き留めておきます。

 S/N比90dB前後のシンセサイザー式チューナーを使って録音するのですが、チューナー同様に録音機材も様々な経験を重ねてきました。現在常用しているのが標題のYAMAHA CDR-HD1500というHDD内蔵式のCD-Rレコーダーです。400GBまでのHDDを自分で組み込んで使えます。使用するHDDによって異なる音質が楽しめる一面もあります。HDDによる音の違いを確かめながら試運転し、現在は「Seagate ST3250823A 250GB」で落ち着いています。HDDに録音してはすぐにCD-Rに焼いて整理するので容量的には充分です。

 70年代初頭はオープンリール、その後はカセットテープ。エルカセットなんていう物もありましたね。最近までDATを愛用していましたが、そのDATも先行きが怪しくなり・・・。パソコンに録音して管理するのが今風かもしれませんが、音質的には??です。このような現状では本機は最善の選択ではないかと思っています。オーディオ機器ですからオーディオ用CD-Rしか使えないという制約はありますが、AUDIO MASTERで焼いたCD-Rはなかなか良い音です。写真に写っているチューナーはKENWOOD KT-1100D、タイマーはSONY PT-D9Wです。昔とは一味違う現代のFMエアチェックスタイルで音楽を堪能しています。

  

■2008年01月13日追記------------------------------------------------

 2007年12月末、オーディオ機器の配線をすべて外し、ラックから全部出してラック裏側の大掃除をしました。2年に一度くらいはこのような掃除をしています。ガラス戸は付いていも細かい埃は積もっているものですね。さてちょうど良い機会と思い、CDR-HD1500の本体カバーを初めて開けてみました。写真と印象を追記します。

・内部は予想通り「スカスカ」ですね(笑)。でも電源部はオーディオ機器らしい構成でした。

・本体奥行きが40cmもあるのはCDドライブとHDドライブのお尻が互いにくっついているからだろうと推測していましたが、予想は外れました。互いに上下にずれているので干渉していません。工夫すればもう少し合理的な配置が出来そうな気がしますが・・

・HDドライブの下部にメイン基板がありそうです。HDドライブのマウントを外してみましたが基板は見えません。DACの型番を見るには本格的に分解する必要があります。度胸と時間が無かったので作業はここまで・・。

【記録】2008年1月現在のエアチェック機器構成
   ・チューナー A&D DA-F9000
   ・タイマー SONY PT-D9W

■2008年11月23日追記------------------------------------------------

 250GBのハードディスクが残容量わずかとなってしまいました。このままでは年末年始の特別番組を録り切れない恐れが出てきたため、HDDを外部に引き出してリムーバブルケースで利用する方法を試してみました。

 ・詳細はこちらで→

■2008年11月30日追記------------------------------------------------

 IDEケーブルの交換作業と同時にDACの型番を確認しました。

 ・詳細はこちらで→

Cdrhd15002_1 Cdrhd15003_1 Cdrhd15004_1 Cdrhd15005 Cdrhd15006

Cdrhd15001Cdrhd15002 Cdrhd15003 Cdrhd15004 Cdrhd15005

  

2006年11月 4日 (土)

PIONEER F-120D

F120d00  最近オークションでパイオニアのFM/AMチューナーF-120Dを入手しました。実は本機は発売当時(多分1985年)に新品で購入したことがあります。ブラックフェイスで周波数表示は何と赤色!両サイドは光沢のあるサイドウッドでその刺激的かつ高級感あるデザインにしびれました。もちろんFMチューナーとしての実力も充分。エアチェック派の私にとっては力強い味方でした。

 本機の弱点は放送局をメモリーするボタンにあります。ボタン背面の突起と本体側のタクトスイッチの間にスポンジが入っているのですが、このスポンジが経年劣化でボロボロになってしまい、ボタンを押しても突起がタクトスイッチに届かずボタンとして機能しなくなるのです。以前所有していたときもこのトラブルがあり、自力で修理した経験がありました。ちなみに本機の一世代前のF-120もまったく同じ構造で同じ弱点でした。

 「ボタンが効かない・・」というオークションの商品説明を見て当時を懐かしく思い出し、つい落札してしまいました。信じられない低額でした。手元に届いて早速確かめましたが、やはりスポンジの劣化が原因でした。修理の様子は写真でご覧ください。劣化したスポンジを除去し、代わりに厚さ1mmほどのフェルトを貼って完了です。このフェルトは家具の底面などに貼る傷防止用のもので、ホームセンターで簡単に入手できます。チューナーのコレクションがまた増えてしまいましたが、本体・サイドウッドともにほぼ無傷。音質的にも私好みの良い音で大満足です。

 最近はどのメーカーも本格的なチューナーを作りませんから、この時期の機種は貴重品です。良質な音楽番組を供給してくれるNHK-FMが存在する限り、20年前のチューナーを大切に使っていこうと思います。

 ◆PIONEER F-120D 取扱説明書(PDF形式、約2.5MB)

Pioneer_f120d

F120d01 F120d02 F120d03 F120d04 F120d05      

  

【関連記事】

 ◆07/01/26 PIONEER F-120D 修理記録1
 ◆07/02/01 PIONEER F-120D 修理記録2

2006年11月 1日 (水)

親指シフトが懐かしい・・

 前回「親指シフトが懐かしい・・」と書きましたら、思いがけずトラックバックをいただきました。ありがとうございます。親指シフトについて思いつくまま書いてみます。

 大学を卒業して就職したのが1981年。職場にはワープロはおろかパソコンも無い時代でした。科学技術計算を必要とする仕事でしたが、その都度IBMの計算機センターにデータを持ち込んで計算をしてもらっていた時代でした。1983年頃にSEIKO舎のSEIKO-9100か9500かが職場に導入され、業務の効率化が進みました。当時は既にNECのPC98が存在しましたが、上司が「性能を買った・・」と言った事を覚えています。

 大学時代はプログラム言語としてFORTRANを学びました。同時にタイプライターでブラインドタッチをマスターしました。パンチカードに穴を開け、カードの束をカードリーダーに読み込ませるようなクラシックな時代でしたが、FORTRANのおかげでBASICはとてもスムーズに理解できました。職場に導入されたSEIKOのパソコンにGP-IBインターフェイスでX-Yプロッタを繋ぎ、計算結果を分かりやすい図面に作図するソフト作りに熱中しましたね。

 ワープロに出会ったのは1984年頃に職場に導入されたOASYS100シリーズが最初でした。グリーンCRTの右隣に5インチFDが横に2段に重なっていた一体機種でした。この機種はJISキーボードでしたが、親指シフトの存在を始めて知ったきっかけでした。

 COMPUTER MUSEUM OASYS 100シリーズ 「社団法人情報処理学会」

 計算や作図はパソコン、報告書作りはワープロ専用機という使い分けができた時期でした。仕事で報告書作りに追われる様になり、自宅でもワープロ専用機が欲しいと思ってOASYS30AF2を買いました。1987年、買値で30万円程だったと思います。高価な買い物でしたが、これが親指シフトとパソコン通信との出会いになりました。

 COMPUTER MUSEUM OASYS 30シリーズ 「社団法人情報処理学会」

 この頃のニフティのチャットは面白かったですね。富士通のOASYS開発者の神田さんとチャットで遭遇したこともありました。とても緊張したことを覚えています。親指シフトも真剣に練習しました。今は使うことはありませんが、多分指が覚えていると思います。パソコン初期の時代はいろいろなキーボードがありました。左右の手の部分がM字型に分かれたキーボードもあったと思います。「古き良き時代」・・では片付けたくない本当に良い時代でしたね。

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »