フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

チューナー関連リンク

« SONY ST-A5 | トップページ | 台湾地震→海底ケーブル損傷→ネット障害 »

2006年12月27日 (水)

KENWOOD KT-1100D

Kenwood_kt1100d2  FM放送の留守録専用チューナーとして使っている機種です。今年9月にKENWOODサービスセンターでオーバーホールを受けています。1986年の製品ですから20年前の機種になりますね。古い機種ですが、最近のチューナーよりも受信性能や音質は「圧倒的に上」です。

 当時FM放送は貴重な音楽音源でしたから、オーディオブームもあっていろいろなメーカーが製品を出していました。ただ、CDレンタルが普及した現在では留守録(エアチェック)の意味が無くなった為残念なことにどのメーカーも高性能なチューナーは造らなくなってしまいました。20年前のチューナーを使い続けるには修理・調整が欠かせませんから、サポート体制が充実しているメーカーの機種を選んで使い続けようと思っています。

 KENWOODのサービスセンターはいつも良心的に対応してくださるので、信頼しています。本機よりもさらに古いバリコンチューナーの修理・調整も引き受けていただいたことがあります。調整だけなら費用も良心的でした。

 修理・調整に関して腕に自信のある方は「ひろくんのホームページ」をご覧ください。運営者の「ひろくん」さんとはチューナーの話題を通してインターネット上で知り合いました。音響屋の私と違って圧倒的な技術力を持つエンジニアの眼から見たチューナーの解説が秀逸です。

 KT-1100Dの取扱説明書と当時のカタログをPDFファイルでアップします。参考資料にご利用ください。

◆KT-1100D 取扱説明書:PDFファイル(3.5MB)

◆昭和62年9月25日KENWOODカタログ:PDFファイル(11MB)

【カタログ掲載機種】

アンプ   : DA-1100EX KA-990EX KA-880D

チューナー: KT-1100D KT-V990 KT-V880

« SONY ST-A5 | トップページ | 台湾地震→海底ケーブル損傷→ネット障害 »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

最近、KT-2020 を入手してみました。KT-1100D よりも KT-2020 のほうがお金が掛かって作られているようです。KT-1100D の操作パネルのボタンの数は KT-2020 よりも多くてグレードアップのような印象を与えますが、中身を見ると KT-2020 のほうがキッチリ調整できる構成になっています。

①例えば、FMフロントエンドは KT-1100D ではトラッキング調整できませんが、KT-2020 ではトラッキング調整できます。

②SIGNALメータとMODULATIONメータは KT-2020 では周波数の変化や変調度に合致するように調整できますが、KT-1100D ではできません。通信機として見るなら KT-2020 のほうが優秀です。

ですから、私から見ると、KT-1100D は KT-2020 のコスト低減版のように感じます。定価は同じなのですが・・・

音質はどちらが良いか判断に困ります。(どちらも良い・・・良い意味で Kenwood トーンです。)

このKT-1100Dは意外にも1990年製でした。1986年の発売から4年間も製造されていたようで、生産終了直前の個体のようです(オーバーホールに出したときにKENWOODサービスで聞きました)。付属AMアンテナの形状や取付位置も違っていました。いつかD-3300Tを手に入れたいと思っていますが、実現は難しそうです(笑)。

実は昨年末にA&DのDA-F9000を再入手しました。取説、AMアンテナなど付属品一式と元箱(緩衝材・発泡スチロール含む)も揃っていました。現在試運転中で、問題点の有無を確認しています。天板やサイドウッドに多少の傷がありますが、やはり私はこの音が一番好きですね。

つい先日、KT-1100Dよりもさらに年代モノですが、コンデンサ交換と調整で9000円たらずでした。じつはKT-1100Dもメーカーに出したことがあって、やはり同額。ソニーは門前払いだっただけに、スキルがない者にはありがたいことです。

ちょっと驚いたのは、このKT-770、音の傾向がKT-1100Dにくらべて若干ウォームなことでした。わるくいえば、解像度が甘いということですけれども、ダイナミック感に勝るという意味ではこちらのほうが“好音質”です。

最近では珍しくハードオフで500円という破格の買い物だっただけに、充分元がとれました。チューナー3台体制、お正月エアチェックも万全です(笑)

>チューナー3台体制、お正月エアチェックも万全です(笑)

年末年始は残しておきたい特番が多くて困りますね。

ビクターと事業統合した結果、地元のKENWOODサービスはビクターサービスと統合されました。
電話番号は同じですが、所在地住所はビクターサービスと同じ場所に変わっています。
KENWOODのサービス体制が変わっていないことを祈ります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140763/13223151

この記事へのトラックバック一覧です: KENWOOD KT-1100D:

« SONY ST-A5 | トップページ | 台湾地震→海底ケーブル損傷→ネット障害 »