フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

チューナー関連リンク

« KENWOOD KT-1100D | トップページ | VICTOR QL-Y7 »

2006年12月29日 (金)

台湾地震→海底ケーブル損傷→ネット障害

 台湾中央気象局の発表によると、午後8時26分ごろ地震発生。震源は台湾最南部の屏東県恒春の南西約23キロ、深さ2200メートルの海底。これを本震として余震が8分後にM6.4、14分後にM5.2と続いているようです。台湾はユーラシアプレートとフィリピン海プレートの境界に位置していますから、日本と同様に地震は珍しくありません。1999年にも大規模な地震が発生しています。

 今回この地震が大きく扱われているのは、地震の影響で海底ケーブルが損傷してネットをはじめ通信環境に大きな影響が出ていることだそうです。ケーブルに損傷を与えるほどの海底変動があった訳で、地震大国日本も同じことが起きる可能性があります。

 改めて考えてみれば「海底光ケーブル」が現在の快適なネット環境を支えていますが、水深10000mを超える日本海溝をまたいでぶら下がる海底ケーブルを想像すると、すぐに切れそうと心配になってしまいます。この機会に海底ケーブルについて勉強してみました。サメに噛み付かれたり、錨に引っかかったりと損傷事故はけっこうあるようです。まだまだ知らない世界があるものです・・。

 業界トレンドウォッチ ~国際海底ケーブルの謎に迫る~

 BROADBAND WATCH どこまでも徹底取材 インフラ探検隊 海底ケーブルネットワーク(1)

 BROADBAND WATCH どこまでも徹底取材 インフラ探検隊 海底ケーブルネットワーク(2)

 BROADBAND WATCH どこまでも徹底取材 インフラ探検隊 海底ケーブルネットワーク(3)

 BROADBAND WATCH どこまでも徹底取材 インフラ探検隊 海底ケーブルネットワーク(4)

 BROADBAND WATCH どこまでも徹底取材 インフラ探検隊 海底ケーブルネットワーク(5)

« KENWOOD KT-1100D | トップページ | VICTOR QL-Y7 »

地球科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140763/13249548

この記事へのトラックバック一覧です: 台湾地震→海底ケーブル損傷→ネット障害:

« KENWOOD KT-1100D | トップページ | VICTOR QL-Y7 »