フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

チューナー関連リンク

« SANSUI TU-707 | トップページ | PIONEER F-120D 修理記録2 »

2007年1月26日 (金)

PIONEER F-120D 修理記録1

F120d06  放送局をメモリーするボタン「STATION CALL」ボタンの自力修理記事を過去に書きましたが、製造後20年以上経過した機種ですからFMフロントエンドやステレオセパレーションの調整が必要であることを「ひろくんのホームページ」で学びました。音質的に気に入っている機種ですから、今後も長く使うためにパイオニアサービスに「点検・調整」を依頼しました。

 「機器の状態を確認して概算費用の見積りをいたします。古い製品ですから部品が無くて修理できない場合もあります。見積金額が高過ぎて修理をキャンセルする場合は点検費用として1,575円が必要です。」

 製品が古すぎて門前払いされるかと思いましたが、とても紳士的な対応でした。まだ連絡はありませんが、10,000円程度ならお願いするつもりです。続報は後日アップします。

 昨年5月にST-S333ESAの修理をソニーサービスに依頼したことがあります。受付窓口で「技術者がケースを開けた段階で18,000円、さらに故障具合に応じて部品代と技術料が必要です・・・」と言われて修理を断念したことがあります。「まずは見積り・・」と思っていたのでびっくりしました。以前は違ったのに・・。

 FMステレオチューナーは古い機種を使い続けるしかありません。サポート体制のしっかりしたメーカーの機種を選ぶ必要がありますね。

« SANSUI TU-707 | トップページ | PIONEER F-120D 修理記録2 »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140763/13670255

この記事へのトラックバック一覧です: PIONEER F-120D 修理記録1:

« SANSUI TU-707 | トップページ | PIONEER F-120D 修理記録2 »