フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

チューナー関連リンク

« KENWOOD チューナーカタログ 1985 | トップページ | Get It On / CHASE »

2007年2月13日 (火)

オーディオタイマー比較

Teacsony00  FM放送の留守録のためにSONY PT-D9W というオーディオタイマーを使っています。10年以上前の古い製品ですが、私には欠かせない重要機器です。既に販売終了になっているので、故障時に備えてリサイクルショップで見つけた同型中古品を2台確保してあります。ちなみに録音機材はYAMAHA CDR-HD1500です。

 不満なく使っているので、今さらオーディオタイマーの新品を買う事も無いだろうと思っていました。とろこが先日 TEAC TT-200 が激安価格でネットショップにて販売されているという耳ヨリ情報に接し、久しぶりに衝動買いしてしまいました。この場を借りて情報提供者様に感謝申し上げます。オーディオタイマーという商品自体が市場から消えつつありますから、今買える新品はこれしかないのでは?

 実際にTT-200を使って驚いたのは「操作性がPT-D9Wを全く同じ」という事です。はじめは取扱説明書を読みながら操作していましたが、途中から説明書を見なくても完璧に操作できました。使い慣れたPT-D9Wと同じなのです。正面パネルの操作ボタンも、その形状は異なりますがボタンの種類とその配置がほぼ同じです。

 両者を比較した印象を書き留めます。オーディオタイマーの比較記事など最近は見たことありませんから、必要な方には参考になるかもしれません。

■TEAC TT-200 【メーカーサイトのホームページ】
 ・青色表示の液晶がカッコいい。でもモノトーン。
 ・オートディマー対応。
 ・リモコン操作可能。
 ・プログラム数は18種類。使い切れないほど多い。
 ・2系統の電源をコントロールできる。
 ・背面アウトレットは2個あるが、各系統に1個ずつのみ。
 ・停電時もプログラムをバックアップ(単4乾電池2本必要)
 ・各系統に2個ずつのアウトレットがあれば「文句なし」でした。

■SONY PT-D9W 【取扱説明書 PDF形式(約3.4MB)】
 ・FL管表示で見やすいが輝度劣化は避けられない。赤色表示がアクセント。
 ・オートディマー対応。
 ・リモコン操作不可。
 ・プログラム数は9種類。
 ・コントロールできる電源は1系統のみ。
 ・でも背面にアウトレットが2個あって便利。
 ・約10分以内の停電ならバックアップあり。
 ・TT-200に比べると見劣りするものの「実用性能は充分」です。

■オーディオタイマーに関する追加記事■
 ・SONY ST-34S (追記:2009/11/25)
 ・Technics SH-4060 (追記:2008/4/27)
 ・TEAC TT-200 分解記録 (追記:2008/1/19)
 ・A&D DC-138 (追記:2007/11/01)
 ・AKAI DT-320 (追記:2007/10/16)
 ・AKAI DT-138 (追記:2007/06/01)
 ・National Audio Timer TE61/TE64 (追記:2007/08/27)
 ・National Audio Timer TE903 (追記:2007/05/03)
 ・SONY PT-D9W 修理記録 (追記:2007/04/15)

Teacsony01 Teacsony02 Teacsony03 Teacsony04 Teacsony05

« KENWOOD チューナーカタログ 1985 | トップページ | Get It On / CHASE »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして
最近オークションでSONY PT-D9Wを購入したものですが、説明書がなく、操作が困っておりました。

ここで説明書が見つかり、大変感激しました。
ありがとうございました。

masato様、コメントありがとうございます。

先日、PT-D9Wのメモリーバックアップ用電源のスーパーキャパシタ交換にチャレンジしました。

交換によって10分程度の停電なら時計もプログラム内容も保持されるようになりました。よろしければお試しください。

TT-200の方に書きこみましたが、PT-D9Wもお使いでした。
PT-D9W生産中止後(おそらく需要低迷とハンダの鉛フリー化が必要だったからだと思います。

TT-200と操作性が全く同じなのはびっくりです。
(TT-100というリモコンがつかない商品がありました。これが最後のオーディオタイマーかと思っていました。そうしたら、形が一緒のTT-200発売。TT-100の鉛フリーハンダ化でしょうか?

操作性が同じなのは、もしかして、SONYの了解の下、同じ生産委託先で作っているのではないかと推測しています。

TT-200はアラーム音が小さいのが最大の欠点です。

しかしオーディオタイマーを多数所有される方がいらっしゃったのはうれしいです。

最近までカセットテープ併用、今でも28年前のナカミチ682ZX いい音出します。バックアップ用にSONY TC-K3ESを買っています。

買いだめしたメタルテープ50本ほど余ってしまいました。
カメラ用の防湿庫に保管しています。

もうおそらくカセットは使わないと思います。
どうしてもというテープはデジタル化しました。
35年以上ためたカセットテープ、懐かしいものもあります。

しっかり録音したカセットの方がMDや最近の圧縮オーディオより音が良いと感じています。
息子が使うメモリーオーディオの音、変です。
違いに気づきます。
息子はこの違いがわからないようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140763/13897757

この記事へのトラックバック一覧です: オーディオタイマー比較:

« KENWOOD チューナーカタログ 1985 | トップページ | Get It On / CHASE »