フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

チューナー関連リンク

« SONY ST-S333ESG | トップページ | Roland SC-88ST Pro »

2007年3月 4日 (日)

SONY ST-S333ESG 修理記録

ST-S333ESG_00  中古で入手したST-S333ESGでしたが、周波数ズレ以外にもやはり不具合はありました。CDR-HD1500で留守録したFM番組を今日聴いていたところ、番組の途中から突然Rchの音が消えました。CDR-HD1500のレベルメーターを見るとLchは振れています。どうやらRchだけ録音されていないようです。

 あれこれ調べてみると、ST-S333ESG背面の音声出力端子に触ると音が出たり出なかったりすることが分かりました。出力端子の接触不良です。激安2,000円で入手した中古ですから「壊してもいい・・」と割り切って修理に挑戦しました。底面の点検口を開けただけでは出力端子に手が届かなかったので、背面パネルも外しました。電源ケーブルのコネクタを外せば背面パネルがすっぽり外せます。原因は写真の通り見事なハンダクラックでした。これを補修したところ不具合は解消しました。

 本機のスーパーキャパシタはまだ寿命ではないようですが、せっかくの機会なのでついでに交換しました。本件に関する詳細は「ひろくんのホームページ」をご覧ください。自分でもいずれ交換しようと思い、名古屋大須のパーツショップで1個100円で買い置きしてあった部品です。放送局を登録したメモリー内容が消失する心配も無くなったので、当分は安心して使えそうです。「ひろくん」さんに感謝いたします。

ST-S333ESG_01 ST-S333ESG_02 ST-S333ESG_03 ST-S333ESG_04 ST-S333ESG_05 ST-S333ESG_06 ST-S333ESG_07 ST-S333ESG_08 ST-S333ESG_09 ST-S333ESG_10

« SONY ST-S333ESG | トップページ | Roland SC-88ST Pro »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

ブルースさん 初めまして! そして今日は...
時々HPにお邪魔して居りますが、コメントするのは
勿論初めてです。
333ESGの不具合が発生し、以前ブルースさんのHP
のどこかで見た記憶が...?
そして、この修理記録にたどり着き、お陰さまで何の不安も
無く、修理完了しました。右CHの音が時々出なくなる不具合、ブルースさんと全く同じ症状です。念のため左CHも
再半田をしました。オークション落札時点で0.1MHZのFズレが有り、ひろさんのHPで得た方法で調整。そして感度再調整も済ませ、経年変化で電解コンは間違いなく容量ヌケが考えられるので、精神衛生上殆ど交換しました。
スパーキャパシティも交換し現在に至ってます。
333ESGの音には充分満足しています。その他にチューナーはKT-2020が手元に有りますが、リモコン付の333ESGが現役です。寒さが増してきた昨今、コタツから出て選局するのは耐えられませんから(笑)
ブルースさんの修理記録のお陰で修理が済み、本当に有難うございました。 今後も時々HPを訪問させて頂きます。
W.S(ウエーブスペクトラ)は私もPCに入れて有り
重宝しています。

アルプス様

コメントいただきありがとうございます。
この修理記事がアルプス様のお役に立てて幸いです。

この記事の後に中古の333ESAも入手しましたが、同じ箇所で同じ不具合がありました。

音声出力端子の半田クラックはこの機種共通の持病のようですね。端子の抜き差しで無理な力がかかる場所です。

ESGの記事興味深く読ませていただきました。
私もアルプス様のように、ESGとKT2020がメインチューナーです。
他にもたくさん所有していますが、安定感が抜群ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140763/14130648

この記事へのトラックバック一覧です: SONY ST-S333ESG 修理記録:

« SONY ST-S333ESG | トップページ | Roland SC-88ST Pro »