フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

チューナー関連リンク

« ポリス 再結成 | トップページ | Technics ST-C01 »

2007年5月 3日 (木)

National Audio Timer TE903

Te90300  2007年4月下旬、オークションで偶然見かけ、余りの懐かしさに思わず落札してしまいました。開始価格500円のまま終了でした。今時こんな古いタイマーを欲しがる人はいないと思いますが、私にとっては浪人時代から大学卒業までの5年間を共に過ごした思い出のタイマーです。電源コードには「1976」の印字がありました。

 1976年受験浪人時代、Technicsのガンメタフェイスのコンポに憧れ、せめてタイマーだけでも同じ系統で・・という単純な理由でこのタイマーを購入しました。

 大学時代は小さなラジカセが唯一の音楽源でした。プアな音に耐えかねて長岡大先生の図面を参考にしてFostexの8cmフルレンジを使った小型バスレフスピーカーを自作しました。ラジカセを改造してスピーカー出力を外部に引き出して繋ぎました。四畳半一間のぼろアパートにはピッタリでした。

 当時このタイマーをラジカセに繋ぎ、目覚まし時計代わりに使っていました。スリープタイマーも毎晩重宝しました。操作方法はちゃんと体が覚えていました。以下に書き留めます。

 今回入手したタイマーはオレンジ色の表示がきれいで劣化を感じません。本体もとてもきれいです。一番左のレバーが欠損していますが、折れているのではありません。簡単に引き抜ける構造なので紛失したようです。機能的に支障はありません。

◆時刻設定方法 ※18:00にセットする場合
・「selector」を回して「time adjust」に合わせる。
・左側の「controller」を「fast」側に押し続け、17:30頃で手を離す。
 (注:時計が思いのほか早く進むので、ご注意を・・)
・左側の「controller」を「slow」側に押し続け、17:59に合わせて手を離す。
・「selector」を「second time counter」に合わせる。
・表示が「下一桁の分と秒」に切り替わります。「9:23」は59分23秒を示します。
・「0:00」になった瞬間に右側の「controller」を「hold」にセット。
・これで本体の時計は「18:00」で待機状態になります。
・時報の18:00に合わせて右側の「controller」を「start」にセット。
・「selector」を「present time」に戻す。
・以上で時計設定完了です。

 30年経った今でも通用する洒落たデザインで、液晶テレビの前に置いても違和感はありません。留守録などの実用に使う予定は無いので、インテリアの一部としてリビングの中央に置いておきます。なかなかgoodです。

■追記 2007年12月2日

Te90305  2007年11月下旬、ついにTE903をジャンクショップで見つけました。電源コードが切られた状態で税込み105円でした。紛失しているレバーが欲しかったので、部品取り用にちょうど良い状態と金額でした。レバーは簡単に引き抜けるのであっという間に差し替え完了です。念のため電源コードを付け替えて通電したところ、表示管は弱っていますがとりあえず動作しました(上段)。漏電が怖いのですぐにプラグを抜きましたが、外装も比較的きれいなので将来の部品交換時に備えてこのままストックしておきます♪

Te90304 Te90301 Te90302 Te90303 Te90300_1

« ポリス 再結成 | トップページ | Technics ST-C01 »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140763/14939769

この記事へのトラックバック一覧です: National Audio Timer TE903:

« ポリス 再結成 | トップページ | Technics ST-C01 »