フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

チューナー関連リンク

« 運命のルーレット廻して ZARD | トップページ | SANSUI TU-S707X 調整記録 »

2007年6月 1日 (金)

AKAI DT-138

Dt13800  リサイクルショップで埃を被っているDT-138を見かけました。目立つ傷は無いものの薄汚れた状態で、見るからに「ジャンク品」でした。20年以上前だと思いますが、DT-138のシルバーモデルを使っていた事があります。2系統(A/B)の電源にそれぞれ2個のアウトレットがある逸品です。「動けば儲けもの」と思って税込105円で購入しました。

 時計機能やプログラム機能は正常に使え、表示管の輝度劣化もほとんどありません。停電時のバックアップはどうかな?と試したところ、約10秒の停電までは時計とプログラム内容は保持されました。分解して基板を見たところ、5.5V0.4Fのスーパーキャパシタがあります。まだかろうじて生きているようです。外装はクリーニングしてほぼ新品時の輝きを取り戻しました。

 FM放送を留守録するためにタイマーを愛用していますが、「オーディオタイマー」という商品自体が市場から消えつつあります。古くても程度の良いタイマーは予備機として確保しておきたい・・と思っているので、ついついこういう物を買ってしまいます。(笑)

【時刻設定方法】
・「DAY.TIME ADJ」を押す。
・「< DAY >」ボタンで曜日を設定。
・「SET」ボタンで曜日を確定。次は時刻が点滅。
・「<< REV <」「> FWD >>」ボタンを操って希望の時刻に設定。
・「SEC RESET」を時報に合わせて押す。
・「PRESENT TIME」を押せば時計表示になります。

【秒の調整】
・「DAY.TIME ADJ」を押す。
・「SEC RESET」を押すと、29秒までは00秒に戻り、30秒以降は1分進んだ00秒になります。

【プログラム方法】4種類のプログラム可能
・プログラムボタン「1」を押す。
・「A OUTLET B」ボタンで「A」または「B」または「A B」を選びます。
・「< DAY >」で曜日を選択。
・「SET」押す。
・「<< REV <」「> FWD >>」ボタンを操って希望の時刻に設定。
・プログラムボタン「1」を押し、同様の方法で終了時刻を設定。
・「PRESENT TIME」を押せば時計表示になります。

【その他特徴】
・周囲の明るさに合わせて表示輝度を自動切換(オートディマー)
・接続できる機器は4個合計で1200Wまで
・登録可能なプログラムは4種類

◆オーディオタイマーに関連する過去記事
TEAC TT-200 と SONY PT-D9W の比較
SONY PT-D9W の修理
National Audio Timer TE903

Dt13801 Dt13802 Dt13803 Dt13804 Dt13805

« 運命のルーレット廻して ZARD | トップページ | SANSUI TU-S707X 調整記録 »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

AKAI DT-135の取説ありませんか。138の方法でセットして見たのですが上手く行きません。 

誠に残念ながら、、
DT-135 取扱説明書は持っていません。
手元に実機が無いので操作方法の確認もできません。

持っていた頃の記憶では、、
電源1系統のみでアウトレット2個。
ウィークリー4プログラム。
操作方法はDT-138と似てると思いますが、、

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140763/15281255

この記事へのトラックバック一覧です: AKAI DT-138:

« 運命のルーレット廻して ZARD | トップページ | SANSUI TU-S707X 調整記録 »