フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

チューナー関連リンク

« Wave Optimizer Technology | トップページ | TRIO カタログ 1973-1974 »

2007年9月 5日 (水)

MultiMax3

Multimax01  DSDディスクと通常のCDディスクを聴き比べた結果を前回記事に書きました。SONY製VAIOには「SonicStage Mastering Studio」というサウンド編集ソフトが入っています。特にオーディオエフェクトが充実しており、プロ並みのマスタリングも可能です。ただエフェクトの設定はとてもクリティカルで、これを使いこなすには相当の知識と経験が必要です。初心者が不必要なエフェクトをかけ過ぎた音は聴けたものではありません。

 今回は私のお薦めソフト「マルチバンドオーディオリミッタ MultiMax3」をご紹介します。シェアウェア(2,000円)ですが、種々のプロセッサの設定がプリセットされているので編集初心者でも簡単に「心地良い音」が手に入ります。

 またFM放送局での音造りの仕組みやオーディオ信号のデジタル処理が分かりやすく解説されていて、これを読むだけでも価値はあります。同じ音源がオンエアされても、放送局によって音造りに違いがあることがよく分かります。

 FM放送好きにとって興味深い機能はプリエンファシス/ディエンファシスをシュミレーションできる事です。例えばWaveGeneで作成したテスト信号(.wav)にプリエンファシスをかけて出力し、外部信号入力できる標準信号発生器からFMチューナーに送る事ができます。送信設備があればミニFM局が開局できる性能です。

Multimax00 WaveSpectraを同時に起動してスペクトルを眺めると面白いですよ。エフェクトの効果が波形として眼に見えるなんてすばらしいですね!耳で感じる感覚を眼で確かめることができます。このような素晴らしいソフトウェアを提供してくださる作者様に心より感謝いたします。

◆マルチバンドオーディオリミッタ MultiMax3
◆マルチバンドオーディオリミッタ MultiMax3 取扱説明書
◆マルチバンドオーディオリミッタ MultiMax3 サウンドパラメーターの詳細設定

« Wave Optimizer Technology | トップページ | TRIO カタログ 1973-1974 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140763/16351791

この記事へのトラックバック一覧です: MultiMax3:

« Wave Optimizer Technology | トップページ | TRIO カタログ 1973-1974 »