フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

チューナー関連リンク

« Technics ST-S8 | トップページ | 個人向け緊急地震速報サービス »

2007年9月24日 (月)

SONY MDR-CD900ST

Mdrcd900st1Mdrcd900st2_2 どこのレコーディングスタジオに行っても必ず置いてある超定番モニター用ヘッドホン MDR-CD900ST です。テレビの音楽番組でスタジオ風景が流れると、スタジオプレーヤーの頭に載っているケースが多くあります。きっと多くのサイトやブログで紹介されていると思いますから、詳細情報は機種名で検索してみてください。

 私のブログではFMチューナーから出てくる「音」を比較していますが、音を比較するときは「必ず同じ条件で」・・という事が大切です。音源や再生経路、再生機器などを同じ条件にしなければ再生音の正確な音質比較はできません。特にチューナーの場合は同じ番組のジングルやCMなど、同じ放送素材で比べなければ意味がありません。特に高級な機器を揃える必要はありません。「いつも同じ条件で」・・が大切です。

 最近はチューナーの音声出力をYAMAHA CDR-HD1500 のアナログ入力で録音。再生時はCDR-HD1500の光デジタルアウトをEDIROL UA-4FXのデジタル入力経由でパソコンに接続、その波形をWaveSpectraで観ています。この時、UA-4FXにヘッドホンを繋ぐと波形と同じ音が聴こえてきます。ヘッドホンはここ10年ほどは SONY MDR-CD900ST を愛用しています。

 このヘッドホンは仕事でも愛用しているので、常にベストコンディションで使えるよう3台を所有し交互にエージングしながら使っています。エージング(aging)とは「歳をとる」という意味で、スピーカーやヘッドホンなどの「慣らし運転」のことです。新品のMDR-CD900STは驚くほど低音の出方が悪いのですがエージングによって激変します。エージングについてもこれまた様々な方法がネット上で紹介されていますが、今回は私のエージング方法(新品時)をご紹介します。

・パソコンのフリーソフトWaveGeneでピンクノイズを生成。
・再生時間は180秒としてWAVファイル(※.wav)で保存。
・このWAVファイルからiTunesなどの音楽管理ソフトで音楽CDを作成。
・曲間時間ゼロとして700MBのCD-Rで容量一杯の25曲を繰り返し録音。
・出来上がったCD-RをCDラジカセにセットし「CD全曲繰返再生」。
・CDラジカセのヘッドホン端子にMDR-CD900STを接続。
・再生音量は普通の音楽を聴く場合と同じに設定。
・この状態で80時間(丸三日とちょっと)連続再生(放置)します。
・低音の出方と全体のバランスを確かめて、不足を感じればさらに5時間単位で続行。
・5時間毎に確認。最長でも100時間で終了。

■ホワイトノイズではなくピンクノイズ?
20Hz~20kHzまで均一に出力されるホワイトノイズを長時間に渡ってMDR-CD900STに加えると、高音の出方がきつくなります。MDR-CD900STで不足しているのは低音側の出方ですから、高域が減衰するピンクノイズが良いと思っています。

White_2
Pink

■CDラジカセで大丈夫?
エージング用音源のCD-Rを丸三日~四日間連続再生しますから再生機器の負担はかなり大きいです。壊れても惜しくない安い機器で充分です。CDラジカセのヘッドホン出力をWaveSpectraで見ていますが、そんなに悪くはありません。

 私のMDR-CD900STは使用頻度がかなり高い(消耗が激しい)ので毎年新品を購入しています。これは業務用機器ですから一般の家電量販店では入手できません。お求めの方には音響屋御用達のサウンドハウスをご紹介します。実売価格14,800円、プロ用機器としてはそんなに高くありません。

 これは一般の音楽鑑賞用ヘッドホンではありません。一つ一つの音を聴き分けるための業務用ヘッドホンです。これで普通の音楽を聴くと30分で頭が痛くなります。念のため・・。

特徴 [SONY(ソニー)/MDR-CD900ST] レコーディングスタジオやプロダクション、放送局などでプロが求めるクオリティと耐久性を徹底的に追及し、独自に開発したドライバーユニットを採用。これによって歪みの少ない、原音イメージそのままのクリアな音質の獲得に成功。あらゆるスタジオユースに対応する信頼性が高い。SONYとソニー・ミュージックエンタテインメントの共同開発 スペック [SONY(ソニー)/MDR-CD900ST] ■ステレオヘッドホン ■インピーダンス:63ohm ■最大入力:1000mW ■再生周波数帯域5~30kHz ■ステレオ標準プラグ ■ケーブル:2.5m ■重量:200g

« Technics ST-S8 | トップページ | 個人向け緊急地震速報サービス »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140763/16560403

この記事へのトラックバック一覧です: SONY MDR-CD900ST:

« Technics ST-S8 | トップページ | 個人向け緊急地震速報サービス »