フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

チューナー関連リンク

« SONY NW-A608 修理記録 | トップページ | LEADER 3215 / National VP-7633A »

2007年10月16日 (火)

AKAI DT-320

Dt32000  1983年製、AKAIのプログラマブル・オーディオタイマーです。私の勝手な思い込みですが、AKAI製タイマーのハイエンド製品だと思います。DT-220は弟機になります。幅44cm、奥行25cmというサイズは普通のチューナーと同じ大きさですから、タイマーとしては巨大です。背面には3系統、6個のアウトレットが並んでいます。これは2007年9月初めに知人からタダで貰いました。取扱説明書も一緒です。使い道も無いくせに・・でも貰えるものはつい貰っちゃうんですよね(笑)。タイマーの在庫が増えてきました。

Dt32003  表示管下部に並んでいる操作ボタンは、次に操作可能なボタンだけが緑色に光ります。例えば時刻を「23:15」と設定したいときは、最初は「0」「1」「2」のボタンだけが光るので「2」を押し、次は「0」「1」「2」「3」のボタンだけが光るので「3」を押す・・という具合です。なかなか賢い機能です。FL管の輝度がやや劣化しています。ムラがあるという表現が正しいかも。タイマーという製品は常時時計表示しているので輝度劣化は避けられません。オークションを見ていると、通電した状態の写真を掲載している出品は少ないですね。表示部を見せたくないのかな・・と邪推してしまいます。

Dt32005  AT-S61というAKAI製チューナーを接続すると、受信バンド(FM/AM)とチューナー側に記憶したステーションメモリーをコントロールできるようです。同じ1983年製のTechnics ST-G7とオーディオタイマーSH-4060の組み合わせでも同じ仕組みがありました。チューナーとタイマーの組み合わせが制限されてしまいますが、これ以降はチューナー側にプログラム機能を備えた機種が主流になったように思います。製品選択の自由度の問題ですから、当然の流れだったと思います。

Dt32009  説明書によると30分間の停電補償機能がありますが、現状では1秒ももちません。フル充電するには45時間必要と書いてあるので充電池が入っているのだろうと思ったら当り!でした。電源トランスの横にNiCd電池が2本あります。電池のフィルムを剥がしましたが容量の記載はありませんでした。いずれ適当な充電池を探してきます。電池は外しましたがタイマーとしては利用可能です。停電補償が無いだけです。

◆DT-320 取扱説明書 (PDF形式)

◆特徴
・マイクロコンピューターとクォーツを組み合わせた多機能ウィークリー(一週間型)タイマー
・1週間に8つのプログラムをメモリー可能、各プログラムは連続タイマー動作を行うリピートプログラム、1週間だけ動作するワンタイムプログラムと自由に選択可能
・ACアウトレットは3系統(A、B、C)合計6組、タイマーにより3つの組合わせで独立してON/OFF可能
・操作可能なプログラミングキーや操作キーは、電子音や光の点灯、点滅で表示するセンサーライトガイドシステム
・現時刻、タイマーON時刻、OFF時刻を独立して表示する大型2色FLデジタルディスプレイを採用。タイマーON/OFF時刻表示を消去可能
・当社別売AT-S61との組合わせて時刻と同時に受信バンド(FM/AM)、プリセットステーションの指定が可能なプリセットステーションコントロール機構
・室内の明るさに合わせてFLデジタルディスプレイの明るさを自動調光するオートディマー機構
・1分から99分まで自由にプログラムできるスリープ機構
・停電でも約30分(常温)以上メモリー内容が消えない停電補償機構
・440(幅)×63(高)×250(奥行)mm、約4kg

◆オーディオタイマーに関する過去記事
AKAI DT-138
National Audio Timer TE61/TE64
National Audio Timer TE903
SONY PT-D9W 修理記録
オーディオタイマー比較(SONY PT-D9W vs. TEAC TT-200)

Dt32001 Dt32002 Dt32004 Dt32006 Dt32010

« SONY NW-A608 修理記録 | トップページ | LEADER 3215 / National VP-7633A »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして (^^)
チューナーTX-8800Ⅱで検索しましたら、たどり着きました。
色々と拝見させて頂きましたが、エアチック世代懐かしくて嬉しいですね~(^^)
PDFも大変ありがたいです。

このDT-320持ってました。表示が薄くなっていたので、ジャンク品を落札して二個一にして使用していましたが、整理の為、出してしまいました。
スイッチの操作感など、ソニーのタイマーを4個ほど持っていますが...(^^ゞ このDT-320が一番良かったと思います。
確か、定価39800円だったと記憶しています。
デザインでソニーがダントツだった時代にアカイが頑張ってました(^^)

DT-320の定価39,800円との情報、ありがとうございます。

実は入手してから定価がいくらだったのかいろいろ調べたのですが、結局分りませんでした。

当時AKAI製S1000というデジタルサンプラーを使っていました。
ハードオフでジャンク品として扱われている現状が悲しいですね。

リンク先のブログを拝見しました。プロの技術者の方ですね。
いろいろご教授ください。よろしくお願いします。

DT-320とDT-220の違いは何になるのでしょうかね?
単純にアウトレットの数とタイマーの数になるのでしょうか?

AKAI DT-320 の修理を頼まれたので、やってみました。ご参考です。

<動作状況>
・タイマーとしてはちゃんと正常動作します。
・AC100V停電時の時刻&プログラムのメモリバックアップが全くできません。

<調査>
・ニッカド充電池が寿命で短絡状態。液漏れもしています。
・形状が大きい電解コンデンサが液漏れして周辺部品やネジを腐食させていました。

<修理>
アキバで修理用部品を調達し(2,000円弱でした。)、部品交換しました。

・ニッカド充電池(2.4V 600mAH)・・・コードレスホンの充電池を流用
・電解コンデンサ 1000uF50V→3300uF50V に交換
・電解コンデンサ 2200uF35V→3300uF50V に交換
・電解コンデンサ 4700uF16V→4700uF50V に交換
・電解コンデンサ 220uF16V→220uF16V に交換
・電解コンデンサ 100uF16V→100uF16V に交換
・0.1uF50V→0.1uF50V に交換
・基板取り付けネジ×1本

0.1uF50V とネジは電解液により腐食していたものです。

AC100V 停電でも時刻及びプログラムが消えないことを確認しました。回路的にはニッカド電池の2.4Vを発信型昇圧回路により5VにしてバックアップするというUPS同様の回路になっていました。バックアップ可能時間は30分程度と思われ
ます。

なるほど!コードレスホン用の充電池ですか!!

気が付きませんでした。早速試してみます。
ありがとうございます。

私が知っているDT-220との違いは・・
・背面アウトレットの数
・前面ボタンが緑色に光る
の2点です。プログラム数の違いは分かりません。

コードレスホンの充電池を流用・・・ある意味、すごい!アイデアでしょ。実はこれをお伝えしたかったのです。これだったら家電店でも手に入ります。

私は 2.4V 600mAH のものを使いましたが、もっと大容量のものでも大丈夫です。Ni-MH のものでもOKと思います。充電回路から言って大丈夫です。

今日は休みだったので早速ヤマダ電機で買ってきました。
現在充電中です。

元の充電池を外したとき、基板側端子の電圧を測ったら5Vでした。
なので2本で5Vの充電池が必要だとずっと思っていました。

こういう事はやはりプロじゃないと分かりませんね(脱帽!)

前略 
 秋も深まり、木々の色移り行く季節となりました。 初めてお便り差し上げます。 中古にて求めましたAKAI DT-320が本日故障し、上蓋をあけてみますとコンデンサーから液漏れが生じており、機械工学出身の私には修理不可能な状態と為りました。捨てようと思いましたが、貴ホームページにて本機種を扱っておられた事を思い出しお便りを差し上げる次第です。 タイマーは作動している状態ですが、AC OUTLETの電源が通電しません。
表示は少し薄くなっておりますが、判読は可能な状態です。 若しスペア、部品のSTOCK等に本機が御必要でしたら、メールアドレスにご連絡ください。お送り致します。 
 敬具
貴HPを楽しみにしている一読者より。

私も本品の中古品を手に入れました。
マニュアル拝見しました。
とても助かりました、ありがとうございます!
YAMAHAのレコーダー、私も持ってますよ。
NAKAMICHIのカセットデッキを直結して
テープをダビングしています。

お役に立てて嬉しいです。
取扱説明書がないと使い方が分からないですよね。

このタイマーでコントロールできるアカイ製チューナーも入手しました。
良かったらご覧ください。
AKAI AT-S61

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140763/16778710

この記事へのトラックバック一覧です: AKAI DT-320:

« SONY NW-A608 修理記録 | トップページ | LEADER 3215 / National VP-7633A »