フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

チューナー関連リンク

« AKAI DT-320 | トップページ | オーディオタイマー A&D DC-138 »

2007年10月24日 (水)

LEADER 3215 / National VP-7633A

01  もはや素人趣味の範囲を超える・・と思いつつ、2007年8月下旬とうとう中古測定器を入手しました。古いFMチューナーの調整を自分自身でやろうとする時、FM同調点や受信感度の調整だけなら在来局を受信しながら作業できますが、ステレオセパレーションを調整するにはLch、RchのみのFMステレオ信号が必要です。「やっぱり測定器が欲しい!」数多くのチューナーを分解しながら(壊しながら・・)こう悟りました。

02標準信号発生器(LEADER 3215)
 テレビ局でエンジニアをしている知人にこっそりお願いして、業務用の周波数カウンタで確認してもらいました。「FMチューナーの調整目的には充分な性能がある」との事でした。とりあえず素人趣味の世界なら使えそうです。この機種はFMステレオ変調器を内蔵していないタイプなので比較的安価に入手できますが、以下のような外付け機器が必要です。

03■FMステレオ変調器(National VP-7633A)
 7種類(30Hz,100Hz,400Hz,1kHz,6.3kHz,10kHz,15kHz)のテストトーンを生成できます。プリエンファシス切替(OFF,25μs,50μs,75μs)も魅力的な機能です。19kHzパイロット信号をONにするとFMチューナーでSTEREOランプが点灯します。とりあえず動作しているようです。外部入力端子(L/R)があります。

 この二台の測定器にパソコン用フリーソフトのWaveGeneWaveSpectraを組み合わせると、自宅に強力なテスト環境が整います。これまでは自分の「耳」を測定器代わりにしてきましたが、ようやく本格的に調整作業ができるようになりました。特にステレオセパレーションが調整できることが最大のポイントです。ステレオ音像定位に関して重要な調整ポイントです。

 まず試運転としてケンウッドサービスにて調整済みの KENWOOD KT-2020 に周波数83.0MHzで1kHzのテスト信号を送り、下記3パターンの出力を比較してみました。ノイズ等も少なくまずまずの結果だと思いますが、組み合わせる機器が増えるにつれバックグランドのノイズが増えますね。100Hz以下の成分が妙に多いので、電源周りをちょっと整理してみます。

 [LEADER 3215]→[KT-2020]→[UA-4FX]→[WaveSpectra]
 内部変調信号1kHzと400Hzを使ったモノラル信号をチューナーに送出できる。
Ws1

 [VP-7633A]→[LEADER 3215]→[KT-2020]→[UA-4FX]→[WaveSpectra]
 ステレオ信号をチューナーに送出できるので、ステレオセパレーションの調整ができる!!
Ws2

 [WaveGene]→[UA-1EX]→[VP-7633A]→[LEADER 3215]→[KT-2020]→[UA-4FX]→[WaveSpectra]
 ホワイトノイズ、ピンクノイズ、周波数スイープなどテスト信号を自在に送出できる。
Ws3

------------------------------------------------------------------------------

 二台ともかなり古い製品で取扱説明書もありません。ネット検索で得られたスペック情報をまとめておきます。

■LEADER STANDARD SIGNAL GENERATOR 3215 ※カタログを入手しました。
・周波数範囲 100kHz~140MHz
・分解能 100Hz 100kHz~30MHz
       1KHz  30MHz~140MHz
・出力範囲 -20.0dBm~
・分解能 0.1dB
・インピーダンス 75Ω
  (※本来は50Ωですが、仕様変更されているようです)
・変調 FM、AM
・内部変調周波数 400Hz、1kHz
・外部変調 1Vrms 10kΩ (Hi-Loモニタ付)
・FM変調範囲 0~99.9kHz (20Hz~100kHz)
・AM変調範囲 0~60%  (20Hz~10kHz)

■National MULTIPLEX STEREO MODULATOR VP-7633A
・出力レベル範囲 0.00~9.99V
・インピーダンス 約75Ω
・ステレオ分離度 66dB以上(DC~15kHz)
・歪率  0.01%以下(30Hz~10KHz)
・S/N比  90dB以上
・プリエンファシス OFF,25,50,75μs
・内部テストトーン 30,100,400Hz,1,6.3,10,15kHz(±3%)
・変調モード OFF,MONO,L=R,L,R,L=-R
・パイロット信号 19KHz±1Hz

【2007年11月1日 追記】

二台とも20分前後の暖機運転が必要です。使いながら気が付きました。

« AKAI DT-320 | トップページ | オーディオタイマー A&D DC-138 »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

測定器、格好イイですね!!!
ステレオで外部から音声変調をかけらるみたいなので、スタンダード音源を設定して、FMチューナーの客観的な音質評価ができますね。

それと、こちらは KENWOOD KT-V990 の超綺麗な新品同様品を入手しました。故障していたのですが、修理(部品交換)して復活しました。TV音声チューナー付きということで従来は手を出さない分野だったのですが、FMもTVも意外と素晴らしいです。デザイン的にはスリム感があって KT-2020 や KT-1100D より良いです。

ひろくん様に専門的な知識やノウハウを教えていただいたおかげで、今回このような測定器に手を出せるようになりました。

一年前の自分からは想像できないほどの大進歩です。ひろくん様には本当に感謝しています。ありがとうございます。

実は最近、調子に乗って100MHzのオシロを格安で入手しました。現在は使い方の勉強中です。

どんどん深みにはまりそうです・・(笑)

HI:

I am looking the operator / user manual for the VP-7633A

Perhaps do you have it ?

Thanks in advance.

Thank you for your inquiry.

But sorry, I don't have it.
I'm also looking for it now.

こんばんは、はじめまして、negishiss500と申します。
YAMAHA CR-400用サービスマニュアルをネット上で探しておりましたら貴殿のHPを知りアクセスさせていただきました。無線関係の仕事を数年しておりました関係上、スペアナを物色しに日本橋をうろうろしておりました。
FMチューナは修理は難しそうですか?お教えください。当方、むかしむかしオーディオに狂った経験が御座いまして(80年代)いまはもうその残骸と暮らしています。最近はまたオーディオ熱が出てきまして中古を物色中であります。最近はDIATONE DS32BMK2をゲットしましてCDPも入手しました。
メインマシンは今はお蔵入りですが(JBL)あとはアンプをCA2000あたりがほしいのですがャフオクでの異常な価格高騰に予算オーバーであえいでいます。日本橋にいったついでにハイファイ堂さんをのぞいたのですが、YAMAHAのCA1000Ⅲがありました。128000円です。当時と同じ値段!!やはりナチュラルサウンドを聞いた人はほしがるんでしょうな。僕も手は出なかったがやはりほしかったのを覚えています。でも手が出ない。
もっていて故障してなくなく捨てた山水電気㈱のAU607が69800円だったのがハイファイ堂の店頭では99,800円に化けています。おおなんと言うことだ!と悔しがりながら退店しました。

測定器を物色に行った店ではいまスペアナのブラウン管がそろそろ補修在庫が切れておまけに日本で最後の製造メーカーが倒産したらしく、アドバンテストやアンリツのスペアナをもうこれ以上校正かけて使用は難しいと無線メーカーやドコモやKDDIが大量に放出しているとのことです。今のスペアナはLCDが主流でスペアナのブラウン管の蛍光膜が薄くなると分解能が落ちて使い物にならず壊れたら保守品が在庫限りとのこと。またLDCのスペアナが安い(でも100万はする?)ので買換え需要が起こっているそうです。
VPのオーディオアナライザはありませんでした。SGもマイクロ波帯までの発振でオーディオ用とにはほど多いものばかりでした。リーダーのSGいいですね。500MまでのSGはなかなか手に入りにくいですね。

無線の仕事のときはSSGは使わなかったのですがスペアナばかりでしたね
。2.0G~2.5G帯までのWCDMA方式の第3.7世代携帯電話基地局の無線機入れ替え工事をしていました。いまは第4.0世代のVoice Over(IP)LongTermEvolution(LTE)ですね。

(◎´∀`)ノこんごとも宜しくお願いします。(*^-^)

negishiss500様

こんばんは。
コメントありがとうございます。こちらこそよろしくお願いします。

チューナーの修理は難しいけれど、でも楽しい趣味に出会えたと感謝しています。このブログを始めた当初はド素人でしたが、多くの専門家の皆様からご教示いただき、たくさん勉強することが出来ました。

私は40年来のFM放送ファンで、特に古いバリコンチューナーが大好きです。でもKENWOOD以外はどのメーカーも修理調整してくれないので、自分でやるしかないわけです。

使っている計測器も精度の怪しい中古品ですから、やっていることは所詮素人レベルです。でも趣味の範囲ならOKと割り切っています。最近はこのSGとMSG-2170の組み合わせでチューナーを弄っています。

MEGURO DARC ENCODER MSG-2170

はじめまして、smcと申します。
いつも貴重な情報をありがとうございます。

VP-7633Aの取説ですが、下記にあるようです。
まだお入用でしたら・・・

http://3d-yd.com/detail/?ID=1098

smc様

数年前にMSG-2170を入手したとき、VP-7633Aは現役引退して保管庫に眠っていますが、貴重な情報を教えていただき誠にありがとうございます。

・1981年のカタログによれば当時の定価298,000円ですね。
・ペア推奨の信号発生器VP-8179Aの定価は860,000円も興味深い。

詳細に読んで勉強させていただきます。
ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140763/16860188

この記事へのトラックバック一覧です: LEADER 3215 / National VP-7633A:

« AKAI DT-320 | トップページ | オーディオタイマー A&D DC-138 »