フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

チューナー関連リンク

« SONY ST-S333ESA | トップページ | PIONEER F-120D ×3台 »

2007年12月16日 (日)

PAL(P)-F(J)変換アダプタ

Pal00_2 YAMAHA T-2000Wを入手しました。本体・サイドウッドともほぼ無傷で取扱説明書も新品のような素晴らしい状態です。入手経緯や使用レポートの詳細は後日お知らせするとして、今回はYAMAHA製チューナーのアンテナ端子の話題です。

 オーディオ回顧録 http://www.niji.or.jp/home/k-nisi/t-2000w.htm

Pal03 この頃のYAMAHA製チューナーのアンテナ端子はF端子ではなくPAL端子が使われています。何故でしょう??T-2000Wの付属品としてPAL端子のプラグがあり、3Cまたは5Cの同軸ケーブルを取り付けて使用するようになっています。取扱説明書から加工方法の図を掲載します。

Pal

 さてFMアンテナを接続するためプラグを加工しながら考えました・・「PALとFの変換アダプタはないものか?」・・と。秋葉原ならすぐに手に入る品かもしれませんが、地方都市ではなかなか見つかりません。ネット通販でも見つけられませんでした。

 先週末、ST-S333ESAの交換用コンデンサ調達のため名古屋大須のパーツショップに出かけた際、数店で尋ねたところ「海外通商本店」に1個500円(税込)で在庫ありました!!予備も含めて2個購入しました。ちなみにPAL(J)-F(P)の変換アダプタも500円でありました。※P:プラグ(オス端子)、J:ジャック(メス端子)

 T-2000W側にこのアダプタを付けたままにしておけば、F端子のアンテナ接続が容易になります。ちょっと出っ張りますが、まあ良いです。これからしばらくT-2000Wの動作チェックと試聴作業に入ります。年末年始休暇の楽しい仕事がまた増えました♪ 

Pal01 Pal02 Pal04 Pal05 Pal06

« SONY ST-S333ESA | トップページ | PIONEER F-120D ×3台 »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140763/17380460

この記事へのトラックバック一覧です: PAL(P)-F(J)変換アダプタ:

« SONY ST-S333ESA | トップページ | PIONEER F-120D ×3台 »