フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

チューナー関連リンク

« Can't Take My Eyes Off You/君の瞳に恋してる | トップページ | TRIO KT-7700 調整記録 »

2008年1月19日 (土)

TEAC TT-200 分解記録

Tt20000  2008年正月早々、MUSIC BIRDの留守録用タイマーとして使っているTT-200の液晶表示が消えているのに気付きました。「え~!故障??」と思って表示部を良く見ると時計は動いています。どうやら液晶用バックライトが切れたようです。修理に出そうかとも思いましたが手元には代替タイマーがたくさんあるので、研究材料として分解して遊ぶことにしました♪

 底面のネジ3本を外して前後にスライドすると簡単に分解できます。黒いスポンジに覆われた内側にLEDが2個ありました。下部のLEDは生きているようですが上部のLEDが逝っています。LEDに繋がったA1、K、A2のハンダを外したところLEDを載せた基板自体が外れました。修理に出すときっと「8028XXA-02」というユニット交換になるのでしょうね。

 使われているLEDは直径3mmの扁平型です。KがGND。A1が上部LED、A2が下部LEDに繋がっています。A1-K、A2-Kの電圧はともに5.07Vでした。修理できれば儲けもの・・との淡い期待もありましたが、交換部品が無い、取付け場所が狭い、適当な代用LEDが無いの理由で残念ながらここまでです。

 「大昔のFL管仕様オーディオタイマーと違って輝度劣化の心配がない」と安心していましたが、思わぬ落とし穴・・新品購入からたった1年の短い寿命でした(涙)。

Tt20001Tt20002Tt20003Tt20004Tt20005

Tt20006 Tt20007 Tt20008 Tt20009 Tt20010

 

« Can't Take My Eyes Off You/君の瞳に恋してる | トップページ | TRIO KT-7700 調整記録 »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。お邪魔します。
50歳 既婚男性です。オーディオ歴30数年。
オーディオメーカーの凋落は悲しいです。

私はこのタイマー、目ざましとしても活躍、活用しています。(DATでのエアチェックにも使っています。)
月曜から金曜日に、定時(起床時、出発時)に鳴らす。休みの土日は鳴らさない。
こんな芸当ができる機器は、携帯電話のアラーム機能。でもこれは音が小さく起きられません。

ロングセラーだった SONY PT-D9Wを2台使用。
1台目は1990年購入。2台目は2002年購入。
1990年の方はかなり傷んできましたが動きます。
2台とも、停電補償機能が故障。電池ではなくキャパシタのようです。(停電すると面倒)・・・そろそろ引退させるか?
TT200、1台目は、2003年購入。2台目を昨年、昨年2008年購入。(生産中止が怖いので)
1台目の液晶バックライトが故障。同じ症状でしょう。6年近くもちました。
停電補償機能がキャパシタでなく電池なので助かります。

Amazonで¥ 9,677にてもう一台購入しました。
ヨドバシ.COM¥10,752(税込)ポイント10%還元1,076ポイント)ポイントを計算すると¥ 9,676ですが支払額が安いのはAmazonでした。

アラーム音が小さいのが欠点。この点は今は、なんとか生き残っているSONY PT-D9Wを使っています。

今後は、ラジカセなど、大きな音が出せる電器製品をつなぐしかなさそうです。

欲を言えば、電波時計になって欲しいです。

しかし、どうして、このようなプログラム可能な目ざまし時計が、時計メーカーから発売されていないのでしょう。
需要あると思いますが。
このおかげで、目ざましセット忘れによる寝坊しないで済んでいます。

Y様

コメントありがとうございます。

TT-200のバックライトがたった1年で故障したのは残念でした。
耐久性、信頼性に不安を感じるのでもう使っていません。

古くてもPT-D9Wが安心して使えますね。輝度劣化は避けられませんが・・
停電補償の件はキャパシタ交換で復活できます。

交換方法などは以下に報告してありますのでご覧ください。

SONY PT-D9W修理記録

我が家には、1984年に購入したSONYのクロックラジオ(AM.FM,TV1~12)があります。
このクロック、PT-D9Wのようなプログラムではありませんが、時間合わせが昔のテレビチャンネルのようなダイヤル式。今日起きたら、明日朝のセットが出来る仕組み。
今は4月から大学生になる長男が使っています。重宝してます。不思議にもよく25年も壊れない。停電補償機能は電池です。PT-D9Wなぜキャパシタなどという部品使ったのでしょう?
私も、「リチウム電池だろう」と思っていました。中を開けて見て、すぐキャパシタとわかりました。(以前、部品購買に携わっていました。)文系卒ですが電気工作は好きです。小学校4年でゲルマラジオ、はんだごても使用、中学生から高校生は電機部品を買うため秋葉原に通いました。(今の「萌え~」ではありません。)
真空管ラジオも製作。

キャパシタ交換したいところですが、「自己責任」になるのが怖いです。できる自信はありますが。

>1984年に購入したSONYのクロックラジオ(AM.FM,TV1~12)・・

クロックラジオ・・懐かしいですね!

>時間合わせが昔のテレビチャンネルのようなダイヤル式・・

分かります!我が家にも同じものがありました。
まだお使いとは・・よく壊れませんね。

PT-D9Wは稼働中1台、予備機3台を持っています。
全部中古品です。キャパシタ交換などメンテナンスして
老後のエアチェックライフに備えています(笑)。

私もTT-200を使用しています。新品購入後7年で同様にLEDが暗くなりました3mmの白色LEDを買ってきて紙やすりで加工し交換して現在も使用しています。加工は面倒でしたが交換はそれほどでなかったです。ただ買ってきたLEDは1ヶ月で暗くなったのでその後、電流制限用に抵抗510Ωを入れて1年使用しています。可能であれば試されてはいかがでしょうか?

cb600f様

なるほど、丸いLEDを薄く削るわけですね。
思い付きませんでした、、、

古いオーディオタイマーがたくさんあるので
このTT-200は処分してしまいましたが、
また入手する機会があったら試してみます。
ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140763/17748575

この記事へのトラックバック一覧です: TEAC TT-200 分解記録:

« Can't Take My Eyes Off You/君の瞳に恋してる | トップページ | TRIO KT-7700 調整記録 »