フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

チューナー関連リンク

« TEAC TT-200 分解記録 | トップページ | Technics ST-8077 調整記録 »

2008年1月26日 (土)

TRIO KT-7700 調整記録

Trio_kt77000_3  1977年頃から我家にずっといるKT-7700です。何と30年前の製品で、当家最古のSONY ST-5130に次いで2番目に古いチューナーです。KT-7700に関する詳しい製品情報は国内サイトでは見つかりません。TRIO製品の中にあっては中級機扱いなので仕方ないことでしょうか。一方輸出モデルの「KT-8300/KT-9900」はTICで良い評価を受けています。KT-8300は正面パネルの色がシルバー、KT-9900は欧州向けでブロンズ色の違いがあるようです。

※輸出モデルの型番が国内向けモデルと極めて紛らわしいのでご注意ください。以下の記事に登場する「KT-8300/KT-9900」はすべてKT-7700の輸出モデル名を意味します。

-------------------------------------------------------------------------
■KT-7700に関する情報

【KT-7700に関する前回記事】 2006/10/22(LED交換、仕様一覧表、取扱説明書PDFファイル)
 http://bluess.cocolog-nifty.com/labo/2006/10/trio_kt7700_led_1bee.html

【KT-7700掲載カタログ紹介】 2006/12/07(1976年版カタログPDFファイル)
 http://bluess.cocolog-nifty.com/labo/2006/12/trio_1976_c884.html

【Tuner Information Center (TIC)】 ※KT-8300サービスマニュアルあります。
 http://www.fmtunerinfo.com/kenwood.html

【MPB's Audio Projects】KT-8300改造記事あります。
 http://mpbarney.googlepages.com/home

【FMtuners / High End FM Tuners】Yahoo Group
 http://tech.groups.yahoo.com/group/fmtuners/

--------------------------------------------------------------------------
■調整記録

Trio_kt77003  cooltune様のサイトでKT-7700の輸出モデルがKT-8300(KT-9900)という情報を得てTICで調べたところ、輸出モデルの調整法が記載されたサービスマニュアルや回路図が入手できました。「ついにこの日が来たか・・」という感慨に耽りながらKT-7700の内部に手を入れました。KT-8300(KT-9900)サービスマニュアルとKT-7700を詳しく照合すると両機は同一機ではないことが判明しました。

・KT-7700 FM専用 FM7連バリコン搭載(ユニット番号:X01-1230-00)
・KT-8300 FM/AM  FM6連バリコン搭載(ユニット番号:X01-1220-10)

Trio_kt77004  AM機能の有無が違います。上記のようにバリコンを載せたユニットが異なるので、トラッキング調整は「ANT」「RF1」「RF2」「RF3」「RF4」「RF5」の6ヶ所になります。ただしフロントエンド以降のFM部ユニット(X05-1350-10)は同一なので、ここでの調整項目はそのまま使えます。具体的な調整方法はサービスマニュアルをご覧いただくとして、ここでは調整作業の印象のみ書き留めます。※精度の怪しい中古測定機器を使って調整している点は差し引いてご覧ください。

KT-8300サービスマニュアルにKT-7700関係事項を加筆したPDFファイル(約2.3MB)

・トラッキング調整のズレはごく僅か。
・TP1で測定するIF TRIGGERとIF TRIGGER LEVELはズレが大きめ。
・TP2で測定するVCO(19kHz)はほとんどズレなし。
・セパレーションのズレが大きく、調整による改善効果が絶大!

---------------------------------------------------------------------------
■テストポイント「TP1」「TP2」の位置について

Trio_kt77005 「テストポイントの位置は回路図を参照せよ」というサービスマニュアルの指示に従って回路図上で「TP1」「TP2」を探しました。回路図とにらめっこ状態になって約1時間。「TP」という場所は発見しましたが「TP1」と「TP2」が見つかりません(汗)。老眼の目には厳しい作業です(涙)。日を改めて再度約1時間に渡って回路図を探索しました。やはり「TP1」と「TP2」が見つかりません。さすがに「これはおかしい!」と思い始めました。気付くのが遅すぎますか・・(笑)

Trio_kt77006  「TP2」はVCO調整(19kHz)ですからICg12の10番ピンに繋がった「TP」の位置で間違いないと思います。実機の基板ではR184(100KΩ)の足が計測ポイントで、周波数カウンタで19kHzが測定できました。「TP1」はIF出力を測定しているので、回路図上で「IF TRIGGER」と書かれたVRg2近く「b」上側の「●」ではないかと考えました。ただ基板上にはフックやテストピンが見当たりません。試しにVRg2に繋がったRg77(22KΩ)の足に直流電圧計を接続したところ指示された設定値に調整することができました。実機での調整はVRg2~Rg77間にあるジャンパ線がベストポイントだと思います。

Kt8300kt7700servicemanual_p16 このテストポイントが正しいかどうか不安があったので、この件について【FMtuners / High End FM Tuners】Yahoo Groupの過去ログを調べてみました。テストポイントの場所について過去に同じ議論がされていて、やはり回路図に「TP1」と「TP2」の記載は無いとの結論でした。調整に用いる実際ポイントも私の判断と同じでした。

 KT-7700の国内版サービスマニュアルをお持ちの方がいらっしゃいましたら、マニュアルと回路図でテストポイントの件をご確認いただけると嬉しいです。

-------------------------------------------------------------------------
■KT-7700の検波方式について

Trio_kt77001_2 「マルチプリケーティブ ディスクリミネーター」って何でしょう? cooltune様は「名称からしてたぶんクォドラチャー検波の改良型では・・」と述べられています。実機では検波回路がパッケージ(型番:W02-0005-05)になっているので内部の様子が分かりません。さすがにこれを分解する度胸はありません・・。弟機のKT-7500は「クォドラチャー検波」であるとカタログに明記されています。サービスマニュアルの記述に「phase shifter」「multiplier」とありますから、やはりクォドラチャー検波の一種と考えて良さそうです。「wave shaping circuit」の意味はよく分かりません。

【サービスマニュアルから引用】
 The detector circuit is assembled into a unit(W02-0005-05). It is a wide-band detector circuit of multiplicative detection system. The system is composed of phase shifter, wave shaping circuit, and multiplier having a low distortion characteristic. The detection band width is 5MHz and a low distortion characteristic of 0.04% is realized over more than 1MHz range. SN ratio is more than 85dB.

--------------------------------------------------------------------------
■試聴

 調整前後で受信性能はそんなに変わらない印象ですが、セパレーション調整の効果ははっきり分かります。セパレーションをしっかり調整するためには検波段の調整が重要。調整作業にはサービスマニュアルに示された設定電圧などの情報がとても役に立ちます。ヘッドホンの中で楽器の位置がしっかり定まる感じがVery Good!低音域も力強くなった印象です。出力段にある16kHzの立派なLPFを見れば、スペクトルの状態は納得できます。前回評価「○」を「◎」に変更します。

Swkt7700
7kt7700_2

【アナログチューナー比較記事】
 http://bluess.cocolog-nifty.com/labo/2007/11/post_9fa9.html

 今回の作業でTPを探すために回路図と真剣に向き合った数時間・・とても勉強になった充実の時間でした。

--------------------------------------------------------------------------
■追記(2008年2月2日)

 調整記事の公開後、cooltune様より「無線と実験」1976年5月号に掲載されたKT-7700回路図コピーをお譲りいただきました。ありがとうございました。

※以下に登場するKT-8300/KT-9900とはKT-7700の輸出モデル名を意味します。ご注意ください。

 KT-8300/KT-9900は海外仕様機です。FM放送のプリエンファシスは日本とは違いますから「75μs/25μs」の切替スイッチが背面に付いています。KT-8300の回路図を見ていくと切替スイッチもちゃんと記載されています。私の手元にあるのは国内仕様のKT-7700ですからプリエンファシスの切替スイッチはありません。日本のFM放送は50μs固定ですから当然ですね。

 「あれ~?」

Kt770033  写真の通りKT-7700のメイン基板は(X05-1350-10)でKT-8300の回路図に掲載されたユニット番号と同じです。でもKT-7700のディエンファシス回路がKT-8300と同じはずがありません。抵抗とコンデンサが違うはず!おまけにcooltune様からいただいた回路図を見るとメイン基板は(X05-1350-01)となっています???という事でKT-7700実機・KT-7700回路図・KT-8300回路図とのにらめっこ状態に再度突入しました(笑)。

---------------------------------------------------------------------------
■比較して分かった事

Kt770034_3 【KT-7700実機にある】→【KT-7700回路図にない】
・ICg12の8ピン、9ピンとQg20の間にある0.01μFのコンデンサー(基板裏面に直付け)
・このコンデンサーはKT-8300の回路図に記載あり(部品番号なし)

【KT-7700実機にある】→【KT-8300回路図にない】
・Icg13近くのコンデンサーCg105、Cg106
Kt770035・KT-7700回路図ではCg105→Cg118、Cg106→Cg119と記載あり

【KT-8300回路図にある】→【KT-7700実機にない】
・Flg6(16kHzのLPF)に入る直前にCg116とCg117
・Flg6(16kHzのLPF)を出た直後のRg125とRg126

Kt770036Kt770037 【KT-8300回路図】【KT-7700実機】で部品が異なる
・Rg129、Rg130:2.7K→1K
・Rg133、Rg134:120K→33K

※その他見落としはあるかもしれません。ご容赦を・・

--------------------------------------------------------------------------
■結論

・輸出用基板(X05-1350-10)に国内用部品(X05-1350-01)を搭載して製造
・製造後の製品改良のため基板裏面にコンデンサー2個を追加

 大量生産されたのではなく、一台一台ていねいに組み立てられた製品のような気がします。これからも愛着を持って大切に使い続けます(感謝)。

--------------------------------------------------------------------------
■追記(2009年8月8日)

 KT-7700専用カタログを入手したのでPDF化して追加しました。ディスクリミネータの原理図や歪特性図が載った技術資料的カタログです。どうぞご覧ください。※折りたたむとB5サイズになる一枚物のカタログです。

 →KT-7700専用カタログ 1976年3月発行 PDF形式 約3.7MB 

 

« TEAC TT-200 分解記録 | トップページ | Technics ST-8077 調整記録 »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。約1年振りにコメントします。
さて、今回の調整記事大変興味深く拝見しました。
輸出仕様のサービスマニュアルにはTP1、TP2の記載は無いとのことでしたが念のためと思い確認したことろ昨年ケンウッドサービスの方にいただいた「国内版」の回路図には
ICg12の横に「TP2」が、またIF TRIGGERの横に「TP1」が印刷されています。
使い方も判らず保管していましたが、今回やっと日の目を見ました。ありがとうございました。
もっとも調整機器が無い状態なので。。。

 ちなみに、貴殿の開発した高周波数の聴力テストで何と
14000HZ以上聞き取れないことが判ったので大変ショックを受け、それ以降「高域の伸びが・・・」との話を聞くのが怖くなりました。
年齢のせいなのか、それとも「高域難聴」なのか?

今後も研究成果の継続的開示を是非お願いします。

拝見しましたが凄い力作でBLUESSさんの苦労と喜びが伝わってきました。

shibataya1961さんの回路図にはTP1とTP2の記載があるそうですが、無線と実験に掲載された回路図ではTPだけでした。
サービスマニュアルが改訂されたか追補があったのでしょう。

「マルチプリケーティブ ディスクリミネーター」については雑誌に簡単な解説がありました。
探し出せないのですが(MJ誌の1976年2,3,5月号には載っていませんでした)クォドラチャー検波の改良型とあった気がします。
未整理の山の中に埋もれているはずですので見つけたら報告します。

セパレーション調整は私も効果に驚いたことがあります。
検波器より後の調整は聴感で分かり易いためでしょうけど、耳も素直なのかいい加減なのか分からないですね。

shibataya1961様

国内版回路図にはTP1とTP2が印刷されているのですね。

貴重な情報をありがとうございました。

cooltune様

回路図の件、ありがとうございました。

回路図はフロントエンドのご参考にと思ったのですが、綿密な調査をされたようで脱帽です。
もっとも実機を持っていると些細な点も気になってきますね。
回路図と実際は違うことはよくあります。
もしかしたら国内向けKT-7700でも製造時期によって違うかもしれません。

「75μs/25μs」スイッチは Dolby FM のための切り替えだと思います。
(別の機種では「75μs/50μs」スイッチで地域別の違いを切り替えるものがあります。)

ラジオ技術誌1976年8月号にトリオの松塚さんという方の6ページの解説記事がありました。
マルチプリケーティブ検波方式とは「ベッセル形の遅延器、波形整形回路、掛算器からなり・・・(中略)・・・波形整形回路は方形波にするためのもの(以下略)」だそうです。
同誌76年6月号には黒川晃氏の解説記事がありますが検波についてはクォドラチャー検波の一種とだけしか書いてありません。
電波科学誌78年11月号p.116にはクォドラチャー検波の移相器の代わりに遅延器を使ったものとありこれが一番簡潔な説明のようです。

cooltune様

貴重な資料から詳細な情報をご提供いただき誠にありがとうございます。
すごい蔵書ですね・・

カタログには性能を誇張する宣伝文句(難しいカタカナ専門用語)が並びますが、
回路図と実機を見比べながらその意味を確かめる作業は結構楽しいものです。

今回の一連の作業はとても良い勉強になりました。
ありがとうございました。

BLUESSさま
突然投稿して申し訳ありません。
チューナーのことが気になると、時々拝見させて頂いています。
実は一昨日、オークションでKT-7700を入手しました。
スイッチを入れたところ、明らかにステレオでは無くモノラルなので、VCOを調整するためICの10番ピンにつながっているR184のエンド側に周波数カウンターをつないで計測しましたところ、なんと45KHz~56KHzと言うとんでもない値を示しました。
電圧をチェックしたり、HA1156と言うICのサービスマニュアルもダウンロードして調べてみました。どう考えても上記のような周波数が出るわけも無いのでICの故障と考え、本日秋葉原でHA1156Wを購入してきました。(若松通商に70個ほど在庫があると分かったので)
先ほどまで半田ごてを持って格闘し、付け替えを無事終了しました。
ばっちり19KHzに合わせることが出来、見事にステレオになりました。
今まで10台ぐらいいろんなチューナーを触ってきましたが、FM-MPXのICが壊れていたのは初めてでした。

肝心のKT-7700ですがとても良いですね。
KT-1100、KT-1100D、KT-2020、KT-9X、KT-6040、KT-7020、KT-8300、SONYの333-ESG、333-ESJなどいろいろと調整して聴いてきましたが、KT-7700が最も自分の好みに合いますね。
まだステレオに戻っただけで、何も調整していません。今週末は軽く調整してみようと思っています。FMステレオ信号発振器とオシロスコープ等は売却してしまったので完璧な調整はできません。
高周波段は実際の放送を利用したは3点法ですね。パイロット信号キャンセラーやチャンネルセパレーションは、ちょっと調整しようが無いです。

ただ驚いたのは、KT-7700はほとんど周波数のズレが無かったことです。これまで入手したチューナーのほとんどは高周波段も、MPX部もかなりひどかったので正直驚きました。
設計とパーツと作りがしっかりしてるんだろうなと感心しました。ですから軽く調整するだけで良いかなと思っています。
印象的なのは感度が非常に良いことです。これまでのチューナーでは、よほど大気の状態が良くないとしっかり拾えなかったローカルのFM局がしっかり拾えて、歪みも無く再生できています(実はそのためにKT-7700を入手したのですが)。
楽しみが増えました。

【追記】
私のKT-7700にはTP1、TP2の印刷はありません。それとBLUESSさまのKT-7700と回路が少し変わっているようです。
「ICg12の8ピン、9ピンとQg20の間にある0.01μFのコンデンサー(基板裏面に直付け)」は存在しません。
またBLUESSさまの写真によると、HA1156の近辺にサブ基板(トリマ抵抗とTrなどが載っている小さな基板)が見えますが、私の機種にはそのような基板はありません。
販売してから、少し手直しが入ったのでしょうね。

デジコミ人様

書き込みありがとうございます。
私の KT-7700 は思い入れのある機種なので今も大切に使っています。
カバーを開けて内部を見ると丁寧に作られた様子がよく分かりますね。

AM用ICの故障は今までに2回経験しました。
HA1156の故障は私自身は経験したことありませんが、このブログを
通じて4~5例の故障事例をお聞きしています。

HA1156W(HA1156の改良型)の新品がまだ入手できるならラッキーですね。
私もちょっと確保しておこうと思いました。
ありがとうございます。

BLUESS様

初めて投稿させて頂きます。
私は、KT-7700を30数年利用しているエアチェックユーザーです。
貴重な情報を提供して頂き、ありがとうございます。

昨日、突然 ステレオからモノラルになったり、また、音が出なくなったりと、そろそろお蔵入りかと諦めておりました。(Signal Level →5を指している)
しかし、非常に思い出深い機器(高校時代、大学時代、社会人と共に過ごしたチューナー)なので、なんとか復活させたいと思いネット検索していたところ、BLUESSさんのサイトにたどりつきました。(コンテンツを拝見させて頂き、感激した次第です。)

早速、ブログを拝見させて頂き、対策を行ってみようと思います。
もし、可能でしたらアドバイス頂けると助かります。
メーカー修理が1万円程度で出来るのであれば、メーカーに出したいところですが???

(計測機器や修理機材は、真空管アンプを自作する程度の機材しかありませんので、出来る範囲は限られますが。)

ありがとう、ございました。

Odysseyさま
コメントありがとうございます。
KT-7700 は特に愛着があって大切にしている一台です。

ソニーサービスだと完全に門前払いですが、ケンウッドサービスなら
たぶん修理依頼を受けてくれると思います。
「部品がない」という理由で修理不可となるかもしれませんが、まずは
問い合わせてみることをオススメします。
復活すると良いですね。

BLUESS様

KT-7700 修理上がって来ました。予定通りの修理費で治って来ました。
株)ケンウッド・HEでの修理となり10日間掛かりましたが感度も音も良好で感激しています。
30年以上も前の製品ですが修理してくれるのですね、修理前にHA1156を交換し駄目もとでMPX
部のVCOボリュームを動かし調整を試みましたが?全く改善できず。
やはりプロに任せるのが一番ですね。
修理内容を見ますとMPX部VCO調整ボリューム接触不良の為、分解クリーニング調整と、RF、IF、MPX部調整の点検調整を行ったとのことです。
これからFMアンテナも新設しようかとワクワクしています。
(現在、CATV296で送信される電波を分波器でFM波を取り出しているので、まずは5素子の八木アンテナを設置したいと考えています。)

いろいろとありがとうございました。

KT-7700の復活、おめでとうございます。
原因はVCO調整ボリュームの接触不良だったんですね。
もっと難しいことを考えていましたが、不調原因はいろいろある
ものだと改めて実感しました。

それにしてもKENWOODサービスはまだ頼りになる存在ですね。
ちなみに回路図は補修部品として購入可能です。必要でしたら
KENWOODホームページからメール問い合わせるとすぐに返信が
届きますよ。以前、KT-2200の回路図をお願いしたときはA3サイ
ズ回路図が2枚で945円(210円×2枚+代引送料525円)でした。

お世話になります。
KT-7700ですが。周波数ズレを調整するトリマーコンデンサーはどこですか?
KT-5500はバリコンの上ですが、KT-7700ではANTですか、其れとも横にあながありますが・・・。よろしくお願いします。

yama様

KT-7700の局発回路はフロントエンド内のシールドケースの中です。
調整用のコイルとトリマコンデンサは上部からは見えません。
ケースの後側面に見える穴の中にあるので調整は無理でしょう。

お世話になります。有難う御座いました。他にANTと言う部分がありますが何ですか。
他のところにあるRF調整ダイヤルと同じですか。

調整方法は同じです。

こんばんは、bluesssさん
アドバイスを頂けたらと思い、初めて投稿させて頂きました。
KT-7700を中古で手に入れて使っていましたが、少し前から音がパタリと出なくなりました。
初めの頃はケースをトントンと叩くとまた音が出るという愛嬌のある機だったんですが、だんだんと頻繁に起こるようになり、叩く回数も増え、とうとう叩いても音が出なくなりました。今時電気製品を叩いて直す?のは私くらいだと思います。(^_^;)
音が出ないというのは、全く受信しているように思えない感じです。チューニングを回してもSメーターは全く動かず。ミューティングoffにするとザーと一定の雑音がしています。76~90まで回しても変化なしです。
コンデンサーがパンクしているような目で見て判るような故障だと交換した経験はあるんですが・・・・・、何度見ても壊れた感じのパーツは見当たりません。
サービスで修理と調整を依頼しようとは思っているのですが、触ってみたいと思う気もするので。
何か  ここかもって言うような箇所が思いあたればアドバイスを頂けたらと思います。
それにしてもBLUESSさんや他にも皆さんすごいですね。修理記録を読ませてもらっていますが、ほんと、すごいとしか言い様が無いです。 ちょっとあこがれたりもします。

まつぼっくり様

こんばんは。

>初めの頃はケースをトントンと叩くとまた音が出るという愛嬌のある機だった、、

昔、我が家のテレビもそうでしたっけ、、
昭和の香り漂う懐かしい風景が目に浮かびます(笑)

>チューニングを回してもSメーターは全く動かず。
>ミューティングoffにするとザーと一定の雑音がしています。
>76~90まで回しても変化なしです。

まったく受信していない感じですね。
残念ながら気の利いたアドバイスは思いつきません。
大切な機種でしたらオリジナル状態のままケンウッドサービスに修理に出されることをお勧めします。

BLUESS様  こんばんは
お返事ありがとうございます。
そう、昭和の香りする機です。
うちのテレビもそうでした(^_^;)
チャンネルに重りぶら下げてみたり。
そういえば真空管でしたね~。

ん~やっぱり難しいですね。

また登場させてもらいます。
ありがとうございました。

BLUESS さん

こんにちわ
以前 SONY ST-5000Fのレストアでご相談しました。
その後(今年の初め)レストアに出しましたが、暫くしてレストア状態が良くなく(音声の歪)
再度改善依頼しまして、先方からの回答は不具合箇所が「検波回路」にありで修理時間が必要との事でした。この為、先方からの改善報告を三か月待ちましたが反応が来ないので、ST-5000Fの回復を諦め先方に譲渡しました。(修理専門会社)
そして今は、TRIO KT-9700を入手し愛用しています。(KENWOODサービスでの動作点検では良好)
この「KT-9700」は、評判通り「いい音」が出ています。

初めましてTRIO・KT-30を所有してますがfmステレオ受信が出来ませんオートモード、スイッチを切替してもモノラルのままです簡単な調整で直るものでしょうか?
am.fm共受信は出来てます、又どちらも室内アンテナでの受信です。選局中はピンクノイズ
は出ていません。受信するとセグメントが点灯します中古ショップで購入しました
昨今チューナーも国内メーカーは数えるだけになってしまいましたアナログチューナーが好きで実働品を求めましたサイトでkt-30を調べて見ましたが修理調整に関して
ほぼ皆無でした。いきなりですいません、もし解りましたらアドバイス等教えて貰えたら
幸いです電気工具等はカードテスター、半田ごてくらいしか持ってません
よろしくお願いします

初めましてトリオam.fmチューナkt-30を所有しているものです
fmがステレオになりません、モードスイッチが有りますけどスイッチではない様です受信環境ですがam,fm共室内アンテナです、選局中はサーとゆうノイズは出ません、受信するとセグメントレベルが上がり音声が出ますステレオランプ
が点灯しません。切替スイッチはオート(ステレオ)モノラルになります
いきなりですいません簡単な調整で何とかなるでしょうか?
アナログチューナーに魅かれジャンク品で埋もれているのを発見しました
出来ればステレオで聞きたい思いでkt-30を調べて居ますがオークション
以外修理に関して在りませんでしたお手数ですがよろしくお願いします

菊池様
こんばんは。

KENWOOD KT-30 で検索すると以下のサイトに内部写真が掲載されていました。

http://audiokarma.org/forums/index.php?threads/just-picked-up-a-kenwood-kt-30-tuner-need-advice.399301/

基板上に「VR1 VCO」と印字された半固定抵抗が見えます。これを左右に回すとSTEREOランプが点灯しませんか?

もし点灯するなら、STEREOランプが点灯する範囲のちょうど中間位置にVR1をセットすると良いです。

お試しください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140763/17854504

この記事へのトラックバック一覧です: TRIO KT-7700 調整記録:

« TEAC TT-200 分解記録 | トップページ | Technics ST-8077 調整記録 »