フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

チューナー関連リンク

« RIDE ON TIME/山下達郎 | トップページ | YAMAHA CT-600 »

2008年6月29日 (日)

80年代のバリコンチューナー

Tu900  左の写真は[DENON TU-900]です。オークションでもあまり見かけない機種ですが先日1980年当時のカタログを入手しました。仕様などを確認するためです。1980年といえばバリコンチューナーが終焉を迎えていた頃ですね。同じ価格帯の[TRIO KT-1100]と[PIONEER F-700]も手元にあるので、この3機種の仕様等をまとめてみました。

 ■→[DENON TU-900]・[TRIO KT-1100]・[PIONEER F-700] 3機種比較一覧表

 [KT-1100]と[F-700]はパルスカウント検波、[TU-900]はクォドラチャー検波(カタログによれば「新クォードレーチュア検波」)です。[TU-900]ではシンセチューナーでおなじみのIC[HA12412][HA11223]が使われています。同調回路にバリコンを使っている以外はシンセチューナーと同じ構成です。

Tu900sch [TU-900]の基板写真を掲載します。部品実装面と裏面の合成写真です。Photoshopなどレイヤーを扱えるソフトをお持ちの方にはPSD形式ファイルを提供します。レイヤーの不透明度を調整するとパーツがどう繋がっているのかがリアルに分かります。

 ■→フォトショップ形式ファイル「TU-900.zip」約14MB

« RIDE ON TIME/山下達郎 | トップページ | YAMAHA CT-600 »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140763/41679793

この記事へのトラックバック一覧です: 80年代のバリコンチューナー:

« RIDE ON TIME/山下達郎 | トップページ | YAMAHA CT-600 »