フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

チューナー関連リンク

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月の記事

2009年5月30日 (土)

PIONEER F-780

F78000  1981年製、パルスカウント検波搭載のシンセ式チューナーです。もともと「外観は奇麗だが電源が入らない(1号機)」 を部品取り用に保管していたところ、2009年4月中旬たまたま友人から「外観は傷多いがFM/AMとも受信する(2号機)」 を譲り受けたので、それぞれから使えるパーツを取り出して「ニコイチ」として合体再生しました。

 ガラクタも捨てずに持っていると、時々いい事があります(笑)

■製品情報--------------------------------------------------------------------

 「パルスカウント検波」搭載機です。1981年のグッドデザイン賞を取っていたり、輸出機がT.I.Cで結構評価されていたりで興味深い機種でした。

 ・オーディオ回顧録
 →http://www.niji.or.jp/home/k-nisi/f-780.html

 ・オーディオの足跡
 →http://audio-heritage.jp/PIONEER-EXCLUSIVE/tuner/f-780.html

 ・グッドデザイン賞1981年
 →http://www.g-mark.org/library/40th/1981/index.html

 ・グッドデザイン賞パイオニア
 →http://www.g-mark.org/library/40th/japan/pioneer.html

  F-780 F-780 カタログ

■F-780 調整記録 --------------------------------------------------

 F-780に関しては、いつもお世話になっている「ひろくん」様のホームページに詳細な記述があります。調整箇所と手順を追いながら実機を確認しました。

F78001 F78002 F78003 F78004 F78005
F78006 F78007 F78008 F78009 F78010

■放送局名プレート制作-----------------------------------------------

F780104  SONY ST-J75YAMAHA T-2000W と同じように「放送局名の表示機能」があります。メモリー登録した場所のプレートを取り換える方式で、おそらく当時の全国FM/AM放送局名が印刷されたプレートが本来の附属品にあったはずです。

 時代が進んで放送局も増えていますが、パソコンとプリンターが身近にある昨今、その気なればプレートは簡単に自作できます。※今回はその気にならなかったのでパスしました(笑)

■PIONEER製パルスカウント検波チューナー -----------------------------

型番年式定価受信同調方式IF部~DET部MPX部
F-700 1979年 65,000円 FM専用 バリコン式 PA3007→PA5001→DSC PA4006
F-500 1979年 49,800円 FM/AM バリコン式 PA3007→PA5001→PA5002 PA4006
F-780 1981年 49,800円 FM/AM シンセ式 PA3007→PA5001→PA5002 PA4006
F-120 1982年 45,000円 FM/AM シンセ式 PA3007→PA5006 PA5007
F-120D 1985年 49,800円 FM/AM シンセ式 PA5008→PA5006 PA5007

 特に拘りがあって収集した訳ではありませんが、気が付けば手元に5台揃っていました。既に「F-120/F-120D 比較記事」と「F-700/F-500 比較記事」をまとめてあるので、これにF-780を加えるとパイオニア・パルスカウントの進化過程がまとまります。

 このブログには5台分のスペック一覧表を掲載しきれないので、ホームページの方にまとめました。

 ・ PIONEER PULSE COUNT DETECTOR TUNER
 →http://bluess.style.coocan.jp/audio/Pioneer_Pulse_Count_Detector.htm

 ・ FMチューナーを聴き比べる方法
 →http://bluess.style.coocan.jp/audio/fm_tuner_test.htm

■改めて聴き比べた印象-------------------------------------------

 カタログスペックを比較すると F-120D が一番良さそうですが、どの機種も良い音です。私の聴感では以下の印象でした。

 ・F-700 と F-500 → F-700の方が 「音に厚み」 を感じる。F-500は 「音が少し痩せている」 という感じ。
 ・F-500 と F-780 → 私の耳では違いを聴き分けられない。ほとんど同じ音。
 ・F-120 と F-120D → 私の耳では違いを聴き分けられない。ほとんど同じ音。
 ・F-700 と F-120/120D → 違いは、う~ん・・微妙~。私は F-700 が好きかな?

 どの機種ももはやアンティーク(骨董品)の部類に入ります。劣化の個体差も当然あるでしょうし、私の好き嫌いもあります。参考程度にご覧ください。

 5機種とも留守録用のプログラム機能がありません。エアチェック機に使えないのは残念ですが、リビングや仕事部屋のBGM用に使っています。

 30年前の古いアンプやスピーカーを使う気にはなれませんが、FMチューナーだけはオーディオ全盛期の製品が間違いなく良いです。メンテナンスしながら中古機を大切に使い続けましょう。

 

2009年5月23日 (土)

PIONEER F-120(2号機)

F120201_2  先のF-120(1号機)はどこか故障箇所があるような個体だったので、もう一台欲しいと思っていました。そんな2009年4月初旬、市内のハードオフでジャンク品を525円で入手できました。不調箇所があったので部品を交換して復活しました。

 内容は1号機の続編なので、詳細は前回記事に追記しました。

 ■前回記事 →PIONEER F-120/F-120D (2009年1月31日)

 

2009年5月16日 (土)

PIONEER F-700/F-500

F700f50001  今年のゴールデンウィーク、私にとっては珍しく3連休(小型連休??)が取れたので、所有しているアナログチューナーの再調整をずっとやっていました。この兄弟機はどちらもパルスカウント検波搭載のバリコン式チューナーです。電源コードには「1980」の印字があります。せっかく2台とも持っているので、比較一覧表を作ってみました。

F700f50003F700f50004F700f50002

F700f50005
F700f50006

PIONEER  F-700PIONEER  F-500
7001F-700 基板全景 5001F-500 基板全景
7002F-700 フロントエンド部
FM7連バリコン
5002F-500 フロントエンド部
FM5連AM2連バリコン
7003F-700 IF部 5003F-500 IF部
7004F-700 PA3007
メータードライブ用
5004F-500 PA3007
メータードライブ用
7005F-700 パルスカウント検波部
PA5001+ディスクリート
5005F-500 パルスカウント検波部
PA5001+PA5002
7006F-700 IF部~検波部 5006F-500 IF部~検波部
7007F-700 MPX部 PA4006 5007F-500 MPX部 PA4006
7008F-700 MPX部 PA4006 5008F-500 MPX部 PA4006
7009F-700 電源部トランス
35V/27VA
5009F-500 電源部トランス
37V/19VA
70010F-700 電源部 50010F-500 電源部
F-700 --- 50011F-500 AM部 HA1197

PIONEERF-700F-500
年式(※電源コードの印字) 1980 1980
定価 65,000円 49,800円
FM部 FM検波方式 パルスカウント パルスカウント
FM復調方式 ダイレクトスルー
MPX
ダイレクトスルー
MPX
FM部IC PA3007 PA3007
FM部IC PA5001 PA5001
FM部IC - PA5002
FM部IC MPX PA4006 PA4006
受信周波数範囲 76~90MHz 76~90MHz
実用感度 mono 0.95μV (10.8dBf) 0.95μV (10.8dBf)
S/N比
50dB感度
mono 1.8μV (16.2dBf) 1.8μV (16.2dBf)
stereo 20.0μV (37.2dBf) 20.0μV (37.2dBf)
SN比
80dBf入力時
mono 92dB(85dBf入力時) 90dB(85dBf入力時)
stereo 87dB(85dBf入力時) 85dB(85dBf入力時)
高調波歪率 wide mono 100Hz 0.03% 0.03%
1kHz 0.03% 0.03%
10kHz 0.03% 0.03%
stereo 100Hz 0.04% 0.04%
1kHz 0.04% 0.04%
10kHz 0.09% 0.09%
narrow mono 1kHz 0.08% 0.08%
stereo 1kHz 0.2% 0.2%
キャプチャー
レシオ
wide 0.8dB 0.8dB
narrow 2.0dB 2.0dB
実効選択度 wide 50dB(400kHz) 40dB(400kHz)
narrow 65dB(300kHz) 60dB(300kHz)
ステレオ
セパレーション
wide 1kHz 60dB 60dB
20Hz-10kHz 50dB 50dB
周波数特性 20Hz~15kHz
±0.5dB
20Hz~15kHz
±0.5dB
イメージ妨害比 120dB 120dB
IF妨害比 120dB 100dB
スプリアス妨害比 120dB 110dB
AM抑圧比 70dB 70dB
サブキャリア抑圧比 70dB 70dB
ミューティング動作レベル 4.9μV(25dBf) 4.9μV(25dBf)
アンテナ - 300Ω平衡型
75Ω不平衡型 75Ω不平衡型
AM部 AM部IC - HA1197
受信周波数範囲 - 522~1629kHz
実用感度 本体アンテナ - 300μV/m
外部アンテナ - 15μV
選択度 - 18dB(Wide)
- 50dB(Narrow)
SN比 - 50dB
イメージ妨害比 - 45dB
IF妨害比 - 40dB
総合 出力レベル/
インピーダンス
FM(100%変調) 650mV/2.2kΩ(Fix.)
0~1.3V/2.2kΩ(Var.)
650mV/2.2kΩ(Fix.)
0~1.3V/2.2kΩ(Var.)
AM(30%変調) - 200mV/2.2kΩ(Fix.)
0~400mV/2.2kΩ(Var.)
マルチパス出力 Vertical 130mV/10kΩ 130mV/10kΩ
Horizontal 400mV/10kΩ 400mV/10kΩ
電源電圧 AC100V
50Hz/60Hz
AC100V
50Hz/60Hz
消費電力 25W 22W
外形寸法(幅×高×奥行mm) 420×98×393 420×98×403
※奥行AMアンテナ含
重量 7.5kg 6.8kg
参考 取扱説明書 F-700取扱説明書PDF 捜索中
カタログ 1980年4月発行 1980年4月発行
参考サイト:オーディオ回顧録 F-700 -
参考サイト:オーディオの足跡 F-700 F-500
輸出仕様機 - -
BLUESS Laboratory 写真集 F-700写真集 F-500写真集
過去記事 2008年3月記事 2007年8月記事

■聴き比べた感想は・・・

 F-500はチューニングつまみが欠落したジャンク機でしたが、その後もう1台のジャンク機を入手して「いいとこ取りのニコイチ」に仕上げました。電球交換や受信調整も施していい音で鳴っています。

 スペックを比較するとF-700が微妙に良さそうですが、それほど大差はありません。私の所は受信環境(電波環境)が良いので、ブラインドテストで両機を聴き比べても違いは分からなかったです。

 1980年前後、バリコン式からシンセ式への移行期のFMチューナーは面白いですね。興味は尽きません。

 

2009年5月 6日 (水)

S21HT Spb Mobile Shell v3.0

Spb_v3_00  2009年4月24日、shareEDGE からバージョンアップのお知らせメールが届きました。2009年1月以降に旧バージョンを購入していると無料アップグレードの対象になるとのことでした。Spb Mobile Shell はS21HTでとても重宝しています。連休になるのを待って試してみました。

 ・導入時の過去記事(2009年1月19日)はこちら→
 ・Spb Mobile Shell v3.0 製品情報はこちら→

■バージョンアップ申込み手続き(その1)---------------------------------

  製品サポートお問い合わせフォームから
 ・製品名称
 ・購入日付
 ・購入店名
 ・現在持っているライセンスキー(アクティベーションキー)
  を入力して送信。

 翌日にクーポンIDが記された購入手続きに関するメールが届きました。

■バージョンアップ申込み手続き(その2)---------------------------------

 ・通常の購入画面で買物かごに入れる。
 ・届いたクーポンIDを入力する。(クーポンIDの有効期限は2週間)
 ・価格が0円となっていることを確認。
 ・0円にて購入手続きを進める。
 ・支払方法は「銀行支払」を選択。
 ・0円のまま支払手続きを完了します。

 「0円で支払い手続き完了」とはちょっと違和感のある購入方法ですが、翌日にアクティベーションキーが記された通知メールが届きました。

■バージョンアップ作業-------------------------------------------------

 ・PCからインストールする.exe版と、デバイスにダウンロードする.cab版が選択できます。
 ・私は.exe版を実行しました。
 ・旧バージョンv.2.1.5 を残したままv3.0をインストールしてみました。
 ・途中でPC側でアクティベーシションキーの入力を求められました。
 ・「既にインストールされています。再インストールまたはアップグレードを続行しますか?」
 ・と聞かれたので「続行」を選択。内部ストレージにはインストール不可でした。

 ところが「メインメモリーの容量不足」が原因で途中ストップしてしまいました。欲張ってSpb WeatherとSpbL Wireless Monitorの試用版も選んだので必要容量が巨大になってしまったのが原因でした。

結局旧バージョン v.2.1.5 とその他不要なソフトを削除し、試用版の選択も解除して新規インストールを実行しました。

Spb_v3_01 Spb_v3_02 Spb_v3_03 Spb_v3_04

■使ってみた印象・・なかなか良いです。--------------------------------

 ・「プロフェッショナルホーム」と「ライフスタイルホーム」2種類のホーム画面がある。
 ・「プロフェッショナルホーム」は旧版とほぼ同様のデザイン。
 ・「ライフスタイルホーム」ではよく使うソフトや機能をウィジェットとして登録可能。
 ・画面の切り替えは Compiz Fusion のような 回転する「3Dデスクトップ」 が使えます。
 ・3Dデスクトップは快適にクルクル回転します。
 ・全体に動作は快適ですが、旧バージョンに慣れていると使いこなすに時間が必要です。

Spb_v3_05 Spb_v3_06 Spb_v3_07 Spb_v3_08 Spb_v3_10

■ライフスタイルホームのカスタマイズ---------------------------------

 ・v.3.0 を使いこなすとは多分「ライフスタイルホームを自分専用にカスタマイズする」という事です。
 ・よく使うソフトや機能を好みの配置で登録できます。
 ・背景画像はあらかじめ6種類入っていますが、自分で追加もできました。
 ・オリジナル画像の場所 \ > Program Files > Spb Mobile Shell >***.jpg
 ・保存場所は選べるので、マイドキュメント等どこでもOKです。
 ・私は MacOSX Tiger風壁紙を細工してみました。
 ・「背景の変更」メニューから追加した画像を選択できました。

Spb_v3_09 Spb_v3_08_2 Spb_v3_11 Spb_v3_12

■日本語メニューのカスタマイズ---------------------------------

 ・アイコンの日本語表示ですが、文字が多すぎて途中で途切れるものがあります。
 ・これを解消するためアイコンを英語表示にできないか?試してみました。
 ・\ > Program Files > Spb Mobile Shell > SpbMobileShell.txt
 ・このテキストファイルによってメニューを日本語化しているようです。
 ・ファイルの中身は英単語と日本語の羅列です。
 ・ホーム画面の「ランチャ」「連絡先」がカッコ悪いので、英語表示にしてみました。
 ・66行目 Launcher|ランチャ → Launcher|Launcher
 ・272行目 Contacts|連絡先 → Contacts|Contacts
 ・テキストファイルを書き換えて上書き保存、本体をソフトリセットすると表示が変わりました。
 ・オーディオ機器の操作ボタンが日本語表示だとカッコ悪く感じる・・
 ・そんなこと、ありませんか?(笑)

 ・いろいろ試しているうち・・「いっそのこと SpbMobileShell.txt を外したら・・?」
 ・なんと!アイコンがすべて英語表示になりました!
 ・これで問題ないのか?まだよく分かりませんが、英語表示は私は好みです・・!

Spb_v3_12_2 Spb_v3_13 →英語化→Spb_v3_16 Spb_v3_17

 ※本当に問題ないのか?確かめたわけではありません。
 ※書き換えはあくまで自己責任でお試しください。

■残念だったのは------------------------------------------------------

 ・どの画面も左上にWindowsの「スタートボタン」が表示されること。
 ・旧版ではここはバッテリーアイコンでした。
 ・バッテリーの残容量が一目で分かったので重宝していましたが・・残念。
 ・表示設定を変更できるのか?試行錯誤していますが、ムリっぽいです。

Spb_v3_15 Spb_v3_14
v.2.1.5v.3.0

■バッテリーアイコンの変更 【追記:2009年5月9日】---------------------

 Spb Mobile Shell v3.0 のバッテリーアイコンがちょっと残念だったので、代替策を講じました。

 純正バッテリーアイコンを変更しようというアイデアです。以下のサイトを参考に S21HT で試したところ、バッテリーアイコンが変更できました。

 ・X04HT備忘録 さま
  →http://blog.livedoor.jp/x04ht/archives/390741.html

アイコン表示 + %数値表示 が嬉しいです。上記サイトに感謝します。

Spb_v3_19 Spb_v3_18
標準バッテリーアイコン変更後バッテリーアイコン

 

2009年5月 3日 (日)

古井戸 さなえちゃん

■訃報 忌野清志郎 死す・・また悲しいニュースに接しました。

 忌野清志郎さんの代表曲はたくさんありますが、代表曲以外に私自身の中学高校時代の記憶を辿りながら一生懸命に思い出したら、RCサクセションのギター仲井戸麗一さんが加奈崎芳太郎さんと組んでいた「古井戸」を思い出しました。忌野さんとは直接関係ありませんが、RCサクセション繋がりでご容赦ください。

 ♪大学ノートの裏表紙にさなえちゃんを書いたの・・♪

 このフレーズを口ずさめる方は、いま間違いなく50才以上ですね。

 当時同じクラスに本当に「さなえちゃん」がいて、本人の前でこの歌をギターを弾きながら歌っていました。懐かしいです・・

 忌野清志郎さん、たくさんのステキな音楽をありがとうございました。

■追記 2009年5月4日 --------------------

 私にとっては珍しく3連休・・でも出かける予定も無いので、昨夜から朝までずっとYouTubeで忌野清志郎さん関係の映像を見ていました。実に多くのミュージシャンと共演していらっしゃいます。

 一晩見続けた中で、特に心に残った1本にリンクします。忌野さんの交友範囲の広さを思わせる何とも豪華なメンバーですね。1991年の映像のようです。

 

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »