フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

チューナー関連リンク

« S21HT Spb Mobile Shell v3.0 | トップページ | PIONEER F-120(2号機) »

2009年5月16日 (土)

PIONEER F-700/F-500

F700f50001  今年のゴールデンウィーク、私にとっては珍しく3連休(小型連休??)が取れたので、所有しているアナログチューナーの再調整をずっとやっていました。この兄弟機はどちらもパルスカウント検波搭載のバリコン式チューナーです。電源コードには「1980」の印字があります。せっかく2台とも持っているので、比較一覧表を作ってみました。

F700f50003F700f50004F700f50002

F700f50005
F700f50006

PIONEER  F-700PIONEER  F-500
7001F-700 基板全景 5001F-500 基板全景
7002F-700 フロントエンド部
FM7連バリコン
5002F-500 フロントエンド部
FM5連AM2連バリコン
7003F-700 IF部 5003F-500 IF部
7004F-700 PA3007
メータードライブ用
5004F-500 PA3007
メータードライブ用
7005F-700 パルスカウント検波部
PA5001+ディスクリート
5005F-500 パルスカウント検波部
PA5001+PA5002
7006F-700 IF部~検波部 5006F-500 IF部~検波部
7007F-700 MPX部 PA4006 5007F-500 MPX部 PA4006
7008F-700 MPX部 PA4006 5008F-500 MPX部 PA4006
7009F-700 電源部トランス
35V/27VA
5009F-500 電源部トランス
37V/19VA
70010F-700 電源部 50010F-500 電源部
F-700 --- 50011F-500 AM部 HA1197

PIONEERF-700F-500
年式(※電源コードの印字) 1980 1980
定価 65,000円 49,800円
FM部 FM検波方式 パルスカウント パルスカウント
FM復調方式 ダイレクトスルー
MPX
ダイレクトスルー
MPX
FM部IC PA3007 PA3007
FM部IC PA5001 PA5001
FM部IC - PA5002
FM部IC MPX PA4006 PA4006
受信周波数範囲 76~90MHz 76~90MHz
実用感度 mono 0.95μV (10.8dBf) 0.95μV (10.8dBf)
S/N比
50dB感度
mono 1.8μV (16.2dBf) 1.8μV (16.2dBf)
stereo 20.0μV (37.2dBf) 20.0μV (37.2dBf)
SN比
80dBf入力時
mono 92dB(85dBf入力時) 90dB(85dBf入力時)
stereo 87dB(85dBf入力時) 85dB(85dBf入力時)
高調波歪率 wide mono 100Hz 0.03% 0.03%
1kHz 0.03% 0.03%
10kHz 0.03% 0.03%
stereo 100Hz 0.04% 0.04%
1kHz 0.04% 0.04%
10kHz 0.09% 0.09%
narrow mono 1kHz 0.08% 0.08%
stereo 1kHz 0.2% 0.2%
キャプチャー
レシオ
wide 0.8dB 0.8dB
narrow 2.0dB 2.0dB
実効選択度 wide 50dB(400kHz) 40dB(400kHz)
narrow 65dB(300kHz) 60dB(300kHz)
ステレオ
セパレーション
wide 1kHz 60dB 60dB
20Hz-10kHz 50dB 50dB
周波数特性 20Hz~15kHz
±0.5dB
20Hz~15kHz
±0.5dB
イメージ妨害比 120dB 120dB
IF妨害比 120dB 100dB
スプリアス妨害比 120dB 110dB
AM抑圧比 70dB 70dB
サブキャリア抑圧比 70dB 70dB
ミューティング動作レベル 4.9μV(25dBf) 4.9μV(25dBf)
アンテナ - 300Ω平衡型
75Ω不平衡型 75Ω不平衡型
AM部 AM部IC - HA1197
受信周波数範囲 - 522~1629kHz
実用感度 本体アンテナ - 300μV/m
外部アンテナ - 15μV
選択度 - 18dB(Wide)
- 50dB(Narrow)
SN比 - 50dB
イメージ妨害比 - 45dB
IF妨害比 - 40dB
総合 出力レベル/
インピーダンス
FM(100%変調) 650mV/2.2kΩ(Fix.)
0~1.3V/2.2kΩ(Var.)
650mV/2.2kΩ(Fix.)
0~1.3V/2.2kΩ(Var.)
AM(30%変調) - 200mV/2.2kΩ(Fix.)
0~400mV/2.2kΩ(Var.)
マルチパス出力 Vertical 130mV/10kΩ 130mV/10kΩ
Horizontal 400mV/10kΩ 400mV/10kΩ
電源電圧 AC100V
50Hz/60Hz
AC100V
50Hz/60Hz
消費電力 25W 22W
外形寸法(幅×高×奥行mm) 420×98×393 420×98×403
※奥行AMアンテナ含
重量 7.5kg 6.8kg
参考 取扱説明書 F-700取扱説明書PDF 捜索中
カタログ 1980年4月発行 1980年4月発行
参考サイト:オーディオ回顧録 F-700 -
参考サイト:オーディオの足跡 F-700 F-500
輸出仕様機 - -
BLUESS Laboratory 写真集 F-700写真集 F-500写真集
過去記事 2008年3月記事 2007年8月記事

■聴き比べた感想は・・・

 F-500はチューニングつまみが欠落したジャンク機でしたが、その後もう1台のジャンク機を入手して「いいとこ取りのニコイチ」に仕上げました。電球交換や受信調整も施していい音で鳴っています。

 スペックを比較するとF-700が微妙に良さそうですが、それほど大差はありません。私の所は受信環境(電波環境)が良いので、ブラインドテストで両機を聴き比べても違いは分からなかったです。

 1980年前後、バリコン式からシンセ式への移行期のFMチューナーは面白いですね。興味は尽きません。

 

« S21HT Spb Mobile Shell v3.0 | トップページ | PIONEER F-120(2号機) »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

些細なことですが、F-500 にはチューニングノブの所についている(内部)フライホイールが「黒色のもの」と「ただの剥き出し金属のもの」の2種類が存在するようです。私はその2種類とも触りましたが、僅かに「黒色のもの」のほうが操作フィーリングが良いようです。

フライホイールの色は全く気が付きませんでした。

F-500は背面のAMアンテナの分だけ出っ張っていますが、
写真の通り本体ボディサイズは全く同じです。

実はF-700のボディはもう一台のF-500から付け替えています。
「ニコイチ」ではなくて正確には「サンコニ?」の状態です(笑)

本日はHO4号足立保木間店へ行ったら Technics ST-7300 というアナログチューナーがあったので買いました。

使うつもりはないです。チューニングノブにアルミ削りだしの大型のものを使っており、これが欲しかったのです。ST-7300 のチューニングノブは直径39.5mm×長さ24mmです。いつもカーボンノギスを持参しています。

この大きさのツマミをアキバで買うと3千円はします。ところがこの ST-7300 は315円です。買うしかないです。

Pioneer F-500 に取り付けてみましたが、目論見通り、豪華になりました。正解です。

ところで Technics ST-7300 は正常動作してステレオにもなるお買い得品でしたが、ツマミとチューニングメータだけ部品取りしてバラバラに分解して廃棄しました。成仏してくれ。

Pioneer F-700 が来週、我が家に届くと思います。借り物ですが、どんな性能か見極めたいです。もしかしたら所有するかもしれません。

いまF-700でFMを聴きながら書いています。
F-700もいいですよ~。

ところで今日は、ゴールデンウィークに知人から貰った TRIO KT-8300 を触っていました。

オーディオの足跡 KT-8300

1978年製のFM専用機です。5連バリコン+パルスカウント検波を搭載しています。
HA1137W+MC1496+TR4010 の構成なので、ひろくん様の分類で「第2世代」に相当しますね。
MPX-ICは HA11223W。サンプリングホールドなど特別な回路は無いシンプルな構成でした。

今日放送のサンデーソングブックは KT-8300 でリアルに聴きました。
F-500とはちょっと志向が違いますが、でも満足できる音です。

ただ・・サイズが巨大で・・保管場所に困ります・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140763/45027963

この記事へのトラックバック一覧です: PIONEER F-700/F-500:

« S21HT Spb Mobile Shell v3.0 | トップページ | PIONEER F-120(2号機) »