フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

チューナー関連リンク

« SONY製チューナー/ソリッド・ステート・フィルター | トップページ | ABBEY ROAD / THE BEATLES »

2009年8月 6日 (木)

You Light Up My Life / Debby Boone

You_light01  1977年、ワーナーパイオニアから発売された邦題「恋するデビー」です。今日クルマで聴いたラジオで流れたので懐かしくなって YouToube で探してきました。とにかく一度聴いてみてください。絶対に聴いたことありますよ。歴史に残る名曲の一つだと思っています。しっかりした歌唱力と落ち着いたバラード調のメロディーがとてもマッチしています。

You_light02  「恋するデビー」という邦題は歌手名デビー・ブーン(パット・ブーンの娘)から考えたと思いますが、この頃の洋楽には 「実にくだらない邦題」 が付いている曲が多いですね。シングルレコードのジャケットには 「アイドルを求めていたキミたちにステキな女の子を紹介しよう!!」 という情けないコピーまで付いています。

 大学2年生(1978年)頃からナイトクラブの生演奏バンドで、ギターを弾くようになりました。クラブ専属のプロ女性歌手がメインボーカルで、バンドメンバーは20代後半が中心でした。演奏中のメンバー紹介では 「ギターはメンバー最年少、実は国立大学の学生で・・」 と紹介され、ナイトクラブでは「異色の存在?」として結構可愛がってもらいました。

 「You Light Up My Life」はクラブステージの定番ラスト曲で、「くだらない邦題・・」 と 「英語の歌詞をちゃんと読めよ・・」 はボーカル女性の口癖でした。いま、ほろ酔いの頭の中を懐かしい思い出が駆け巡っています・・

 

« SONY製チューナー/ソリッド・ステート・フィルター | トップページ | ABBEY ROAD / THE BEATLES »

音楽」カテゴリの記事

コメント

BLUESS 様、こんにちは。

>大学2年生(1978年)頃から
やはり同世代でしたね。私は1年遊んだ(中退?)ので大学1年でした。

>「恋するデビー」という邦題
当時、確かに酷い邦題だと思いました。

>この頃の洋楽には 「実にくだらない邦題」 が付いている曲が多い
同感です。当時の洋楽singleは実家にあるためすぐには浮かびませんが、ほとんどと言うかとにかく多かったですね。

>パット・ブーン
「砂に書いたラブレター」とか懐かしいです。

JT様 こんばんは。

お互い「イイおじさん」という事ですね(笑)

「この曲は単純な色恋の歌ではなく、キリストが生きる道を照らしてくれた・・という意味なのよ・・」

上記女性歌手はよく言っていました。
ホントのところは分かりませんが、曲調から妙に納得した事を覚えています。

「恋するデビー」は無いですよね~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140763/45856063

この記事へのトラックバック一覧です: You Light Up My Life / Debby Boone:

« SONY製チューナー/ソリッド・ステート・フィルター | トップページ | ABBEY ROAD / THE BEATLES »