フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

チューナー関連リンク

« 面影(Gメン'75のテーマ)/ しまざき由理 | トップページ | 謹賀新年 »

2009年12月31日 (木)

YAMAHA CT-800 電源基板

 ひろくん様のYAMAHA CT-800修理記録 を拝見し、電源基板を確認しようと 私のCT-800 を引っ張り出してきました。古いチューナーですが定期的に電源を入れて使っています。

 ・2年ほど前にワンオーナー品を譲り受けた品です。
 ・前オーナーは購入以来ずっとラックに入れていたそうです。
 ・私は入手後に部品交換などしていません。
 ・見る限りでは改造の痕跡は見当たりません。
 ・特別な不具合はないと思っていましたが、確かに以下の現象はありました。

 ・電源投入直後の2~3秒は出音が不安定。
 ・この間は歪っぽい音になる。
 ・その後は安定する。

 古い機種なのでこう云う物だと思っていましたが、これは定常動作までのウォームアップだったのですね。

■CT-800電源基板比較---------------------------------------

 ひろくん様のレポートで公開された内部写真を借用させていただき、私のCT-800電源部と比較してみました。※写真の横幅は1600ピクセルあります。

Yamaha_ct800_power_supply03

【左:ひろくん様の修理記録写真】
 ・基板番号が黒く塗られていますが、でも「 NA06451 」と読めそう。
 ・基板右下部分の様子がずいぶん違います。
 ・実装されていない抵抗などが判別できます。
 ・TRの代わりに[-12V] と [FNC] の間に 2MΩ の抵抗だそうです。
 ・CT-800背面のシリアル番号:背面写真を拝見するとたぶん4ケタ?

【右:私の所有機】
 ・基板番号「 NA06451 」
 ・基板右下部分の様子がずいぶんすっきりしています。
 ・実装されていない部品はありません。
 ・[-12V] と [FNC] の間に 2MΩ の抵抗(赤黒緑金)が入っています。
 ・CT-800背面のシリアル番号:13259

Ct80001 Ct80007 Ct80003 Ct80004_2 Ct80005_2

■推測・想像ですが・・----------------------------------------

 ・回路図の電源基板番号:NA06451
 ・私のCT-800の電源基板番号も:NA06451
 ・同じ基板番号で仕様変更があったのか?
 ・TRの型番やC容量/耐圧を実機確認した写真を掲載します。

Yamaha_ct800_power_supply02

■ついでに再調整-------------------------------------------

 ・電圧チェック
  +30V:+29.50V
   MB:+30.51V
  +12V:+12.05V(2.2kΩVRで可変)
  -12V:-12.33V
 ・よい機会なので各部再調整しました。

 ・CT-800取扱説明書(PDF形式、約3MB)
 ・上位機(後継機?)の CT-1000は LA3350を使ったMPXになっているようです。
 ・最近お気に入りの YAMAHA T-1 と聴き比べてみました。
 ・が、部品交換なし再調整のみの CT-800 の分が悪いのは明らかでした。
 ・さて、年末年始の特集番組が楽しみです。

 ・皆様にとって2010年が良き年になりますように・・・

 

« 面影(Gメン'75のテーマ)/ しまざき由理 | トップページ | 謹賀新年 »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

ひろくんさんに修理お願いした私のCT-800がここにも引用されて光栄です。現在良好に受信しています。これが再調整されるまでT-1を手に入れて使用してましたがだいぶ印象が違います。こちらのほうが美音です。T-1は少しおとなしい感じがしました。しかしT-1現在のところダイヤルの糸掛がきれてしまいどうしようか考え中です。他にT-3,4とあるのですがいろいろ不具合もありこちらも考え中です。
これから手を入れる際にいろいろと参考にさせていただきますのでこれからもよろしくお願いいたします。

zuizui様

こんにちは。
cooltune様の掲示板ではいつも拝見しています。

私のCT-800は他のチューナーと比べるとちょっと残念な感じです。
劣化具合などは個体差が激しいと想像します。

オールドチューナーは少しずつ手を加える楽しさがありますね。
ただ、所詮素人作業ですから改良か改悪かは分かりませんが・・(笑)

これからもよろしくお願いします。

いつも拝見させていただいております。
ヤマハCR800のFM受信時、Tメータは正常ですが、Sメーターは0~100の目盛で最大60位で受信され局からはずれても45~50位で、それ以下にはなりません。音声受信はほぼ正常です。またSメーターの調整VR(VR101)を回してもあまり変わらず、VRの不良を疑い交換しましたが同じです。
ちなみにAM受信時はSメーターは正常に動作しています。電解コンデンサー類は交換しています。ダイオード、Trの不良の疑いましたが、、、何かアドバイスをご教授願えれば幸いです。
画像で見る限りCR800のチューナーはCT800と基盤、フロントエンドは全く同じものと思います。CR800のサービスマニュアルは持っておりますのでCT800を参考に指導していただければ良いと思います。

kitami 様

CR-800、いいですね。私もいつか入手したい機種です。
CT-800のSメーターは電界強度を示すメーターのようでした。
たぶん100とか60の数字はdBuを示していると思います。

実は申し訳ありませんが、CT-800はもう手元にありません。
実機を確認しながらのお手伝いはできない状況です。

先ほどHifi-engineで CR-800のサービスマニュアルを入手しました。
回路図や調整手順が載っていたので、しっかり読んでみます。
何か気が付いたことがあればメールで連絡差し上げます。

kitami 様のメールアドレスは届いています。
当方のメールアドレスは左上段の「プロフィール」をご覧ください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140763/47163462

この記事へのトラックバック一覧です: YAMAHA CT-800 電源基板:

« 面影(Gメン'75のテーマ)/ しまざき由理 | トップページ | 謹賀新年 »