フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

チューナー関連リンク

« DENON TU-530 | トップページ | Panasonic DIGA DMR-XP200 »

2010年1月28日 (木)

S21HT Spb MobileShell v3.5.3

 2009年12月末に shareEDGE から Spb Mobile Shell バージョンアップのお知らせメールが届いてました。でも v3.5.2 → v3.5.3 微妙な変更なので1ヶ月近く放置。今日、仕事の手待ち時間に S21HT のアプリ整理したついでに導入しました。

■バージョンアップ作業記録-------------------------------------------------

Spbms353_2 ・S21HT の UI をiPhoneライクにカスタマイズできるお気に入りアプリです。
 ・shareEDGE サイトからcabファイルをダウンロード。
 ・インストール作業開始。
 ・旧版が残っているとインストール前に削除される。
 ・ライセンスキーは新版に引き継がれる。
 ・ライセンスキーを再入力する必要はない。
 ・Windows Mobile 6.5 に対応しているんですね。
 ・バグ修正と最適化・・見た目には劇的な変更ありません。

■最近 Docomo Xperia x10 が気になる・・-----------------------------------

S21ht_l705ix  ・現在は【イーモバイル S21HT】&【ドコモ L705iX】の2台持ちです。
 ・イーモバイルは使用歴1年ちょっとの新参者ですが、ドコモ歴は10年超。
 ・iPhone に魅力を感じつつ、でも何となくドコモから離れられないオジサンです。
 ・この2台の使い分けは上手く機能しているので、現状では特に不満ありません。

L705ix_1  ・ 【L705iX】はマイナー機種、使い勝手も良くありません。むしろ悪い・・
 ・でも、通話とiモードメールしか使わないので、機能的には十分。
 ・それと質感の高いステンレス製ボディとスライドオープンが魅力。
 ・これ以上カッコいいドコモ機種は未だ現れず・・・と思っています。
 ・現状のドコモPROシリーズには全く魅力を感じません。

 ・が、先日発表された【Xperia x10】を見て、久しぶりに心揺れています。
 ・ソニエリ製のAndroid端末ということでも期待が膨らみます。
 ・ドコモPROシリーズとは別の【Xperia】ブランドでの展開は正解かと・・
 ・「SO-01B」という型番では洗練されたイメージが台無しでしょう。

 ・発売後に【L705iX】→【Xperia x10】へ機種変更するならば・・
 ・【S-21HT】の2年縛り契約はあと10ケ月(2010年12月まで)だから、
 ・それまでは【Xperia x10】&【S21HT】の2台持ちになる。
 ・問題は【S21HT】の2年縛りが解けた以降 PCデータ通信をどうするか?

S21ht_05 ・WMWifiRouter をライセンス購入しているので、そのまま【S21HT】を使い続けるか?
 ・それともPCデータ通信も【Xperia x10】だけに集約した方が得策か??
 ・スマートフォンも対象にしたドコモの新しい定額制だと13,650円が上限です。
 ・一方、予備として UQ Step 契約した WiMAX(UD03SS)もキープしています。
 ・UQ Step契約でも新幹線車内で UQ Wi-Fi が無料で使える点が大メリット。

 ・【Xperia x10】ではエンターテイメント機能ばかり強調されていますが、
 ・スケジュール管理やToDo管理はどんな感じなのか?
 ・WindowsMobile機のActiveSyncのような仕組みは?
 ・社内グループウェアとデータ連携できるのか?
 ・ビジネスユースとして確かめたい点がいろいろあります。

 ・どうしようかな~?
 ・損得計算がアタマの中をグルグル巡っています(笑)

 【Xperia x10】
 →http://www.sonyericsson.co.jp/product/docomo/so-01b/
 →http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1001/21/news030.html

 【ドコモ L705iX】
 →http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0801/11/news110.html

 【UQ WiMAX】
 →http://www.uqwimax.jp/

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////
■S21HT 再構築記録(2010年1月28日現在)-----------------------------------

 以下、S21HT を再構築した際の備忘録です。

・Microsoft .NET Compact Framework 3.5
 →こちら
 ・導入するソフトによってはこのランタイムが必要。
 ・特に Spb Mobile Shell を起動するには必須。

・Spb Mobile Shell v3.5.3(有料)
 →こちら
 ・S21HTの使い勝手を決めるユーザーインターフェイス。
 ・iPhoneのようにフィンガーアクションでS21HTをコントロール。
 ・バージョンアップが進んで使いやすくなっている。

・WMWifiRouter v1.61(有料)
 →こちら
 ・S21HTを「どこでも無線ルーター」として使える便利ソフト。
 ・バッテリーの消費が激しいが、ここ一番に活躍する。

・WM6_BT_DUN.cab(無料)
 →こちら
 ・WM6用のBluetoothダイヤルアップ用プロファイル。
 ・これが無いと肝心の BT-DUN ができない。
 ・S21HTに何故最初から入っていないのか不思議・・。
 ・ダウンロードするには xda-developers.comへのユーザー登録必要。

・GSFinder+forWM5(無料)
 →こちら
 ・標準のファイルエクスプローラはとっても使いにくい。
 ・WM5用ですがWM6でも問題なく動作するファイラー。
 ・軽快なファイル操作には必須。

・KTCaptSP(無料)
 →こちら
 ・S21HTの動作画面をキャプチャしてくれるソフト。
 ・WM6(Standard)用をダウンロード。
 ・ここで紹介している画面はすべてこれでキャプチャしています。

・TodatAgendav1.50(無料)
 →こちら
・TodayAgenda日本語化datファイル(無料)
 →こちら
 ・予定表をToDoをToday画面上で確認表示してくれるソフト。
 ・職場が導入しているグループウェア Desknets と連携できるので超!便利。
 ・パソコンから Desknets にスケジュールとToDo登録。
 ・Desknets のWindowsCE用クライアントソフトを起動。
 ・ActiveSync起動(Bluetoothから接続)
 ・スケジュールとToDoがS21HTに取り込まれます。

・touchkeysip v1.12(無料)
 →こちら
 ・ソフトウェアキーボードツール=文字の入力ツール

・PocketLadio v0.47(無料)
 →こちら
・GSPlayer v2.29(無料)
 →こちら
 ・PocketLadio:Podcast、SHOUTcastなどのヘッドラインを取得するツール
 ・再生するには別途再生ソフトが必要
 ・GSPlayer:音楽再生ソフト
 ・この二つを組み合わせると「インターネット・ポケット・ラジオ」完成!

・PockeTwit v0.76(無料)
 →こちら
 ・WM用のTwitterクライアントソフト。
 ・独特なインターフェイスがカッコいい。

・Gmail設定(無料)
 →こちら
 ・S21HT標準メールソフト Outlook で Gmailの送受信が可能。
 ・いくつか設定変更が必要。
 ・仕事用もプライベート用もすべてのメールチェックがS21HTだけで可能。

--------------------------------------------------------------------

« DENON TU-530 | トップページ | Panasonic DIGA DMR-XP200 »

スマートフォン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140763/47415263

この記事へのトラックバック一覧です: S21HT Spb MobileShell v3.5.3:

« DENON TU-530 | トップページ | Panasonic DIGA DMR-XP200 »