フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

チューナー関連リンク

« 「FM放送のような音」実験 | トップページ | radiko at AICHI JAPAN »

2010年3月13日 (土)

A&D DA-F9000 メンテナンス記録

Daf900007  ・FM留守録用チューナーとして愛用している A&D DA-F9000(2号機) です。
 ・2006年12月に中古入手し、再調整して現役バリバリで使っています。
 ・ところが電源オンから少し経過すると受信感度が低下する事に気づきました。
 ・LED式のシグナルメーターが2個分減灯する症状です。
 ・聴感上ノイズが増加するほどの重症ではありませんが、ちょっと気になっていました。

 ・本体が暖まってくると感度が低下する?・・・そういえば!

Daf900008  ・ひろくん様のDA-F9000記事に同じ事例があったことを思い出しました。
 ・確認のためボディを開け、ドライヤーを用意して実験開始。
 ・電源投入直後の受信状態でフロントエンド部分をドライヤーで暖めてみると
 ・LED式のシグナルメーターがみるみる減灯していきます。

Daf900006  ・いつか FET を交換する日が来るかもしれない・・
 ・上記修理記事を拝見した後、交換用 3SK73GR を確保しました。
 ・両者のデータシートは念のため比較しました。
 ・フロントエンド基板を固定しているビス5本(緑色円内)を外す。
 ・シールドケースごとスライド(青色矢印方向)すれば基板を繋ぐコネクタ部分が抜けます。

3sk73107

Daf900001 Daf900002 Daf900003 Daf900004 Daf900005

 ・フロントエンド基板をシールドケースごと取り外し 3SK107E(2個)を 3SK73GR に交換しました。
 ・再度ドライヤーで暖めて動作確認。もう感度低下現象は発生しなくなりました。
 ・交換後、約3年ぶりに全体の再調整を施しました。
 ・これで当分、安心して使えそうです。

 ・ところで、DA-F9000 のボディは通気孔の無い「密閉構造」になっています。
 ・通電して30分も使っているとボディ上面は結構暖かくなります。
 ・内部にこもった熱による部品劣化は避けられない・・
 ・そろそろ電解コンデンサも交換した方が良さそう・・
 ・いっそのこと、ラックの中でボディを開けたままにしておこうかな??
 ・発売から20年を経過した古い機種です。労わりながら大切に使っていきます。

 ・体裁を整えた取扱説明書PDFを再アップしました。

 

« 「FM放送のような音」実験 | トップページ | radiko at AICHI JAPAN »

コメント

幸い拙宅のDA-F9000は今のところ快調ですが、いつか同様の不具合が生じるかもしれません。その際は、参考にさせて頂きます。
取扱説明書PDF、ダウンロード致しました。有難うございます。

Kapellさまの電解コン交換記録を拝見しました。
まずは電源部から交換してみようと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140763/47797303

この記事へのトラックバック一覧です: A&D DA-F9000 メンテナンス記録:

« 「FM放送のような音」実験 | トップページ | radiko at AICHI JAPAN »