フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

チューナー関連リンク

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月の記事

2010年4月29日 (木)

SANSUI TU-S707X 2号機

Sansui_tus707x_00  2009年12月末、知人から TU-S707X の故障品(シルバーモデル)を頂戴しました。ブラックモデルの TU-S707X と DECADE は既に持っていますがシルバーモデル実機は初めてお目にかかりました。この機種はディスクリートSLDD搭載なので実験素材として何台あってもOK、故障品でも Welcome です。
 ※掲載した写真は修理後に撮影したものです。修理の様子は別記事でまとめます。 最下段に追記しました。

 TU-S707X の製品情報について手持ちの資料からまとめてみました。ちなみに後継機 TU-S707X DECADE ではフロントパネルには金モールが加わってちょっぴり高級感を演出していますが、中身は TU-S707X とほぼ同じものです。
 ※TU-S707X と TU-S707X DECADE の比較記事 → こちら

Sansui_tus707x_04 Sansui_tus707x_06 Sansui_tus707x_07 Sansui_tus707x_32 Sansui_tus707x_31

■1984年2月発行 SANSUI アンプチューナーカタログ---------------------------------

Sansui_amp_tuner1984cover 【掲載機種】
 ・AU-D907X AU-D707X AU-D607X AU-D507X
 ・TU-S707X TU-S507X
   ------------------------
 ・TU-S707X が新製品として載っています。
 ・新MPX回路として SLDD が大きく取り上げられています。
 ・SLDDの動作原理が図解入りで詳しく解説されています。
 ・サンスイとしてかなり力が入った新製品だったと推測できます。 

■電波科学1984年5月号 SANSUI TU-S707X SLDD解説記事-------------------------

 ・cooltune様のサイトで古い雑誌記事リストを拝見し、バックナンバーを地元図書館で探しました。
 ・図書館の蔵書検索システム、これかなり便利です。
 ・SLDDの動作原理が詳しく解説されていますが、上記カタログとほぼ同じ内容の記述でした。
 ・この記事には TU-S707X 以外に DENON TU-950 と TRIO KT-1010 の解説がありました。
 ・図書館で該当ページをコピーしてPDFファイルにまとめました。
 ・ただ、雑誌記事をPDF化して公開する行為は著作権関係でたぶん問題あるので控えます。

■1987年10月発行 SANSUI アンプチューナーカタログ--------------------------------

Sansui_amp_tuner1987cover 【掲載機種】
 ・AU-α907i AU-α707i AU-α607i AU-α507i
 ・TU-α707i TU-α507i
 ・DA-α607i VS-α607i
    -------------------------------------
 ・TU-S707X 発売から3年半。 TU-α707i が新製品として載っています。
 ・この時期になるとチューナーの扱いはかなり小さいです。ほんのおまけ程度。
 ・記述の中に TU-α707i は「SLDD Ⅳ搭載」と説明があります。
 ・TU-α707i が IV になるなら以下の命名ルールが想像できます。

発売年国内機 型番SLDDMPX部カタログ
1984 TU-S707X SLDD I ? ディスクリート 1984年2月カタログ
1985 TU-S707X DECADE SLDD II ? ディスクリート 捜索中
1986 TU-α707 SLDD III ? LA3450 捜索中
1987 TU-α707i SLDD IV LA3450 1987年10月カタログ
1989 TU-α707EXTRA SLDD V ? LA3450 捜索中
1991 TU-α707R SLDD VI ? LA3450 捜索中

 ・当時のサンスイカタログをお持ちの方はぜひSLDDのⅠ~Ⅵをご確認ください。

■輸出機 TU-D99X サービスマニュアル -----------------------------------------

 ・2009年12月末、勉強のため輸出機 TU-D99X サービスマニュアルを海外サイトで購入しました。
 ・サービスマニュアル全18ページのうち、最初の2ページは輸出機 TU-S77X との相違点の説明。
 ・残り16ページは TU-S77X のサービスマニュアルそのものでした。
 ・以下の記述は最初の2ページから引用です。

【NOTE】
TU-D99X is additional model which external appearances are different from those of TU-S77X.
This manual contains OTHER PARTS LIST, PACKING LIST and ACCESSORY LIST in which changed parts are printed with bold-face.
For other parts list, refer to TU-S77X/S77XW service manual previously issued.

 ・パーツリストを比較すると bold-face(太字)で示された個所は3か所でした。
  1. Front Panel Ass'y(フロントパネル)
  2. Push SW.,POWER(電源プッシュスイッチ)
  3. Side Panel(L,R)(両サイドパネル)

 ・TU-S77Xはフロントパネル右下にSLDDのロゴなし。TU-D99XはSLDDロゴあり。
 ・電源スイッチや外観が違うだけとの説明ですが・・
 ・下表のように抵抗やコンデンサなど微妙な違いがあるようです。

■輸出機 TU-S77X / TU-S77XW サービスマニュアル-------------------------------

 ・TU-D99X に付いてきた TU-S77X/XWのサービスマニュアルを読んでみました。
 ・TU-S77X / TU-S77XW の違いは「サイドウッドの有無」でした。

【NOTE】
TU-S77XW are models which add wood side panels to TU-S77X.

■輸出機 TU-D99AMX サービスマニュアル ---------------------------------------

 ・2009年12月、Yahoo Groups FMTuners ArchiveⅢ にTU-D99AMXが追加されていました。
 ・TU-D99AMX は TU-D99X にAMステレオ機能を追加した製品のようです。
 ・RF-IF基板とMPX基板は共通、さらにAMステレオ基板が追加されています。
 ・この薄いボディにAMステレオ基板が良く収まったものだと感心します。
 ・FM部の調整手順を見ると「MUTING調整」「AUTO STOP調整」の項目が無くなっていました。

■TU-S707Xの輸出機は TU-S77X or TU-D99X ?-----------------------------

 ・TICのサイトに掲載されたTU-S77X/AMX,TU-D99X/AMXに関するの記述をまとめると・・

比較項目TU-S707XTU-S77X
TU-S77XW
TU-S77AMXTU-D99XTU-D99AMX
国内/海外 国内機 輸出機 輸出機 輸出機 輸出機
AMステレオ対応 × × ×
RFIF基板番号 F-4372 F-4372 F-4372 F-4372 F-4372
MPX基板番号 F-4375 F-4375 F-4375 F-4375 F-4375
MPX基板
L103,C143,C105
× × ×
MPX基板
C147
× ×
MPX基板
R112,R113,R118,R119
680Ω 330Ω 330Ω 680Ω 680Ω
正面パネル
SメーターLED発光色
黄のみ 緑-黄-赤 緑-黄-赤 緑-黄-赤 緑-黄-赤
Sansui_tus707x_05 Tus77x_led - Tud99x_led_2 -

Sansui_tus707x_21 Sansui_tus707x_24_2 Sansui_tus707x_22_2 Sansui_tus707x_23 Sansui_tus707x_25

 ・cooltuneさまのサイトでもこの件に触れられています。
 ・情報をまとめると TU-S707X に最も近いのは TU-D99X かな?と思います。

■///////////////////////////////////////////////////////////////////////
■TU-S707X(2号機)故障状況の確認 -------------------------------------

Sansui_tus707x_03 ・AM放送は良好に受信可能。
 ・ところが、FM放送はまったく受信できない。
 ・76MHz~90MHz間で周波数表示は変化するが、受信感度ゼロ。
 ・REC CAL音は聴こえる。
 ・WIDE/NARROW、LOCAL/DXの切替ボタンに対応したLEDは点灯する。

■TU-S707X(2号機)修理記録 --------------------------------------------

 ・ボディを開けるためサイドウッドを外すと、サイドウッドとボディの隙間にホコリがびっしり・・
 ・フロントパネルとボディ接合部にもホコリが堆積していました。
 ・今までに分解されたことが無い個体だと感じました。
 
 ・RF基板回路図(TU-S77X回路図に加筆)
 ・MPX基板回路図(TU-S77X回路図に加筆)

 ・フロントエンド Vcc電圧 →10.30v
 ・フロントエンド VT 電圧 76MHz →1.85v
 ・フロントエンド VT 電圧 90MHz →9.14v
 ・OSC部トリマコンデンサを回しても最大 9.3v 止まり
 ・正常稼働しているTU-S707X DECADE では 3.16v~23.8vです。

Sansui_tus707x_10 Sansui_tus707x_11 Sansui_tus707x_12 Sansui_tus707x_13 Sansui_tus707x_14

 ・どうやらOSC部トリマコンデンサの容量抜けが疑われる状況です。
 ・exjf3eqsさまのサイトに TU-S707X の同じ症状の修理事例が掲載されています。
 ・基板からフロントエンドを取り外し、OSCトリマコンデンサを交換しました。
 ・用意したいくつかのトリマコンデンサを交換して試したところ、
 ・PIONEER F-120(故障機)のOSC部から部品取りしたトリマがちょうど良かったです。
 ・VT電圧規定値は不明ですが、正常稼働している TU-S707X DECADE のVT電圧値に合せました。

Sansui_tus707x_15 Sansui_tus707x_16 Sansui_tus707x_17 Sansui_tus707x_18 Sansui_tus707x_20

 ・フロントエンド VT 電圧 76MHz →3v
 ・フロントエンド VT 電圧 90MHz →22v

 ・Sメーター(黄色LED)が点灯、周波数ずれもなくSTEREOランプ点灯しました。
 ・FM音声がキレイに聴こえてきました。
 ・故障は解決した模様です。

■TU-S707X(2号機)調整記録---------------------------------------------

 ・TU-S77X と TU-D99X のFM部調整手順はまったく同一でした。
 ・サービスマニュアルに従って各部調整しました。
 ・調整方法は過去記事参照。
 ・OSCトリマを交換したので、特にフロントエンド部の再調整を入念に施しました。
 ・音声出力をWavespectraで見ていると、パイロットキャンセルがしっかり効いている事が分かります。
 ・セパレーション特性などMPX部はやはり優秀な印象です。

■電源部の電解コンデンサを総交換予定-------------------------------------

 ・TU-S707X の電源回路は筐体左サイドの内側に張り付いた状態です。
 ・薄型設計のため無理な(強引な?)配置になっています。
 ・側面まで分解するのは結構大変な作業になりそうですが、
 ・でも、電解コンデンサを総交換した上でMPXデコーダーに改造してみたい・・

 ・2009年12月から書き始めて随分時間がかかってしまいました。
 ・やりたい事がどんどん増えて実作業が追いつかない状況です。

 

2010年4月24日 (土)

Voice of Awarenss

 ・最近 日刊気づき新聞 Voice of Awarenss が面白いです。
 ・twitter からハッシュタグ #kizuku の付いたつぶやきを毎日まとめているサイトです。
 ・短いつぶやきが新聞形式にまとまっているので読みやすいです。
 ・つぶやきの内容は身の周りにある小さな発見、気づきの類ですが、
 ・どうってことないような内容なのに、それがとても新鮮に感じられる不思議さがあります。
 ・このハッシュタグと気づき新聞に気づいて twitter の使い方がちょっと楽しくなりました。

 ・毎日の生活の中で、視点が少し変わった気がします。
 ・何か気づいたら twitter でハッシュタグ #kizuku を付けてつぶやく。
 ・自分のつぶやきが翌日の「気づき新聞」に載っているかも??
 ・別に載らなくてよいのですが、今まで見過ごしてきた事に目を向けようと脳が活性化しています。
 ・脳が活性化するという意味では #atakowa も面白いです。
 ・秘かな楽しみがまた増えました。ボケ防止にも役立つ?
 ・よかったらどうぞ~。

 ・BLUESSのつぶやき

 

2010年4月21日 (水)

Eye of the Tiger / Survivor

「テレビコマーシャルを見て娘に質問された」シリーズ・・?

 ・最近UCC缶コーヒーのTVCMで耳にしますね。
 ・「これは何の曲?」
 ・いつものように娘に聞かれました。

 ■1982年、映画ロッキー3のテーマ
 ■曲名:Eye of the Tiger
 ■アーティスト:Survivor(サバイバー)

 ・1976年 ロッキー
 ・1979年 ロッキー2
 ・1982年 ロッキー3
 ・調べるうちに当時の事をいろいろ思い出しますね。
 ・映画館に誰と見に行ったか??うかつに喋ると面倒なことになります(笑)
 ・いま聞けば聞くほど I was the Tiger と聞えてしまう・・

 

2010年4月18日 (日)

Xperia / b-mobileSIM U300

 ・2010年4月 1日 Xperia購入。初日で一気にパケホ上限に!スマホ、恐るべし・・
 ・2010年4月 7日 日本通信サイトでXperiaが動作確認端末に掲載された!
 ・・・・・・・・どうしようか?
 ・・・・・・・・1週間考えた末に・・
 ・2010年4月14日 bmobileSIM U300(6ヶ月契約)をオンライン注文。
 ・2010年4月16日 日本通信サイトで Xperia での設定方法が掲載されていた。
 ・2010円4月16日 夜、自宅に戻ったらもう佐川便で届いていた。

 ・日本通信株式会社

■日本通信 b-mobileSIM U300 開通手続き ---------------------------------

 ・送られてきたパッケージを開封する。
 ・Xperiaの電源を切って SIMカード(FOMAカード)を取り出す。
 ・b-mobileSIMカードを Xperia にセットする。
 ・Xperia の電源オン。この先の設定は サポートページ参照→
 ・プロキシを設定すると更に高速化できるようです。Webアクセラレータ→

Bmsim_02 Bmsim_03 Bmsim_07 Bmsim_04 Bmsim_05

 ・Xperia のステータスバーに「3Gアイコン」が表示される。
 ・アンテナ3本立っているが、開通手続きが必要とのこと。
 ・24時間対応開通手続きダイヤルに電話する。自動応答でした。
 ・携帯電話からダイヤルする必要あるようなので、妻の携帯電話を借用。
 ・音声指示に従いパッケージ裏面に印刷されている「電話番号」を入力。
 ・「およそ15分後から使用可能です・・」電話手続き完了。

 ・そうか、通話できないけど電話番号があるんだ・・・080-****-****

■機種変更前に使っていた L705iX 復活 -----------------------------------

L701ix ・Xperiaの前に使っていた L705iX、ステンレスボディのスライド携帯。
 ・古機&機能貧弱ですが、デザイン的なカッコ良さは今でも抜群。
 ・L705iXで使っていたFOMAカードをXperiaに刺しましたが、
 ・その FOMAカードを抜いて再び L705iX にセット。

 ・ガラパゴス携帯と言われながらも、電話機本体の伝言メモ機能はやっぱり便利。
 ・XperiaとL705iXの2台持ち。通話だけ L705iX を使います。

 ・Xperiaの IMoNi 運用一時停止。
 ・PCから docomo.ne.jp宛てにテストメールを1件送信すると・・
 ・L705iX にiモードメール着信。
 ・IMoNiの運用を始めた4月1日から16日までのメールが約60件まとめて届く。
 ・そのうち iモード.net へのログイン通知メールは10通でした。
 ・このペースなら1,000件に達するのは7ヶ月後だったかな。
 ・でも1,000件も溜めてから処理するなんて・・・ゾッとしました。

 ・Xperiaの IMoNi 運用再開。
 ・IMoNiがちょうどアップデートされました。
 ・バッテリー消耗度合いがかなり改善された模様。

■b-mobileSIM U300 のメリット・デメリットは?-----------------------------

 ・日本通信という会社を信用して良いかどうか?ちょっと不安?
 ・音声通話不可。データ通信専用。
 ・通信速度は上り下りともに300Kbps(ベストエフォート)
 ・上りは良しとして、下り300Kbpsは物足りない。
 ・動画や音声のストリーミング系は無理。
 ・認知度が上がってユーザーが増えれば速度低下は避けられない??

 ・月額維持費が安い!これが最大のメリット。
 ・L705iXとの2台持ちでもトータル月額換算は半額程度になりそう。
 ・全国FOMAエリアで使える。
 ・通信速度は上り下りともに300Kbps(ベストエフォート)
 ・アプリのダウンロード等は WiFi が使える自宅や仕事場ですればよい。
 ・外出先でのメイン用途(メール、Web検索、Twitterなど)には不自由なさそう。

 

 ・アマゾンで扱ってるとは知りませんでした。
 ・直販より安いですね。6ヶ月か1年の長期契約に踏み切るならこちらが有利。

■通信速度上り下りともに300Kbps(ベストエフォート)が意味するもの----------

Speedtest01  ・300kbps、この意味がわかる方限定のサービスです。
 ・普通の携帯+Xperia 2台持ちがOKの方限定とも思います。
 ・メール、Web検索、Twitter ならストレスなく利用できます。
 ・私は満足ですが・・・
 ・Youtube、Ust、radikoメインの方にはそもそも無理でしょう。

 【2010年4月29日追記】-------------------------------

 ・こんな運用をすると、L705iX にも iモードメールが着信します。
 ・考えたらXperiaで IMoNi を運用する意味が無くなっていました。
 ・iモードメールは L705iX で送受信することに。
 ・ということで、Xperiaの iMoNi は運用停止。
 ・すると Xperia のバッテリー消費が大幅に改善しました。
 ・iMoNi があったので Xperia に乗り換えましたが、削除。
 ・iMoNi 作者さま、ありがとうございました。
 ・ドコモが正式に iモードメールに対応するまでこのまま運用します。

【2010年5月14日追記】b-mobileSIM U300 開通から1ヶ月の経過報告----

 ・Gmail、Evernote、Twitter、NewsRob、Tuboroid は不満なく使える。
 ・GoogleMap:表示やズームがカクカクするが、まあ我慢できる範囲。
 ・Raziko:約15秒再生、約10秒バッファを繰り返す。
 ・XiiaLive(ネットラジオ):64kbpsのMP3で Raziko とほぼ同じ状況。

 ・下り250kbps、上り200kbps の速度が毎日コンスタントに出ている。
 ・安さに目が眩んで半年契約にしたけど、まずは良かったみたい。
 ・あとは日本通信さんがユーザー数増加にキチンと対応してくれることを期待します。

【2010年5月15日追記】無線ネットワークを持ち歩く ---------------------

 ・やはり「小型Wifiルーター」が欲しい・・
 ・PocketWifi機器を持っている方は問題ないですね。
 ・S21HT で WMWifiRouter を動かしても Xperia はアドホック接続不可でした。過去記事→
 ・Xperia がアドホック非対応だったことが私にはホントに誤算でした。

 ・MiFi 2372 ってアマゾンで売ってるんですね。b-mobileSIM と組み合わせたら?
 ・日本通信がSIMフリーのWifiルーターを出すとの情報 もありました。
 ・NTT東日本が小型無線ルーターを月額500円で貸し出すというニュース もありました。
 ・こちらはNTT西日本のBフレッツなんですけど。NTT西は?

 ・iPad発売直前、新型機器の登場、通信環境の変化など最近何だか慌ただしいですね。
 ・正確な情報が発表されるのを待ちましょう。

【2010年5月26日追記】月額料金はどうなったか?------------------------

  回線契約 2010年3月 2010年4月 2010年5月 2010年6月
1 ■NTTドコモ 【L705iX】 【Xperia】 【L705iX】 【L705iX】
FOMAタイプSSバリュー 934 934 934 934
パケット定額料 0 5,700 372 0
iモード使用料 300 300 300 300
iモード.net使用料 200 200 200 0
ケータイ補償料 0 300 300 300
ユニバーサルサービス料 8 8 8 8
eビリング割引 -100 -100 -100 -100
小計(税抜) 1,342 7,342 2,014 1,442
月額利用料金合計(税込) 1,409 7,709 2,114 1,514
2 ■日本通信b-mobileSIM U300 - - 【Xperia】 【Xperia】
半年契約のうち月額換算 0 0 2,483 2,483
月額利用料金合計(税込) 0 0 2,483 2,483
3 ■Emobileイーモバイル 【S21HT】 【S21HT】 【S21HT】 【S21HT】
本体割賦代金(アシスト1600) 1,600 1,600 1,600 1,600
通信料(1,000円~4,980円) 4,980 4,980 1,000 1,000
ユニバーサルサービス料 8 8 8 8
月額利用料金合計(税込) 6,588 6,588 2,608 2,608
4 ■通信端末 UQ-WiMax UD03SS
UQ Step (380円~4,980円) 380 380 380 0
月額利用料金合計(税込) 380 380 380 0
  月額モバイル通信費合計(税込) 8,167 14,677 7,585 6,605

 ※b-mobileSIM U300 は4月16日から使用開始しているが、便宜上5月分から計上。
 ※Xperia本体代金は一括支払済み。

 ・4月分はXperiaでパケホ上限まで使ったので通信費総額が跳ね上がりました。
 ・これはマズイ・・
 ・Xperia購入時に本体が21,000円引きになったスマホ購入割の契約書を読み直しました。
 ・具体的に何が2年縛りなのか? 違約金(解除料)が発生するケースを今さら再度確認。

  →規定利用期間(24か月)以内に新たに当該電話番号にて電話機を購入した場合。
  →同期間内に当該回線のFOMAサービス契約が解約、解除もしくは利用休止となった場合。
  →または当該回線を2in1のBナンバー契約として利用する場合。

 ・パケット定額契約や iモード契約の有無は関係ない・・

 ・ドコモパケット定額契約は5月末で解約。
 ・通話とiモードメールはタイプSSの無料通信分で賄える範囲です。
 ・iMoNiを使わなくなったので iモード.netも5月途中で解約。
 ・これなら6月分の通信費はずいぶん安くなる予定です。
 ・L705iX(通話とiモードメール)+Xperia(bmobile)だけなら 3,997円で収まる計算。

 ・WiMAX UQステップ契約は新幹線無料WiFi利用のため持っていたが5月末で解約。
 ・必要な時だけ UQ 1day 契約にします。
 ・Xperia導入によりイーモバイルS21HT経由でノートPCを繋ぐこともめっきり少なくなった。
 ・イーモバイルの2年縛り契約が2010年11月まで残っているが、いっそ解約するかな?

 ・やはり「小型Wifiルーター」が欲しい・・
 ・b-mobileのWifiルーターに b-mobileSIMを挿す方法が最安とは思いつつ・・
 ・でも1ヶ月の使用経験を踏まえると 300kbpsの通信速度では満足できない 気がする。
 ・そうなると WiMaxルーターか、ドコモバッファローのルーターか。
 ・NTT東日本の500円レンタルがかなり魅力的。
 ・NTT西日本からも同様の発表があることを期待して様子を見ます。

【2010年7月3日追記】ドコモポータブルWifi DWR-PG 買いました----------

 ・思案の末に DWR-PG 買いました。
 ・本体価格1円、定額データプランのキャンペーンです。
 ・詳細はこちらで→

【2010年7月25日追記】 bmobile talkingSIMってホントに安い?----------
 
 ・bmobile から talkingSIM 出ましたね。
 ・b-mobileSIM U300に音声通話をプラスしたサービスで月額3,960円。
 ・25分の無料通話付きですが・・・

 ・【Xperia+bmobileSIM U300】+【L705iX+FOMAタイプSSバリュ】=3,997円(税込)
 ・2台持ちの煩わしさからは解放されますが、その差額わずか37円。
 ・家族間通話の特典を考えると、、それほど魅力的とは思えないかな~
 ・ドコモのSPモードサービスが始まる9月が次の転機になりそうな予感・・

【2010年8月14日追記】結局、いま手元に白い docomo FOMA SIM が3枚------

 【SIM 1】もともとガラケー(L705iX)で使っていた音声通話SIM
 【SIM 2】今年4月に半年契約した「 bmobileSIM U300 」
 【SIM 3】DWR-PG で契約した「定額データプラン・スタンダードバリューSIM」

Fomasim3

 ・DWR-PG 入手してから試行錯誤。最近は以下の組み合わせで落ち着いています。

No. SIM種類 使用機器 契約内容 月額料金
SIM 1 docomo音声通話SIM L705iX FOMAタイプSSバリュー 1,514円
iモード使用料
ケータイ補償料(対象Xperia)
ユニバーサルサービス料
SIM 2 bmobileSIM U300 DWR-PG 半年契約(14,900円) 2,483円
SIM 3 docomo定額データ通信SIM Xperia 定額データプランSバリュー 4,943円
moperaU
ユニバーサルサービス料

 ・当初は Xperia と DWR-PG をWifi接続で使いましたが、接続までのタイムラグがちょっと・・・
 ・DWR-PGがスタンバイから復帰したとき、Wifi接続が確立するまでの時間が待ちきれません。

 ・Xperia には bmobileSIM U300 を入れていましたが、試しに定額データ通信SIM を刺してみました。
 ・当然ですが、通信速度は bmobileの比ではないので快適に使えます。
 ・音声通話とiモードメール送受信はガラケーの無料通信分で賄える範囲です。
 ・月額利用料合計8,940円。
 ・bmobileSIM の半年契約は10月中旬に切れるので、それ以降は月額6,457円。
 ・これならXperiaを通話+パケホフルで使うよりも1,500円ほど安くなる計算です。

 ・10月以降は定額データSIMを Xperia と DWR-PG で差し換えて使うか??
 ・それとも bmobileSIM U300 の契約を延長するか??
 ・やっぱり9月スタートのSPモードの様子を見てから・・・かな~。
 

【2010年9月1日追記】 spモード契約しました------------------

 ・考えていても仕方ない、まずは実行してみよう!・・・困った時のマイ行動指針です。
 ・これに従って spモード契約してきました。
 ・iモード契約は解約、moperaUも解約です。スッキリしました。
 ・いきさつは別記事にまとめました。

【2010年10月6日追記】 早いもので、もうすぐ半年経過します---------

 ・2010年4月に運用開始した bmobileSIM U300 の半年契約期限が10月19日に迫ってきました。
 ・更新契約をすべきか、それとも止めるか、、、、
 ・さんざん考えた結果、bmobileとはさよならすることにしました。
 ・1.8倍の利用料金を支払って、10倍快適な環境に移行します。
 ・詳細はこちら→

 

2010年4月17日 (土)

ELECOM TK-FBP014 /Bluetoothキーボード

Elecom_01 ・2010年3月初め、自宅近くの家電量販店で買いました。
 ・「今月の特価品」で税込4,980円でした。
 ・通常価格は6,980円なのでかなり得した気分です。
 ・実は以前から興味あるBluetoothキーボードでした。
 ・製品情報はこちら→

 ・最大9台のBluetooth機器とマルチペアリングできる点が最大の魅力です。
 ・本体色=白もありました。白の方が良かったかな??
 ・ペアリングは超簡単、メーカーサイトから取扱説明書PDFが入手できます。
 ・Bluetoothアダプタは PCi BT-MicroEDR2(Bluetooth v2.1+EDR対応)を使いました。

■SONY VGP-BKB1との比較 -------------------------------------------------

Elecom_02 ・2010年1月に SONY製Bluetoothキーボード VGP-BKB1 を購入しました。
 ・当時の買物記録はこちら→
 ・ただ快適に使えるとは言い難く、すぐに使用中止してしまいました。
 ・SONY VGP-BKB1が残念だったのは以下の2点。

【1.Bluetoothアダプタとの再接続】
 ・キーに触れず一定時間(数分)が経過するとキーボード自身がスタンバイ状態になる。
 ・その後キータッチを再開するとスタンバイ状態から復帰するのですが、
 ・その都度、PC本体に取り付けたBluetoothアダプタと再接続するんです。
 ・再接続に多少の時間がかかり、4~5文字入力した後に復帰する感じです。
 ・「再接続中」に気づかず文字を打ち続けて何度も失敗しました。

【2.一日のうち1回は誤動作する】
 ・ときどき特定のキーが押されたままの状態になる。
 ・キーボードの電源を切ってもバッファされた同じ文字が延々と入力される。
 ・他の無線機器との干渉なのか?
 ・発生タイミングに規則性は無いような

■SONY VGP-BKB1 で問題だった点はすべてクリア!-----------------------------

 ・SONY VGP-BKB1 を使ったときと全く同じ環境に ELECOM TK-FBP014 を導入しました。
 ・ELECOM機は一度起動すればスタンバイ状態にはならないようです。
 ・従ってしばらく放置しておいても、違和感なくそのままキー入力を再開できます。快適です。
 ・他の無線機器など条件は同じなのに、キーボード誤動作も今のところ発生しません。

Elecom_03 Elecom_04 Elecom_05

 ・パンタグラフ式のキータッチはちょっと頼りない印象ですが我慢しましょう。
 ・何よりマルチペアリングできるBluetoothキーボードは超便利です。
 ・Windows、Mac、PS3、スマートフォンなど登録して切り替え使用できます。
 ・ようやく快適なBluetoothキーボードに巡り合いました。大袈裟かな?(笑)

■Docomo Xperia でも使えるか??--------------------------------------------

 ・このキーボードを買ったのはXperia発売前だったので、実は期待していました。
 ・でもXperiaの仕様をよく読むとBT-HIDプロファイルが入っていない・・
 ・これはちょっと残念でした。

2010年4月11日 (日)

Xperia / YAMAHA NX-B02

 ・YAMAHA NX-B02 Bluetooth接続できるワイヤレススピーカーです。
 ・2010年3月、近くの家電量販店の決算セールで15,800円で買いました。
 ・XperiaとBluetooth接続できる・・・と期待しての先行購入でした。
 ・商品情報→YAMAHAサイト
 ・取扱説明書PDF→YAMAHAサイト

Nxb0201

■製品特徴---------------------------------------------------------------

 ・置き方自在のコンパクトなワンボックス・マルチメディアスピーカー
 ・Bluetooth2.0+EDR、A2DP対応によりBluetooth機器とワイヤレス接続
 ・様々な使用環境に対応したAC/DC電源方式
 ・ヤマハ独自技術「ツインSR-Bass」と大口径ドライバーによる迫力の高音質
 ・あらゆる携帯音楽プレーヤーが接続できるアナログ音声入力

■Xperiaとのペアリング操作--------------------------------------------------

Nxb0202 【NX-B02側の操作】
 ・上面にある「Bluetoothボタン」を4秒以上押し続ける。
 ・上面のLEDインジケーターが青色点滅を始める。
 ・点滅は8分間。この間にペアリングを完了する。

Nxb0203 【Xperia側の操作】
 ・設定→ワイヤレス設定→Bluetooth設定→デバイスのスキャン
 ・ワイヤレスオーディオ機器を見つけてタップ。
 ・パスキー「0000」を入力。
 ・Bluetooth端末として「NX-B02 YAMAHA」と表示される。

■インターネットラジオを聴く--------------------------------------------------

Nxb0204 ・ラジオアプリ Cherry Rdplayer を起動する。アプリは他にも多数あります。
 ・マナーモード設定中でも音楽がちゃんと NX-B02 から出てきます。
 ・マナーモード中でも Xperia側面の音量ボタンでボリューム調整可能。
 ・再生中に Xperia本体がスリープしても再生は継続する。
 ・NX-B02側の音量ボタンでも調整可能。

■Xperiaで音楽再生中に着信があったら----------------------------

 ・実験中に本当に着信があって焦りました(笑)
 ・マナーモード設定中は着信音は鳴らない。バイブのみ振動する。
 ・バイブ振動中は NX-B02 から音楽が出なくなる。ミューティングが掛かる感じ。
 ・通話中も同様に NX-B02 の音は出ない。。
 ・通話終了と同時に音楽再生が再開される。
 ・よく出来ていますね。

■使ってみた印象は--------------------------------------------------------

 ・Bluetooth接続の小型スピーカーは初体験なので比較対象がありません。
 ・でも、モニターの両サイドに置く安物PCスピーカーとは明らかに音質が違います。
 ・小型ワンボディなので置く方向、聴く方向を定める必要がありますが、
 ・方向が定まればちゃんとステレオ感がある。
 ・圧縮オーディオを聴いているのでそんなに高音質を期待しても仕方ない。
 ・便利な小型スピーカーとしては満足度高いと思いました。

■エネループを試す--------------------------------------------------------

Nxb0205 ・本体付属のACアダプタ以外に単三電池4本でも駆動できます。
 ・屋外やクルマの中でも使える想定ですね。
 ・エネループ4本で試してみましたが、問題なく動作しています。
 ・エネループ4本分の重量が加わるので本体安定感が増すかも?

■Bluetooth接続できるワイヤレススピーカーを探す----------------

 ・価格コムで見るとYAMAHA以外に8製品ありました。
 ・ソニー大好き人間としては SRS-BT100 が良さそうに思っていますが。

■Xperia内蔵のBluetoothプロファイル-----------------------------------------

 ・A2DP (Advanced Audio Distribution Profile)
 ・AVRCP (Audio/Video Remote Control Profile)
 ・HFP (Hands-Free Profile)
 ・HSP(Headset Profile)
 ・OPP(Object Push Profile)
 ・FTP(Server only)

 ・HIDが無いのでBluetoothキーボード使えませんね。PANもDUNも無い・・

■おまけ、携帯電話のワンセグTV音声が聴けた-------------------------------

 ・Xperia を入手するまでにBluetooth機器の接続実験をしていました。
 ・その中で、娘が使っている携帯電話 au W65T をBluetooth登録できました。
 ・W65T でワンセグTVを受信、音声を NX-B02 から出せました。
 ・という事は、A2DPはワンセグ音声SCMS-T(著作権保護規格)対応というい事ですね。
 ・NX-B02 の取扱説明書を読みましたが「SCMS-T対応」どこにも書いてありません。

   

 

2010年4月10日 (土)

謎の円盤 UFO

 ・昨夜、知人との飲み会の中で Xperia などスマホが話題になりました。
 ・Xperiaユーザーは私ともう一人、iPhoneユーザー4名。
 ・ちなみに6人とも50歳代のオジサンとオバサンです。
 ・互いの携帯の自慢大会みたいでしたが、会話の中で「謎の円盤UFO」が出てきました。
 ・「謎の円盤 UFO」・・
 ・多分50代のオジサンならみんな知ってる超懐かしいTV番組ですね~

 ・知人の一人がこの番組の中で現代のスマホみたいな電話機が出てきたと言うのです。
 ・大好きだった番組なのですが、私はよく覚えていません・・
 ・そんな訳でYoutubeで探してみるとTV番組のオープニング映像がありました。

 ・いや~、このオープニング映像、ナレーション、ストレーカー司令官、超懐かしいです~!
 ・スマホ似が登場する場面があったかどうか・・もうどうでもよくなって何度も見直しました(笑)

 

Xperia アプリ試用記録

 ・ドコモでは「Xperiaは新感覚のエンタテイメントマシン」と位置づけています。
 ・私にとってのスマートフォンは「通信機能を備えたシステム手帳」というイメージです。
 ・電話、メール、スケジュール管理、メモ、PCとの同期連携・・・
 ・実は Mediascape、Timescape も不要な感じです。

Device1 Device2 Device3 Device4 Device5 Device7 Device8 Device9

ジョルテ (システム手帳風アプリ)------------------------------------------

 ・本物のシステム手帳のような画面デザインがとっても良い。
 ・ここ1週間ほどで v1.1.3 → v1.1.6 へ改良が進んでいる。
 ・スケジュールはGoogleカレンダーと同期可能。
 ・職場のグループウェア → Outlook自動同期 → Googleカレンダー自動同期 → Xperia手動同期。
 ・GoogleのToDoリストとは同期できないみたい・・(今後の改良に期待)
 ・月単位と週単位で画面切り替え可能。
 ・ウィジェットとしてホーム画面に置くと便利。

 ※OutlookとGoogle Calendarとの同期は Google Calendar Sync を使います。

手帳の付録 (手帳の巻末によくあるアレ)-------------------------------------

 ・無くてもいいけど、あれば時々役に立つ「手帳の巻末ふろく」。

Cherry Rplayer (ネットラジオアプリ)-----------------------------------------

 ・A Online Radio の姉妹製品(簡略版?)。
 ・スマホの音楽系では SHOUTcast が聴けるラジオアプリがあれば十分。
 ・SHOUTcast のJazzカテゴリーをいつも聴いています。SMOOTHJAZZ.com がお気に入り。
 ・他のラジオアプリも試用中。

HOME++ BETA --------------------------------------------------------

 ・試用した中で現在のお気に入りになったホームアプリ
 ・ホーム画面は7画面まで増やせる。
 ・背景画像を固定すれば動作に違和感無い。

 

2010年4月 5日 (月)

Xperia スクリーンショットが撮れた

 ・Xperia導入5日目、試行錯誤の結果とりあえずこんな感じで落ち着きました。
 ・いろんな人からホーム画面どうしているの?と聞かれるのでここにアップします。

Xperia_home01

【Home++ BETA】
 →http://jp.androlib.com/android.application.mobi-intuitit-android-launcher-xqED.aspx
 ・いろいろ試用した中では見映えの良いランチャーアプリです。
 ・ホーム画面でシャッターキー半押しで画面キャプチャできます。
 ・Preferences → Graphics → Screenshot on camera key
 ・画像の保存は「共有」を選んで Google Picasaへアップロード。
 ・PicasaからPCにダウンロードして加工したのがこの画面です。
 ・ただしキャプチャ出来るのはホーム画面だけです・・・残念!

【その他の基本アプリ】
 ・Gmail : 手動更新
 ・IMoNi : 1時間毎に定期更新
 ・twicca : 起動時に手動更新
 ・カレンダー : Googleカレンダーと手動同期
 ※GoogleカレンダーはPCのOutlookと自動同期
 ・電話帳 : 機種変前のケータイ電話帳とGmail連絡先を合体して同期

 ・Advanced Task Killer Free : マルチタスクはいいけれど逆に必携アプリですね。
 ・Evernote : ワイヤレスカメラは本当に便利です。
 ・IMoNi : 当初は10分毎に新着チェックしましたが、そんなにする必要ないかと・・
 ・Gmailは仕事用3個、個人用4個のメールアカウントを登録済み。
 ・Google雲のなかに個人情報を丸投げです。超便利だけど、でもいいのかな~、ふと不安?

 

2010年4月 3日 (土)

Xperia / eneloop mobile booster

Xperia13 ・USB出力付リチウムイオンバッテリー
 ・型番 KBC-L2AS
 ・ACまたはUSB端子から充電可能
 ・2系統USB出力端子

 ・Xperiaのバッテリー消耗が予想以上に激しいですね。
 ・フル充電で朝出かけて夜までもたないとは・・
 ・予備バッテリーを買おうとドコモショップへ行ったら売り切れ・・
 ・予備バッテリーを買ったとしても、開け閉めでXperiaの裏ぶたがすぐに壊れそう・・
 ・それならこの「エネループモバイルブースター」を携帯しようと思いつきました。

Xperia12 Xperia14 Xperia15

Xperia11 ・ところが、Xperia同梱のUSBケーブルでエネループに繋いでも充電不可。
 ・ネットで調べてみると、これはUSBケーブルの内部結線の問題のようです。
 ・+Dと-Dが短絡していないと充電できないとか・・
 ・ここで役に立つのが「通信/充電 切替式USBケーブル」です。
 ・このケーブルは以前アマゾンで買いました。
 ・写真のようにエネループで充電できています。
 ・予備バッテリーを持ち歩く代わりにエネループ使えそうです。
 ・内蔵バッテリーに悪影響があるかどうかは不明。試行される方はもちろん自己責任で・・。

■KBC-L2AS 仕様-----------------------------------------------

本体寸法(質量)W62×D22×H70mm(約130g)
パックサイズW105×D160×H69mm
入力電源ミニUSBプラグ DC5V/500mA MAX AC100-240V/50-60Hz(専用アダプタ)
出力USB端子部:DC5V/500mA×2
出力時間1端子使用時 約240分 2端子使用時 約120分
充電時間ACアダプタ入力:約7時間/USB端子入力:約14時間

 ・ところで Xperia付属品のACアダプタですが・・
 ・プラグ部分が折りたためないタイプです。
 ・Xperia付属品のMicroUSBケーブルも太くて取り回しにくいです。
 ・付属品のデザインにももう少し拘って欲しいものです。

■追記 2010年4月10日--------------------------------------

 ・よく考えてみたら、Xperia付属のUSBケーブルは「普通のケーブル」ですね。
 ・つまり付属ACアダプタ側で細工されているという事。
 ・ということは、、ドコモショップでACアダプタだけ調達するという選択肢もありますね。
 ・一つは自宅用、もう一つを職場に置くという運用法です。
 ・そうすれば特殊ケーブルではなくて普通のUSBケーブルで事足りるかと・・

■追記 2010年9月13日---------------------------------

 ・エネループの新製品 KBC-L2BS が発売予定ですね。
 ・プレスリリース 2010/08/31 →
 ・見た目はそんなに変わらないようですが、性能アップしているようです。
 ・出力電流が 1A にアップ。
 ・Xperiaで使えるマイクロUSB用アタッチメント同梱。
 ・アマゾンで予約受付開始になっていました。

 ・実は、、新製品登場で旧製品になる KBC-L2AS が値下がりすることを期待しています。
 ・エネループで充電できる機器が増えてきたので、二個目が欲しいなと・・・

    

 

2010年4月 2日 (金)

Xperia購入記

Xperia01  ・2010年4月1日、Xperia発売日。
 ・私は2月初めに事前予約済み。
 ・受け取りのためビックカメラ名古屋駅西店に行きました。
 ・開店時間(10時)より少し前に着いたら・・・
 ・店舗前は既に大勢の人だかり、まさにお祭りの様相です。
 ・オープニングイベントがあったようで、関係者や取材陣が多数並んでいました。
 ・既に20人位の行列ができていたので「最後尾」の看板に並びました。
 ・意外にもTV局各社のクルーが勢揃い、イベントや行列の様子を撮影しています。
 ・私は午後から打合せの予定があったので、スーツにネクタイ姿で来てしまいました。
 ・列のほとんどの人はラフな私服、ブラックベリーを手にしたマニアっぽい人もいます。
 ・マズイ、これではいかにも 「会社を抜け出してきたサラリーマン」 という絵面になっている・・
 ・仕事をサボって来たわけでは無く、やましいところは無いけれど・・
 ・携帯電話機の発売日、朝から行列に並んでいるビジネスマン風の中年オヤジ・・
 ・こんな絵が夕方のローカルニュースで流れたらカッコわるいな~寒気がしました(笑)

 ・開店と同時に店内へ流れる行列をTVカメラが撮影、記者がレポートしています。
 ・顔が映らないように不自然な姿勢でカメラ前を通過(笑)
 ・「ご覧ください。開店と同時に大勢の客が押し寄せています・・・」 レポーターの声が聞こえます。
 ・「大袈裟だな~、参ったな~ブツブツ・・」
 ・契約カウンターで手続きする様子も客の背中越しに撮影しています。
 ・TVカメラがこちらを向くたび、下を見たりカタログで顔を隠したり・・明らかに挙動不審(笑)
 ・嫌な予感的中!「お話を聞かせていただけますか?」と声がかかりました。
 ・「仕事サボってきたので、ここにいる事がバレるとマズイので・・」 ウソも方便です。

 ・「発売日先着30名にハードケースと液晶保護シートプレゼント!」
 ・そんなキャンペーンがあるとは知らなかったものの、運よく貰っちゃいました。
 ・店内のアクセサリー売り場には保護シートなど各種商品が豊富に並んでいました。
 ・な~んだ、慌てて買う必要も無かったか・・

Xperia02 ・Xperiaを一日使った印象は・・・
 ・「Spb Mobile Shell を入れた S21HTと操作感は同じ・・」です。
 ・イーモバイル S21HTの2年縛りが解けるのは2010年12月。
 ・それまでは Xperia と S-21HT を併用する予定です。
 ・Xperiaに関する詳しいサイトはたくさんあるので、私は両機の比較や連携動作を中心に実験するつもりです。
 ・乞う!ご期待・・いや、こんなことに興味ある方はいないか?

 

2010年4月 1日 (木)

Born To Be Wild / EASY RIDER

映画「イージーライダー」のテーマ、Steppenwolf の「ワイルドで行こう!」

 ・一昨日の夜、クルマで聴いていたFM放送で偶然流れてきました。
 ・中学生の頃かな・・このバイク、この音楽、超カッコイイと思いました。
 ・いま聴いても古臭さをまったく感じません。

■趣味の活動再開!----------------------------------

 ・年度末の超繁忙期を乗り切り、また平和な時間が戻ってきました。
 ・久しぶりに趣味の時間が取れそうです。ブログ更新も久しぶり。
 ・最近は Twitter が面白いです。
 ・ブログに書くほどでもない短い文章を随時投稿しています。
 ・Twitter仲間になりませんか? →http://twitter.com/FM_fan/

 ・4月1日はドコモの Android携帯 Xperia の発売日。実は予約済みで午前中に入手予定です。
 ・しばらく Xperia ネタが続くかも・・です。

//////////////////////////////////////////////////////////////////
■イージーライダー永遠に 追記【2010年6月2日】------------------------

 ・2010年5月30日、デニス・ホッパーが亡くなったというニュースに接しました。
 ・余命あとわずか・・・そう宣告されたら、自分だったらどうするか・・
 ・イージーライダー、永遠に・・(合掌)

 

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »