フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

チューナー関連リンク

« RADIO-i 放送終了 | トップページ | Europa / Gato Barbieri »

2010年6月23日 (水)

Panasonic CF-S9KYMCDP

S905_2 ・5万円も出せば上等なネットブックが手に入るのに・・
 ・20万円超のレッツノート2010年夏モデルを買っちゃいました。
 ・仕事の道具だからスペックに妥協したくない・・と言い訳しつつ。
 ・Panasonic通販サイト「My Lets倶楽部」 でカスタマイズ注文しました。
 ・2010年5月28日オンライン注文。6月16日出荷メール受信。6月17日到着。
 ・外装色「シルバーダイヤモンド」に拘ったので納品まで3週間もかかりました。

■店頭販売モデルとの違い -----------------------------------------------

   店頭販売モデル  MyLet's倶楽部モデル
CPU Core i5-520M Core i5-540M
OS Win7 Pro /32bit Win7 Pro /64bit
HDD 320GB/5400rpm 500GB/7200rpm
Memory 4GB(2GB+2GB) 4GB(2GB+2GB)
Bluetooth なし 内蔵
キーボード 通常 ひらがな抜き
ボディ色 グレイッシュメタル ダイヤモンドシルバー

■「ユーザーに愛されてレッツノート13年」--------------------------------

 ・Panasonicサイトに「ユーザーに愛されてレッツノート13年」というフレーズがありました。
 ・Panasonicサイト:レッツノートヒストリー
 ・そうか~13年か、、、。ということは、私のモバイル歴も13年ということです。
 ・数えてみれば、これで5台目のレッツノートになります。

AL-N1 CF-A77 CF-W2C CF-R6A CF-S9K
Aln1t513j5 Cfa77j8 Cfw2c_2 Cfr6aCfs9
1997年 1999年 2004年 2007年 2010年
Win95 Win98→XP Home WinXP Pro WinVista Bus Win7 Pro
Pentium Celelon PentiumM Core2Duo Core i5
133MHz 300MHz 1GHz U7500 540M
16MB→32MB 64MB→128MB 256MB→768MB 512MB→1.5GB 4GB
1GB→2GB 6.4GB→20GB 40GB→80GB 60GB 500GB
10.4/SVGA 11.3/XGA 12.1/XGA 10.4/XGA 12.1/WXGA

 ・1997年、持ち運びできる小型機が必要になり ジャストB5サイズの AL-N1 を買いました。
 ・買値はたしか 30万円超だったか? これがモバイルPCとの付き合いの始まりでした。
 ・Pentium133MHz、メモリー32MB。今思えば超非力マシンながら Win95 が快適に動きました。
 ・5台のスペックを並べると 13年間のPC進化がよく分かります。
 ・特に通信環境は ダイヤルアップモデム → WiMAX内蔵 へと激変しました。

■R6との比較写真-------------------------------------------------------

 ・バンドルソフトは Adobe Reader8 と McAfee だけ。壁紙もWindows7標準のままでした。
 ・写真のSシリーズ壁紙は Panasonicサイトから自分でダウンロードしました。
 ・不要なソフトがバンドルされていないのは好印象です。どうせ削除するだけですから。
 ・新型 S9 はまだセットアップ途中。R6 との入れ替え作業にもう少し時間がかかりそうです。

S903 S904 S905_3 S906
S907 S908 S909 S910 S911

■バッテリー残量表示補正ユーティリティ---------------------------------

S912 ・バッテリー残量を正確に表示するための儀式です。
 ・バッテリーをいったん満充電にしてから強制的に完全放電させます。
 ・この過程でバッテリー容量と消耗過程のデータを取っているようです。

 ・実行するとPCが再起動し、ユーティリティが起動する。
 ・バッテリーのフル充電が始まる。
 ・続いてバッテリーの完全放電開始。(約4時間かかりました)
 ・バックライトフル点灯、排気ファンがフル回転で熱風を吐き出します。
 ・CPU に負荷のかかる計算をさせているような感じ?です。
 ・完全放電を終えるとユーティリティ終了。再度充電して使用可能になります。

■<おまけ>任務を終えた R6 を音楽再生専用PCに仕立て直そうか-----------

 ・FMエアチェック用 YAMAHA CDR-HD1500 の後継問題をどうするか?
 ・そろそろ考えなければ・・と最近思っています。
 ・FM留守録用PC、録音データ保存用NAS、再生専用PC かな?
 ・やはり今後は PC活用がベストでしょうね。

 ・実は R6 は放熱ファンが無いファンレス仕様の PC です。
 ・ファンレスのため本体底部がかなり熱くなりますが一応は「静音マシン」です。
 ・この静音性を生かして「PCオーディオ再生専用機」に仕立て直す方法を考えています。
 ・まずは オリジナルHDD(60GB)を大容量タイプに換装。ついでに放熱対策も施して・・
 ・リカバリするとオリジナルのWin-vistaに戻りますが、XPの方が使いやすいし・・
 ・メモリ増設は1.5GBが限界みたいなので、いっそ ubuntu studio にするかな・・
 ・そういえば Xperia をリモコン代わりに使えるし・・
 ・出番の無くなった S21HT を専用リモコンにしてもいいなぁ・・などと妄想中。

 

« RADIO-i 放送終了 | トップページ | Europa / Gato Barbieri »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140763/48699888

この記事へのトラックバック一覧です: Panasonic CF-S9KYMCDP:

« RADIO-i 放送終了 | トップページ | Europa / Gato Barbieri »