フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

チューナー関連リンク

« AKAI DT-138 モバイル活用法 | トップページ | DWR-PG バッテリー消耗度テスト2 »

2010年7月21日 (水)

AKAI DT-138 メンテナンス記録

Akai_dt138_00 ・久しぶりに AKAI DT-138 を使い始めました。
 ・モバイル機器を充電するためです。
 ・しかし何と言ってもオーディオ全盛期の古い製品。
 ・停電時のメモリバックアップは1秒も持たない状態・・
 ・そこで今後も安心して使うためメンテナンス作業を実施しました。以下、作業内容の記録です。

■リレー接点清掃-------------------------------------------------

Akai_dt138_24 Akai_dt138_25 Akai_dt138_23 Akai_dt138_21 Akai_dt138_22

 ・OMRON製パワーリレー:型番 G4W-1112P-US-TV8 12VDC
 ・A系統/B系統用に2個並んでいます。カバーを外して接点清掃。
 ・接点周辺が黒くくすんでいました。
 ・不要ハガキを短冊状に切り、紙やすりのように接点を磨きました。
 ・型番を調べてみるとまだ現行品のようです。いざとなれば交換可能なので一安心。

■電解コンデンサなど交換--------------------------------------------

Akai_dt138_14 Akai_dt138_006 Akai_dt138_11 Akai_dt138_12

 ・電解コンデンサ9個、電気二重層コンデンサ1個交換。
 ・電解コンデンサの容量はオリジナル通り、耐圧はすべて50Vモノを使いました。
 ・電気二重層コンデンサは 0.47F/4.5V → 1F/5.5V 容量アップしました。
 【オリジナルパーツ】
  0.47F/5.5V
  1000uF/16V,470uF/10V,220uF/35V,220uF/25V,47uF/35V,22uF/25V,22uF/16V*2,0.22uF/50V

 ・コンデンサ交換のついでに全箇所ハンダ修正。ハンダを多めに盛り直しました。

■MN1455B データシートから判明したこと-----------------------------

 ・基板上で目につく大型IC:MN1455B。データシートは検索ですぐ見つかりました。
 ・「蛍光表示管直接駆動 CMOS 4ビット・1チップ・マイクロコンピュータ」
 ・発振用に2水晶を備え、通常は4MHz、停電時は32kHzで計時動作のみ実行し消費電流を抑える。

 ・42pin←XTAL1(4MHz/in)
 ・41pin←XTAL2(4MHz/in)
 ・40pin←VDD
 ・39pin←XTAL3(32kHz/in)
 ・38pin←XTAL4(32kHz/in)
 ・37pin→OSC128(クロックモニタ/out。4MHz動作時は128Hzクロックを出力)

 ・X1:4.194MHz/4/4/2048=127.9907128Hz→128Hz
 ・X2:部品型番KOS6M(データシートの記載より32.768kHzの水晶と思われる)

■試行錯誤で判明したこと-------------------------------------------

Akai_dt138_15 Akai_dt138_07 Akai_dt138_18 Akai_dt138_16 Akai_dt138_17

 ・中古品を見かけるとつい買ってしまうので、実は DT-138 は4台持っています。
 ・その中で表示管が薄く最も状態が悪い個体で以下の実験をしました。
 ・壊れても構わない・・割り切って作業すると意外な発見があって楽しいです。

 【TP1】
 ・TP1に周波数カウンタを接続し、C13トリマコンデンサで128Hz調整。
 ・周波数カウンタで測定中に停電状態にすると TP1は 16Hz を示す。
 ・32.768kHz/2048=16Hz

 【TP2、TP3】
 ・TP2「SEC」を短絡すると秒の早送りになる。秒の進行に伴って分も繰り上がり。
 ・TP3「MIN」を短絡すると分の早送りになる。秒は止まったまま。

 【その他】
 ・TP2横「1/3」 これは機能不明??
 ・「12/24H」 を短絡すると24時間表示に切り替えられる。

Akai_dt138_20 Akai_dt138_19

 ・Manuals-in-PDF.com にDT-138のサービスマニュアルありましたが $15.81、ちょっと高いな~。
 ・ということで サービスマニュアルは未入手未確認です。
 ・同様の実験をされる場合は十分な注意の上、自己責任でお願いします。

■12時間表示/24時間表示の切替スイッチ設置-------------------------

Akai_dt138_30_2 Akai_dt138_31 Akai_dt138_32 Akai_dt138_33 Akai_dt138_34

 ・今まで DT-138 の12時間表示と24時間表示を切り替える方法が分かりませんでした。
 ・正面ボタンをいくつか同時に押して切り替えるのかな?と勝手に想像していました。
 ・でも上記の試行錯誤で「12/24H」を短絡すれば24時間表示になると判明。
 ・私は「AM/PM表示」よりもシンプルな24時間表示が好みです。

 ・短絡するだけでは面白くないので、本体背面に切替スイッチを取り付けることにしました。
 ・こうすればいつでも「12時間表示/24時間表示」を切り替えられます。
 ・そういえば背面に切替スイッチがあるタイマーってよくありましたよね。

 ・DT-138背面にドリルで穴加工し、切替スイッチを設置。
 ・「12/24H」からリード線を引き出して配線。作業は簡単です。

■ところが、、24時間表示でタイマー時の動作不具合発生-----------------

 ・上記切り替えスイッチで24時間表示にした状態で動作テストしました。
 ・通常の時計表示は問題ありません。
 ・タイマーセットも普通どおりに設定できました。

 ・ところが、タイマー動作時に不具合があることが分かりました。
 ・アウトレットA/Bの切り替え動作ができないようです。
 ・リレーから聞こえる「カチカチ音」が少し変です。
 ・EVER ON にした時も アウトレットA/B が選択できません。

 ・12時間表示ならタイマー動作正常です。これは残念!!
 ・切替スイッチを付けましたが、結局元通りの12時間表示で運用することに・・
 ・そんなに簡単じゃないですね~。この件は宿題として残しておきます。

■停電テスト-----------------------------------------------------

 ・メモリ保持用キャパシタを交換したので念のため確認しました。
 ・交換後1時間通電 → 電源断10分 → 再度通電
 ・10分間の電源断後も現在時刻とタイマー設定は保持できました。

■DT-138(DC-138)操作方法---------------------------------------

Dc13800 ・A&Dブランドの DC-138 は AKAIブランドの DT-138 と同一品です。
 ・どちらも取扱説明書は未入手なので操作方法は試行錯誤の繰り返し。
 ・それでも同好の方から多くのコメントをいただき、大体分かってきました。
 ・操作方法の詳細はこちらをどうぞ →過去記事

■中古オーディオタイマーは貴重品?----------------------------------

 ・オーディオタイマーという製品自体が市場から消えつつあります。
 ・今、新品で買えるのは TEAC TT-200 だけですね。
 ・そのTT-200、3年ほど前に新品を買いましたがたった1年で液晶バックライト故障。
 ・TT-200分解記録 →過去記事
 ・リモコン操作は便利でしたが、20年前の中古タイマーの方がよっぽど長持ちです。
 ・古くてもちゃんとメンテナンスしてやればまだまだ使えます。

 ・私の知人に熱帯魚マニアがいます。
 ・彼は「水槽管理にはこういったオーディオタイマーが欠かせない・・」と言います。
 ・水槽の照明、温度調整用ヒーター、エアポンプなど電装品をタイマーコントロールするそうです。
 ・なるほど、いろんな使い方があるものですね。
 ・ハードオフで中古タイマーを見かけたらまた買ってしまいそう・・(笑)

■24時/12時表示切替できました! 【追記 2012年11月4日】-----------------

 ・2012年11月2日、電気屋さまからアドバイスをいただきました。
 ・単純な短絡ではなくて100kΩの抵抗を入れること。
 ・前回設置した切替スイッチに100kΩ抵抗を挟んでみました。
 ・結果は、、、単純短絡時の不具合が解消しました。
 ・スイッチ操作による24時/12時表示切替が出来るようになりました。

Dt138xx

 ・放置状態だった A&D DC-135 をこの機会に整備しました。詳細はここ→
 ・今回は勉強になりました。ありがとうございました。

 

« AKAI DT-138 モバイル活用法 | トップページ | DWR-PG バッテリー消耗度テスト2 »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

BLESS 様、

ありがたい内容です。参考にさせて頂きます。

私もDT-138は中古入手していますが、使用法がいまいち??なため、
ほとんど使用していませんでした。(時計代わり?)
電気二重層コンデンサも手持ちではサイズが合わず未交換です。

今は3台あるSONY PT-D9Wを常用しています。
→2台は当時新品購入、一応3台とも電気二重層コンデンサ交換済み

<PS>
暑さと通勤時の疲れで、AUDIOメンテは停滞しまくりです。<(_ _)>

jt8085jpさま

試行錯誤で遊んでいる時間がやはり楽しいです。
何とか24時間表示を実現する方法を探したと思っていますが、
取扱説明書にあっさり書いてあったりして・・?

高校時代は自転車通学、大学は徒歩10分の場所に下宿、
社会人になってからはずっとマイカー通勤です。
幸か不幸か「満員電車」には縁がありません。

その代り仕事時間は超不規則で徹夜仕事もザラ・・
今日は仕事のないオフ日だったのでずっと自宅にいましたが、
エアコンの効いた仕事場にいた方がよっぽど涼しいです(笑)

BLUESS 様、

私も24時間表示でしか使わない(腕時計も)ので、24時間表示にしたい
ですね。(^^;

満員電車に縁がないのは羨ましいです。
社会人になってからはずっとその状態です。

ただ先月からは約50分間、立ちっ放しの満員電車通勤なので、流石
にこたえます。(それ以前は10分の我慢で済みました)
朝:約1時間10分、帰り:約1時間20分の通勤時間です。

その代わり以前のように深夜までの残業等は無くなったと言うか、
やらなくなりました...


蛍光表示が暗いのは・・・・
蛍光表示用の24Vラインが電圧が下がってるんです。ライン上に抵抗が発生するとそこが電流通過により劣化し抵抗が増える。私の場合2Ωでトランス側は24Vだけど蛍光素子には22Vに降下でした。偶然2Ωで2V降下ですが1A流れるはずが無い。電気二重層コンデンサから液漏れで基盤が腐食してたパターンでした。外周から2本目?
24V?蛍光表示管に行ってるのは1系なのですぐ見つかります。トランスにも行ってるので見つけられますよ。
ちなみに別メーカーのチューナーの蛍光表示管も24Vでした。

元修理屋さま

蛍光表示が暗くなる理由、、ご教示ありがとうございます。

蛍光表示は経年劣化で暗くなるものだと思っていました。
チューナーの周波数表示なども同様ですね。
年末休暇に早速確認してみます。

手持ちのDT-138が100V電源をOUTPUTしなくなり、修理関係を検索してBULUESSさんのぺージにたどり着きました。時計は正常に動いているので、OMRONのリレーの接点があやしいとにらんでいます。断続的ですが、買ってからこかれこれ30年以上も使っている品で愛着があります。寿命とあきらめる前に一度接点を磨いて復活を試みてみようこうと考えています。2個あるリレーの四角い黒のカバーを開けようとしましたが、間隔が狭くてうまく外せません。無理に開けると壊れそうなので、コツがあれば教えて頂けると幸いです。

ひげじい様

コメントいただきありがとうございます。
外したカバーが写っている写真をご覧ください。
四角い穴が開いていますが、ここにツメが引っ掛かっています。
ドライバーなどでツメを少し押し込んでやるとカバーが外れました。
コツというほどではありませんがお試しください。

BLUESS 様

アドバイスありがとうございます。
出張続きでご連絡が遅くなりました。
今日は台風のため一日中家に閉じこもっていましたので、再トライしました。
奮闘の結果、なんとかひとつ目のカバーを外すことができました、が、途中でぐらぐらとゆすり過ぎたため、ハンダごと取れてしまいました。(ちょっとショック)
ふたつ目はあっさりと外せましたが、2個の隙間がこれだけしかないのは、設計者がカバーを外すことを想定していないんだろうとなと想像しました。
気を取り直して、これから接点を磨きハンダ付けしようと思います。
ありがとうございました。

24時間表示にする時、短絡するのではなく、100Kohmで接続すると正常に動作するかも。

なるほど、、アドバイスありがとうございます。
早速試してみます。

電気屋さま

アドバイスに従って100kΩ抵抗を挟んでみました。
経緯は上記記事に追記しましたが、経過は良好です。
不具合は解消したようです。

今回は勉強になりました。ありがとうございました。

BLUESS 様
初めまして。AKAI DT-138 検索できました。メンテナンス記録大変参考になります。メモリバックアップができなく部品交換したいと思っています。電気二重層コンデンサ 1F/5.5V はどこで購入されたのでしょうか。リードピッチが合う物がなく探しております。宜しければ教え下さい。お願いします。

kawasakiさま

初めまして。
電気二重層コンデンサはいつも地元(名古屋大須)のパーツショップで買っています。
ピッチは5mmだったと思います。ピッチが同じなら垂直実装型でもOKです。
通販で容易に見つかると思います。
たとえば→ http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-00239/

BLUESS 様

早速のご返信ありがとうございます。
ピッチ10mmの電気二重層コンデンサ を使用していると思っておりました。
ピッチ7.5mmの物は見つかったのですがピッチ10mmの物がなくお聞きした次第です。http://jp.rs-online.com/web/p/electric-double-layer-capacitors/0558158/ ピッチは5mmでいけるのですね。了解致しました。ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140763/48932964

この記事へのトラックバック一覧です: AKAI DT-138 メンテナンス記録:

« AKAI DT-138 モバイル活用法 | トップページ | DWR-PG バッテリー消耗度テスト2 »