フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

チューナー関連リンク

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月の記事

2010年7月28日 (水)

Can't Get Enough / Bad Company

■バッド・カンパニー、なんと35年ぶりの来日公演が決定------------------

 ・BARKS News はこちら→
 ・2010年10月20日には名古屋公演もあります。
 ・名古屋公演【主催】中部日本放送 【後援】RADIO-i
 ・RADIO-i は9月末で放送終了と発表していることが残念です。、

■1975年バッド・カンパニー初来日公演の資料--------------------------

 ・ウドー音楽事務所 のプロモーションサイトに当時の詳しい資料があります。
 ・この写真は「いかにも1975年」という雰囲気ですね。
 ・名古屋公演を先行予約しました。当日急な仕事が入らないことを祈るばかり・・

■坂上二郎さん主演「夜明けの刑事」挿入歌【 Yoake no Keiji 】----------

 ・二郎さん主演の刑事ドラマ「夜明けの刑事」で流れていた挿入歌です。
 ・ドラマのエンドロールで流れる挿入歌の文字情報に注目してください。 
 ・挿入歌「Yoake no Keiji」
 ・作詞作曲歌:ポール・ロジャース(バッド・カンパニー)
 ・エンドロールをよ~く見てもレコード会社名のクレジットがありません。
 ・たぶん正式にはレコード化されていない曲かな? と想像します。
 ・名前の後ろに「バッド・カンパニー」と記されている点が興味深いです。

 ・ちなみにドラマの主題歌は鈴木ヒロミツさんが歌っていました。
 ・【でも、何かが違う】
 ・作詞作曲:マチ・ロジャース(何と、マチ夫人です)
 ・歌:鈴木ヒロミツ

 ・>>------------------------------------------------
 ・と、、、このエンドロールが見られる「夜明けの刑事」映像を紹介しようと思ったら、、
 ・残念! YouTube から削除されていました。
 ・この記事のコメントを書いていた 2009年10月11日時点では存在していたのですが、、

 ・今なら CravingExplorer で保存しておくのに、、、、
 ・「夜明けの刑事」再放送ってあるのでしょうか??

■いまさらですが、追悼 鈴木ヒロミツさん -----------------------

 

2010年7月26日 (月)

DWR-PG バッテリー消耗度テスト2

 ・懲りずに DWR-PG バッテリーテスト第二弾です。
 ・今回は DWR-PG のバッテリー持続時間を4つのケースで計測してみました。
 ・参考までに第一弾はこちら→

■実験内容------------------------------------------------------------

1【 Stand-by / checked every 6hours 】
 ・DWR-PG 満充電からスタート、スタンバイ状態のまま放置。
 ・バッテリー残量チェックのため約6時間おきに 3G+Wifiオン。

2【 Stand-by / checked every 2hours 】
 ・DWR-PG 満充電からスタート、スタンバイ状態のまま放置。
 ・バッテリー残量チェックのため約2時間おきに 3G+Wifiオン。

3【 Simple use / 3G+Wifi 】
 ・メール送受信やTwitterなど比較的軽い使い方をした場合。
 ・前回の実験結果を流用。
 ・DWR-PG LAN側 に Xperia を常時 Wifi接続。
 ・DWR-PG WAN側 は 3G/Wifi自動切替。

4【 Heavy use / 3G+Wifi 】
 ・意図的にヘビーな使い方をした場合。(そんなにヘビーでもないか??)
 ・DWR-PG LAN側に Xperia、ノートPC2台 を同時 Wifi接続。
 ・DWR-PG WAN側は 3G/Wifi自動切替。
 ・Xperia:Xiiaive light でインターネットラジオ連続再生。
 ・ノートPC1(Panasonic R6):radiko(東京)連続再生。
 ・ノートPC2(Panasonic S9):メールやネット検索など通常業務。
 ・連続6時間デスクワークができる日を選んで実験しました。

■実験結果まとめ---------------------------------------------------

 ・実験記録はエクセルで集計しグラフ化しました。
 ・横軸を時間軸にするグラフは散布図を使うと便利です。

Dwrpg_batterylife2

 ・ラジコ連続再生などヘビーユースで6時間55分。
 ・ツイッターなど軽い使い方なら11時間30分。
 ・スタンバイ33時間30分。

 ・カタログ値(連続動作:一般通信6時間、スタンバイ30時間)看板に偽りなし。
 ・バッテリー残量が10%を切ると本体LEDが「赤点滅」を始めます。
 ・赤点滅が始まると「バッテリー切れまであと30分もない」と心得ましょう。

■スタンバイ時(6時間おき)オレンジ色グラフについて-----------------------

 ・実験開始から30時間経過したときは「こりゃ48時間以上いくか??」と期待しましたが、、
 ・結局、2時間おきにチェックしたグラフと最終値は同じでした。
 ・絶壁急降下型のグラフ形状にちょっと違和感あったので同じ実験を2回行いました。
 ・2回目は30時間経過まで放置、残量70%を確認した直後にバッテリー切れになりました。

 ・「スタンバイ状態が長く続いたあとの%表示はあてにならない。」

 ・満充電からの経過時間をアタマで把握しておくことが肝要かと。

■ヘビーユース時の補足----------------------------------------------

Dwrpg_test

 ・左耳からSHOUTCast、右耳からTBSラジオ。普段こんな使い方はしませんよ(笑)
 ・接続中はどちらも一度も途切れず再生し続けました。
 ・bmobileSIM U300 ではこうはいきません。
 ・この状態でノートPC2(Panasonic S9)でスピードテストやってみました。
 ・土曜日の朝、名古屋駅前オフィスビル1階にて。なかなか優秀な結果と思います。

20100724dwrpg_speedtest

 

2010年7月21日 (水)

AKAI DT-138 メンテナンス記録

Akai_dt138_00 ・久しぶりに AKAI DT-138 を使い始めました。
 ・モバイル機器を充電するためです。
 ・しかし何と言ってもオーディオ全盛期の古い製品。
 ・停電時のメモリバックアップは1秒も持たない状態・・
 ・そこで今後も安心して使うためメンテナンス作業を実施しました。以下、作業内容の記録です。

■リレー接点清掃-------------------------------------------------

Akai_dt138_24 Akai_dt138_25 Akai_dt138_23 Akai_dt138_21 Akai_dt138_22

 ・OMRON製パワーリレー:型番 G4W-1112P-US-TV8 12VDC
 ・A系統/B系統用に2個並んでいます。カバーを外して接点清掃。
 ・接点周辺が黒くくすんでいました。
 ・不要ハガキを短冊状に切り、紙やすりのように接点を磨きました。
 ・型番を調べてみるとまだ現行品のようです。いざとなれば交換可能なので一安心。

■電解コンデンサなど交換--------------------------------------------

Akai_dt138_14 Akai_dt138_006 Akai_dt138_11 Akai_dt138_12

 ・電解コンデンサ9個、電気二重層コンデンサ1個交換。
 ・電解コンデンサの容量はオリジナル通り、耐圧はすべて50Vモノを使いました。
 ・電気二重層コンデンサは 0.47F/4.5V → 1F/5.5V 容量アップしました。
 【オリジナルパーツ】
  0.47F/5.5V
  1000uF/16V,470uF/10V,220uF/35V,220uF/25V,47uF/35V,22uF/25V,22uF/16V*2,0.22uF/50V

 ・コンデンサ交換のついでに全箇所ハンダ修正。ハンダを多めに盛り直しました。

■MN1455B データシートから判明したこと-----------------------------

 ・基板上で目につく大型IC:MN1455B。データシートは検索ですぐ見つかりました。
 ・「蛍光表示管直接駆動 CMOS 4ビット・1チップ・マイクロコンピュータ」
 ・発振用に2水晶を備え、通常は4MHz、停電時は32kHzで計時動作のみ実行し消費電流を抑える。

 ・42pin←XTAL1(4MHz/in)
 ・41pin←XTAL2(4MHz/in)
 ・40pin←VDD
 ・39pin←XTAL3(32kHz/in)
 ・38pin←XTAL4(32kHz/in)
 ・37pin→OSC128(クロックモニタ/out。4MHz動作時は128Hzクロックを出力)

 ・X1:4.194MHz/4/4/2048=127.9907128Hz→128Hz
 ・X2:部品型番KOS6M(データシートの記載より32.768kHzの水晶と思われる)

■試行錯誤で判明したこと-------------------------------------------

Akai_dt138_15 Akai_dt138_07 Akai_dt138_18 Akai_dt138_16 Akai_dt138_17

 ・中古品を見かけるとつい買ってしまうので、実は DT-138 は4台持っています。
 ・その中で表示管が薄く最も状態が悪い個体で以下の実験をしました。
 ・壊れても構わない・・割り切って作業すると意外な発見があって楽しいです。

 【TP1】
 ・TP1に周波数カウンタを接続し、C13トリマコンデンサで128Hz調整。
 ・周波数カウンタで測定中に停電状態にすると TP1は 16Hz を示す。
 ・32.768kHz/2048=16Hz

 【TP2、TP3】
 ・TP2「SEC」を短絡すると秒の早送りになる。秒の進行に伴って分も繰り上がり。
 ・TP3「MIN」を短絡すると分の早送りになる。秒は止まったまま。

 【その他】
 ・TP2横「1/3」 これは機能不明??
 ・「12/24H」 を短絡すると24時間表示に切り替えられる。

Akai_dt138_20 Akai_dt138_19

 ・Manuals-in-PDF.com にDT-138のサービスマニュアルありましたが $15.81、ちょっと高いな~。
 ・ということで サービスマニュアルは未入手未確認です。
 ・同様の実験をされる場合は十分な注意の上、自己責任でお願いします。

■12時間表示/24時間表示の切替スイッチ設置-------------------------

Akai_dt138_30_2 Akai_dt138_31 Akai_dt138_32 Akai_dt138_33 Akai_dt138_34

 ・今まで DT-138 の12時間表示と24時間表示を切り替える方法が分かりませんでした。
 ・正面ボタンをいくつか同時に押して切り替えるのかな?と勝手に想像していました。
 ・でも上記の試行錯誤で「12/24H」を短絡すれば24時間表示になると判明。
 ・私は「AM/PM表示」よりもシンプルな24時間表示が好みです。

 ・短絡するだけでは面白くないので、本体背面に切替スイッチを取り付けることにしました。
 ・こうすればいつでも「12時間表示/24時間表示」を切り替えられます。
 ・そういえば背面に切替スイッチがあるタイマーってよくありましたよね。

 ・DT-138背面にドリルで穴加工し、切替スイッチを設置。
 ・「12/24H」からリード線を引き出して配線。作業は簡単です。

■ところが、、24時間表示でタイマー時の動作不具合発生-----------------

 ・上記切り替えスイッチで24時間表示にした状態で動作テストしました。
 ・通常の時計表示は問題ありません。
 ・タイマーセットも普通どおりに設定できました。

 ・ところが、タイマー動作時に不具合があることが分かりました。
 ・アウトレットA/Bの切り替え動作ができないようです。
 ・リレーから聞こえる「カチカチ音」が少し変です。
 ・EVER ON にした時も アウトレットA/B が選択できません。

 ・12時間表示ならタイマー動作正常です。これは残念!!
 ・切替スイッチを付けましたが、結局元通りの12時間表示で運用することに・・
 ・そんなに簡単じゃないですね~。この件は宿題として残しておきます。

■停電テスト-----------------------------------------------------

 ・メモリ保持用キャパシタを交換したので念のため確認しました。
 ・交換後1時間通電 → 電源断10分 → 再度通電
 ・10分間の電源断後も現在時刻とタイマー設定は保持できました。

■DT-138(DC-138)操作方法---------------------------------------

Dc13800 ・A&Dブランドの DC-138 は AKAIブランドの DT-138 と同一品です。
 ・どちらも取扱説明書は未入手なので操作方法は試行錯誤の繰り返し。
 ・それでも同好の方から多くのコメントをいただき、大体分かってきました。
 ・操作方法の詳細はこちらをどうぞ →過去記事

■中古オーディオタイマーは貴重品?----------------------------------

 ・オーディオタイマーという製品自体が市場から消えつつあります。
 ・今、新品で買えるのは TEAC TT-200 だけですね。
 ・そのTT-200、3年ほど前に新品を買いましたがたった1年で液晶バックライト故障。
 ・TT-200分解記録 →過去記事
 ・リモコン操作は便利でしたが、20年前の中古タイマーの方がよっぽど長持ちです。
 ・古くてもちゃんとメンテナンスしてやればまだまだ使えます。

 ・私の知人に熱帯魚マニアがいます。
 ・彼は「水槽管理にはこういったオーディオタイマーが欠かせない・・」と言います。
 ・水槽の照明、温度調整用ヒーター、エアポンプなど電装品をタイマーコントロールするそうです。
 ・なるほど、いろんな使い方があるものですね。
 ・ハードオフで中古タイマーを見かけたらまた買ってしまいそう・・(笑)

■24時/12時表示切替できました! 【追記 2012年11月4日】-----------------

 ・2012年11月2日、電気屋さまからアドバイスをいただきました。
 ・単純な短絡ではなくて100kΩの抵抗を入れること。
 ・前回設置した切替スイッチに100kΩ抵抗を挟んでみました。
 ・結果は、、、単純短絡時の不具合が解消しました。
 ・スイッチ操作による24時/12時表示切替が出来るようになりました。

Dt138xx

 ・放置状態だった A&D DC-135 をこの機会に整備しました。詳細はここ→
 ・今回は勉強になりました。ありがとうございました。

 

2010年7月19日 (月)

AKAI DT-138 モバイル活用法

 ・モバイル機器の充電って、毎日けっこう面倒ですよね。
 ・満充電の状態で毎朝持ち出せるようタイマーを使った充電コントロールを考えました。
 ・早朝に充電器をONにし、毎朝7時にちょうど充電完了するようにタイマーセットします。
 ・充電終了後にタイマーで電源を切れば過充電防止効果も期待できる?

Akai_dt138_00

 ・手元に余っているオーディオタイマー AKAI製 DT-138 を使いました。
 ・オーディオ全盛期の古い製品です。本来はFMエアチェックに使う道具ですが、、
 ・DT-138 背面にはA系統2個、B系統2個、合計4個のアウトレットがあります。
 ・A系統/B系統それぞれ異なる動作時刻を設定できます。
 ・合計1200Wまで使用可能。
 ・充電器のACアダプタはせいぜい1Aですから4個繋いでも問題なさそうです。

Akai_dt138_003

■タイマー設定-----------------------------------------------------

 ・DWR-PG 充電時間 240分
 ・Xperia 充電時間 140分

 ・【 DWR-PG:DT-138/A系統 】毎日動作 am3:00/ON → am7:00/OFF(240分通電)
 ・【 Xperia:DT-138/B系統 】毎日動作 am4:20/ON → am7:00/OFF(140分通電)

 ・寝る前に DWR-PG をクレードルに載せる。
 ・Xperia の頭にUSBケーブルを挿す。
 ・あとはタイマーが深夜から早朝にかけて自動充電してくれます。

■Xperia純正ACアダプタの怪??---------------------------------------

 ・実は、DT-138 背面アウトレットに Xperia純正ACアダプタを挿したところちょっと問題発生・・
 ・タイマーオフで通電しないはずなのに、Xperiaが充電できてしまいます。
 ・アウトレットがONでもOFFでも関係なく、常時通電です。

 ・こりゃ DT-138 が壊れているか?
 ・DT-138 は4台、同等品の A&D製 DC-138 も1台持っています。
 ・全部出してきて確かめましたがどれも「常時通電」します。故障ではないような、、、

 ・そういえばXperiaに充電するとき、USBケーブルの+Dと-Dが短絡している必要がありました。
 ・過去記事参照→
 ・Xperia純正品のUSBケーブルは通常品で、ACアダプタ側でこの短絡が行われています。
 ・DT-138で常時通電になってしまうのはこの影響かな?と素人推測しました。

Akai_dt138_005

 ・あれこれ試行錯誤の結果・・・
 ・XperiaのACアダプタ以外にもう一つ別のACアダプタを挿すと正常動作することが判明。
 ・ドコモL705iX(FOMA) の充電用ACアダプタを 同じアウトレットBに挿すことで自己解決しました。
 ・ホントにこれで良いかどうかは分かりませんが、とりあえず使えています。

■SONY PT-D9W で試したところ、なんと正常動作!----------------------

 ・念のため、と思って SONY製オーディオタイマー PT-D9W にXperiaのACアダプタを挿したところ、
 ・あれれ?? 正常に動作します。DT-138のように常時通電にはなりません。
 ・タイマー側回路、Xperia側ACアダプタ、それぞれに問題がありそうな気配です。

 ・上記問題はありましたが、とりあえずここ1週間便利に使っています。
 ・毎朝7時にはXperiaもDWR-PGも満充電の状態になっています。
 ・配線周りがスッキリ整理できたのもプラスアルファの効果でした。

 

2010年7月17日 (土)

Xperia / DWR-PG バッテリ消耗度テスト

Dwrpg12 ・DWR-PG(ポタファイ)のバッテリーが予想以上に持ちが良いです。
 ・バッテリーの仕様は スタンバイ30時間、連続使用で6時間。
 ・通常はスタンバイ状態で持ち歩き、必要な時だけWifi=ONにしています。
 ・この方法だと満充電の状態で朝持って出て、夜帰るまで余裕で持ちます。
 ・そこで両者のバッテリー残量を定期的に測定してみました。

【実験内容】----------------------------------------------------

 ・DWR-PG と Xperia をWifi接続し、両者のバッテリー残量の経時変化を記録。
 ・DWR-PG のバッテリ残量は Xperia から DWR-PGの設定画面にアクセスして確認。
 ・どちらも満充電の状態からスタート。
 ・Xperia は胸ポケット、DWR-PGはカバンの中です。

Centrair06_2

 ・実験中に Gmail 25通着信。6通返信。
 ・私の Xperia は bmobileSIM U300 で稼働しています。
 ・従って電話着信なし、iモードメールの送受信もなし。
 ・YouTube や Radiko などストリーミング系サイトは利用せず。
 ・バッテリチェック時に Twitter のTLを見た程度で、意識的にかなり抑えた使い方でした。

Batterylife_3

【DWR-PG】-----------------------------------------------------
 ・3G電波とWifi電波を掴んだまま11時間半、よくがんばりました。
 ・DWR-PG のバッテリーの持ち具合は「優秀」と言うべきでしょう。
 ・バッテリ残量が10%を切るとバッテリランプが赤点滅します。
 ・赤点滅を見たら 「バッテリ切れまで残り時間ホントにあと僅か」 と心得ます。
 ・DWR-PG にはノートPCや iPadも接続するのでエネループの準備はもちろん怠りません。

【Xperia】-------------------------------------------------------
 ・Wifi=ON、GPS=OFF、Bluetooth=OFF
 ・Task Manager と System Panel で不要アプリ不要サービスは停止中。
 ・この状態で約23時間稼働しました。
 ・いつもは Wifi=OFF にした状態で丸二日間バッテリーは持続します。
 ・「Xperia と DWR-PG を Wifi接続したままで使う・・」 これ、かなり現実的な方法です。

■おまけ、Xperia 最近のホーム画面(スクリーンショット)------------------

【ホームアプリ:ADW.Launcher(donut)】
 ・スクリーン数は7面まで設定できますが、私は1面だけで使っています。
 ・以下の仕分けアプリで「Android」「Business」「Internet」「Multimedia」「Tools」に分類。
 ・Wifi、Bluetooth、GPSなどを ON/OFF するウィジェットをメイン機能にしました。
 ・Wifi の ON/OFF に連動して DWR-PG のスタンバイをコントロールできます。

【仕分けアプリ:Apps Organizer】
 ・アプリをジャンルごとに分類整理するアプリ。これ、便利です。

【DWR-PGへのショートカット】
 ・「192.168.13.1」をショートカット登録。DWR-PGのバッテリー残量がワンタッチで確認可能。

Xperia20100717screen_2

 ・シンプルかつ機能的なホーム画面、結構気に入っています。

 

2010年7月11日 (日)

DWR-PG / Aterm WM3300R

 ・私の知人が UQ WiMAX のWifiルーター「Aterm WM3300R」を持っています。
 ・今日一日貸してもらって外観や使い勝手などを比較してみました。
 ・WiMAX端末は UD03SS を持っていますが、やはりルータータイプは便利ですね。
 ・明日は私のDWR-PG を一日レンタルする約束です。

Dwrpg_wm3300r_03

契約内容------------------------------------------------------

 ・【DWR-PG】 NTT-docomo 定額データプラン・スタンダードバリュー(moperaU定額)
 ・【WM3300R】UQ-Flat

外観比較-------------------------------------------------------

 ・本体サイズ(縦・横)はほぼ同じ。重さ(持った感じ)もほとんど同じ。
 ・ただし、厚みは WM3300R の方が1.3倍ほど厚い。(実際かなり分厚く感じる)

Dwrpg_wm3300r_01 Dwrpg_wm3300r_05_2 Dwrpg_wm3300r_04 Dwrpg_wm3300r_06 Dwrpg_wm3300r_08

バッテリー------------------------------------------------------

 ・リチウムイオン電池。3.7V、1880mAh、7.0Wh
 ・バッテリー形状・容量とも同じもののようです。
 ・念のためバッテリーを入れ替えて動作確認しました。問題無さそうです。
 ※このメモはバッテリー動作を保証するものではありません。お試しになる方は自己責任で・・

Dwrpg_wm3300r_10 Dwrpg_wm3300r_11 Dwrpg_wm3300r_12

付属ACアダプタ--------------------------------------------------

 ・【DWR-PG】 5V 1.0A。miniUSB端子
 ・【WM3300R】5V 1.2A。microUSB端子
 ・ミニとマイクロなんて、USB端子も面倒ですね。

Dwrpg_wm3300r_13 Dwrpg_wm3300r_14

仕様比較一覧表--------------------------------------------------

- Aterm WM3300R DWR-PG
本体サイズ(mm) 94(W)*67(D)*22(H) 95(W)*64.4(D)*17.4(H)
重量(バッテリ含) 145g 105g
充電時間 3.5時間 240分
連続使用時間 2.5時間 6時間
連続待受時間 - 30時間
消費電力 最大4.0W(動作時) 2.5W(最大通信時)
1.0W(一般通信時)
0.22W(スタンバイ時)

スピードテスト1 名古屋市中村区(名古屋駅前のオフォスビル1階事務所)-------
 ・日時 :2010年7月11日(日) ※何回か測定した中でベストスコアを掲載。

NEC Aterm WM3300R / UQ WiMAXBuffalo DWR-PG / NTT Docomo
Wimax_meieki Docomo_meieki

スピードテスト2 名古屋市中区(名古屋中心テレビ塔近くオフィスビル6階会議室)-----
 ・日時 :2010年7月11日(日) ※何回か測定した中でベストスコアを掲載。

NEC Aterm WM3300R / UQ WiMAXBuffalo DWR-PG / NTT Docomo
Wimax_sakae Docomo_sakae_2

 ・測定場所はどちらもオフィスビルの中です。
 ・ご覧の通り、WiMAX は期待ほどの速度(上下とも)が出ません。
 ・名古屋市内の自宅マンションリビングではWiMAXは「圏外」になります。
 ・ただし屋外で電波状況が良い場所では下り10Mbps前後が出ます。

 ・ドコモはどこでも平均下り2Mbps、上り0.3Mbps前後。
 ・上り5.7Mbpsに対応した区域では上り1~2Mbps出ますが、名古屋では対応区域が狭すぎます。
 ・NTT Docomo 5.7Mbps対応エリア(東海地区)

 ・速度は一長一短ですが、機能面とバッテリ性能で DWR-PG の方が使いやすいと感じました。

 

2010年7月10日 (土)

Rose Garden / Lynn Anderson

 ・2010年6月20日放送サンデーソングブックのベタリクで流れました。
 ・ベタリク=ベタなリクエスト。その録音ファイルを3週遅れて今頃聴いているのですが、、、
 ・リン・アンダーソン の ローズガーデン です。

Rose_garden01

 ・日本では1971年の3月~5月頃に流行ったと記憶しています。
 ・当時担任だった先生が英語担当で、この曲の歌詞の和訳を宿題にされました。
 ・♪ア~イ ベッグ ヨ~ パードン・・♪
 ・このとき「Pardon?」の意味を先生が教えてくれました。
 ・洋楽の歌詞を教材にするステキな先生だったな~、懐かしいな~、、

 ・曲の出だしは やはり南沙織さんの「17歳」とかぶりますね。

Rose_garden02  

 

2010年7月 7日 (水)

DWR-PG + UQ_Wifi / 中部国際空港

 ・2010年7月7日午後、七夕の中部国際空港国内線到着ロビーにて。
 ・迎えの車を待ちながら、ロビーで DWR-PG のWifi設定をしました。
 ・私は WiMAX端末を Step契約しているので、UQのWifiスポットが使えます。
 ・空港ロビーや新幹線車内が主な利用可能場所ですが、私には十分です。

Centrair03 Centrair01 Centrair02 Centrair05

■DWR-PG に UQ WiFiプロファイルを登録する-----------------------------

 ・ノートPCから 無線LAN経由で DWR-PG の設定画面に入る。
 ・【プロファイル名称】:てきとうに・・
 ・【SSID】:UQ_Wi-Fi
 ・【ANY接続】:チェックオン
 ・【認証方式】:認証を行わない
 ・【無線の暗号化】:WEPキー
 ・「新規追加」

Centrair04

 ・接続したノートPC等でブラウザ起動すると UQ_Wi-Fi ログイン画面が現れる。
 ・「ログインID」と「パスワード」を入力(契約者のみが知ってる・・)

 ・私のノートPCにはすでに UQ_WiFiの無線プロファイルが登録済みですが、、
 ・DWR-PG側に登録しておけば、ノートPC以外の機器からもアクセスできます。
 ・UQ_Wi-Fi 接続のスピードテスト → 下り約5Mbps、上り約2.5Mbps。

Centrair_uq_wifi01
 ・UQ_Wifi 接続終了時は http://1.1.1.1/ にアクセスするとログアウトへ。

■DWR-PGの状態確認--------------------------------------------------

Centrair06  ・DWR-PG 本体のLEDランプが色でバッテリー残量を知らせてくれます。
 ・が、、ちょっと分かりにくいですね。
 ・そこで XperiaのブラウザにDWR-PGの設定画面をブックマーク登録。
 ・こうすればワンタッチで DWR-PG のバッテリー状態(%)が分かります。
 ・ついでにInternet側の接続状況(3G or Wifi)が一目で確認できます。
 ・Xperia の画面にちょうど収まってなかなか便利、自画自賛、、(笑)

■DWR-PGの購入記録--------------------------------------------------

 ・DWR-PGの購入記録、設定記録はこちら→ をご覧ください。

 

2010年7月 3日 (土)

Portable Wi-fi DWR-PG

Dwrpg01 ・バッファローの「ポータブルWi-fi」略して・・「ポタファイ」??
 ・2010年6月25日 ドコモショップ・ビックカメラ名古屋駅西店で予約。
 ・「人気商品のため次の入荷はいつになるか??」と言われたが、
 ・2010年7月02日 入荷したとの連絡あり。
 ・2010年7月03日 本体価格1円(定価34,800円-割引34,799円)で新規契約。
 ・まとまった数が入荷したようで、ショップの左右のブースともポタファイ契約客でした。

■「定額データプラン」新規お申込み料金割引キャンペーン-------------

 ・契約タイプ:定額データプランスタンダードバリュー
 ・契約期間:2010年7月3日~2012年7月31日
 ・割引適用期間「お申込みいただいた日から翌月末までを1ヶ月として、1年間(12ヶ月)適用」

 ・定額データプラン対応プロバイダは moperaU に加入。毎月+525円
 ・2010年7月~2011年7月末:1,000円(1.525円)~4,410円(4,935円)
 ・2011年8月~2012年7月末:1,000円(1,525円)~5,985円(6,450円)

 ・既にFOMA携帯契約があるので「毎月の請求は一括か別々か?」と聞かれた。
 ・一括請求にしてドコモポイントも合算に。
 ・本体価格1円。でも契約事務手数料3,150円が翌月料金に合算請求される。
 ・端末代金1円はビックカメラのポイントカードで支払い。
 ・moperaU はいつ解約してもOK だそうな。

■外でもドコモでらくらくネット!(思わす苦笑する箱書き)-------------

 ・小型です。Xperiaより一回り小さいて軽い!
 ・へぇ~、ストラップホールがあるんだ・・
 ・設定を済ませていろいろ使っています。
 ・この記事を書きながら radiko(東京) が途切れずにずっと聴けています♪
 ・毎日持ち歩き、夜はクレードルで充電・・になりそうです。
 ・エネループ eneloop mobile booster で充電できそう・・(未確認)・・充電できました

Dwrpg02 Dwrpg03 Dwrpg04 Dwrpg07 Dwrpg08

 ・bmobile の Wifi Router を見送って正解だったかな・・
 ・私のXperiaは bmobile SIM U300 で動いていますが、、
 ・結局、NTT西日本からレンタルのアナウンス無かったけど、まあこれでいいか・・
 ・私の環境で実際どこまで使えるか??いろいろ試してみます。

■【備忘録1】 2年縛り契約の詳細------------------------------------

 ・ちゃんと記録しておかないと忘れそうなので・・
 ・契約期間:2010年7月3日~2012年7月31日
 ・契約満了月の翌月に廃止する場合は解約料はかからない。

 ・つまり、2012年8月中に解約すれば解約金無し。
 ・2012年9月以降は契約が2年間自動更新される。
 ・2012年9月以降の解約は 9,975円の解約金が必要になる。
 ・2年後まで使うとは思えないが、最悪でも毎月1,000円で凍結保管できる。

■【備忘録2】 本体ランプの表示と状態----------------------------------

Dwrpg12

【WIRELESS ランプ】
 ・点灯(青):3G回線接続時
 ・点灯(緑):Wi-Fi接続時
 ・点灯(赤):3G回線およびWi-Fi圏外時
 ・点滅(青):3G回線で通信中
 ・点滅(緑):Wi-Fiで通信中
 ・点灯(橙):スタンバイモード時
 ・消灯   :Ethernet IP 取得時

【BATTERY ランプ】
 ・点灯(青):電池残量50%以上
 ・点灯(緑):電池残量50~25%
 ・点灯(赤):電池残量25~10%
 ・点滅(赤):電池残量10%未満
 ・正確な充電量(残量)はブラウザで本体設定画面を確認。「192.168.13.1」

【AOSS/DIAG ランプ】
 ・点灯(橙):セキュリティ交換処理に成功(AOSS/WPS)
 ・2回点滅(青):LAN側セキュリティ交換処理待機中
 ・2回点滅(橙):Internet側セキュリティ交換処理待機中
 ・連続点滅(青):セキュリティ交換処理失敗
 ・3回点滅(赤):有線LAN異常
 ・4回点滅(赤):無線LAN異常
 ・5回点滅(赤):IPアドレス設定異常
 ・6回点滅(赤):温度異常
 ・連続点滅(赤):起動中、更新中、保存中、アクセス中・・

Dwrpg09 Dwrpg10 Dwrpg11 Dwrpg13 Dwrpg14

■【備忘録3】 充電関係--------------------------------------

 ・付属バッテリー:3.7V、1880mAh、7.0Wh
 ・付属ACアダプタ:入力:AC100V~240V 出力:DC5V、1A
 ・充電必要時間 :約240分

 ・パソコンのUSBポートから充電する場合、付属ケーブルでUSBポート二つに接続。
 ・1ポートだけでは正常に充電できない・・そうです。
 ・市販のACアダプタを求める場合は「出力:DC5V、1A」を探しましょう。

Dwrpg15 ・eneloop mobile booster 型番 KBC-L2AS で充電出来ました。
 ・付属USBケーブルで KBC-L2AS のUSBポートを二つ同時使用。
 ・充電20%からはじめて約2時間で80%レベルまで達しました。
 ・エネループは XperiaLogitec LAN-W150N/AP でもOKでした。

■【備忘録4】電源OFFからの起動時間テスト-------------------------

 ・起動時間 → 約70秒
 ・詳細【AOSS/DIAG 赤点滅 約45秒】→【WIRELESS 赤点滅 約25秒】→【WIRELESS 青点灯】

■【備忘録5】Xperia~DWR-PG 接続時間テスト-----------------------

 ・【Xperia Wifi OFF】→ DWR-PG スタンバイ状態(WIRELESS橙点灯)からスタート

 ・【Xperia Wifi ON 】→ DWR-PG ほぼ同時にスタンバイ状態離脱
 ・            → DWR-PG WIRELESS青点灯まで約25秒

 ・【Xperia Wifi OFF】→ DWR-PG スタンバイ状態(WIRELESS橙点灯)まで約2分

■【備忘録6】リファレンスガイド(全190ページ)------------------------

 ・製品付属の取扱説明書以外に「リファレンスガイド」がPDF形式で本体内にあり。
 ・USB接続 >リムーバブルディスク > DWR-PGランチャー > manual > manual.pdf 
 ・バッファローサイトからダウンロード可能

 【Internet(3G/HSPA)】P16
 ・キャリア選択:初期設定=「NTT docomo」、ドコモ以外に変更不可
 ※APN設定は変更可能。 bmobileSIM ならOKか?後日実験予定→使えました→【備忘録10】
 ・PDP Type:初期設定=「IP」、IP以外に変更不可

 【Internet(無線LAN)】P16
 ・接続性優先モード:インターネットへの接続が途切れないよう接続性を優先するモード。主に3G/HSPA 接続。
 ・標準モード:3G/HSPA 接続と無線LAN 接続の双方をバランス良く切り替えるモード。通常はこのモードを選択。
 ・無線LAN優先モード:3G/HSPA 接続よりも無線LAN 接続を優先するモード。無線LAN スポットを積極的に活用したい場合などに選択

 【システムスタンバイ】P64
 ・無線機器が接続されないまま指定時間が経過するとスタンバイ状態に移行する
 ・スタンバイ状態になるまでの時間(1 分後/3 分後/5 分後/しない)※初期設定:1分
 ・電源供給時や有線ポート接続時はスタンバイ状態へ移行しない。

 【自動パワーオフ】P64
 ・無線機器が接続されないまま指定時間が経過すると電源を自動的に切断できる。
 ・自動切断するまでの時間(10 分後/20 分後/30分後/ しない)※初期設定:しない

■【備忘録7】DWR-PG に UQ_WiFiプロファイルを登録する-------------------

 ※UQ WiMAX の通信端末をStep契約で持っています。
 ※UQ提供のWifiサービスが利用できるのでDWR-PGに設定してみました。

 ・ノートPCから 無線LAN経由で DWR-PG の設定画面に入る。
 ・【プロファイル名称】:てきとうに・・
 ・【SSID】:UQ_Wi-Fi
 ・【ANY接続】:チェックオン
 ・【認証方式】:認証を行わない
 ・【無線の暗号化】:WEPキー

■【備忘録8】DWR-PG の DHCPサーバー機能----------------------------

 【DHCPサーバー機能】リファレンスガイド P105

 ・Xperia とノートPC に Multiremote というリモコンアプリを導入しています。
 ・詳細は 過去記事参照→

 ・192.168.13.1 DWR-PG
 ・192.168.13.2 Xperia
 ・192.168.13.3 ノートPC

 ・DWR-PG本体には DHCP機能があるので、どこでも無線ネットワークを形成できます。
 ・これで外出先で Xperiaのリモコンアプリを使ってノートPCを操作可能になりました。
 ・例えば取引先の会議室やホールでプレゼンするとき、パワポをリモコン操作できます。

 ・WiMAX が圏外になるビル中の会議室(名古屋市内)でもFOMAならアンテナ3本立ちます。
 ・プレゼン中にブラウザを開いて実際のサイトを紹介することも可能に、、
 ・これは使えますね~。便利な道具です。

■【備忘録9】UQ WiMAX用Wifiルーター Aterm WM3300R との比較---------

 ・私の知人が UQ WiMAX のWifiルーター「Aterm WM3300R」を持っています。
 ・貸してもらって外観や使い勝手などを比較してみました。
 ・記録は別記事にまとめました。ご興味あればこちらをご覧ください。

■【備忘録10】bmobileSIM U300 が使えた----------------------------

 ・今年4月に半年契約した bmobileSIM U300 は DWR-PG で問題なく使えました。
 ・DWR-PG設定画面でAPN情報を入力するだけです。
 ・いつのまにか日本通信サイトで動作確認機種になっていました。

Dwrpgbmobile1

     

■追記:2010年9月10日---------------------------------------

ビックリニュース!【バッファロー製ポータブルWi-Fiルーターにウイルス混入】

 ・ケータイWatch
  →http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20100910_393024.html

 ・バッファロー:プレスリリース2010年09月10日
  →http://buffalo.jp/products/new/2010/001209.html

 ・バッファロー:DWR-PG 不具合のお知らせとお詫び
  →http://buffalo.jp/support_s/dwr-pg/

 ・バッファロー:DWR-PGを初期化する方法
  →http://buffalo.custhelp.com/app/answers/detail/a_id/1728

 ・ドコモからのお知らせ
  →http://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/page/100910_00_m.html?ref=gp_top

 ・無線LAN接続しか使っていないけど、とりあえず初期化完了。
 

■追記:2010年9月23日----------------------------------------

妻の買い物に付き合って入った100円ショップで DWR-PG にぴったりのケース発見!!

 ・100円ショップ「セリア Seria」の携帯電話用ケースです。
 ・製品名「メンズ携帯TELケース横型」。 まさにジャストサイズです。
 ・今まではDWR-PG本体だけをカバンに放り込んでいましたが、、
 ・これからはこのケースに入れて放り込んでおきましょう。。いまさら手遅れか・・・(笑)
 

Dwrpgcase01 Dwrpgcase02 Dwrpgcase03 Dwrpgcase04

 

■追記:2010年11月7日----------------------------------------

使用開始から4ヶ月、早くも故障→修理→交換 となりました。

Dwrpg_before

 ・2010年11月2日、不具合発生。
 ・バッファロー修理センターに宅急便で送付。 
 ・別品(新品?)が戻ってきました。原因は不明です。
 ・詳細は別記事 にまとめました。
 

 

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »