フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

チューナー関連リンク

« Panasonic R6A HDD換装/放熱対策 | トップページ | ポーリュシカ・ポーレ / 仲雅美 »

2010年10月10日 (日)

TU-S707X MPXデコーダー化実験(4)

 ・SANSUI TU-S707X の改造実験からもう2年も経つんですね~。
 ・もちろん今でも古いバリコンチューナーとセットで愛用しています。
 ・そろそろセパレーションなど再調整が必要かと思い久しぶりにケースを開けました。
 ・再調整のついでに電源部の電解コンデンサ9個を交換しました。

■過去の経緯-----------------------------------------------

 →TU-S707X MPXデコーダー化実験(3)
 →TU-S707X MPXデコーダー化実験(2)
 →TU-S707X MPXデコーダー化実験(1)

■分解手順-------------------------------------------------

 ・電源部基板は左側面に横向きに貼り付いています。
 ・サイドウッド、上面カバー、下面カバーを外す。
 ・左サイドパネルの後部を横にずらして外す。
 ・左サイドパネル前部にあるツメを外して後ろ方向に引き抜く。
 ・MPX基板との接続コネクタ(2か所)を外す。

Tus707z00 Tus707z01 Tus707z02 Tus707z03 Tus707z04
Tus707z05 Tus707z06 Tus707z07 Tus707z08

■24時間エージング中-----------------------------------------

 ・調整を終えた Pioneer F-26 と接続して聴いています。
 ・劇的に音質が良くなった、、、ということはありませんが、確かに出音が変わります。
 ・次回はMPX基板の電解コン全交換しましょうか。

■MPX-PLL元年------------------------------------------------

 ・写真に写っている PIONEER TX-910 を最近入手しました。
 ・日本初、MPX部にPLL-IC(MC1310P)を採用した歴史的逸品?です。
 ・TX-910後期型では MC1310P に代えて HA1156 になっているとの情報も、、
 ・TX-910、TX-810、TX-710 などが掲載された当時のカタログPDFはこちらで→
 ・MPX-PLL化元年は TX-910 が発売された1972年(昭和47年)ということかな。。

Tx910_707

■追記 2011年10月15日-----------------------------------------

 ・TRiO KT-2200 の修理調整のついでにMPX部の電解コンデンサを交換しました。
 ・交換前と比べてそんなに劇的な変化は無かったです。
 ・それにしても、、電源部の電解コンデンサを交換してから早くも一年、、、
 ・時間が経つのは早すぎますね。やりたい事がたくさんあるのに追いつかない、、
 ・柳ジョージさん逝去のニュースは久々にショックだったな~

Tus707z10 Tus707z11

Tus707z12

 

« Panasonic R6A HDD換装/放熱対策 | トップページ | ポーリュシカ・ポーレ / 仲雅美 »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140763/49702603

この記事へのトラックバック一覧です: TU-S707X MPXデコーダー化実験(4):

« Panasonic R6A HDD換装/放熱対策 | トップページ | ポーリュシカ・ポーレ / 仲雅美 »