フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

チューナー関連リンク

« Pioneer F-26 メンテナンス記録(2)検波回路の研究 | トップページ | Panasonic R6A HDD換装/放熱対策 »

2010年10月 1日 (金)

Video Killed The Radio Star / Buggles

 ・邦題「ラジオスターの悲劇」、英題を直訳すれば「ビデオがラジオスターを殺した」
 ・RADIO-iから流れてきた意味深なこの曲を聴きながら、、、
 ・時代の変化とかメディアの興隆衰退など考えさせられました。

 ■2010年9月30日24時、RADIO-i(愛知国際放送/FM79.5MHz)の放送が終了しました。

 ・RADIO-i は放送を停止して免許を総務省に返納する道を選択しました。
 ・運営会社が倒産したわけではなく、開局以来の赤字を解消する見込みが無い事が理由。
 ・免許返納はコミュニティFM局を除くと、全国のラジオ放送局で初のケースとのこと。

 ・民事再生法を申請した Kiss-FM KOBE は兵庫エフエム放送に事業譲渡して放送は継続。
 ・九州国際エフエムは事業譲渡先と交渉中とか。
 ・音楽を楽しむ形態が多様化し、ラジオ局はどこも広告収入減少で苦しい経営のようです。

20100930
<中日新聞 2010年9月30日朝刊記事>

 ・放送終了の瞬間に立ち会いたいと思い、仕事場で朝からずっとRADIO-iを流していました。
 ・番組の随所でリスナーからの放送終了を惜しむメッセージが読まれました。
 ・ラジオ放送が多くの人々の生活に溶け込んでいる様子がよく分かります。
 ・それが事業として成立しない現実が残念です。

■最後のステーションコール----------------------------------

 ・最後のステーションコールをMP3ファイルにしてみました。
 ・法的に問題あるかもしれませんが、お叱りは覚悟のうえで最後の記録として残します。
 ・1分間のラストコール、2分間の無音、その後放送が消滅する瞬間です。
 ・JOGW-FM.mp3 ( 3分15秒、mp3形式に変換したため音質は劣化しています。)

 

« Pioneer F-26 メンテナンス記録(2)検波回路の研究 | トップページ | Panasonic R6A HDD換装/放熱対策 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

時々拝見させていただいてます。
30日は朝からずっとRadio-iを流していました。
終了したあとのノイズが消えるまで・・・
寂しさ、悲しさと同時に怒りが・・・
「何でこうなっちゃったんだろう」って言うのが正直な感想です。
いつか復活してくれることを信じています。

Hiさま

おはようございます。
10月1日の朝刊ラテ面を見たら「RADIO-i」の欄が無くなっていました。
チューナーのメモリーボタンに登録した「79.5MHz」はずっと残しておこうと思います。

お久しぶりです。 たにまちです。
 こちら関東では79.5はそのままナック5ですが、ミニ局でもあるまいにラジオ局が無くなってしまうなんてどう言い表していいのかさえ迷ってしまいます、逝ってしまった友人知人の電話番号みたいで哀しいです。
 クラプトンのautumn leavesがよけいに沁みます。プレミアムストラト直販だそうで手に入れられるのですか?(うらやまし) 私などDVDのフィギアストラトが一杯一杯です。
 バドカンの公演済んでいましたらまた感想や様子 教えてください。
 F26これからも楽しみにしています。さすが!

たにまち様

クラプトンのフィギア付きDVDはアマゾンで予約しました。
実物ギター付きは、、、とても無理です(笑)

バッドカンパニーは10月20日なんですが、名古屋公演は
【主催】中部日本放送 【後援】RADIO-i となっています。
無くなってしまったFM局が後援する妙なイベントです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140763/49610103

この記事へのトラックバック一覧です: Video Killed The Radio Star / Buggles:

« Pioneer F-26 メンテナンス記録(2)検波回路の研究 | トップページ | Panasonic R6A HDD換装/放熱対策 »