フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

チューナー関連リンク

« RAYMOND LEFEVRE / LA RENINE DE SABA | トップページ | ERIC CLAPTON / CROSSROADS »

2010年12月 5日 (日)

Buffalo LS-320GL 修理記録

 ・LS-320GL、多分もう丸3年ほど自宅で稼働している容量320GBのNASです。
 ・音楽やTV録画データはDLNA対応の別製品(NAS)に貯め込んでいます。
 ・書きかけのブログ記事は Evernote に置き、どこにいても編集できるようにしています。
 ・このNASにはジャンク機器の修理記録メモや写真、PDFファイルなどを保存していました。
 ・そう、、今までの記録全部。

Ls320gl_01 Ls320gl_02

 ・2010年12月4日夜、ブログ記事をまとめようと思って LS-320GL にアクセス。
 ・あれ、、? PCからネットワーク上の LS-320GL が見えません。
 ・LS-320GL本体を見たら正面パネルの ERROR ランプが赤く点灯していました。
 ・電源を切って再起動すると、警告音とともにエラーランプが赤点灯します。
 ・「そういえば昼間、何かピーピー鳴ってたよ、、」と妻が言います。
 ・そろそろ買い替えようかな~、と思っていた矢先の出来事でした。

■分解記録------------------------------------------------------------

 ・HDD自体が壊れていなければデータは救出できるはず。
 ・HDDを取り出し ubuntuマシンに繋ごうと思って LS-320GL を分解しました。
 ・通気孔を塞ぐ夥しいホコリ、背面のUSB端子周辺にもびっしり張り付いていました。
 ・熱がこもったか、、、ちゃんとメンテナンスしなかったことを反省しました。

Ls320gl_04 Ls320gl_05

 ・分解してみると、上部に電源基板が見えました。
 ・何気なく部品を見ると、、電解コンデンサ2個の頭が膨らんでいます。
 ・ひょっとして電源電圧の不良が原因かも?、、HDDは無事か??

Ls320gl_06 Ls320gl_07

■電源基板部の電解コンデンサ一覧--------------------------------------

 ・1800uF/10v → 不良(φ10.0mm、H20mm)→ 交換 → 2200uF/16v(φ10.0mm、H20mm)
 ・ 820uF/25V → 不良(φ12.5mm、H20mm)→ 交換 → 1000uF/25v(φ10.0mm、H20mm)
 ・ 220uF/10v
 ・ 100uF/25V
 ・ 47uF/200V
 ・ 47uF/200V

Ls320gl_17 Ls320gl_19

■電解コンデンサ交換--------------------------------------------------

 ・設置場所が狭い。特に直径に注意が必要です。
 ・手持ちの電解コンデンサを使って不良コンデンサ2個を交換しました。 
 ・本体を組み直して電源を入れると、、、無事に起動しました!!! 良かった~。

 ・まさに「災難は忘れたころにやってくる。」今度こそキチッと対策します。

■内部写真-----------------------------------------------------------

Ls320gl_03 Ls320gl_04_2 Ls320gl_08 Ls320gl_09 Ls320gl_10
Ls320gl_11 Ls320gl_12 Ls320gl_13 Ls320gl_15 Ls320gl_16

 

« RAYMOND LEFEVRE / LA RENINE DE SABA | トップページ | ERIC CLAPTON / CROSSROADS »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140763/50218233

この記事へのトラックバック一覧です: Buffalo LS-320GL 修理記録:

« RAYMOND LEFEVRE / LA RENINE DE SABA | トップページ | ERIC CLAPTON / CROSSROADS »