フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

チューナー関連リンク

« SANSUI CD-α717D EXTRA | トップページ | PIONEER TX-910 »

2010年12月26日 (日)

SONY ST-5000F 3号機 電源スイッチ

 ・今年のクリスマス、面倒なプレゼント?が持ち込まれました。
 ・このブログに登場するのは3回目となる ST-5000F 3号機です。

  → 3号機 入手記録
  → 3号機 修理記録

 ・前回修理では MPX部のトランジスタを交換して不調から復活しました。
 ・その後、友人が経営する喫茶店に戻して再びBGMマシンとして稼働していましたが、、
 ・今回のトラブルは何と、、、電源スイッチのレバーが折れてしまった、、、

St5000f_sw01

 ・コラッ! ST-5000F 様に何てことするんだ!!!、、心の底から、魂の叫びです(笑)

 ・友人によると、電源スイッチに肩が当たった瞬間に折れてしまったそうです。
 ・思いっきりぶつかった訳ではないのに、、と釈明していました。
 ・当座の代替機が欲しいというので ST-5150D をレンタルしました。
 ・ST-5150D は年末機材整理の一環で解体処分しようと思っていた矢先でした。

St5000f_sw02 St5000f_sw03 St5000f_sw04 St5000f_sw06 St5000f_sw07

 ・実機を確認すると、電源スイッチのレバーが見事に「ポキッ」と折れています。
 ・本体に残ったレバー部分は特に折れ曲がってはいません。
 ・40年間繰り返されたON/OFF操作で金属疲労が蓄積していたか?
 ・横方向の衝撃荷重には弱かったのかも?

■ST-5150 の電源スイッチを移植するアイデア-----------------------------

 ・それにしても、、どうやって修理するか???
 ・電源スイッチを丸ごと交換するしかないですよね。
 ・すぐに思いついたのはジャンク保管している ST-5150 の電源スイッチを移植する方法。
 ・ST-5150 は完動品を1台、基板だけなら3台分を保管しています。
 ・電源スイッチの見た目は同じ、きっと移植は簡単だろうと思ったら、、、、

St5000f_sw08 St5000f_sw09 St5000f_sw10 St5000f_sw11 St5000f_sw12

 ・両者のフロントパネルを分解して電源スイッチを比較しました。
 ・残念なことに電源スイッチのサイズ、パネルへの取付方法など全然違います。
 ・念のため ST-5130 / ST- 5140 のスイッチも確認しましたが ST-5150 と同じ構造でした。
 ・本体への取付構造が全く違うので、単純な移植では解決しないと悟りました。

St5000f_sw13 St5000f_sw14 St5000f_sw15 St5000f_sw16 St5000f_sw17

 ・ST-5150 には 電源スイッチと見た目同形状の MUTING と HI-BLEND のスイッチがあります。
 ・でも残念、これもやはり取付方法がまったく異なります。

■さあ、困った、、-----------------------------------------------------

 ・部品取り用 ST-5000F を確保するか?・・・ただ5000Fはジャンク品でも高額だし、、
 ・折れた金属部分を溶接するか?・・・・鉄工所に知り合いはいないし、、
 ・ST-5000Fと同時期のアンプなどで同じ構造の電源スイッチは無いものか?
 ・仮にあったとしても、同時期のアンプはビンテージ品でこれまた高額だし、、

 ・ST-5000F のジャンク品を入手するしかなさそうですね~
 ・部品入手まで気長に待つことにしますが、、その日は来るのだろうか??

 ・ホントにもう、、ST-5000F 様に何てことするんだ!!!、、(笑)

■追記:2013年3月10日 電源スイッチ復活!!--------------------------

 ・あれから約2年、、ついに、、その日はやってきました。
 ・ST-5000Fと同世代のレシーバーSTR-6060を入手しました。
 ・電源スイッチを見た瞬間、ST-5000Fのスイッチと同じだ! と直感しました。
 ・交換作業を経てST-5000F復活しました。詳細はこちらで →

 

« SANSUI CD-α717D EXTRA | トップページ | PIONEER TX-910 »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

Blogテーマ的にはナシでしょうが、喫茶室のBGMとして機種に拘りが無ければ、お持ちの何でも良いチューナーを差し上げる、が一番手っ取り早いでしょう。

今度はトグルタイプのレバーが無いシンセチューナーなどを(笑

そうですね~

古いFMチューナーのイルミネーションが喫茶店のお客様に好評だそうで、、
周波数窓の照明が映えるバリコンチューナーが必須だそうです。

私としても納戸で保管しているより、実動品として使ってもらいたいので、
なんだかんだ言っても使ってもらって彼には感謝しています。

定期的にチューナーを交換したいと店主が申しておりますので、次は
SANSUI TU-707、Technics ST-8600 などがレンタル候補です。

保管しているだけじゃもったいないですよね、

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140763/50407041

この記事へのトラックバック一覧です: SONY ST-5000F 3号機 電源スイッチ:

« SANSUI CD-α717D EXTRA | トップページ | PIONEER TX-910 »