フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

チューナー関連リンク

« YAMAHA TX-100 | トップページ | DWR-PG(PWR-100F) 予備バッテリー »

2011年4月10日 (日)

Harman Kardon T610

 ・2011年2月下旬、近所のハードオフで税込315円で買いました。
 ・実は、、、T610はこれで3台目です。懲りもせず、、(笑)
 ・高性能は期待できないと思っていたので過去2台はずっと放置状態でした。
 ・でも珍しい機種が3台も集まったのは、これも何かのご縁でしょうか、、
 ・3台まとめて動作チェックと調整作業を行いました。
 ・シリアルナンバーをみると、、規則性があるのか無いのか??よく分かりません。

T61030 T61031 T61032 T61033 T61005

■製品情報--------------------------------------------------

T610

 ・古いオーディオ雑誌に製品情報がありました。
 ・1982年5月発売、当時の定価34,800円。価格帯は入門機クラスですね。
 ・ネット検索してもこれ以上の情報は見つかりません。

T61001 T61002 T61003 T61004 T61006

 ・Hifi engine で Harman Kardon TU905 サービスマニュアルを見つけました。
 ・電源スイッチ形状が少し違いますが、フロントパネル形状はほぼ同じです。
 ・Hifi engine では無料のユーザー登録をすればマニュアル等が入手できます。
 ・TU905回路図とT610実機を照合したところ主要ICと回路構成がよく似ています。

■動作チェック-----------------------------------------------

T61000

 ・赤色5連LED表示のSメーターはよくある構造ですが、
 ・面白いのはTメーター代用の照明色切り替え機能です。
 ・同調すると周波数を刻んだパネルの照明色が 赤色 → 緑色 に変化します。
 ・これまで随分多くのチューナーと弄ってきましたが、この仕組みは初めて見ました。

■パーツ確認--------------------------------------------------

T61010 T61011 T61012 T61013 T61014
T61015 T61016 T61017 T61018 T61019

 ・FM3連AM2連ミニチュアバリコン
 ・HA11225:Quadrature Detector,Muting Circuit,S-Meter Driver
 ・KB4437:PLL-MPX IC
 ・LA1245:AM Tuner System

 ・TICのICリストを見ると KB4437=PA1001のようです。
 ・東光KB4437 は SONY ST-J55/J60 で使われています。
 ・PIONEER TX-9900, F-26 では PA1001 が使われています。
 ・KB4437 ブロック図がTU905回路図にあったので抜粋しておきました。

Harman_kardon_tu905_kb4437_2

 ・東光は半導体事業を旭化成グループに譲渡していたようです。

■調整作業-----------------------------------------------------

 ・TU905のサービスマニュアルを参考にしながら調整作業ができます。

 ・VR218(ME L):シグナルメーター1灯目点灯調整
 ・VR356(ME H):シグナルメーター5灯目点灯調整
 ・VR370(MUT):ミューティング調整
 ・VR303(76kHz):VCOフリーラン周波数調整
 ・VR309(SUB CARRIER):パイロットキャンセル調整
 ・VR389(ST):ステレオランプ点灯調整
 ・VR335(SEPA):セパレーション調整

T61022 T61023 T61024

【Sメーターの電圧確認ポイント】
 ・R216のIC側足

【FM同調点の確認ポイント】
 ・R222両端にDC電圧計セット → 電圧ゼロへ

【VCO 76Hz確認ポイント】
 ・R304の持ちあがった足

■試聴----------------------------------------------------------

 ・FM放送から聴こえる音はごく普通です。セパレーション40dB程度。
 ・一方、AM放送の受信感度が超優秀です。
 ・本体背面の大型AMバーアンテナが受信性能に貢献しています。
 ・ただ、AM放送は聴くことはまず無いんですけどね、、

 ・KB4437のデーターシートは今までネット検索しても見つかりません。
 ・今回は偶然ながら KB4437 のブロック図を発見した事が大きな収穫でした。

 

« YAMAHA TX-100 | トップページ | DWR-PG(PWR-100F) 予備バッテリー »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

これはどこかで見た記憶がありますね
そういえば最近見なくなったような…(笑)
ツインカラースケールといえばどこかに在ったような‥と思ったらダイヤトーンのMーF05 05D?あたりが同調するとスケール全体の色が変わるとか 以前ミニサイズのセパレートアンプを見た時に調べたのを思い出しました
残念ながらチューナーは無くて手に入りませんでしたが…
当時物でカラーチェンジだとかなりロマンがありますね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140763/51353356

この記事へのトラックバック一覧です: Harman Kardon T610:

« YAMAHA TX-100 | トップページ | DWR-PG(PWR-100F) 予備バッテリー »