フォト
2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

チューナー関連リンク

« リニア・鉄道館 / JR東海 | トップページ | Harman Kardon T610 »

2011年4月 2日 (土)

YAMAHA TX-100

 ・東日本大震災後、お気楽なジャンク修理記事は掲載を控えてきました。
 ・でも「いま自分にできること・・」を考えたら、、、いつも通りを再開する事と心得ました。

--------------------------------------------------------------------------

 ・2010年12月の機材整理に伴って納戸の奥から引っ張り出してきた品です。
 ・たぶん「寄付」と称して知人が当家に置いていった(捨てていった?)ものです。
 ・FM/AM以外にVHF/UHFのTV音声も受信できるヤマハ製チューナーです。
 ・地デジ移行が目前に迫り、アナログTV音声が聞けるというメリットも風前の灯ですね。
 ・偶然ですがひろくん様も最近 TX-100 の記事を公開されています。

Yamaha_tx100_00

 ・この基板写真を見ると「どんな高級機か?」って思いますよね。
 ・特に期待感もなく、とりあえず内部写真だけ撮ろうとボディを開けてみると、、
 ・小さな基板に小さな電源トランス、予想通り内部はスッカスカでしたが、
 ・使われている電解コンデンサがほとんど 緑色MUSE でした。
 ・電源部にもオーディオ仕様の太っちょ電解コンが備わっています。
 ・予想外に部品のグレードが高いのでちょっと驚きました。

■製品情報--------------------------------------------------------

 ・オーディオの足跡 YAMAHA TX-100
 ・1990年、当時の定価39,800円。
 ・YAMAHA TX-100 取扱説明書PDF
 ・チタンカラーの正面パネルは当時のヤマハ製品の特徴ですね。
 ・ただボタン類がプラスチック製で安っぽくのが残念、ここは価格相応です。

Yamaha_tx100_01 Yamaha_tx100_03 Yamaha_tx100_04 Yamaha_tx100_05 Yamaha_tx100_08

■やっぱりレシオ検波だ!--------------------------------------------

 ・LA1266 にはクアドラチュア検波回路があります。
 ・LA1266 の6ピンと7ピンが T2(ZERO)に繋がっていました。
 ・「何だ、、クアドラチュア検波か、、」と思ったら
 ・ヤマハ製チューナーで見慣れたレシオ検波回路が別にありました。
 ・オーディオの足跡によれば「TX-2000と同じIFアンプ、低歪率検波器を採用」だそうです。
 ・LA1266 のクアドラチュア検波は同調点検出とSメーター駆動に使われている模様。

Yamaha_tx100_10 Yamaha_tx100_11 Yamaha_tx100_12 Yamaha_tx100_13 Yamaha_tx100_14
Yamaha_tx100_15 Yamaha_tx100_16 Yamaha_tx100_17 Yamaha_tx100_18 Yamaha_tx100_19
Yamaha_tx100_20 Yamaha_tx100_21 Yamaha_tx100_22 Yamaha_tx100_23 Yamaha_tx100_24

■各部調整記録-----------------------------------------------

【フロントエンド】
 ・ALPS製4連バリキャップ
 ・小さなコイルを弄るのは省略

【FM同調点】
 ・R23(ZERO)両端に電圧計
 ・T1(ZERO)を回して電圧ゼロへ

【レシオ検波調整】
 ・A点とB点に電圧計セット。T2を回して電圧ゼロへ
 ・音声出力をWaveSpectraで見るとこれで二次高調波が最小になる

【MONO歪み調整】
 ・VR2,TC1を回して二次高調波最小へ

【STEREO歪み調整】
 ・VR1を回して二次高調波最小へ

【MPX部調整】
 ・VR4 を回して反対chへの漏れ信号最小へ

【Sメーター点灯調整】
 ・VR3

【調整メモ】
 ・19kHz漏れ信号が大きいがパイロットキャンセル調整はできない。。
 ・TV音声部はノータッチ(VR5:FILTER、VR6:TV-SEP)

Yamaha_tx100_26 Yamaha_tx100_29 Yamaha_tx100_27 Yamaha_tx100_28 Yamaha_tx100_30

■使ってみて---------------------------------------------------

Tx100

 ・FMはレシオ検波部とセパレーションのズレが大きかったです。
 ・19kHzの漏れが大きいのが気になりますが、パイロットキャンセルは調整出来ません。
 ・再調整の結果、良好な音質で聴こえるようになりました。
 ・アナログTV放送が終了してもFMチューナーとして十分使えます。
 ・この性能で定価39,800円とは、、ずいぶんお買い得なチューナーでしたね。

Yamaha_tx100_34 Yamaha_tx100_35 Yamaha_tx100_36 Yamaha_tx100_31 Yamaha_tx100_32

 ・TX-2000付属のリモコンでメモリ切替など操作できました。
 ・オーディオタイマーのON/OFFに連動して3局までメモリーを切り換えられます。
 ・TV音声受信時はチャンネル表示になります。
 ・TV音声はメイン/サブの切替できます。
 ・最近 YAMAHAサイトからダウンロードできる取扱説明書PDFがかなり増えています。
 ・ありがたいことです。

 

« リニア・鉄道館 / JR東海 | トップページ | Harman Kardon T610 »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

 たしかに、コンデンサと基盤付近だけ見るとすごい高級機っぽいですね。
 これは……ヤフオクでちょっとあさらざるをえないです(笑)

 こちらも平日にハードなオフさんが開いたり、電車も復旧してパソコン屋やジャンク屋にいけるようになったので、だいぶ日常を取り戻せて来ましたよ。

TX-100 は意外に良い機種でした。
ジャンク屋で見つけたら即買いですね。

大震災以来、単一と単二の乾電池は店頭からすっかり姿を消しましたが、
それ以外はごく普通の毎日を過ごせています。

幸せを噛み締めながら「ジャンク三昧」です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140763/51283987

この記事へのトラックバック一覧です: YAMAHA TX-100:

« リニア・鉄道館 / JR東海 | トップページ | Harman Kardon T610 »