フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

チューナー関連リンク

« ジェリー・アンダーソン SF特撮DVDコレクション | トップページ | SANYO ICR-PS401RM »

2011年7月 3日 (日)

TRiO KT-1100 メンテナンス記録

 ・2011年6月末、以前知人に譲渡した KT-1100 が不調とのことで戻って来ました。
 ・SメーターとTメーターは正常動作なのに FMを受信できないそうです。
 ・KT-1100 製品情報 → オーディオ回顧録

Kt1100_001

■故障状況の確認------------------------------------------------

 ・電源投入当初はFM/AMとも正常に受信しました。
 ・あれ?正常だけど、、と思った瞬間、FM放送がノイズに埋もれました。
 ・「ザー」という局間ノイズではなく「バリバリ」という激しい歪みです。
 ・IFポジションを WIDE/NARROW 切り替えても反応なし。
 ・STEREO ランプは不規則に点滅しています。
 ・このときSメーターとTメーターを見ると正常に振れています。
 ・一方 AM受信に切り替えると、こちらは正常に受信できます。
 ・FM受信時だけに発生する不具合、メーター類の動作は正常。
 ・これがヒントですね。

■原因調査-----------------------------------------------------

 ・KT-1100 はパルスカウント検波回路を搭載した1980年頃のチューナーです。
 ・ひろくん様の分類 では「第3世代」に相当する機種です。
 ・メーター類が正常に動いているのでフロントエンドから IC3:TR7020 まではOK。
 ・ダウンコンバート前のIF周波数(10.7MHz)が TP で正常確認できました。

Kt1100_010 Kt1100_011_2 Kt1100_012 Kt1100_013

 ・次は IC4:TR4011-1pin にダウンコンバートされた 1.96MHz が出ているはず、、
 ・ところが周波数カウンタで計測してみると 780Hz?? なんじゃこりゃ??
 ・第二OSC同調コイル L6 を回すとこの周波数が不規則変化します。
 ・2MHz前後になった瞬間はノイズが消えてFM放送が受信できました。
 ・これを 1.96MHzに近づけようとすると一気に 800Hz 付近に飛んでしまいます。
 ・同時に「バリバリ」という激しいノイズ発生。
 ・TR7020各ピンの電圧確認。回路図の指定値通りです。
 ・不調の原因はどうやら第二OSC同調コイル L6 の不調(劣化)のようです。

■修理調整記録-----------------------------------------------

 ・私の保管品の中に同じ第3世代に該当する KT-900 の基板がありました。
 ・TR7020 とその周辺回路は KT-1100 と同じです。
 ・KT-900の同調用コイル L5 を取り外し KT-1100 の新L6 として移植しました。

Kt1100_014 Kt1100_015 Kt1100_016 Kt1100_017

 ・新 L6 を少し回しただけで TR4011-1pin が 1.96MHz を示すようになりました。
 ・FM放送がきれいに聴こえてきました。やはり不調原因は L6 だったようです。
 ・ノイズが解消したので、一通りの調整作業をやり直しました。
 ・KT-1100(輸出機)回路図から TR7020 と TR4011 周辺を抜粋しました。

Trio_kt1100_sm25

■試聴-------------------------------------------------------

 ・昨日から連続運転していますが、今のところノイズは発生しません。
 ・再調整の効果もあってか、良い音で受信できています。

Kt1100_002 Kt1100_003 Kt1100_004

 ・ただし、ほぼ同じ年数を経過した中古部品に交換しただけです。
 ・根本的な解決策ではないので、いつまた不具合が再発するかわかりません。
 ・古い機種を使い続けるのも楽ではないですね。
 ・でも、これが楽しかったりするんですが、、 (笑)

 

« ジェリー・アンダーソン SF特撮DVDコレクション | トップページ | SANYO ICR-PS401RM »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

 おおーすごいごっついですが、かっこいいチューナですね。
 自分の住んでいる地域ではこういった大型高性能チューナでないとAMぐらいしか聴けない(地デジもアナログも微妙)ぐらいなので、そもそも電波強度不足(最大5なら2.5ぐらい)基本ノイズが入るという(汗)

 まずはチューナをそろえたり変えるよりも、でかいアンテナか部屋からアンテナを突き出す必要があるようです(笑)

Nolisさま

そうですね、アンテナ環境はとっても大切です。

外出時は他人の家の屋根に載っているアンテナについ目が行ってしまいますが、
FM専用アンテナを載せている家はほとんど見かけませんね。
マンションのベランダに2素子アンテナを出している家が数軒程度です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140763/52111247

この記事へのトラックバック一覧です: TRiO KT-1100 メンテナンス記録:

« ジェリー・アンダーソン SF特撮DVDコレクション | トップページ | SANYO ICR-PS401RM »