フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

チューナー関連リンク

« TOSHIBA RD-H1 | トップページ | TRIO KT-5500 »

2011年9月23日 (金)

Nozbe / GTD

 ・2011年8月の盆休み、参加したセミナーで Nozbe の使い方実演を見せてもらいました。
 ・これを見て「これなら GTD を本当にクラウド上で実現できる!」と感じました。
 ・→ Nozbe

■GTD (Getting Things Done)----------------------------------

 ・「気になることは Nozbe に預ける。カラになった頭は創造に使う。」
 ・この魅力的なフレーズに惹かれて Nozbe の無料登録は随分以前に済ませました。
 ・でも、使い方が今ひとつ理解できず、自力では使いこなせなかったです。
 ・セミナーの帰り道、紹介されたこの本を買って来ました。

Nozbe_02

■まずは無料版を使いこなす-----------------------------------

 ・プロジェクトが5個しか作れない。
 ・コンテキストも5個しか作れない。
 ・無料版の制約はありますが、とにかく紹介本を参考に使い込んでみました。

 ・約1ヶ月使ってみた結果は、、
 ・Evernote、Dropbox、Googleカレンダー、メールがスムーズに連動できた!
 ・それぞれの目的でバラバラに使っていたクラウドサービスが見事につながった!
 ・これは、ちょっと感動モノでした。
 ・Android版アプリ(無料のベータ版)も意外に使えました。(多少の不安定感ありますが、)
 ・MacBook Air がクラウド母艦として上手く機能し始めました。
 ・使っているうちに無料版の制約が窮屈になってきました。

■有料版にアップグレード--------------------------------------

 ・月額契約9.95ドル、年間一括契約89.95ドル(月額換算7.5ドル)
 ・60日間返金保証あり。
 ・ということで、思い切って有料版にアップグレードしました。
 ・支払いはPayPalを利用。89.95ドル=7,050円(1ドル=約78円)
 ・これも円高の恩恵ですね。
 ・プロジェクト数、コンテキスト数の制約が無くなって快適な使い心地になりました。

 ・例えば、くだらない利用例ですが、、
 ・「今度ハードオフに行ったら探したいパーツリスト」を作成
 ・リストに場所を示すコンテキスト「HardOff」を設定。
 ・実際にハードオフに行った時、Androidアプリ版 Nozbeを起動。
 ・店内で今いる場所としてコンテキスト「HardOff」を確認。
 ・探したいと思っていたパーツのリストが画面にぞろぞろ表示される。
 ・つまり明確な目的を持ってジャンク箱を漁れるという事です(笑)

■クラウドサービスに切り替える---------------------------------

 ・ソフトウェアの購入スタイルが変わりつつあると実感しています。
 ・従来はパッケージソフトを買ってインストール、後はバージョンアップで対応。
 ・でも今後のOSやPCの進化を考えるとクラウドサービスが得策と思えてきました。

 ・昨年11月に勝手に プレミアム会員になったEverNote の更新時期が近づいています。
 ・継続するか? どうしたものかと考えていましたが、、
 ・この便利さを体験したら、もう後戻りできない感じです。

   

 

« TOSHIBA RD-H1 | トップページ | TRIO KT-5500 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140763/52811777

この記事へのトラックバック一覧です: Nozbe / GTD:

« TOSHIBA RD-H1 | トップページ | TRIO KT-5500 »