フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

チューナー関連リンク

« The Grass Roots Medley | トップページ | TOSHIBA RD-H1 »

2011年9月14日 (水)

Panasonic RR-RS150-K

 ・思いがけず RR-RS-150 というラジオ録音型ICレコーダーを入手しました。
 ・FMエアチェック歴40年の経験の中で初めて触れるジャンルの製品です。
 ・そもそもAM放送を録音する習慣は今までまったく無かったのですが、、
 ・でも実際に使ってみて意外に便利、、NHK第二の中国語放送で勉強する気になりました。

Rrrs150_23

■購入記録------------------------------------------------------

 ・2011年8月5日、パナセンスから ICレコーダーモニター販売お知らせ メールが届く。
 ・RR-RS250、入札下限価格19,900円、入札上限価格26,900円、50台
 ・RR-RS150、入札下限価格19,900円、入札上限価格26,900円、黒50台、白50台
 ・パナソニック製ICレコーダーには全く興味なかったのですが、、
 ・RS250を見た瞬間、サンヨー製品と同じデザインだと気付きました。
 ・プレスリリースよれば、他のサンヨー製ICレコーダーも生き残った模様。

 ・2011年8月4日 Panasonic プレスリリース 1 , 2
 ・興味なかったくせに、、 RS250 と RS150 の品定めが始まりました。
 ・ラジオ録音はMP3(64/128kbps)形式のみ、LPCMでの録音は不可。
 ・私にとってはこの段階で残念仕様ですが、、
 ・でも、外部入力をLPCMで録音することは可能。
 ・タイマー予約20件。
 ・録音済みファイルの検索機能が充実している。

 ・モニターに応募するならどっちがいいかな♪ いつの間にかそんな気分(笑)
 ・RS150 は背面にFMアンテナ端子を装備。結局これが決め手でした。
 ・ダメで元々、軽い気持ちでブラックの RS150 に最低価格で応募しておきました。

 ・2011年8月26日、応募したこともすっかり忘れていた シンガポール滞在中
 ・「おめでとうございます。モニター販売に当選されました。」
 ・パナセンスから当選お知らせメールが届きました。
 ・落札価格19,900円。驚いたことに入札下限価格ですよ。
 ・そんなに人気ない機種か? それとも、やっぱりブラックだけ不人気??
 ・ホワイトはどうだったか? ちょっと気になるかも、、

 ・購入手続きは8月31日14時まで。帰国してすぐに購入手続きしました。
 ・2011年9月8日、発売日当日にクロネコ便で届きました。
 ・発売日当日、既にビックカメラ店頭に並んでいました。29,800円+ポイント10%。

■商品情報---------------------------------------------------------
・パナソニック 製品情報 RR-RS150
・パナソニック 製品情報 RR-RS250

Rrrs150_18

■まだ1週間ですが、使ってみた印象など列記--------------------------

【本体サイズ】
 ・第一印象は「小さい!」です。クレードルごと手のひらに乗ります。
 ・写真を見て「ラジカセのようなサイズ」と勝手に勘違いしていました。
 ・考えてみればICレコーダーの両側にスピーカーがあるだけ、、
 ・小さいに決まってますね(笑)

Rrrs150_01 Rrrs150_02 Rrrs150_03 Rrrs150_04 Rrrs150_05

 ・本体を取り外して手に取ってみると、、逆にこれが意外に大きいです。
 ・一般的なICレコーダーと比較するとサイズは大きめです。
 ・特に横幅があって液晶画面も大きいので iPod Classic みたいな印象です。
 ・単四電池2本を横向きにセットするのでこの横幅になるのか?
 ・でもこの液晶幅があるおかげでファイル名を全文字表示できてる。

Rrrs150_08 Rrrs150_10 Rrrs150_11 Rrrs150_12 Rrrs150_13

【電源オン「HELLO!」】
 ・サンヨー製ICレコーダーで見慣れた初期画面。
 ・電源ボタンの形状や操作方法もサンヨーだ、、

【スピーカークレードル】
 ・上面右側にスリープタイマーボタンと電源ボタン。
 ・ワンタッチで設定できるスリープタイマーボタンが使いやすい。
 ・スピーカーは防磁設計ではない。
 ・スピーカーから出てくる音は、当然というかラジカセ品質。

【FMアンテナ端子】
 ・本体単独でFM受信するときはヘッドホンケーブルがアンテナ代用になる。
 ・クレードルにセットした時はクレードル背面の75オームFMアンテナ端子を使う。
 ・でも、、、この端子は300オーム用の流用でしょうか。
 ・左側:FMアンテナ端子、右側:FMアンテナ(アース)端子。
 ・付属品のFMアンテナ(リード線)がを使うには左側端子に接続。
 ・75オーム同軸ケーブルを繋ぐには先端を加工しなければなりません。
 ・何とも残念な仕様です。F型接栓に改造できるか??【宿題】

Rrrs150_05_2 Rrrs150_03_2 Rrrs150_21 Rrrs150_22 Rrrs150_04_2

【FMアンテナ同軸ケーブル加工】
 ・手持ちのアンテナケーブルを加工しました。
 ・テレビか何かの付属品だった端子付き同軸ケーブルです。
 ・途中で切って熱収縮チューブを巻いただけです。
 ・芯線を左側FMアンテナ端子、網線を右側FMアンテナ(アース)端子へ。

Rrrs150_24 Rrrs150_25 Rrrs150_26

【AMアンテナ端子】
 ・本体内部にAMアンテナ内蔵。本体単独でAM受信できる。
 ・クレードルセット時は背面のAMアンテナ用ジャックが使える。
 ・付属品のAM用ループアンテナをジャックに接続。
 ・ループアンテナは一般的なチューナーの付属品でよくあるタイプ。
 ・アンテナ線の先端が3.5mmステレオプラグになっている。
 ・どうしてステレオ端子??

【充電関係】
 ・Panasonic製単四形ニッケル水素充電池(HHR-4AG)2本付属。
 ・1本づつのプラケース入り。
 ・本体に充電池を入れ、スピーカークレードルにセットすると充電開始。
 ・本体電源オフの状態で満充電まで約2時間。
 ・充電中は本体液晶部は置時計みたいな時計表示になる。

Rrrs150_16 Rrrs150_17

 ・付属充電池(HHR-4AG)はマイナス側の被覆が少し剥けているタイプ。
 ・電池ホルダー側にはこの部分に接する電極があり。
 ・充電池と乾電池を区別するためですね。
 ・従って普通の充電池(エボルタやエネループ)を入れても充電不可。
 ・推奨しませんが、被覆を少し剥いでやるとOK。

Rrrs150_06 Rrrs150_14 Rrrs150_15 Rrrs150_27 Rrrs150_28

 ・イヤホンを使った連続再生時間は12時間以上できる事を確認。
 ・5時間連続再生すると残りバッテリーマークが1個まで減る。
 ・でも残り1個となってからさらに7時間以上再生可能。

【microSD/microSDHC カード】
 ・付属品: 4MB class4  microSDHCカード。
 ・2GB microSD と 4~16GB microSDHCに対応。

【良かった点】
 ・屋外に建てたFM専用アンテナを接続できるのでクリアなFM受信が可能。
 ・付属AMループアンテナは接続コードが長い(3m)。
 ・当家の場合はAMループアンテナを窓際に置けたのでAMもクリア受信可能。
 ・予約録音設定が楽ちん。
 ・録音済みファイルの検索機能がとても充実。個人的にはカレンダー検索がGood。
 ・再生時の「遅聞き」「早聞き」がワンタッチで良い。

【ちょっと、、という点】
 ・本体のボタン配置に馴染めない
 ・中央部に三つ並ぶ銀色メッキボタン、左から「停止」「録音」「録音シーン切替」
 ・一番右側のボタンを「再生」だと勘違いしてすぐ押してしまう、、、

Rrrs150_09

 ・十字ボタンの直径が大きいので、誤って中央の「OK」ボタンを押してしまう。
 ・それと「OK」ボタンが大き過ぎる。突起状にでもなっていれば良かった。
 ・サンヨー製ICレコーダー ICR-PS511RM(写真左) に慣れているせいかもしれません。

【会議用ICレコーダーとして】
 ・会議の席で机の上に出しておくとサイズが大きくて目立ち過ぎます。
 ・それに ICレコーダーというより音楽プレーヤーのような外観なので、、
 ・会議中に音楽を聴いてるのか? と誤解されそう、、?

■活用方法------------------------------------------------------

 ・9月1日から NHKネットラジオ「らじる★らじる」 がスタートしました。
 ・FMは予想どおり残念音質ですが、AMはノイズが無くてかなり良いです。
 ・AMをノイズレスで録音する手段ができたので、ラジオ録音機の存在価値は?

 ・でも実際使ってみると、PC不要でラジオをタイマー録音してくれる専用機は意外に便利ですね。
 ・夜から翌朝にかけてクレードルに置いた状態で充電と録音。
 ・毎朝出かけるときに本体を持ち出し、仕事の空き時間に聞く。
 ・こんな使い方が私にあってる気がしました。

 ・音楽番組のエアチェック手段は他にいろいろあるので、
 ・これを機会に NHK第二の中国語講座を始めてみましょう。

   

 

« The Grass Roots Medley | トップページ | TOSHIBA RD-H1 »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、こんにちは!
先日、ラジオ英会話をタイマー録音するのにRS150を購入し暫し使用してましたが・・・
数日前より本体をクレードルに設置すると時計が表示されず、PCで充電していないにも関わらず本体画面にアイコンマークで《本体・・・PC充電中》と表示されクレードルの上部にある電源スイッチやスリープボタンが作動しないって事はありませんか?
メーカーに確認したところ、本体を初期化してトライしてみてくださいとの事でしたので、やってみましたが同じ症状になってしまってます。
ご存知でしょうか?

レコーダーとクレードルの接触不良でしょうか?
当方ではそのような症状は発生したことないです。

残念ながらお役に立てる情報は持っていませんが、
初期不良のような気がします。

こんにちは。不躾ながら、ご使用なさっているご感想を、お聞かせ下さい。
実は小生RR-RS150Kの前のタイプとも言われている、三洋ICR-RF110を使用しているのですが、FM放送録音時、たまに金属質に似た音が録音され、残念に思う事があります。その辺り改善はされておりますでしょうか?イヤホンでの聴取が主なため、非常に気になっております。ビットレートの問題なのでしようか。因みにAMでそのように録音されるのは、非常に稀です。

かばごろう様

こんばんは。
私の場合、FM放送の録音品質を詳しく検証していないのでちょっとお答えが難しいです。
というのも、当方の運用では結局 RS150KではFM放送を録音していないからです。
AM放送でNHKの語学講座を定期録音するだけになっています。

入手当時に屋外FMアンテナを繋いで聴いたFMの音は結構良かった印象です。
でも録音仕様がMP3(64/128kbps)形式のみ、LPCMでの録音は不可。
これでは録音音質は期待できないと思います。

お答えになっていなくて申し訳ありません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140763/52731435

この記事へのトラックバック一覧です: Panasonic RR-RS150-K:

« The Grass Roots Medley | トップページ | TOSHIBA RD-H1 »