フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

チューナー関連リンク

« SONY ST-5130 1号機 電球交換 | トップページ | ZIPPO HANDY WARMER »

2011年12月 4日 (日)

SONY STR-S3R

 ・解体処分シリーズ第?弾
 ・2011年2月、ヤフオクで入手したシンセ式チューナー内蔵レシーバーです。
 ・「電源のみOK」というジャンク品でした。
 ・チューナー部に興味があって入手しましたが、少し弄っただけで結局1年近く放置でした。
 ・以下、入手時の動作チェックメモ+最近の解体処分メモです。

Sony_strs3_36

■入手時のメモ---------------------------------------------------------

 ・1981年発売、当時の定価90,000円のようです。→ 【参考】オーディオの足跡
 ・型番を推測してネット検索してみると兄弟機 STR-S5R、STR-S2R があるようです。

 ・ヤフオクの商品写真を見て「メモリボタン窓が ST-J75 に似ている、、」と思いました。
 ・続いて「1981年製ならチューナー部は ST-J75 に近いかも、、」またしても妄想が暴走、、
 ・500円ならいいかな、、ポチッ、、という経緯でした。

Sony_strs3_03 Sony_strs3_04 Sony_strs3_05 Sony_strs3_06 Sony_strs3_07

■動作チェック---------------------------------------------------------

 ・横幅はフルコンポサイズ、でも奥行き330mmで小さめ。
 ・重量8.6kgはアンプとしては軽量。
 ・本体はほぼ無傷、フロントパネルやメッキボタンは新品みたいにピッカピカ。
 ・背面の端子類はそれなりに錆びているが、正面から見れば外観状態は◎。

Sony_strs3_08 Sony_strs3_09 Sony_strs3_10 Sony_strs3_11 Sony_strs3_12

 ・電源OK。FMのメモリーボタンは青色、AMは黄色で照明点灯。
 ・ST-J75 のように放送局名のパネルを交換できる。
 ・入力切替:FM・AM・PHONO・AUX。スピーカーA・B 2系統。
 ・入力インジケータは青色点灯。
 ・ボリュームはモーターによる電動式。
 ・MIC入力とミキシング機能。
 ・トーンコントロール以外に 3通りのプリセット式イコライザー機能。

Sony_strs3_13 Sony_strs3_14 Sony_strs3_15 Sony_strs3_16 Sony_strs3_22

 ・PHONOにレコードプレーヤーを接続して確認。音出しOK。
 ・AUXにCDプレーヤーを接続して確認。音出しOK。
 ・FM/AM放送受信確認。音出しOK。
 ・周波数UP/DOWN OK。シグナルメータ点灯、ステレオランプ点灯、周波数ズレなし。
 ・ボリュームガリなし。一通り動作OK、、ですが、、、
 ・どのソースも出てくる音にかなり歪み感あり。

■分解記録-------------------------------------------------------------

Sony_strs3_26 Sony_strs3_27 Sony_strs3_28 Sony_strs3_29 Sony_strs3_30

 ・メモリボタン、入力切替の青色照明はLEDではなく麦球+ゴムキャップでした。
 ・外装は軽く清掃して完了。フロントパネルだけ見れば高級感が漂います。
 ・正面から見て右側、2階建て構造の2階はAM回路とコントロール部、FM回路は1階です。
 ・充電池と思われる単三サイズの物体が完全に朽ちています。メモリ保持用ですね。
 ・ボリューム駆動用のモーター後部が見えます。
 ・モーターに連動した巻き取り式の紙??
 ・ここはランプ切れですが、ボリュームレベルの表示機構のようです。

Sony_strs3_17 Sony_strs3_18 Sony_strs3_19 Sony_strs3_20 Sony_strs3_21

 ・2階部分 LA1245:AM用IC。LC7207:コントロール用IC
 ・2階部分を外してFM回路を確認。
 ・LA1235(クアドラチュア検波)→ MPX-IC LA3390
 ・FM同調点調整用TP、VCO調整用TP があったので軽く調整。
 ・FM同調点がかなりズレていました。
 ・FM同調点、VCO、ステレオセパレーションを調整。

Sony_strs3_24 Sony_strs3_29_2 Sony_strs3_31 Sony_strs3_33 Sony_strs3_32

 ・正常に受信しているようですが、スピーカーからはかなり歪み感ある音が出てきます。
 ・FM以外のソース(AM、PHONO、外部入力のCD)も同様の症状。
 ・アンプ部に不具合がありそう、、、、、で、結局半年以上放置でした。

■解体処分---------------------------------------------

 ・久しぶりに出してきて動作確認。やっぱり歪み感があります。
 ・修理しても使い道はないし、、部品取りして解体処分へ。
 ・電球19個、AMバーアンテナ、FM基板を部品として確保。
 ・残骸はクルマで巡回してくる廃品回収業者に引き取ってもらいました。

Sony_strs3_02

 ・おかげさまで年末機材処分は終了しました。
 ・ご縁がありました皆様、誠にありがとうございました。

 

« SONY ST-5130 1号機 電球交換 | トップページ | ZIPPO HANDY WARMER »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

基板でちくわが焼けてますね(笑)
歪みはリレーとかの単純な物ではないようで残念です
その竹輪かウインナー化した物体がTー9にも付いていてます
それにリード線で電池ホルダーが追加されてますが元のニッカドがそのまま付いてるのはマズいですよね?

ちくわって何??

朽ちたバッテリーですね、、
しばし考えましたよ、、(笑)

私のT-9とT-7は元の充電池は撤去しました。
電池ホルダーを側面に固定し、リード線で基板に繋いであります。
ヤマハサービスに修理に出したらこのように処置されたとの報告がありました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140763/53404123

この記事へのトラックバック一覧です: SONY STR-S3R:

« SONY ST-5130 1号機 電球交換 | トップページ | ZIPPO HANDY WARMER »