フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

チューナー関連リンク

« PIONEER SX-737(2) | トップページ | XPERIA arc SO-01C 作業記録 »

2012年1月14日 (土)

SONY PT-D9W ?号機

 ・2011年12月、近所のリサイクルショップでジャンク品を買いました。
 ・電源コードには「1995」の印字がありました。
 ・値札に「電源OK。操作方法不明のためジャンク」と書かれて税込525円でした。
 ・操作方法、、、たぶんオーディオマニアのオジさんしか知らないでしょうね。

Ptd9w_01

 ・その昔、オーディオタイマーは FMエアチェックに欠かせない機器でしたが、、
 ・TEAC TT-200 の生産終了によってオーディオタイマーという製品は市場から絶滅しました。
 ・中古の予備機はたくさん確保してあるのに、、
 ・1,000円程度の PT-D9W や DT-138 を見かけるとつい買ってしまいます。

■動作確認とメンテナンス-----------------------------------------------

 ・外装は天板に擦り傷が多い。
 ・FL管の表示がちょっと痩せているが、タイマー機能は動作するようです。

Ptd9w_02 Ptd9w_03 Ptd9w_04 Ptd9w_05 Ptd9w_06

 ・停電時のバックアップが効かない。→ キャパシタ交換しました。
 ・基準クロックの調整
 ・TP201-GNDに周波数カウンタ接続
 ・1/12CLOCK → 水晶発振子 4.194304MHz / 12 = 349.525333333kHz
 ・CT201トリマ調整 → 349.5253kHz
 ※周波数カウンタの精度も怪しいので所詮気休め程度、と心得ています。

Ptd9w_07 Ptd9w_08 Ptd9w_09 Ptd9w_10 5

■時計精度について------------------------------------------------------

 ・取扱説明書の仕様によれば本機の時計精度=月差±15秒(常温)です。
 ・時刻合わせしてから定期的に時計精度を確認してみました。
 ※NHK-FMの時報を聞きながらストップウォッチで計測、、

  ・10日後 → +1.8秒
  ・20日後 → +3.8秒
  ・30日後 → +2.2秒

 ・電波時計の精度に慣れ過ぎて 1秒2秒の誤差を気にする人がいますが、
 ・月差±15秒、、こんな大雑把な時計(タイマー)はきっと許せないでしょうね。

■使い道-----------------------------------------------------------------

 ・最近はスマホやWifiルーターの充電にオーディオタイマーを活用しています。
 ・ちょうど朝の出勤時刻に満充電になるようにタイマーセット。
 ・とっても便利に使っています。
 ・熱帯魚マニアの友人は水槽管理にタイマーを活用しています。
 ・照明のオンオフに便利だとか、、活用は工夫次第ですね、、

Akai_dt138_00

« PIONEER SX-737(2) | トップページ | XPERIA arc SO-01C 作業記録 »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

うちもタイマーは水槽の照明管理に使っています。
大抵315~525円で買えるので、2~3個持っていても良いですよね。

最近のコンピュータを背負ったモノはAC通電で待機させておかねばならぬモノも多いですが、照明や換気などで使い道があるものです。

そういえばST-G6T捕獲してきました。
例のバックライト電球が切れているだけで、外観もまぁまぁです。
気持ち歪率が増えてるかな、という感じですが、調整は素人なので電球の修理だけしようと思います。

水槽の照明管理、まさにピッタリの用途ですね。
熱帯魚マニアの友人には5台くらいプレゼントしています。
それでも手元には10台ほどあって、、どうしましょう、、

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140763/53735485

この記事へのトラックバック一覧です: SONY PT-D9W ?号機:

« PIONEER SX-737(2) | トップページ | XPERIA arc SO-01C 作業記録 »