フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

チューナー関連リンク

« SONY STR-22 | トップページ | 松岡直也 / MI AMORE »

2012年4月 7日 (土)

Aurex ST-420

 ・2012年3月上旬、また巨艦チューナーを買ってしまいました。
 ・フロントパネルに「PLL/STEREO TUNER」という印字があります。
 ・使われているICの型番に興味が湧いて、、つい、、

St42046

■製品情報--------------------------------------

 ・オーディオの足跡 Aurex ST-420(1976年発売、46,800円)
 ・スケール部を底板ギリギリに配したフロントパネルデザインが独特です。
 ・このスケール部を上向きにするため、横から見るとパネルが屈折しています。

St42000 St42003 St42004 St42008 St42005

■動作確認--------------------------------------

 ・ボディは擦り傷が多いものの、フロントパネルはまずますの状態。
 ・アンテナを繋いで受信確認。FM/AMとも受信OK。ステレオランプ点灯。
 ・ミューティング動作OK。テストトーンOK。
 ・可変出力用レベル調整にガリあり。
 ・スケール部の照明が部分的に暗い。電球切れか?
 ・Sメーターの電球切れ。 ※写真は修理後に撮影したものです。
 ・電球切れ以外は大きな問題は無さそうな状態でした。

St42009 St42006 St42007 St42011 St42012

■内部確認-------------------------------------

 ・奥行き40cm近い巨大サイズですが、内部は予想通りスカスカ。
 ・FM4連、AM2連バリコン。
 ・IF部はWIDE/NARROW切替機能なし。スミダ電機製ブロックフィルタ。
 ・レシオ検波。
 ・MPX部IC LA3350。
 ・Aurex機ですから東芝製TA7157かと想像しましたが予想外れました。
 ・AM部はディスクリート構成。
 ・背面にマルチパス出力あり。

St42013 St42014 St42015 St42018 St42023
St42025 St42026 St42027 St42028 St42016

■電球交換-------------------------------------

 ・Sメータを分解して電球確認。やはり切れていました。
 ・Tメータの電球は無事かと思ったらこちらも切れていました。
 ・スケール部の照明がちょうどTメーターだけを照らしていたからです。
 ・端子電圧8Vだったので12V麦球を短くカットして代用しました。
 ・スケール部電球は4個のうち2個が切れていました。
 ・ここも8Vだったのでカー用品売り場で調達した12V品に4個とも交換。

St42030 St42032 St42033 St42034 St42035
St42037 St42038 St42039 St42040 St42041

■調整記録------------------------------------

【フロントエンド内】
 ・FM-OSC調整:L04、上部トリマ
 ・FM-RF調整:L01~L03、上部トリマ
【メイン基板上】
 ・VR01:フロントパネル可変出力用VR
 ・VR02:FM用Sメーター振れ調整
 ・VR03:ミューティング位置調整
 ・VR04:VCO調整:TPで19kHz確認
 ・VR05:セパレーション調整
 ・VR06:AM用Sメーター振れ調整
 ・VR07:エアチェック用テストトーン調整
 ・IT11:レシオ検波調整(上段:歪み調整、下段:センター調整)
 ・AM調整:IT13、IT14

St42014_2 St42042 St42043 St42044 St42045

■試聴--------------------------------------

 ・存在感あるビッグボディ、特徴的なフロントマスク、、
 ・オーディオ全盛時代の香り漂う大型チューナーです。
 ・当時としては未来的なデザインでカッコ良かったと思いますが、
 ・無機質な銀色パネルに照明色が加わるだけなのでちょっと物足りない感じです。
 ・FM放送の受信性能や音質はごく普通。AMは何か良い感じです。

St42047

 

« SONY STR-22 | トップページ | 松岡直也 / MI AMORE »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです、私も昨年この機種をようやく手に入れました。これと同じ時期にビクター
JTV-45,オンキョーT416と手に入れましたのでしばらくは病気は治まっていますが
このところまたぶり返してきつつありますが、しかし暇が無く未だどの機種も通電さえしていない状態であります。この機種が出た時はそのデザインに凄くあこがれた思い出があります。Aurexといえばこの機種が一番に思い出されるほどです。Gデザイン賞も受賞したはずです。特徴の一つがこのメーター部分ですね。パイオニアのF-500などもこの機種を
思い出させるメーターですね。先日AVアンプのDSP AX-1300を安く手に入れたのですが
どうもチューナー部分があまり出来が良くなく音も感心しないし、ノイズが入るようなので
(調整すればよいかも状態)FMはこの機種に任せようかと思っています。
調整する際は参考にさせていただきますのでよろしくお願いいたします。
これもっていると揃いのアンプも欲しくなってきませんか?
なお、私は今週はKT-8500を手に入れる予定にしています。

Gデザイン賞でしたか。
確かに斬新というか、未来的なデザインですね。
本当はペアになるアンプとセットで揃えたいところですが、
重量級の荷物を増やさないよう、チューナーだけで我慢しています。

確かにカッコいいですwinkAUREX製品はGマーク多いですね
やはり昔はカセットデッキやターンテーブルと比べて小さすぎては風格が無いと感じたんでしょうか
今時は見えないくらい小さくて気にもしないでしょうけどcoldsweats02
technicsの80T(STー8080)を持ってますがこれもデカくて悩ましいところです でも何故か音が良いんです!
スカスカのシンプルな中身の何処に秘密が有るのか分かりませんが 歪み感無く聞きやすいうえにリアリティも高いです
このセットも揃えたら堂々たる姿は凄いでしょうねcoldsweats02
最近の入手ではDENON TUー332というのがあり少しだけ小さいですがこれは造形のディテールに独特な品を感じますshine中身も音も普通っぽいですけどね(笑)

そういえば Aurex ST-55 もグッドデザイン賞でした。
凝った造りのフロントパネルは高級感が漂っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140763/54413456

この記事へのトラックバック一覧です: Aurex ST-420:

« SONY STR-22 | トップページ | 松岡直也 / MI AMORE »