フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

チューナー関連リンク

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月の記事

2012年8月25日 (土)

iPad2 修理記録

 ・次女が今年春購入したiPad2に不具合が発生しました。
 ・修理問い合わせ~新品交換の手続きを経験したので記録として残します。

■iPad2不具合状況----------------------------------------------
 ・ホームボタン(本体正面下部にある丸いボタン)が効かなくなった。
 ・押下時にクリック感はあるもののボタンを押しても全く反応なし。
 ・本体初期化や復元を試しても改善しない。
 ・パネルタッチによる操作は正常にできる。
 ・ネット検索するとよくある故障のようです。

Ipad21

■保証期間の確認------------------------------------------------
 ・iPadには1年間の製品保証が付いているといいますが、、
 ・実はApple Online Store で購入したモノなので保証書や販売店領収書がありません。
 ・iPadシリアル番号確認方法:設定→一般→情報→シリアル番号
 ・アップルサポートページで 本体シリアル番号検索
 ・このページで修理有効期限が確認できます。ちなみに期限は2013年4月15日でした。

■修理依頼-------------------------------------------------------
 ・保証期間内である事を確認してアップルテクニカルサポート(0120-277535)に電話。
 ・本体シリアル番号と氏名を聞かれた後に不具合状況を説明しました。
 ・保証期間内なので修理無料であること、対応方法が二通りあることを案内されました。
  1.近くにアップルストアがあれば店舗に直接持ち込む方法
  2.宅配業者が自宅で回収し、修理後に配送する方法
 ・名古屋にはアップルストアがあるので、店舗に持ち込む方法を選択しました。
 ・サポート電話で店舗名と日時を予約しました。
 ・何の予約? これはアップルストアGenius Barの予約でした。

■アップルストア名古屋にて----------------------------------------
 ・予約日時に訪問。青いTシャツを着たスタッフに予約があることを伝える。
 ・店内でちょっと待った後、カウンターに案内される。
 ・対応してくれたお兄さんにはサポート電話で説明した状況がすべて伝わっていました。
 ・ホームボタンが効かないことをその場で実機確認。
 ・修理預かりかと思ったら、、その場で新品への交換となりました。
 ・交換対象はiPad2本体のみ。わずか10分ほどで手続き完了しました。

■感想------------------------------------------------------------
 ・購入時の領収書や保証書が無いのでちょっと不安でしたが、全く問題なかったです。
 ・サポート電話の対応は親切丁寧で好印象、というかむしろ丁寧過ぎるくらい。
 ・サポートセンターとアップルストアとの連携がとてもよく出来ていました。
 ・電話で説明した内容をストアで繰り返すことなく、手続きはとてもスムーズでした。

2012年8月19日 (日)

PIONEER F-120D 5号機

 ・2012年8月盆休み、市内のハードオフでジャンク品を買いました。
 ・F-120Dは発売当時(1985年頃)に新品で購入したことがあります。
 ・当時はF-120Dがパルスカウント検波搭載機だなんてよく知りませんでしたが、、
 ・でも音の良いチューナーとして耳に残る機種でした。

F120d04

 ・ヤフオクで2号機を入手したのが 2006年11月頃、以来たぶんこれで5台目です。
 ・将来の修理部品確保のため?と自分に言い聞かせて確保してきました。

■製品情報-------------------------------------------------------------

 ・1985年3月発行 PIONEER カタログ
 ・PIONEER F-120D 取扱説明書
 ・オーディオの足跡 F-120D 49,800円 1985年頃
 ・F-120/F-120D 比較記事 2009年1月31日
 ・F-120D 調整記事 ひろくんのホームページ

■実機確認---------------------------------------------------------------

 ・天板に大きな擦り傷が一本ありますが、あとは気になる傷はなさそうです。
 ・一番残念なのはサイドウッドが外されて無かったことでしょうか。
 ・F-120/F-120D共通の弱点であるメモリーボタン、どうやら修理済みのようです。
 ・アンテナ線を接続して動作確認しました。
 ・FM放送は受信感度が極端に弱い感じ、ZIP-FM(77.8MHz)しか受信しません。
 ・FM-Aichhi(80.7MHz)、NHK-FM(82.5MHz)はまったく受信できません。
 ・ミューティングレベル調整がズレているのか?
 ・一方でAM局は良好に受信できました。
 ・REC LEVELの信号音は聴こえました。

F120d00 F120d05 F120d06 F120d07 F120d08

■内部確認--------------------------------------------------------------

 ・ボディーを開けて内部を見ると、、電源部の電解コンデンサ2本が交換済み。
 ・フロントパネルのメモリーボタンもやはり修理済みでした。
 ・F-120Dは底面には点検口がありません。
 ・部品交換には基板を外して裏返す必要があります。面倒な作業を、よくぞ、、!

F120d09 F120d10 F120d11 F120d17 F120d18

■受信調整---------------------------------------------------------------

 ・調整方法はひろくん様のホームページをご覧ください。
 ・当初はミューティングレベル調整がズレている程度かと思いましたが、、
 ・ところが、、フロントエンド部が通常でないほどガタガタにズレていました。
 ・内部をテキトーに弄った先人がいたようです。
 ・調整の結果、受信感度が大幅に向上しました。
 ・MPX部の調整でセパレーションも大幅に改善しました。
 ・やはり F-120D は優秀機種と思います。

F120dspect

■タイマー連動機能があればなぁ、、、、、、、

 ・受信調整によって本来の性能(過去3台と同程度)を取り戻したと思います。
 ・とてもクリアな良い音で鳴っています。
 ・ブラックボディに赤色周波数表示、これがカッコ良いのです。

F120d03_2

 ・あとはタイマーON/OFFに連動したメモリー切替機能があればなぁ~、
 ・きっと F-120D は私のエアチェック専用機になっていたでしょう、、残念。

F120d12 F120d13 F120d14 F120d15 F120d16

 

2012年8月13日 (月)

Carly Simon / You're So Vain

 ・盆休み、インターネットラジオの70年代オールディーズ番組を流していたら、
 ・カーリー・サイモン 「うつろな愛」が流れてきました。
 ・中学生の頃、英和辞典で vain の意味を調べた記憶がよみがえりました。
 ・「無駄な、空虚な」 、、だから「うつろな愛」。1972年のヒット曲でした。
 ・意味不明な邦題が多い中、この邦題には妙に納得したことを覚えています。
 ・あの頃、洋楽の歌詞は教科書以上に興味をそそる英語教材でした。

 ・the total eclipse of the sun =皆既日食
 ・これもこの曲の歌詞で学んだ英単語です。
 ・金環食 annular eclipse 、部分日食 partial eclipse
 ・そういえば、どこかのカーステレオのブランド名が「イクリプス」でしたっけ、、

2012年8月11日 (土)

L-09C 2号機 / NTTdocomo

 ・2012年7月末、ハードオフで L-09C に遭遇しました。
 ・付属品(ACアダプタ、USBケーブル、取扱説明書)完備、しかも未開封。
 ・電池を外して確認させてもらったら「2012年6月製」の印字あり。
 ・おまけに2012年7月下旬の日付が記された保証書が入っていました。
 ・税込3,150円、使い道は後から考えるとして、取り敢えず買っちゃいました。

L09c201 L09c202_3

■マイクロSIMアダプター-----------------------------------------------

 ・IIJmio/高速モバイルD 契約した3枚のSIMカードのうち残っていたマイクロSIMを挿入。
 ・L-09C は標準サイズSIMなので以前アマゾンで買ったアダプターを使いました。
 ・SIMスロットの形状によってはアダプタが抜けなくなる心配もありますが、、
 ・L-09C のSIMスロットは内部が見える構造なので問題なく使えます。

L09c203 L09c204 L09c205 L09c206 L09c207

■本体設定------------------------------------------------------------

 ・192.168.2.1
 ・Admin、1234  → 速攻でパスワード変更
 ・ファームウェア Rev1.1 ※最新版でした

■モバイル環境を再構築せねば、、--------------------------------------

 ・2012年8月1日、Docomo Wifiルーター DWR-PG、2年契約満了で解約。
 ・2012年8月31日、WiMax IO-DATA / WMX-GWMR、1年契約満了で解約予約済み。

 ・IIJmio/高速モバイルD 標準SIM-1: L-09C 1号機 に入れて長女が利用中。
 ・IIJmio/高速モバイルD 標準SIM-2:初代XPERIA(SO-01B)に入れてEndmondo 活用中。
 ・IIJmio/高速モバイルD Micro-SIM:今回の L-09C 2号機に入れて利用予定。
 ・解約した DWR-PG は PWR-100F化してあるので海外出張時に活用中。

 ・スマホ本体は Xperia arc をまだ使用中、、
 ・Xperia GX/SX が気になる昨今ですが、Xi端末にすると月額利用料が高騰するし、、
 ・Android4.0にアップデートしたSC-02Cとか、FOMA契約できる中古スマホを探そうか、
 ・iPhone5も気になるし、、どうしたものか思案中、、

2012年8月 5日 (日)

SANSUI T-α77

 ・2012年6月初め、チューナー調整の依頼をいただきました。
 ・サンスイシステムコンポ「アルフ」シリーズのチューナーです。
 ・以下、作業記録。

Tua7700

■製品情報---------------------------------------------------

 ・SANSUI アルフシリーズ(1997年)
 ・プリメインアンプ A-α99 定価85,000円
 ・CDプレーヤー CD-α99 定価70,000円 
 ・チューナー T-α77 定価35,000円

 ・T-α77の詳細情報が見つかりません。
 ・T-α7と見比べるとボタン配置はほとんど同じようです。
 ・参考:オーディオの足跡 SANSUI T-α7 \35,000(1994年頃)

Tua7701 Tua7702 Tua7703 Tua7704 Tua7705

■動作確認---------------------------------------------------

 ・フロントパネル、ボタン類、ボディ、ほぼ無傷です。
 ・シャンパンゴールドの美しい光沢が高級感を誇示しています。
 ・電源コードの印字「1997」
 ・FM受信OK。周波数ズレなし、STEROランプ点灯。
 ・AMループアンテナで受信確認。
 ・AMステレオ対応機でした。
 ・電源オフ時は時計表示。その影響か、表示部が部分的に暗くなっている。
 ・3種類のプログラムタイマー機能。
 ・同シリーズのMDデッキを接続すると留守録が便利そう。
 ・アルファベットと数字で放送局名の登録可能。
 ・聴いた感じはFM/AMとも特に異常なし。

Tua7707 Tua7708 Tua7709 Tua7710 Tua7711

■内部確認---------------------------------------------------

 ・基板サイズはボディサイズの半分ほどしかありません。
 ・アンプやCDプレーヤーのサイズに合わせるとこうなるんですね。
 ・縦置きされたMITSUMI製の小さなフロントエンドパック。
 ・LA1832:FM/AM共用チューナーIC(MPX含)
 ・LC7218:PLL-IC
 ・MC13020P:AMステレオIC

Tua7712 Tua7713 Tua7714 Tua7715 Tua7716

■調整記録---------------------------------------------------

 ※FMフロントエンドは小さく縦置きなので手が付けられません。
 ※LA1832はMPX回路も含んだ無調整タイプ。
 ※FM関係はオートストップ以外に調整箇所ありません。
 ※AMは付属ループアンテナで受信感度調整しました。

【FMオートストップレベル調整】
 ・DVR1 オートサーチ時に放送局でストップするレベルの調整
【AM受信調整】
 ・付属ループアンテナセット
 ・LA1832-20pin → 電圧計セット(Sメーター)
 ・1332kHz(東海ラジオ)受信 → ETC1,ETC2 → 電圧最大
 ・729kHz(NHK第一)受信  → ET1,ET2 → 電圧最大

Tua7717 Tua7718 Tua7719 Tua7720 Tua7721

■使ってみて---------------------------------------------------

 ・シャンパンゴールドのフロントパネルは高級感があります。
 ・表示部に輝度ムラ(明暗)があるのがちょっと残念。
 ・特に高性能と言う訳ではなく、特に不満もなく、、という印象です。
 ・久々に聴くAMステレオが良い感じです。

■東海ラジオのステレオ放送が終了していた-----------------------

 ・名古屋地区の民放AM局は2局ともステレオ放送だったはず。
  ※CBCラジオ 1053kHz ※東海ラジオ 1332kHz
 ・CBCラジオを受信すると表示部に STEREO ランプが赤く点灯します。
 ・ところが東海ラジオを受信しても STEREO ランプが点灯しません。
 ・あれ??おかしいな~?

Tua7722

 ・チューナー側の不具合かと思って焦りましたが、、
 ・調べてみたら東海ラジオは2012年5月13日にステレオ放送を終了してました。
 ・東海ラジオ AMステレオ放送終了のお知らせ
 ・AM放送に興味無いので全然知らなかったです。
 ・東海ラジオとCBCラジオはほぼ同時期にAMステレオ放送を始めています。
 ・放送設備の更新タイミングが終了時期なら、CBCラジオももうすぐ終了か?

 【参考】→ Wiki AMステレオ放送

<以下、試行錯誤の記録>

Tua7723

■時計設定-----------------------------------------------------

 ・[CLOCK]ボタン
 ・曜日選択[UP] [DOWN]→ SU MO TU WE TH FR SA → 決定[ENTER/MEMORY]
 ・時選択 [UP] [DOWN] → 決定[ENTER/MEMORY]
 ・分選択 [UP] [DOWN] → 決定[ENTER/MEMORY]

■地域設定------------------------------------------------------

 ・[ENTER/MEMORY]長押し
 ・地域選択[UP] [DOWN] → 決定決定[ENTER/MEMORY]
 ・地域:東京TOKYO、札幌SAPOR、仙台SENDI、名古屋NAGYA、大阪OSAKA、広島HIRSM、福岡FUKOK、東北1TOHK1、東北2TOHK2、関東KANTO、甲信KOSIN、東海TOKAI、北陸HOKRK、近畿KINKI、中国CHUGK、四国SIKOK、九州1KYUS1、九州2KYUS2
 ・FM/AMを自動スキャンしてメモリ登録実行

■放送局名設定---------------------------------------------------

 ・[PRESET/TUNING]
 ・[CHARACTER]
 ・文字選択 [UP] [DOWN] → アルファベット、数字、記号
 ・決定[ENTER/MEMORY]

■留守録設定------------------------------------------------------

 ・[TIMER SET]
 ・プログラム選択 [ONCE]、[EVERY-1]、[EVERY-2]
 ・入力ソース選択 [UP] [DOWN] CD FM AM TAPE MD →決定[ENTER/MEMORY]
 ・再生・録音選択 PLAY REC →決定[ENTER/MEMORY]
 ・録音の場合媒体選択 REC TP、REC MD → 決定[ENTER/MEMORY]
 ・開始曜日時刻設定 →決定[ENTER/MEMORY]
 ・終了曜日時刻設定 →決定[ENTER/MEMORY]

 ※エアチェックする放送局は今聞いている局以外を選択できない。
 ※放送局を選択するにはリモコンのメモリ番号ボタンが必要らしい。

 

2012年8月 4日 (土)

E.YAZAWA / 東京

 ・今週もNHK-FMの三昧に三昧でしたが、、
 ・ロンドンオリンピック男子サッカーで興奮している間に番組は終了してました。
 ・エジプトに勝った瞬間を見られて幸せでしたが、、矢沢様、、申し訳ございません、、

 ・矢沢永吉&キャロルには思い出が多すぎて、、簡単には語り尽くせません、、
 ・でも、「どうしても一曲選べ、、」と言われたら、、私はこれ!
 ・1993年のアルバム「HEART」に収められている「東京」です。
 ・作詞:松井五郎、作曲:矢沢永吉
 ・今回の放送ではオンエアされなかったみたい? ちょっぴり残念です、、

Yazawatokyo01 Yazawatokyo02 Yazawatokyo03

 

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »