フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

チューナー関連リンク

« E.YAZAWA / 東京 | トップページ | L-09C 2号機 / NTTdocomo »

2012年8月 5日 (日)

SANSUI T-α77

 ・2012年6月初め、チューナー調整の依頼をいただきました。
 ・サンスイシステムコンポ「アルフ」シリーズのチューナーです。
 ・以下、作業記録。

Tua7700

■製品情報---------------------------------------------------

 ・SANSUI アルフシリーズ(1997年)
 ・プリメインアンプ A-α99 定価85,000円
 ・CDプレーヤー CD-α99 定価70,000円 
 ・チューナー T-α77 定価35,000円

 ・T-α77の詳細情報が見つかりません。
 ・T-α7と見比べるとボタン配置はほとんど同じようです。
 ・参考:オーディオの足跡 SANSUI T-α7 \35,000(1994年頃)

Tua7701 Tua7702 Tua7703 Tua7704 Tua7705

■動作確認---------------------------------------------------

 ・フロントパネル、ボタン類、ボディ、ほぼ無傷です。
 ・シャンパンゴールドの美しい光沢が高級感を誇示しています。
 ・電源コードの印字「1997」
 ・FM受信OK。周波数ズレなし、STEROランプ点灯。
 ・AMループアンテナで受信確認。
 ・AMステレオ対応機でした。
 ・電源オフ時は時計表示。その影響か、表示部が部分的に暗くなっている。
 ・3種類のプログラムタイマー機能。
 ・同シリーズのMDデッキを接続すると留守録が便利そう。
 ・アルファベットと数字で放送局名の登録可能。
 ・聴いた感じはFM/AMとも特に異常なし。

Tua7707 Tua7708 Tua7709 Tua7710 Tua7711

■内部確認---------------------------------------------------

 ・基板サイズはボディサイズの半分ほどしかありません。
 ・アンプやCDプレーヤーのサイズに合わせるとこうなるんですね。
 ・縦置きされたMITSUMI製の小さなフロントエンドパック。
 ・LA1832:FM/AM共用チューナーIC(MPX含)
 ・LC7218:PLL-IC
 ・MC13020P:AMステレオIC

Tua7712 Tua7713 Tua7714 Tua7715 Tua7716

■調整記録---------------------------------------------------

 ※FMフロントエンドは小さく縦置きなので手が付けられません。
 ※LA1832はMPX回路も含んだ無調整タイプ。
 ※FM関係はオートストップ以外に調整箇所ありません。
 ※AMは付属ループアンテナで受信感度調整しました。

【FMオートストップレベル調整】
 ・DVR1 オートサーチ時に放送局でストップするレベルの調整
【AM受信調整】
 ・付属ループアンテナセット
 ・LA1832-20pin → 電圧計セット(Sメーター)
 ・1332kHz(東海ラジオ)受信 → ETC1,ETC2 → 電圧最大
 ・729kHz(NHK第一)受信  → ET1,ET2 → 電圧最大

Tua7717 Tua7718 Tua7719 Tua7720 Tua7721

■使ってみて---------------------------------------------------

 ・シャンパンゴールドのフロントパネルは高級感があります。
 ・表示部に輝度ムラ(明暗)があるのがちょっと残念。
 ・特に高性能と言う訳ではなく、特に不満もなく、、という印象です。
 ・久々に聴くAMステレオが良い感じです。

■東海ラジオのステレオ放送が終了していた-----------------------

 ・名古屋地区の民放AM局は2局ともステレオ放送だったはず。
  ※CBCラジオ 1053kHz ※東海ラジオ 1332kHz
 ・CBCラジオを受信すると表示部に STEREO ランプが赤く点灯します。
 ・ところが東海ラジオを受信しても STEREO ランプが点灯しません。
 ・あれ??おかしいな~?

Tua7722

 ・チューナー側の不具合かと思って焦りましたが、、
 ・調べてみたら東海ラジオは2012年5月13日にステレオ放送を終了してました。
 ・東海ラジオ AMステレオ放送終了のお知らせ
 ・AM放送に興味無いので全然知らなかったです。
 ・東海ラジオとCBCラジオはほぼ同時期にAMステレオ放送を始めています。
 ・放送設備の更新タイミングが終了時期なら、CBCラジオももうすぐ終了か?

 【参考】→ Wiki AMステレオ放送

<以下、試行錯誤の記録>

Tua7723

■時計設定-----------------------------------------------------

 ・[CLOCK]ボタン
 ・曜日選択[UP] [DOWN]→ SU MO TU WE TH FR SA → 決定[ENTER/MEMORY]
 ・時選択 [UP] [DOWN] → 決定[ENTER/MEMORY]
 ・分選択 [UP] [DOWN] → 決定[ENTER/MEMORY]

■地域設定------------------------------------------------------

 ・[ENTER/MEMORY]長押し
 ・地域選択[UP] [DOWN] → 決定決定[ENTER/MEMORY]
 ・地域:東京TOKYO、札幌SAPOR、仙台SENDI、名古屋NAGYA、大阪OSAKA、広島HIRSM、福岡FUKOK、東北1TOHK1、東北2TOHK2、関東KANTO、甲信KOSIN、東海TOKAI、北陸HOKRK、近畿KINKI、中国CHUGK、四国SIKOK、九州1KYUS1、九州2KYUS2
 ・FM/AMを自動スキャンしてメモリ登録実行

■放送局名設定---------------------------------------------------

 ・[PRESET/TUNING]
 ・[CHARACTER]
 ・文字選択 [UP] [DOWN] → アルファベット、数字、記号
 ・決定[ENTER/MEMORY]

■留守録設定------------------------------------------------------

 ・[TIMER SET]
 ・プログラム選択 [ONCE]、[EVERY-1]、[EVERY-2]
 ・入力ソース選択 [UP] [DOWN] CD FM AM TAPE MD →決定[ENTER/MEMORY]
 ・再生・録音選択 PLAY REC →決定[ENTER/MEMORY]
 ・録音の場合媒体選択 REC TP、REC MD → 決定[ENTER/MEMORY]
 ・開始曜日時刻設定 →決定[ENTER/MEMORY]
 ・終了曜日時刻設定 →決定[ENTER/MEMORY]

 ※エアチェックする放送局は今聞いている局以外を選択できない。
 ※放送局を選択するにはリモコンのメモリ番号ボタンが必要らしい。

 

« E.YAZAWA / 東京 | トップページ | L-09C 2号機 / NTTdocomo »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140763/55358075

この記事へのトラックバック一覧です: SANSUI T-α77:

« E.YAZAWA / 東京 | トップページ | L-09C 2号機 / NTTdocomo »