フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

チューナー関連リンク

« Xperia AX SO-01E 2号機 | トップページ | Sylvie Vartan / Irresistiblement »

2013年1月27日 (日)

AKAI AT-M712

 ・2012年11月末、HOで525円のジャンク品を買いました。
 ・タイマー内蔵FM/AMチューナーで背面にアウトレットが4個並んでいます。
 ・フロントパネル、特に表示管周辺は A&D DA-F9000 にちょっと似た雰囲気?
 ・ひょっとしたらタイマー機能を生かした改造が出来るかも? 
 ・なんて考えて、、とりあえず確保してきました。

M71204

■製品情報------------------------------------------------------------

 ・1987年頃の AKAI製システムコンポの一部だったようですが詳細は不明。
  ・AM-M712 プリメインアンプ
  ・AP-M712 ターンテーブル
  ・CD-M712 CDプレーヤー
  ・EA-M712 グラフィックイコライザ
  ・GX-M712W Wカセットデッキ
 ・M719、M939など上位機種もありそうです。

■実機確認------------------------------------------------------------

 ・ボディ全体に擦り傷や打ち傷が多く美品でない。
 ・電源確認OK。タイマー表示OK。チューナー表示OK。
 ・FMアンテナを接続して地元FM局受信OK。ステレオランプ点灯。
 ・放送周波数より0.1MHzずらした周波数でも十分受信できる。
 ・名古屋でNHK岐阜放送局がしっかり受信できる → 受信能力は良さそう。
 ・NHK-FMの時報を聴くと音が濁る感じ、、要調整ですね。
 ・AM放送は付属ループアンテナで受信OK。

M712000 M71205 M71207 M71223 M71224

■内部確認------------------------------------------------------------

 ・電源コードに印字された文字は消えかけて判読不能(※たぶん 1986または1988)
 ・小さなフロントエンド、4連バリキャップ(※カバーが外せないので詳細未確認)
 ・IF部セラミックフィルタ FL102 FL103 を経て LA1266へ。
 ・LA1266:FM/AM Tuner System(※FMクアドラチュア検波)
 ・LA3410:PLL FM MPX
 ・LM7000:PLL Synthesizer
 ・D75104CW:4-bit Single-chip Microcomputer(※タイマーコントロールIC)
 ・底板は外せないので基板裏面未確認。

M71208 M71209 M71210 M71211 M71212

■調整記録------------------------------------------------------------

 【FM受信調整】
 ・フロントエンドパック内に小さなコイルが見えるがここはノータッチ。IFTコアのみ調整。
 ・TP1 GND
 ・TP2 VT電圧確認 76MHz→ 1.45V、90MHz→ 7.9V
 ・TP3 FM同調点
 ・TP4 FM同調点
 ・T104 FM同調点調整 TP3~TP4 電圧ゼロ
 ・T105 FM高調波歪調整 WaveSpectraで観察
 ・RV102 FM Sメーター最大振れ調整
 ・RV103 セパレーション調整
 ・FL106 19kHzパイロット信号キャンセル
 ・FL107 19kHzパイロット信号キャンセル

【AM受信調整】
 ・付属ループアンテナ使用
 ・T101 AM-NHK第一727kHz受信しながら調整
 ・CT101 AM-東海ラジオ1332kHz受信しながら調整
 ・T102,T103 AM-CBCラジオ1053kHz受信しながら調整
 ・RV101 AM Sメーター最大振れ調整

M71213 M71214 M71215 M71216 M71217

【基準周波数調整】
 ・TP6 周波数カウンタ接続
 ・CT106 2.095MHz(4.19MHz/2)※気休め程度

M71218 M71219 M71220 M71221 M71222

■時計セット方法------------------------------------------------------

 【時刻設定】
 ・[POWER ON]→緑LED点灯、OUTLET点灯
 ・[TIME ADJ]→赤M点灯
 ・[TUNING/TIME SET]押す
 ・[<DOWN/REV] [UP/FWD>]:長押しで1分単位、時間が繰り上がると1時単位早送り
 ・時報に合わせて[MEMORY]押す

 【タイマーセット】
 ・毎日繰り返し設定
 ・[EVERY DAY]
 ・オン時刻設定:[<DOWN/REV] [UP/FWD>]→[EVERY DAY]
 ・オフ時刻設定:[<DOWN/REV] [UP/FWD>]→[EVERY DAY]

 ・一度限り設定
 ・[ONCE]
 ・オン時刻設定:[<DOWN/REV] [UP/FWD>]→[ONCE]
 ・オフ時刻設定:[<DOWN/REV] [UP/FWD>]→[ONCE]

 ・[EVERY DAY]と[ONCE] 併用可能

 【スリープタイマー】1分~1時間59分
 ・[SLEEP]
 ・[<DOWN/REV] [UP/FWD>]1分単位で設定可能

M71206_2

 【気付き事項】
 ・時計は12時表示。
 ・曜日を指定したタイマー動作は出来ない。
 ・メモリーチャンネルも選べない。

■使ってみて----------------------------------------------------------

 ・FM同調点ズレ → 調整により歪感なく普通に聴けるようになりました。
 ・遠距離FM局をよく受信するが出てくる音は並みクラス。
 ・セパレーション実測45dB(1kHz)程度。

 ・ボディ内部にある広めの空きスペースが目に留まります。
 ・ここに他の機器を組み込むのも面白そう、、なんて考えましたが、
 ・でも肝心のタイマー機能がプア過ぎてちょっと残念でした。

M71231

 ・ちょうと定期点検をしていた A&D DA-F9000とツーショット。何となく似てるでしょ、、

M71232_2

« Xperia AX SO-01E 2号機 | トップページ | Sylvie Vartan / Irresistiblement »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

このFMフロントエンドはミツミ製で Panasonic ST-G560 に使われているのと同じと思います。金属カバーはハンダを除去しないと外せません。このチューナが不用になって廃棄する場合は一報ください。
http://nice.kaze.com/tuner2h.html

フロントエンド移植記事は拝見しましたが、同じ物とは気が付きませんでした。
写真を見比べてみると確かに形状は同じようですね。
AT-M712は利用予定もないので研究材料として提供します。

それと別件ですが、年末大掃除でHA11211が載った基板が出てきました。
同梱してお送りしておきます。

これのA&D版 DAーF830があってそれを買って行かれたのかと思って今日見てきました(笑)
フロント下に並んだボタンの形状が違うだけで機能的にも同じでしょう 少しだけ高級感が有るようにも見えます シャーシの形状からして間違いなく同じ!
多分KENWOODにも同じ仕様があるような気がしますね
最近こういう機体の組立製造メーカーを見るのも業界事情を知る楽しみのひとつになってます(笑)

情報ありがとうございます。
A&D DA-F830 で検索すると写真を掲載したページがありました。
外観は確かにそっくりですが、でも内部構造はかなり異なるようです。

面白そうですね。DA-F830、今度見かけたら確保してきます。
使い道もないのにすぐ欲しがる悪いクセです。

ありがたく頂戴します。ただし急ぎませんので、十分評価されてからでイイです。
「TP2 VT電圧確認 76MHz→ 1.45V、90MHz→ 7.9V」とのことですが、高いほうがちょっと低いと思います。12V系フロントエンドなので、10V前後が適正値と思われます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140763/56639207

この記事へのトラックバック一覧です: AKAI AT-M712:

« Xperia AX SO-01E 2号機 | トップページ | Sylvie Vartan / Irresistiblement »