フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

チューナー関連リンク

« A&D コンポーネント総合カタログ 1987-1988 | トップページ | SONY STR-6060 »

2013年3月 2日 (土)

DENON TU-850

 ・2013年2月中旬、友人から素敵なプレゼントが届きました。
 ・回転ドラム式のスケールダイヤルが特徴的な FM専用機です。
 ・指針が左右に移動する直線型ダイヤルスケールとは趣きが随分異なります。
 ・大型レベルメーターを持つフロントパネルも独特な雰囲気を醸し出しています。

Tu85039

■製品情報------------------------------------------------------------

 ・オーディオ懐古録 DENON TU-850 ¥70,000(1977年)
 ・オーディオの足跡 DENON TU-850 ¥70,000(1977年)

Tu85031 Tu85041 Tu85032 Tu85033 Tu85038

■DENON製ドラム式スケールダイヤル機-----------------------------------

 ・DENON TU-500 ¥89,800(1974年)FM専用
 ・DENON TU-355 ¥75,000(1977年)FM専用
 ・DENON TU-701 ¥64,500(1977年)FM専用
 ・DENON TU-501 ¥49,800(1977年)FM/AM
 ・DENON TU-451 ¥39,800(1977年)FM/AM

■動作確認------------------------------------------------------------

 ・持ち上げるとズッシリ重く、奥行きはレコードプレーヤー並み、まさに巨艦サイズ。
 ・天板、側板、フロントパネルに小さな打ち傷が数か所あり。
 ・フロントパネル中央下部 METER SELECTOR つまみ下の塗装はげが残念。
 ・底板に広範囲なサビ発生。底板を固定するネジ頭もサビている。
 ・背面端子もすべてサビサビ。電源コードの印字は1977。

Tu85001 Tu85002 Tu85019 Tu85042 Tu85043

 ・電源投入OK。照明ランプ点灯。FM受信OK。周波数ズレはほとんどない。
 ・Tメーター、Sメーター動作OK。WIDE/NARROW切替ランプ点灯。
 ・テストトーンOK。ステレオランプ点灯。実際にステレオ感あり。
 ・小傷と塗装はげ以外は特に問題なさそうな状態でした。
 ・分解清掃とサビ落としで外観の美しさは復活しました。

Tu85040 Tu85034 Tu85035 Tu85036 Tu85037

【METER SELECTOR】大型メーター機能切替
 ・signal & multipath → 左(FMマルチパス)、右(FMシグナルメーター)
 ・level → レベルメーター
 ・power out → 外部アンプ

■調整記録------------------------------------------------------------

 ・FM専用5連バリコン+広帯域レシオ検波
 ・Wide系CF2個、Narrow系CF5個
 ・HA1137 :ミューティングとメーター制御用
 ・HA11223:復調用IC

Tu85022 Tu85023 Tu85024 Tu85025 Tu85026

【フロントエンド】
 ・LO/TC0
 ・LA、LR1、LR2、LR3/TCA、TCR1、TCR2、TCR3
 ・IFT

Tu85046 Tu85016 Tu85003 Tu85004 Tu85006

【IF部】
 VR1:WIDE/NARROWレベル調整
 VR2:ミューティングレベル調整
 VR3:メータ調整? METER SELECTOR=level、100%変調60dBu→メーター0db
 T2:HA1137クアドラチュア検波調整
 T3:レシオ検波調整

Tu85007 Tu85008 Tu85009 Tu85010 Tu85045

【MPX部】
 VR1:VCO微調整?
 VR2:Pilotキャンセル
 VR3:METER SELECTER=level LEVELメーター(L)調整
 VR4:METER SELECTER=level LEVELメーター(R)調整
 VR5:?メータ調整
 VR6:?メータ調整
 VR7:Rec Leve調整l 400kHz、LEVELメーター→-6dB
 VR8:VCO調整/TP1-76kHz
 VR9:セパレーション調整 セパレーション微調整?
 VR11:?メータ調整 WIDE側セパレーション調整
 VR12:?メータ調整 NARROW側セパレーション調整
 TP1:VCO 76kHz確認用
 TP2:HA11223-8ピン STEREOランプ点灯確認
 TP3:GND
 ※VUメーター用と思われるVR5,VR6,VR11,VR12の調整方法がよく分かりません?

Tu85011 Tu85013 Tu85014 Tu85015 Tu85017

■iPad用アプリ:Goodnote ---------------------------------------------

 ・Goodnote は写真やPDFに手書きメモを書き込める便利なアプリです。
 ・基板裏面(配線面)の写真を撮り、編集ソフトで左右反転。
 ・その写真をDropbox経由でiPadへ。
 ・基板表面(部品実装面)と見比べながらタッチペンで書き込む。

Tu850mpx2

 ・写真を左右反転しておくことがポイント。
 ・回路図が入手できないときはこんな作業をしながら楽しんでます。

Tu85019_2 Tu85020 Tu850if Tu850mpx Tu85048

■使ってみて----------------------------------------------------------

 ・フロントエンド部の調整によって受信感度が大幅にアップしました。
 ・セパレーションは50dBほど確保できます。
 ・巨艦サイズ、特徴的なフロントマスク、存在感ある大型レベルメーター等々。
 ・落ち着いた雰囲気、昭和を感じさせる重量級逸品です。

 ・私が感じるバリコン機の魅力は「選局動作のワクワク感」と「美しい照明」の二点です。
 ・照明を少し落とした薄暗い部屋でぼんやりFM放送を聴く時間を楽しんでいます。
 ・その意味で TU-850 は、、
 ・回転ドラム式スケールに不慣れなせいかもしれませんが、、
 ・選局動作をするとき、チューニングつまみを意図する方向と逆に回してしまいます。
 ・私の指先は「針が動く」という感覚が染みついているようです。

Tu85047

■追記:2013年3月10日--------------------------------------------

 ・TICでTU-850の回路図(MPX部のみ、解像度粗)を入手。
 ・さらに知人のM氏よりアドバイスをいただき調整箇所VRを再点検しました。
 ・VR調整箇所の記述を修正しました。

« A&D コンポーネント総合カタログ 1987-1988 | トップページ | SONY STR-6060 »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140763/56872756

この記事へのトラックバック一覧です: DENON TU-850:

« A&D コンポーネント総合カタログ 1987-1988 | トップページ | SONY STR-6060 »