フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

チューナー関連リンク

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月の記事

2013年4月28日 (日)

KENWOOD KT-7020

 ・2013年2月末、FM/AM/TVチューナー KT-7020 のジャンク品を買いました。
 ・実機を見たのは初めてですが「中身は KT-V990と同じ、、」と頭に入っていました。
 ・TV受信部は使い道ありませんが FM/AMチューナーとして充分使えます。
 ・「FMの受信周波数が0.1MHzずれている。メモリーボタンの反応が鈍い。」
 ・プライスカードに親切なメモが書かれて税込1,050円でした。

Kt702006

■製品情報-------------------------------------------------------------

 ・ひろくんのホームページ KENWOOD KT-7020
 ・取扱説明書や当時のカタログも上記サイトにあります。
 ・1989年発売、当時の定価50,000円。
 ・オーディオの足跡には情報ありませんね。

■実機確認-------------------------------------------------------------

 ・全体に目立つ傷はなく外観の状態は良いです。
 ・TV受信は確認できませんが、FM/AMはとりあえず受信できました。
 ・問題点はプライスカードに記載があるとおりでした。
 ・FM受信時に0.1MHz低い周波数で受信する。
 ・シグナル強度表示としてレベルバーが表示されますが、その挙動がおかしい?
 ・ステレオランプが点灯しない。実際にステレオ感がない。
 ・1~0まで10個のメモリーボタンの反応が鈍い。

Kt702001 Kt702003 Kt702004 Kt702005 Kt702007

■調整記録-------------------------------------------------------------

 ・調整方法はひろくんのホームページを参考にさせていただきました。
 ・「フロントエンド調整時 → 検波基板 CN3 の 4pin 電圧」
  ※→検波基板を前から見て左から4本目の電圧を測定する。

Skitch
 ・コアや半固定抵抗があちこちガタガタにズレていました。
 ・たぶん内部を弄った先人がいましたね、、、
 ・再調整で本来の性能に近い実力を取り戻したと思います。
 ・VCO調整でステレオランプが点灯するようになりました。
 ・特にDCC調整では高調波歪が低減する様子がWaveSpectraで確認できます。

Kt702011 Kt702012 Kt702013 Kt702014 Kt702015
Kt702016 Kt702017 Kt702018 Kt702019 Kt702020
Kt702021 Kt702022 Kt702023 Kt702024

■試聴-----------------------------------------------------------------

 ・調整作業をしていた4月初め、聴き慣れない77.3MHzの試験放送を受信しました。
 ・コールサイン:JOZZ6BC-FM、エフエムななみ、77.3MHz、愛知県蟹江から、、
 ・調べてみると2013年4月13日新しいコミュニティFMが開局するようです。
 ・アンテナ方向が逆、しかも出力20WのコミュニティFMがクリアに受信できます。
 ・当時の定価50,000円の中級機ですが素性はかなり良さそうです。

2013年4月21日 (日)

The Fifth Dimension / Up, Up and Away

 ・仕事先へ移動中のクルマで聴いたFMから流れてきました。
 ・中学校の英語の授業でこの曲の歌詞を訳した覚えがあります。
 ・洋楽を教材にするステキな先生でした。懐かしい、、
 ・♪ Would you like to ride in my beautiful balloon ♪
 ・♪ 僕のステキな気球に乗らないかい ♪

2013年4月16日 (火)

The Partridge Family / I Think I Love You

 ・留守録した2013年4月14日放送のサンソンを今日聴きました。
 ・番組で TAKE THIS HEART / DAVID CASSIDY が流れてきました。
 ・デヴィッド キャシディから懐かしいパートリッジ・ファミリーを思い出しました。
 ・I Think I Love You 邦題「悲しき初恋」
 ・たしか中学生の頃(1970年頃?)だったと思います。

■Season 1 Episode 1
 ・そうそう、マネージャーは「キンケードさん」でした。

 ・The Premier Fan-Based Partridge Web Site

 

2013年4月13日 (土)

SONY VAIO Duo11

 ・2013年4月初め、必要に迫られてWin8タブレット型PCを買いました。
 ・あれこれ調べてLets note AX2 と迷った末 Duo11のフルHD対応が決め手でした。
 ・価格コムの最安ショップホームページを見たところ、店内にさらに安い新古品を発見。
 ・保証書の日付が記入済み(3月末)なだけの未開封新品でした。
 ・仕事の道具なので安ければOK、、という経緯で良い買い物が出来ました。

Vaioduo1110

■製品情報------------------------------------------------------------

 ・型番SVD11229CJB、2013年春モデル
 →ソニー製品情報サイト
 ・以下、自分自身の備忘録

Vaioduo1115 Vaioduo1114 Vaioduo1111 Vaioduo1112 Vaioduo1113

【本体】
 ・OS:Windows 8 64ビット
 ・CPU:インテル Core i5-3337U プロセッサー (1.80GHz)
 ・ディスプレイ:TFT 11.6型ワイド(16:9)
 ・解像度:1920×1080ドット(Full HD 1080)
 ・メモリー:4GB(2GB×2)/最大4GB
 ・SSD:約128GB
 ・通信:IEEE 802.11b/g/n準拠、WiMAX、Bluetooth4.0、NFC、
 ・フロント/リアカメラ:CMOS センサー搭載 Full HDカメラ (207万画素) 
 ・サイズ:幅319.9mm×高さ17.8mm×奥行199mm、質量:約1.305kg
【付属ソフトで嬉しかったもの。。】
 ・Microsoft Office Home&Business 2013 (Word,Excel,PowerPoint,OneNote)
 ・Adobe Photoshop Elements 11

■持ち運び用ソフトケース----------------------------------------------

 ・ELECOM ZEROSHOCK UltraBook 11.6インチ ブラック ZSB-IBUB03BK
 ・Duo11にピッタリサイズ、特に厚みがジャストフィットで持ち運び時に安心です。

Zeroshock01 Zeroshock02 Zeroshock03 Zeroshock04 Zeroshock05

 ・このケースに11インチのMacBook Airを入れてみたら、、Airが薄すぎでした。

Zeroshock10 Zeroshock06 Zeroshock07 Zeroshock08 Vaioduo1116

■付属タッチペン(スタイラス)----------------------------------------

 ・デジタイザースタイラス VGP-STD1
 ・単6形 (LR8D425) アルカリ乾電池 1本で約18ヶ月使用可能。
 ・11.6インチにフルHD表示ですから指タッチ操作はチョイきびしい。
 ・このペンは必需品ですが、電池寿命の前に紛失しそう、、
 ・予備を買っておきましょうか、、

Vaioduo1102 Vaioduo1106_2 Vaioduo1103 Vaioduo1104 Vaioduo1105

■Windows8を勉強中----------------------------------------------------

 ・電源オンからの起動は同じSSD128GBのMacBookAirより早い感じです。
 ・タイルが並ぶModernモードの操作方法を勉強中。
 ・Win8にちょっと戸惑っていますが、、まあ慣れの問題ですね。
 ・PowerPoint2013+タッチパネルで快適なプレゼンができそうな予感です。

Vaioduo1117

2013年4月 6日 (土)

Evernote プレミアムパック3年版

 ・2013年3月末、エバーノートのプレミアムパック3年版を買いました。
 ・価格コムの最安ショップで 7,172円でした。
 ・パッケージに入ったソースネクストの製品版です。
 ・7,172円/3年 →2,390円/年 →199円/月(通常なら4,000円/年、450円/月)

Ever02 Ever04 Ever03

■ライセンス登録する方法-------------------------------------------

 ・ブラウザから http://go.evernote.com/sourcenext にアクセス。
 ・パッケージに入っている「プレミアムコード」を入力。
 ・サインイン。

Evernote3years1 Evernote3years2 Evernote3years3

■備忘録-------------------------------------------------------------

 ・同梱の印刷物を見ると「プレミアムコード」よりも「製品シリアル番号」の方が目立っている。
 ・登録に必要なのは写真右側の緑色の紙に記された「プレミアムコード」
 ・登録作業でプレミアムコードを入力するとき間違えますね。
Ever01
 ・今は仕事でもプライベートでもエバーノートが手放せません。
 ・でも、、3年先の世界ではどうなっているでしょう?

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »