フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

チューナー関連リンク

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月の記事

2013年5月25日 (土)

YAMAHA CT-1000

 ・2013年5月中旬、仕事帰りに立ち寄ったHOでジャンク品を購入しました。
 ・外観はCT-800とほとんど同じ、、でもMPX部がIC化されている、
 ・本体サイズが大型なのは同時期のアンプCA-2000などに合わせたから、
 ・実機を見るのは初めてですが製品情報はだいたい頭に入っていました。
 ・値札のメモ書き「FMはステレオランプが点灯しない、AMは感度が悪い、、」
 ・ジャンク品としてはちょっと高め、でも発売当時に憧れていた機種なので確保。

Ct100006

■製品情報--------------------------------------------

 ・オーディオ回顧録 1976年 59,000円
 ・オーディオの足跡 1978年頃 59,000円
 ・Tuner Information Center YAMAHA CT-1010 1977 $385
   →調整要領などサービスマニュアルの一部が入手できます。
 ・hifiengine YAMAHA CT-1010
  →無料のユーザー登録すれば取扱説明書とカタログがダウンロードできます。
  →取扱説明書にはブロック図と回路図が掲載されていました。

■動作確認----------------------------------------------

 ・フロントパネルはほぼ無傷。ヤニ汚れもなさそう。
 ・木製ケースは右側面に擦り傷2本。でも全体にはかなりきれいな状態。
 ・電源OK。FM受信OK。約0.3MHzの周波数ずれ。
 ・Sメーター最大位置とTメーター中央がずれる。ステレオランプが点灯しない。
 ・AMは感度が悪い→→でも実際はそんなことはなくイイ音で受信できる。
 ・FM部の再調整だけで復活しそうです。

Ct100001 Ct100002 Ct100003 Ct100007 Ct100008

■CT-800と比較-------------------------------------------

 ・CT-1000の本体サイズはCT-800よりも一回り大型です。
 ・でもCT-1000の内部を見ると、、スッカスカという印象です。
 ・同時期のアンプCA-2000とペアを組むためこのサイズにするしかなかった。
 ・MPX部がIC化されて基板がコンパクトになった。
 ・CT-1000 FM5連AM3連バリコン、CT-800 FM4連AM3連バリコン

Ct06

 ・MUTING切替がCT-800は可変VRに対してCT-1000では3段階の切り替え式。
 ・CT-1000ではHIGH FILTER 8kHz/4kHzスイッチが追加。
 ・HIGH BLENDとは違って聴感上は高音域が減衰するようです。

Ct01 Ct02 Ct03 Ct04 Ct05

■調整記録------------------------------------------------

Ct1000alignment2

Ct1000alignment_2

【輸出機 CT-1010 調整ポイント】FM5連、AM2連バリコン
 ・FM SECTION
 ・L1,L2:Antenna Coil Core
 ・L3,L4:RF Coil Core
 ・L5:OSC Coil Core
 ・L6:IF Coil Core
 ・TC1,TC2:Antenna Trimmer
 ・TC3,TC4:RF Trimmer

 ・VR201:Phase Distortion Compensate
 ・VR202:Separation Adjusting
 ・VR203:VCO Free Run Frequency Adjusting
 ・VR204:Output Level Adjusting
 ・VR206:Signal Strength Meter Sensitivity
 ・VR207:Pilot Signal Erase Level Adjusting
 ・VR208:REC.CAL. Signal Level Adjusting

 ・T201:Phase Distortion Compensate
 ・T202:Discriminator Coil
 ・T203:19kHz Resonant Coil

 ・AM SECTION
 ・TCA:High End Sensitivity
 ・TCO:Local Oscillating Frequency Adjusting
 ・T204:OSC Coil Core
 ・CF204:Low End Sensitivity

Yamaha_ct1010_bd

【国内機 CT-1000 確認】FM5連、AM3連バリコン
 ・MPX-IC LA3350
 ・フロントエンドOSC調整はコイルによる一点調整。83MHにて調整。
 ・T201レシオ検波コアは上部と下部に分かれている。
  ・T201上部コア 同調点調整
  ・T201下部コア 高調波歪み調整
 ・VR202セパレーション調整前にVR204で左右の出力レベルを同じにする。
 ・VCO調整でステレオランプ点灯しました。
 ・AM3連バリコン(CT-1010は2連)

Ct100011 Ct100012 Ct100013 Ct100014 Ct100015
Ct100016 Ct100017 Ct100018 Ct100019 Ct100020
Ct100021 Ct100022 Ct100023 Ct100024 Ct100025

■OTS (Optimum Tuning System)の動作------------------

 ・OTS(Optimum Tuning System)とは AFCのON/OFFをLEDで表示する機能です。
 ・チューニングノブにタッチセンサーが組み込まれています。
  →離調時はOTS/STATIONランプ(LED)消灯。
  →選局中に局と同調するとOTS/STATIONランプ(LED)が薄く点灯。
  →手を離すと OTS/STATIONランプ(LED)が明るく点灯。

Ct100004

■試聴-----------------------------------------------

 ・FM/AMとも不満なく受信出来ます。
 ・派手な照明はなく、指針部分のみが電球色に光るだけ。
 ・ちょっと物足りないけど、これがヤマハのシンプルデザインですね。
 ・白木のボディがいい雰囲気ですが、ちょっと大き過ぎるのが難点。

Ct100030

2013年5月19日 (日)

Buffalo LS-WV2.0TL/R1 HDD交換記録

 ・2013年5月GW明け、RAIDを組んでいたNASが故障。
 ・INFO/ERRORランプが赤く長3回点滅していました。
 ・点滅の意味を調べてみたら、、、
 →Baffalo マニュアルサイト:ランプ表示の意味
 ・「E30:ハードディスクが故障しています。」
 ・「E30:下部のツメが赤色に点灯しているハードディスクを交換してください。」
 ・ハードディスク交換の備忘録です。

Buffalo01 Buffalo02 Buffalo03 Buffalo04 Buffalo14

■交換用HDD購入-------------------------------------------------------
 ・Seagate ST1000DM003
 ・アマゾンで評判の良さそうな1TBドライブを2台購入
 ・容量:1TB
 ・キャッシュ:64MB
 ・回転数:7200rpm
 ・インターフェース:SATA 6Gbps

Buffalo05 Buffalo06 Buffalo12 Buffalo11

■新旧比較------------------------------------------------------------
 ・旧 Seagate ST31000528AS
 ・新 Seagate ST1000DM003 ※プラッタ1枚なので薄い!

Buffalo07 Buffalo08 Buffalo09

■ハードディスク交換--------------------------------------------------
 ・ハードディスク交換手順
 ・NASの電源をOFFにしケーブル類を外す。
 ・赤ランプが点灯している故障HDDを外す。
 ・新しいHDDをセットして電源オン。
 ・RAID1の再構築作業

Buf01_2 Buf02_2 Buf03 Buf04 Buf05 Buf06

 ・HDD交換後、INFO/ERRORランプは橙色で長1短8で点滅を始めました。
 ・「I18:RAIDアレイを再構成中です。※再構成中は転送速度が低下します。」
 ・再構築には約4時間かかりました。

■ついでにもう一台も交換----------------------------------------------
 ・Buffalo LS-WV2.0TL/R1 購入時の記録
 ・早いもので新規購入からもうすぐ2年。
 ・一方のHDDが故障したという事は残る一台も時間の問題、、
 ・と考えて2台目も交換しました。
 ・体感速度は早くなったような気がします。満足満足。

2013年5月 5日 (日)

SONY ST-5150D 2号機

 ・2013年4月初め、仕事の帰り道に立ち寄った三重県のHOで買いました。
 ・ジャンクコーナーに縦置きされた税込840円の中古品です。
 ・プライスカードには「AMは受信できます」とだけ書かれていました。
 ・FMはどうなの??と好奇心が湧いて、、つい、、
 ・もし修理できなくても電球などが部品取りできる、と言い聞かせて確保。
 ・先代のST-5150は多分5~6台解体していますが、ST-5150Dはこれで2台目です。

Sony_st51550d00

■製品情報------------------------------------------------------------

 ・オーディオの足跡 ST-5150D ¥49,800円 1975年頃
  →ST-5150D 回路図
 ・オーディオの足跡 ST-5150 ¥39,800円 1973年頃
  →ST-5150 回路図

<ST-5150 → ST-5150D 変更点>
 ・フロントパネルにMULTIPATHスイッチ追加
 ・MULTIPATHスイッチをONにするとSIGNALメーターがMULTIPATHメーターとして機能
 ・背面に FM DISCRI OUTPUT 端子追加

Sony_st51550d01 Sony_st51550d02 Sony_st51550d03 Sony_st51550d04 Sony_st51550d09

■動作確認------------------------------------------------------------

 ・フロントパネルはほぼ無傷、天板に目立つひっかき傷が数本。
 ・周波数窓の内側にゴミやホコリが堆積しています。
 ・FMは不調かと思ったら、、ステレオランプ点灯して問題なく受信できました。
 ・多少の周波数ズレ、SメーターMAXでTメーターがセンターから左にズレ。
 ・電源コードには 1974 の印字あり。

■分解清掃------------------------------------------------------------

 ・フロントパネル裏側に「49.4.4」と印字されていました。
 ・「昭和49年4月4日」と読めば電源コードの印字「1974」と合致します。
 ・周波数窓裏側に堆積していたホコリを清掃してガラス磨き。

Sony_st51550d21 Sony_st51550d22 Sony_st51550d23 Sony_st51550d24 Sony_st51550d25

■再調整--------------------------------------------------------------

 ・FM OSC調整:CT104、L104
 ・FMトラッキング調整:CT101,102,103、L101,L102,L103
 ・FMレシオ検波調整:T201
 ・FMセパレーション調整:RT401
 ・FM Sメーター調整:RT202
 ・ミューティング調整:RT201
 ・AM 調整:バーアンテナ、CT301、CT302、T301、CFT301
 ・AM Sメーター調整:RT301

Skitch2 Skitch1
Sony_st51550d10 Sony_st51550d14 Sony_st51550d11 Sony_st51550d12 Sony_st51550d13

■ICブロック図---------------------------------------------------------

 ・IC201:SONY CX-0412 (FM IF Amp)
 ・IC301:SONY CX-0451 (AM System)
 ・IC401:SONY CX-0431 (FM MPX)
 ・同じICが搭載された STR-7055 サービスマニュアルからブロック図を抜粋しました。
 ・STR-7055用なのでIC番号や周辺の部品番号が異なってます。

Sony_cx0412 Sony_cx0451 Sony_cx0431
Sony_st51550d15 Sony_st51550d20 Sony_st51550d16 Sony_st51550d17 Sony_st51550d18

■試聴----------------------------------------------------------------

 ・1974年(昭和49年)といえば約40年前、高校生だった頃。
 ・特段に高音質とは言いませんが、とりあえず不満なくFM/AMを受信します。
 ・部品交換なしに無事に動作していることを褒めてあげたいです。
 ・緑色に浮かび上がる周波数スケール窓がステキな雰囲気を演出してくれます。
 ・この時期のソニーデザインはイイですね。

Sony_st51550d07

2013年5月 3日 (金)

TOSHIBA SDHC EXCERIA 32GB Class10 TYPE HD UHS-I

 ・2013年4月下旬、アマゾンで32GBのSDHCカードを買いました。
 ・東芝 SDHC EXCERIA 32GB Class10 TYPE HD UHS-I R90 海外パッケージ品
 ・税込2720円、送料無料。安いですね、、同等品を店頭で買うと軽く倍以上します。

Sd3200

■製品情報---------------------------------------------------------
 ・東芝 Pocket Mediaサイト
 ・東芝 新世代SDHC/SDXC UHS-I カードのご紹介

Sd3201 Sd3202 Sd3203 Sd3204 Sd3205

■SONY VAIO Duo11 で使う-------------------------------------------
 ・デジカメ連写用ではなくVAIO Duo11のリムーバブルディスク代わりに使う目的です。
 ・VAIO Duo11 のカードスロットはメモリースティックとSDカードの共用スロットです。
 ・SDとしては SDHC、SDXC対応、UHS (SDR50) 対応、著作権保護機能 (CPRM) 対応。
 ・VAIO側の UHS (SDR50) 対応に期待してお試し購入してみました。

Sd3208 Sd3209

 ※VAIO Duo11 SDカードスロットに関する注意書き
注27 : UHSモード対応などお使いのSDメモリーカードによっては読み書きを連続して行うとメモリーカードが非常に熱くなるものがあります。 メモリーカードへのファイルの読み出しや書き込みを連続して行った場合は、すぐに取り出さず、しばらくたってから取り出すようにしてください。
注28 : お使いのVAIOでは、2012 年 5 月時点で一般の販売店で購入できる2 GバイトまでのSDメモリーカード、32 GバイトまでのSDHCメモリーカード、および64 GバイトまでのSDXCメモリーカードでのみ動作確認を行っています。 ただし、すべてのSDメモリーカード、SDHCメモリーカード、およびSDXCメモリーカードでの動作を保証するものではありません。

■ベンチマーク------------------------------------------------------
 ・読み込み速度は本来のカード性能の半分程度でした。
 ・それでも写真を満載したpptファイルをストレス無く読み書きできます。
 ・かなり満足です。

-----------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 3.0.2 x64 (C) 2007-2013 hiyohiyo
                           Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
-----------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 byte/s [SATA/300 = 300,000,000 byte/s]

           Sequential Read :    42.682 MB/s
          Sequential Write :    33.386 MB/s
         Random Read 512KB :    40.317 MB/s
        Random Write 512KB :     2.912 MB/s
    Random Read 4KB (QD=1) :     7.344 MB/s [  1793.0 IOPS]
   Random Write 4KB (QD=1) :     0.164 MB/s [    39.9 IOPS]
   Random Read 4KB (QD=32) :     7.858 MB/s [  1918.4 IOPS]
  Random Write 4KB (QD=32) :     0.176 MB/s [    43.0 IOPS]

  Test : 1000 MB [D: 0.0% (0.0/29.7 GB)] (x5)
  Date : 2013/04/29 18:03:08
    OS : Windows 8  [6.2 Build 9200] (x64)

■比較テスト 8GB microSD class10--------------------------------------
 ・ホームセンターで598円で買った 8GB micriSD class10をアダプタにセット。
 ・VaioDuo11で同じ条件で測定してみました。
 ・読み込み速度はほぼ同じ、でも書き込み速度が明らかに遅いです。
 ・実際のファイル保存で速度の遅さがリアルに体感できました。

Sd801 Sd802 Sd803 Sd804
-----------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 3.0.2 x64 (C) 2007-2013 hiyohiyo
                           Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
-----------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 byte/s [SATA/300 = 300,000,000 byte/s]

           Sequential Read :    40.633 MB/s
          Sequential Write :    13.042 MB/s
         Random Read 512KB :    39.247 MB/s
        Random Write 512KB :     1.183 MB/s
    Random Read 4KB (QD=1) :     5.903 MB/s [  1441.2 IOPS]
   Random Write 4KB (QD=1) :     0.030 MB/s [     7.3 IOPS]
   Random Read 4KB (QD=32) :     5.623 MB/s [  1372.7 IOPS]
  Random Write 4KB (QD=32) :     0.027 MB/s [     6.6 IOPS]

  Test : 1000 MB [D: 0.0% (0.0/7592.0 MB)] (x5)
  Date : 2013/05/01 18:06:10
    OS : Windows 8  [6.2 Build 9200] (x64)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »