フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

チューナー関連リンク

« TOSHIBA SDHC EXCERIA 32GB Class10 TYPE HD UHS-I | トップページ | Buffalo LS-WV2.0TL/R1 HDD交換記録 »

2013年5月 5日 (日)

SONY ST-5150D 2号機

 ・2013年4月初め、仕事の帰り道に立ち寄った三重県のHOで買いました。
 ・ジャンクコーナーに縦置きされた税込840円の中古品です。
 ・プライスカードには「AMは受信できます」とだけ書かれていました。
 ・FMはどうなの??と好奇心が湧いて、、つい、、
 ・もし修理できなくても電球などが部品取りできる、と言い聞かせて確保。
 ・先代のST-5150は多分5~6台解体していますが、ST-5150Dはこれで2台目です。

Sony_st51550d00

■製品情報------------------------------------------------------------

 ・オーディオの足跡 ST-5150D ¥49,800円 1975年頃
  →ST-5150D 回路図
 ・オーディオの足跡 ST-5150 ¥39,800円 1973年頃
  →ST-5150 回路図

<ST-5150 → ST-5150D 変更点>
 ・フロントパネルにMULTIPATHスイッチ追加
 ・MULTIPATHスイッチをONにするとSIGNALメーターがMULTIPATHメーターとして機能
 ・背面に FM DISCRI OUTPUT 端子追加

Sony_st51550d01 Sony_st51550d02 Sony_st51550d03 Sony_st51550d04 Sony_st51550d09

■動作確認------------------------------------------------------------

 ・フロントパネルはほぼ無傷、天板に目立つひっかき傷が数本。
 ・周波数窓の内側にゴミやホコリが堆積しています。
 ・FMは不調かと思ったら、、ステレオランプ点灯して問題なく受信できました。
 ・多少の周波数ズレ、SメーターMAXでTメーターがセンターから左にズレ。
 ・電源コードには 1974 の印字あり。

■分解清掃------------------------------------------------------------

 ・フロントパネル裏側に「49.4.4」と印字されていました。
 ・「昭和49年4月4日」と読めば電源コードの印字「1974」と合致します。
 ・周波数窓裏側に堆積していたホコリを清掃してガラス磨き。

Sony_st51550d21 Sony_st51550d22 Sony_st51550d23 Sony_st51550d24 Sony_st51550d25

■再調整--------------------------------------------------------------

 ・FM OSC調整:CT104、L104
 ・FMトラッキング調整:CT101,102,103、L101,L102,L103
 ・FMレシオ検波調整:T201
 ・FMセパレーション調整:RT401
 ・FM Sメーター調整:RT202
 ・ミューティング調整:RT201
 ・AM 調整:バーアンテナ、CT301、CT302、T301、CFT301
 ・AM Sメーター調整:RT301

Skitch2 Skitch1
Sony_st51550d10 Sony_st51550d14 Sony_st51550d11 Sony_st51550d12 Sony_st51550d13

■ICブロック図---------------------------------------------------------

 ・IC201:SONY CX-0412 (FM IF Amp)
 ・IC301:SONY CX-0451 (AM System)
 ・IC401:SONY CX-0431 (FM MPX)
 ・同じICが搭載された STR-7055 サービスマニュアルからブロック図を抜粋しました。
 ・STR-7055用なのでIC番号や周辺の部品番号が異なってます。

Sony_cx0412 Sony_cx0451 Sony_cx0431
Sony_st51550d15 Sony_st51550d20 Sony_st51550d16 Sony_st51550d17 Sony_st51550d18

■試聴----------------------------------------------------------------

 ・1974年(昭和49年)といえば約40年前、高校生だった頃。
 ・特段に高音質とは言いませんが、とりあえず不満なくFM/AMを受信します。
 ・部品交換なしに無事に動作していることを褒めてあげたいです。
 ・緑色に浮かび上がる周波数スケール窓がステキな雰囲気を演出してくれます。
 ・この時期のソニーデザインはイイですね。

Sony_st51550d07

« TOSHIBA SDHC EXCERIA 32GB Class10 TYPE HD UHS-I | トップページ | Buffalo LS-WV2.0TL/R1 HDD交換記録 »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

その値段だと買っちゃいますね!coldsweats02
一台持ってますがなんだかこの美しいパネルを見てると一家に一台は置いてほしいとか勝手なことを想ってしまいます(笑)
さすがにフルサイズチューナーは置き場に困ってききましたが連休中珍しい物でAUREX STー630やtechnics STーG7が有りましたが値段や故障状態から買わずに済みました(笑)
が 小型のtechnics STー5を確保 チューニング針がどう動くのか…?
まずは腐食した釦の磨き から というかそれが全てかも(笑)

この機種自分が初めて手に入れた機種です。それまでダイアトーンの4chレシーバーで聞いてましたが、初めてのバラコンでSQ503X,ST5150D,そしてSPはダイナコのA-25XLという70年代末期の大学生にしてはかなりの渋い組み合わせでした。もちろん中古で揃えましたが、4畳半間借りのバイトばかりしていた学生時代でしたからこれはもう宝物でした。この組み合わせで浮いたお金はこれまた中古レコード屋の餌箱あさりしていたような気がします。今にして思えばこの組み合わせかなりの物とは思います。もう一度手に入れて聞きたい気がしています。
さてこのST5150Dの音が今でも耳に残っていて、多分チューナーの音の比較する際の原器になっている気がします。
もし放出される際は是非お声賭けお願いします(笑)、それにしても夜暗い部屋で明かり点けない眺めるだけでわくわくするデザインですね。

マサ様

Technics ST-5 は未体験ですが、シンセチューナーなのにアナログ指針を再現したような動作をする仕組みですね。Technicsの ST-8 も同様な機構を持っていました。アナログ式からシンセ式への移行期ならではの製品でしょうか?

それとAUREX ST-630に興味あります。HOですか?どこのお店?
まだ売れずに残っていたら確保したいです。

zuizui様

私は薄暗い部屋でワインでも飲みながらボーっとFMを聴くのが好きです。
SONY製の緑色照明、PIONEERは青色照明、TRIOは青緑色、Technicsはオレンジ色、、
イルミネーションに癒されながらアルファ波に満たされる至極の時間ですね。

実は今回のST-5150Dは放出のため既に梱包済みです。
お送り先情報をご連絡いただければすぐに発送できます。

ただいまこの機種の音聞いています。深夜便は80年代の洋楽特集、懐かしく聞いています
確かに高音質とは違いますが私にとっては良い音です。トリオの音とはまた違ったまとまりのある音です。この音の傾向はラジオのヒット作スカイセンサーにも通じる音ですね。
今晩も美味しい酒が飲めますね。
ありがとうございました

zuizui様

無事にお手元に届いたようで安心しました。
スカイセンサー、、これまた懐かしいSONYのヒット作ですね。
中学生の頃に買った The-11を思い出しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140763/57316996

この記事へのトラックバック一覧です: SONY ST-5150D 2号機:

« TOSHIBA SDHC EXCERIA 32GB Class10 TYPE HD UHS-I | トップページ | Buffalo LS-WV2.0TL/R1 HDD交換記録 »