フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

チューナー関連リンク

« SONY ST-J60 | トップページ | Xperia AX SO-01E アップデート記録 »

2013年6月 8日 (土)

Aurex ST-630

 ・2013年5月、マサ氏に教えていただいたHO情報でAurex製チューナーを入手しました。
 ・シンセ式FM専用機ですが、ネット検索しても目ぼしい製品情報が見当たりません。
 ・古い雑誌記事に1977年10月発売、当時の定価69,800円とありました。
 ・電源コードの印字は1976、シンセチューナー黎明期の珍しい機種と思います。

Aurex_st630_00

■動作確認------------------------------------------------------------

 ・フロントパネルのデザインは全体にすっきりしていて好印象。
 ・奥行きサイズが大きい。持ち上げるとズッシリ重い。
 ・アルミ製パネルはほぼ無傷。ボディ天板には目立つ擦り傷が多数あり。
 ・電源OK、FM受信OK、Sメーター点灯、STEREOランプ点灯、周波数ずれなし。
 ・エアチェック信号OK、MUTING動作OK。OUTPUT LEVELボリュームにガリなし。
 ・動作については大きな不具合は無さそう。

Aurex_st630_01 Aurex_st630_10 Aurex_st630_11 Aurex_st630_12 Aurex_st630_08

【マニュアル選局】
 ・三つのロータリースイッチで行うマニュアル選局の操作が面白い。
  →十の位:70/80
  →一の位:0/1/2/3/4/5/6/7/8/9
  →小数位:.1/.2/.3/.4/.5/.6/.7/.8/.9
 ・82.5MHzを受信するには 80 / 2 / .5 とセットする。
 ・ロータリースイッチは360度回転する。

Aurex_st630_02 Aurex_st630_03 Aurex_st630_04 Aurex_st630_05 Aurex_st630_06

【プリセット選局】
 ・「ガチャン」と押し込むタイプのプリセットボタンに5局登録できます。
 ・まず登録したい放送局をマニュアル選局する。
 ・MEMORYボタンを押しながらプリセットボタンを押す。
 ・MEMORYボタンを離す。

 ・ただメモリーへの登録動作がちょっと不安定です。
 ・周波数を記憶させるのに何度かやり直しが必要でした。
 ・登録できてしまえばメモリーが消えることなく便利に使えました。
 ・「ガチャン、ガチャン」と派手な音を立てながらのメモリ選局が新鮮な感覚です。

■内部確認------------------------------------------------------------

 ・天板を開けたら基板のはんだ面が出現、内部は逆さま構造でした。
 ・底板を開けて部品面を確認。
 ・大きな電源トランス、6800uFの大型電解コンデンサ。
 ・チューナー基板よりもシンセサイザー基板の方が大きい。

Aurex_st630_22 Aurex_st630_21 Aurex_st630_32 Aurex_st630_31 Aurex_st630_33

【チューナー部】
 ・FM5連相当の豪華構成
 ・セラミックフィルタ3個(IFバンド切替機能なし)
 ・HA11211 クアドラチュア検波
 ・HA11223 PLL-MPX

Aurex_st630_34 Aurex_st630_35 Aurex_st630_36 Aurex_st630_37 Aurex_st630_38
Aurex_st630_39 Aurex_st630_40 Aurex_st630_41 Aurex_st630_42 Aurex_st630_43

【コントロール部】

Aurex_st630_43_2 Aurex_st630_44 Aurex_st630_45 Aurex_st630_46 Aurex_st630_47

■調整記録------------------------------------------------------------

Skitch

  ・はんだ面に印字された電圧値をチェック。
  ・フロントエンド
   →OSC調整 VC005,L006
  ・トラッキング調整
  →L001,L002,L004,L005
  →VC001,VC002,VC003,VC004
  ・Sメーター電圧測定箇所
   →HA11211-9ピンにつながるD001
  ・検波調整
   →T002(赤) TP間の電圧ゼロ
   →T002(緑) 高調波歪最小
  ・MPX調整
   →VR003:パイロットキャンセル
   →VR004:VCO調整 TP76kHz
   →VR005:セパレーション調整
  ・Sメーター点灯調整
   →VR001
  ・エアチェック信号レベル調整
   →VR002:-6dB

■試聴----------------------------------------------------------------
 ・シルバーに輝くフロントパネル、バランス良く配置されたボタンスイッチ類。
 ・大きめの周波数表示、5連LED式Sメーターが性能を誇示するように輝きます。
 ・名古屋でNHK-FM岐阜放送局がきれいに受信できます。
 ・聴いて良し、眺めて良し、操作して良し。これは良い機種を入手しました。

Aurex_st630_09

 ・メモリー登録動作に「ちょい難あり」、これがちょっと残念、、
 ・何とか修理したい、、

Aurex_st630_14

Aurexst630

« SONY ST-J60 | トップページ | Xperia AX SO-01E アップデート記録 »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

デザインが良いですね。惚れ惚れします。数字表示がFL管ではなく、LEDに見えます。これも懐かしくて良いです。

まさに70年代のデザインですね!
まだシンセサイザー時代のデザインが無かった頃でしか有り得ないでしょうhappy01
これ液晶テレビとか電子レンジとかもこんなんならスタイリッシュかもね(笑)
しかしホントに保証付きコンディションとは驚き!中身も期待どうりでなによりwink
さすがAUREX!

Aurexらしからぬ?グッドデザインですね。
周波数表示はひろくんの言うように7SEGのLED(この頃の色は緑と赤)のようですね。
1977年だと蛍光表示管(FIP)はまだ普及していなく、電卓等で使われたぐらいだったはずです。(水色みたいな色でした)
メモリ登録の件はプッシュSWの接触不良で、分解清掃で治りそうな気もします。

皆さま、コメントありがとうございます。

1974 ST-910 280,000円 ※国産初のシンセチューナー
1976 ST-720 105,000円 ※ピンボード・プリセット方式
1976 ST-630  69,800円

当時のAurexは頑張っていたんですね。
この時代には面白そうな機種がまだありそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140763/57550015

この記事へのトラックバック一覧です: Aurex ST-630:

« SONY ST-J60 | トップページ | Xperia AX SO-01E アップデート記録 »