フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

チューナー関連リンク

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月の記事

2013年6月30日 (日)

SONY Xperia SmartTags NT2

Smarttagnt205

 ・Xperia NFCスマートタグの新色4個セットです。
 ・2013年6月下旬、アマゾンで購入しました。1セット2,780円。
 ・価格は旧色セットの約3倍、、高いな~、、
 ・海外サイトでは ココ で買えますが、送料を加えるとイイお値段になりそう。
 ・国内では他に入手方法がなさそうです。

Smarttagnt201 Smarttagnt202 Smarttagnt203 Smarttagnt204

■前回実験記録-------------------------------------------------------
 ・SONY Xperia SmartTags NT1

Smarttagnt208

■NFCを試す(9):NT2 新色タグのプリセット情報を見る----------------
 ・スマートコネクト でプリセット情報を確認。Nexus7 / Xperia AX SO-01E

05gray 06orange 07purple 08green

   →灰「アクティブ」:音楽を聴きながらジョギング、EndomondoからFacebook投稿
   →橙「見る」:GooglePlay音楽再生+Facebook投稿
   →紫「聴く」:YouTube+Facebook投稿
   →緑「再生する」:ゲーム、Facebook投稿

 ・スマートコネクトのデザインが白ベースに変わりました。
 ・以前の黒ベースの方が良かったなあ、、、

■NFCを試す(10):NT2 新色タグの内部情報を読む-----------------------
 ・NFC TagInfo
 ・4色タグの内部情報を表示させたところ、URL形式の文字列が読み取れました。
 ・前回の実験で試行錯誤の末に見つけたコードと同じでした。
 
   →灰 semc://liveware/A1/2/NT2/5/smarttags
   →橙 semc://liveware/A1/2/NT2/6/smarttags
   →紫 semc://liveware/A1/2/NT2/7/smarttags
   →緑 semc://liveware/A1/2/NT2/8/smarttags

Smarttagnt211

■NFCを試す(11):汎用NFCタグに NT2 新色タグの情報を書き込む----------
Nfc_37 ・NFC Tag Writer & Reader
 ・タグ内容クリア
   WRITE → RESET TAG
 ・URL新規書き込み
   WRITE → URL → URL入力 → Write → 書き込み完了

■青、赤、黒、白 のプリセット情報再掲--------------------------

   →青 semc://liveware/A1/1/NT1/1/smarttags 「車」
   →赤 semc://liveware/A1/1/NT1/2/smarttags 「自宅」
   →黒 semc://liveware/A1/1/NT1/3/smarttags 「寝室」
   →白 semc://liveware/A1/1/NT1/4/smarttags 「オフィス」

01blue 02red 03black 04white 5

 ・それにしても純正新色4個セットは販売価格が高い!
 ・旧色4個セットのバルク品もイイお値段です。
 ・安い汎用タグにコードを書き込んで使う方法が安上がりですね。

   

2013年6月23日 (日)

SONY SGPWKB1

 ・2013年6月初め、HOジャンクコーナーで見つけました。
 ・XPERIAタブレットt向けのSONY製Bluetoothキーボードです。
 ・ボロボロの元箱に入って1,050円でした。
 ・Androidタブレット用にちょうど良さそう、、と確保してきました。

■製品情報-------------------------------------------------------------

 ・SONY>製品情報>Xperia(TM) Tablet> 商品ラインアップ>SGPWKB1
 ・発売時のソニーストア販売価格:6,980円(税込)
 ・ちょっと前にNTT-Xストアで1,980円の叩き売りでした。

Sgpwkb101 Sgpwkb102 Sgpwkb106

■Nexus7 と Xperia SO-01E で使ってみて---------------------------------

 【ペアリング】
 ・Android端末でBluetooth機能オン。
 ・キーボード側でCONNECTボタンを押す。
 ・要求されたパスコードを入力。

Sgpwkb104

 【操作感】
 ・つや消しザラザラのキートップが指に馴染んで打ちやすい。
 ・適度なストローク、打感はポケモンキーボードよりずっと良い。

Sgpwkb105

 【Androidキー】
 ・キーボード左上に「ホーム」や「戻る」などのAndroidキーが並ぶ。
 ・Android端末をキーボードからそのまま操作可能。

Sgpwkb103

 【デザイン】
 ・キーボード表面はツルピカ光沢。
 ・アイソレーションタイプのキートップはつや消しザラザラ加工。
 ・ツルピカ光沢+つや消しザラザラ加工が高級感を演出。

 【キー配列】
 ・USキーボード。
 ・ひらがな印字が無いのでスッキリ、でも記号の配置に注意。

Sgpwkb108 Sgpwkb109

■ポケモンキーボードと比較--------------------------------------------

 ・サイズはポケモンキーボードより一回り大きい。
 ・キーピッチ:ポケモンキーボード 17mm、SONY 19mm
 ・サイズはポケモンの勝ち、高級感はソニーの圧勝。

Sgpwkb107

2013年6月16日 (日)

Su-Pen R201S-2A

 ・2013年6月初め、知人が 新しいSu-Pen が出ていると教えてくれました。
 ・ペン先が小さくなったようです。iPad miniでもすらすら書けるらしい、、
 ・ペンホルダーはあるのでペン先とアダプタのセットを買いました。

Supen03

■購入記録-----------------------------------------------------------
 ・6月初めの段階ではアマゾンは在庫切れでした。
 ・捜索したところ Vis-a-Vis の販売サイトを発見。
 ・メール便を選択すれば送料無料。
 ・ということで早速注文。二日後にはメール便で届きました。
 ・その後アマゾンを見たところ、在庫が復活していました。(6/14時点)
 ・在庫変動が早いですが定期的に入荷している模様。
 ・念のため Vis-a-Vis をもう一度覗いたところ「販売終了」となっていました。

Supen01 Supen02 Supen06 Supen04 Supen07

■使ってみて----------------------------------------------------------
 ・ペン先が黒い。小さい。柔らかい。フニャフニャという感じ。
 ・ペン先付け根の構造がすっきりしてカッコ良くなりました。
 ・真鍮で包んだだけの武骨さが無くなってスマートです。

Supen08

       左からelago Stylus HEXA DaVinci BCE101 旧型Su-Pen 新型Su-Pen
 ・iPad mini / iPad2 / iPad3  で試しましたが、どの機種でもスラスラ書けます。
 ・Su-Pen と相性が悪かった iPad mini でも全く問題ありません。
 ・最近は DaVinci BCE101 を使っていましたが、やっぱりSu-Penが断然良いです。
 ・これで STAEDTLER(ペンホルダー)がまた使えるようになりました。

Supen10 ・elago Stylus HEXA のペン先と交換できるか?
 ・鉛筆と同じ六角形の形状で持ちやすいスタイラスです。
 ・ペン先が交換できるので、ひょっとしたら、、と思いましたが
 ・残念、無理でした。

■Noteshelf はどうなった?--------------------------------------------
 ・iPadの手書きノートアプリとして Noteshelf を愛用していますが、、
 ・最近は開発がストップしたのでしょうか?
 ・Evernoteの強制パスワードリセット以降、ノートを転送できなくなっています。
 ・もう随分経つのに全く改善されません。
 ・乗り換え用として NoteAnytime を併用しています。

Supen11

2013年6月11日 (火)

Xperia AX SO-01E アップデート記録

 ・今日の夕方、SO-01Eにアップデートのお知らせが届いていました。
 ・調べてみたらドコモにお知らせページがありました。
 ・Wifi経由でダウンロード開始、正味約15分でアップデート作業完了。
 ・再起動後に表示された鮮やかなロック画面を見てちょっとビックリ。

07

■更新情報-------------------------------------------------
 ・Androidバージョン
  旧)4.0.4
  新)4.1.2
 ・ビルド番号
  旧)9.0.G.1.108
  新)9.1.C.0.473

02 03

■機能追加と不具合改善(ネット情報まとめ)-----------------
 ・Xperiaホームのアプリトレイでアプリのフォルダ管理が可能になる
 ・起動中のアプリをすべて終了できる機能の追加
 ・ロック画面デザインの変更
 ・静止画/動画を切り替えることなく、撮影および録画を開始できる「モードレスUI」機能の追加
 ・フロントカメラとの切り替えが簡単にできるようになる
 ・ダイヤルと連絡先のデザイン(カラーテーマ)を変更
 ・POBox Touchのキーボードのサイズや位置を調整できるようになる
 ・天気や自宅までのルートなどユーザーへのアドバイス情報を提供する「Google Now」機能を追加
 ・ステータスバーに表示された通知から次のアクションが可能になる
 ・データ保管BOXに対応し、ドコモクラウドでのデータ保管が可能に(7月以降提供予定)
 ・位置情報が付与された静止画がギャラリーで正常に表示されない不具合の改善

2013年6月 8日 (土)

Aurex ST-630

 ・2013年5月、マサ氏に教えていただいたHO情報でAurex製チューナーを入手しました。
 ・シンセ式FM専用機ですが、ネット検索しても目ぼしい製品情報が見当たりません。
 ・古い雑誌記事に1977年10月発売、当時の定価69,800円とありました。
 ・電源コードの印字は1976、シンセチューナー黎明期の珍しい機種と思います。

Aurex_st630_00

■動作確認------------------------------------------------------------

 ・フロントパネルのデザインは全体にすっきりしていて好印象。
 ・奥行きサイズが大きい。持ち上げるとズッシリ重い。
 ・アルミ製パネルはほぼ無傷。ボディ天板には目立つ擦り傷が多数あり。
 ・電源OK、FM受信OK、Sメーター点灯、STEREOランプ点灯、周波数ずれなし。
 ・エアチェック信号OK、MUTING動作OK。OUTPUT LEVELボリュームにガリなし。
 ・動作については大きな不具合は無さそう。

Aurex_st630_01 Aurex_st630_10 Aurex_st630_11 Aurex_st630_12 Aurex_st630_08

【マニュアル選局】
 ・三つのロータリースイッチで行うマニュアル選局の操作が面白い。
  →十の位:70/80
  →一の位:0/1/2/3/4/5/6/7/8/9
  →小数位:.1/.2/.3/.4/.5/.6/.7/.8/.9
 ・82.5MHzを受信するには 80 / 2 / .5 とセットする。
 ・ロータリースイッチは360度回転する。

Aurex_st630_02 Aurex_st630_03 Aurex_st630_04 Aurex_st630_05 Aurex_st630_06

【プリセット選局】
 ・「ガチャン」と押し込むタイプのプリセットボタンに5局登録できます。
 ・まず登録したい放送局をマニュアル選局する。
 ・MEMORYボタンを押しながらプリセットボタンを押す。
 ・MEMORYボタンを離す。

 ・ただメモリーへの登録動作がちょっと不安定です。
 ・周波数を記憶させるのに何度かやり直しが必要でした。
 ・登録できてしまえばメモリーが消えることなく便利に使えました。
 ・「ガチャン、ガチャン」と派手な音を立てながらのメモリ選局が新鮮な感覚です。

■内部確認------------------------------------------------------------

 ・天板を開けたら基板のはんだ面が出現、内部は逆さま構造でした。
 ・底板を開けて部品面を確認。
 ・大きな電源トランス、6800uFの大型電解コンデンサ。
 ・チューナー基板よりもシンセサイザー基板の方が大きい。

Aurex_st630_22 Aurex_st630_21 Aurex_st630_32 Aurex_st630_31 Aurex_st630_33

【チューナー部】
 ・FM5連相当の豪華構成
 ・セラミックフィルタ3個(IFバンド切替機能なし)
 ・HA11211 クアドラチュア検波
 ・HA11223 PLL-MPX

Aurex_st630_34 Aurex_st630_35 Aurex_st630_36 Aurex_st630_37 Aurex_st630_38
Aurex_st630_39 Aurex_st630_40 Aurex_st630_41 Aurex_st630_42 Aurex_st630_43

【コントロール部】

Aurex_st630_43_2 Aurex_st630_44 Aurex_st630_45 Aurex_st630_46 Aurex_st630_47

■調整記録------------------------------------------------------------

Skitch

  ・はんだ面に印字された電圧値をチェック。
  ・フロントエンド
   →OSC調整 VC005,L006
  ・トラッキング調整
  →L001,L002,L004,L005
  →VC001,VC002,VC003,VC004
  ・Sメーター電圧測定箇所
   →HA11211-9ピンにつながるD001
  ・検波調整
   →T002(赤) TP間の電圧ゼロ
   →T002(緑) 高調波歪最小
  ・MPX調整
   →VR003:パイロットキャンセル
   →VR004:VCO調整 TP76kHz
   →VR005:セパレーション調整
  ・Sメーター点灯調整
   →VR001
  ・エアチェック信号レベル調整
   →VR002:-6dB

■試聴----------------------------------------------------------------
 ・シルバーに輝くフロントパネル、バランス良く配置されたボタンスイッチ類。
 ・大きめの周波数表示、5連LED式Sメーターが性能を誇示するように輝きます。
 ・名古屋でNHK-FM岐阜放送局がきれいに受信できます。
 ・聴いて良し、眺めて良し、操作して良し。これは良い機種を入手しました。

Aurex_st630_09

 ・メモリー登録動作に「ちょい難あり」、これがちょっと残念、、
 ・何とか修理したい、、

Aurex_st630_14

Aurexst630

2013年6月 2日 (日)

SONY ST-J60

 ・2013年5月連休、知人からST-J60の故障品を貰いました。
 ・ステレオランプが点灯しないとの事です。
 ・未体験の機種だったので有り難く頂戴しました。

Stj60000

■製品情報------------------------------------------------------------
 ・オーディオの足跡 54,800円 1978年発売
 ・輸出機 ST-J60/60A UsersManual
   →輸出機はFM専用機でした。

Stj6000 Stj6002 Stj6003 Stj6004 Stj6005

■動作確認------------------------------------------------------------
 ・フロントパネルはほぼ無傷。ボタン類にサビが出ている。
 ・ボディは薄汚れた感じ、でも目立つキズは無い。
 ・電源OK、周波数表示OK、Sメーター点灯、FM/AMとも受信OK。
 ・メモリー登録OK。FMエアチェック信号(CAL TONE)OK。
 ・FM音声はかなり歪んだ感じ。ステレオランプ点灯せず。
 ・AMの受信感度は良好、音もかなり良い。

Stj6007 Stj6008 Stj6009 Stj6010 Stj6011

■内部確認-------------------------------------------------------------
 ・Alps社製フロントエンド
 ・IC101:LA1231 FM-IF system
 ・IC301:KB4437 FM-MPX
 ・IC201:LA1240 AM system

Stj6013 Stj6014 Stj6016 Stj6017 Stj6020

※IC301:東光 KB4437
 ・TICのICリストを見ると KB4437=PA1001 と記載があります。
 ・PIONEER TX-9900, F-26では PA1001 が使われています。
 ・東光KB4437 は Harman Kardon T610 で使われていました。
 ・KB4437 ブロック図がHarman Kardon TU905回路図にありました。

■調整記録----------------------------------------------------------------
 ・輸出機用サービスマニュアルひろくん様の調整記録 を参考に作業しました。

Skitch

【FM部】
 ・RT101:FMミューティングレベル調整
 ・RT201:AMミューティングレベル調整
 ・RR301:パイロットキャンセル
 ・RT302:VCO調整(76kHz)
 ・RT303:ステレオセパレーション調整
 ・RT305:R-ch Outputレベル調整
 ・RT355:L-ch Outputレベル調整
 ・RT401:Sメータ(LED)点灯調整
 ・RT402:CAL TONE調整(-6dB)
 ・IFT101(橙):Primary R105両端電圧=0
 ・IFT101(黒):Secondary 高調波歪みmin
【AM部】
 ・CT201、CT202
 ・T201
 ・IFT201、IFT202、IFT203

Stj6011_2 Stj6014_2 Stj6026 Stj6027 Stj6028

■不具合-------------------------------------------------------------------
 ・VCO調整でステレオランプは点灯するようになりました。
 ・FM放送の歪感の原因は CAL TONEスイッチの接触不良でした。
 ・CAL TONEスイッチをオフにしてもテスト信号が少し出ていたのです。
 ・スイッチのON/OFFを100回ほど繰り返して復旧しました。
 ・本当はスイッチを分解清掃したいところですが、この機種は底板が外せません。
 ・基板を外して裏返す根性が無かったので、パス。

■ST-J75 /ST-J60 比較-------------------------------------------------------
 ・2台並べて記念写真を撮っておきました。
 ・ST-J75は1981年に新品購入した思い出深い一品です。

Stj6034 Stj6036 Stj6037 Stj6038 Stj6039

 ・放送局名を表示するプレートはST-J75と全く同じものでした。
 ・ST-J75用にイラストレーターで作った自作プレートが流用できます。

Stj6035

 

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »