フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

チューナー関連リンク

« Lo-d HCC-8 | トップページ | Technics ST-C04 2号機 »

2013年7月14日 (日)

Marantz ST-5

 ・2013年6月中旬、ヤフオクで終了間際のST-5が目に止まりました。
 ・動作未確認、入札者ゼロの1,000円ジャンク品でしたが、
 ・高級感漂うシャンパンゴールドのフロントパネルに目が眩み、、つい、

St502

■製品情報------------------------------------------------------------
 ・オーディオの足跡 Marantz ST-5 64,800円(1979年発売)ESOTECシリーズ
 ・Tuner Information Center Marantz ST-500/ST-510

St506 St507 St508 St509 St510

■動作確認------------------------------------------------------------
 ・フロントパネルに目立つ傷なし。天板に引っかき傷が数本。
 ・メモリーボタンと選局ボタンに酷いサビ。
 ・IFバンド切替 WIDE/NARROW。
 ・赤色LED5連のSメーターは切替スイッチでマルチパスメーターに。
 ・メモリー登録7個。
 ・電源OK、FM受信OK、ステレオランプ点灯、メモリー登録7局OK。
 ・出音に違和感なし。
 ・ところがAMは全く受信しない。周波数表示は正常だが局間ノイズも出ない。
 ・AMもメモリー登録7局OK。背面にLOCAL/DX切替スライドスイッチ。
 ・FMは大きな問題なし、でもAMは重症でした。

St500 St504 St505 St515 St516

■内部確認------------------------------------------------------------
 ・本体を覆う天板がずっしり重い。底板に斜めに筋かい。
 ・薄型ボディながら剛性はしっかりしている感じ。
 ・FMフロントエンドは4連バリキャップ構成。
 ・WIDE/NARROW切替
 ・HA11225 FM-IF System
 ・KB4437 FM-MPX ※東光4437=PA1001
 ・HA1197 AM-Tuner System

St519 St520 St517 St523 St527
St530 St532 St533 St534 St535

■サービスマニュアル購入----------------------------------------------
 ・AM部の修理を考えて回路図など情報を探しました。
 ・ST-5の情報を求めてネット検索、、回路図などを探しましたが見つからず。
 ・結局久しぶりに manual in PDF でサービスマニュアルを購入しました。
 ・MARANTZ ST-500 Service Manual 全41ページ 7.99USD
 ・調整要領、回路図、部品一覧表などが揃っていました。
 ・ST-5 と ST-500 ではセレクターボタンの形状が違うものの中身はほぼ同じでした。

St5bd

■AM部が復活している??----------------------------------------------
 ・入手から約2週間、動作確認を兼ねてFM放送を連続受信していました。
 ・AM放送は受信できないと諦めていたのですが、、
 ・回路図も入手できたので各部電圧を検証しようと思ったら、、
 ・不思議なことに、、AM放送が受信できるようになっていました??

■調整作業------------------------------------------------------------
【VT電圧調整】J505 DC電圧計セット
 ・C117 89.90MHz 20.0V
 ・L106 76.10MHz  3.0V
【RF受信調整】R225横のジャンパ線にDC電圧計セット
 ・C101,C107,C110 89.90MHz
 ・L101,L102,L103 76.10MHz
 ・L105 83.00MHz 電圧max、
【FM同調点調整】J201-J202 DC電圧計セット
 ・L202 右プライマリコア調整 電圧ゼロ
 ・Wide時 L202 左セカンダリコア調整 高調波歪最小
 ・Narrows時 L201 高調波歪最小
 ・R215 NARROWゲイン調整
【その他】
 ・RT01 Sメーター点灯調整
 ・R229 FMミューティング調整
【VCO調整】
 ・R303 J301 76kHz
 ・R306 パイロットキャンセル
 ・RS05 Wide セパレーション調整
 ・RS04 Narrow セパレーション調整
 ・配線確認 J301-KB4437-15ピン
 ・配線確認 J302-KB4437-2ピン
【AM-VT電圧調整】J505 DC電圧計セット
 ・CA10 1602kHz 23V
 ・LA02 531kHz 2.0V
【AM受信調整】JA05 DC電圧計セット
 ・CA02 1332kHz東海ラジオを受信しながら電圧max
 ・L051 729kHzNHK第一を受信しながら電圧max(背面バーアンテナ)
 ・RA18 AMミューティング調整
 ・RS06 AMメーター調整

St537 St538 St539 St540 St542

■使ってみて----------------------------------------------------------
 ・周波数窓の裏側を磨いたので表示がとてもクリアになりました。
 ・シャンパンゴールドに輝くフロントパネルは高級感がありますね。
 ・フロントパネル右下に電源スイッチがある機種は珍しい。
 ・いまのところFM/AM部とも問題なく稼働しています。
 ・AM部の動作状況をもう少し確認しておきます。

St514

« Lo-d HCC-8 | トップページ | Technics ST-C04 2号機 »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

このチューナもデザインに好かれますね。
AMが不具合だった原因は可能性順に以下と思います。
①OSCトリマ
②HA1197
可能性としては他にも色々考えられるので現象が出ないと調査できないと思います。

AM不調の原因を示唆いただきありがとうございます。
調整時に意識してトリマに触りましたが、異常は発生しなかったです。
原因不明のまま、今のところ正常に稼働しています。

シャンパンゴールドのフロントパネルはなかなか良いのですが、メモリ
ボタンとUP/DOWNボタンが残念な状態になっています。
丸いプッシュボタンはピカピカなのに、惜しいです。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140763/57790238

この記事へのトラックバック一覧です: Marantz ST-5:

« Lo-d HCC-8 | トップページ | Technics ST-C04 2号機 »