フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

チューナー関連リンク

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月の記事

2013年9月28日 (土)

TRIO KT-8001

 ・2013年9月中旬、TRIO KT-8001の修理調整依頼をお受けしました。
 ・KT-8001は以前から興味あった機種で、いつか入手したいと思っていました。
 ・思いがけずご依頼をいただき「実機を見てみたい!」という欲望に駆られ、、
 ・確実に直せるという自信もないくせに、、私の手元にやって来ました。
 ・以下、作業記録および状況報告です。

Kt800101

■製品情報------------------------------------------------------------

 ・1971年発売、定価83,000円
 ・オーディオの足跡には情報がありません。※2013年9月現在
 ・cooltune様の雑誌記事リストによれば以下の記事があります。
 ・電波科学 1973年1月 臨時増刊 FMチューナのすべて KT-8001回路図が掲載されています。
 ・無線と実験 1971年6月号 新製品としてKT-8001の紹介記事が載っているようです。

 ・輸出機 KENWOOD KT-7001 1971
 ・KENWOOD KT-7001と TRIO KT-8001を比較すると外観デザインはそっくりです。
 ・海外サイトで KENWOOD KT-7001 の回路図とサービスマニュアルを入手しました。

【雑誌広告より引用 ~TRIO KT-8001~】
 ダイヤルスケールいっぱいに、局間300kHzでFM局が林立する、驚嘆すべきFM放送技術の進歩を考えれば、いちがいに夢と決めることはできません。こう考えただけでも楽しくなる時代のために完成されたチューナーがKT-8001。FM放送とともに歩み続け<FMの歴史はトリオの歴史>とまで呼ばれているトリオが、未来のFMを予言して創りあげたチューナーのなかのチューナーです。
 回路には6エレメントのクリスタルフィルターと集積度の高いIC、デュアルゲートFETというすぐれた回路素子を使い、感度、選択度、セパレーション、S/N、イメージ比、キャプチャーレシオetc の諸特性を大幅にアップしました。また、マルチパス検出機構をはじめ、電界強度を測定できるシグナルメーター、等間隔目盛のダイヤルスケールなど、マニアのためのメカニズムも豊富です。

■動作確認-------------------------------------------------------------

 ・両側のサイドウッドにそれぞれ目立つ傷がありますがフロントパネルはほぼ無傷。
 ・電源投入OK。青緑色に映える周波数窓の中央右側が暗い、ここは電球切れの予感。
 ・二つのメーター動作OK。Sメーター最大位置とTメーター中央がわずかにズレる。
 ・TメーターとSメーターが両サイドに分かれているので視認性が悪い。
 ・わずかに周波数ズレ、でもFM受信OK。ただしSTEREOランプ点灯しない。聴感上もモノ。
 ・MUTINGオンにすると受信中の音声が出なくなる。MUTINGオフなら音声出る。
 ・AMは受信できない。Sメータが全く振れない。ザーという局間ノイズも聴こえない。

Kt800103 Kt800104 Kt800105 Kt800106 Kt800107
Kt800108 Kt800111 Kt800112 Kt800113 Kt800114

■内部確認-------------------------------------------------------------

 ・ボディを開けると各基板はシールドカバーに覆われて高級感漂う感じ。
 ・FM4連、AM3連バリコン。クリスタルフィルター、レシオ検波、ICなしのMPX回路。
 ・内部構成は kencraft GT-810 によく似ている。
 ・背面には固定出力端子と可変出力端子、マルチパス出力端子。
 ・背面端子類はすでに清掃済みのようでピカピカでした。
 ・FMアンテナ接続用にF型端子が無いのが残念。

Kt800115 Kt800116 Kt800117 Kt800118 Kt800119
Kt800120 Kt800121 Kt800122 Kt800123 Kt800124

■TRIO KT-8001実機 vs KENWOOD KT-7001回路図---------------------------

 ・両者を比較してみました。

View_top

View_bottom

 ・基板番号は同一。パーツの多少の相違はありますがほぼ同一機といえます。
 ・電源基板 X00-1010-10
 ・RF基板  X01-1000-10
 ・IF基板  X02-1000-10
 ・MPX基板  X04-1000-10
 ・AUDIO基板 X08-1000-10
 ・SUB基板  X13-1000-10

Kenwood_kt7001_schematic

■周波数窓の電球交換--------------------------------------------------

 ・電球交換にはフロントパネルを分解して前面からアクセスする必要あり。
 ・フロントパネルのツマミはすべてアルミ無垢。それぞれイモねじ2点固定。
 ・電球は8V0.3Aのヒューズ型、これなら同等品を大量保管しています。
 ・分解したついでに徹底清掃、ガラス面の裏側まで磨きました。
 ・青緑色の照明、オレンジ色に光る指針、美しい周波数窓が蘇りました。
 ・青色LEDか?と錯覚する二つのパイロットランプも良いアクセントです。

Kt800130 Kt800131 Kt800132 Kt800133 Kt800134

■調整記録------------------------------------------------------------

・輸出機KENWOOD KT-7001サービスマニュアル
【センター調整】IF基板
 ・何も受信しない位置で L2上段調整 → Tメータ中央
【OSC調整】RF基板
 ・76MHz L4 調整 → Sメータ最大
 ・90MHz CT4調整 → Sメータ最大
【RF調整】RF基板
 ・76MHz L1,L2,L3調整 → Sメータ最大
 ・90MHz CT1,CT2,CT3調整 → Sメータ最大
【レシオ検波調整】IF基板
 ・83MHz L2下段 歪最小
【Sメーター調整】IF基板
 ・83MHz L3 TP電圧最大
 ・VR3 FM-Sメーター振れ調整
【MUTING調整】IF基板 ※ミューティングスイッチ1
 ・83MHz L4 TP電圧最大
 ・VR1,VR4
【MULTIPATHメーター調整】SUB基板
 ・83MHz VR1 meter not swing
 ・83MHz VR2 min
【MPX調整】MPX基板
 ・83MHz L1(19kH),L2(19kHz),L5(19kHz)調整 19kHz最大
 ・83MHz L3(38kHz),L4(38kHz)調整  38kHz最大
 ・83MHz VR2調整 STEREOランプ点灯
 ・VR1セパレーション調整
【AM調整】
 ・背面バーアンテナでAM実放送を受信しながら調整
 ・NHK第一放送 729kHz L8,L5,バーアンテナ
 ・東海ラジオ 1332kHz CT8、CT7
 ・VR5 AM-Sメーター調整

Kt800119_2 Kt800135 Kt800136 Kt800137 Kt800138

【調整メモ】
>わずかに周波数ズレでもFM受信OK。ただしSTEREOランプ点灯しない。聴感上もモノ。
 ・MPX調整でステレオランプ点灯、実際のステレオ感も回復。

>MUTINGオンにすると受信中の音声が出なくなる。MUTINGオフなら音声出る。
 ・IF部MUTING調整でミューティング動作復旧。

>AMは受信できていない模様。Sメータが全く振れない。局間ノイズも聴こえない。
 ・実はAMは受信していました。アンプのVRを相当大きくすると聴こえました。
 

■調整後の新たな問題--------------------------------------------------

 ・FMステレオ放送受信時、Lch側の音声が歪っぽい。Wavespectraでも波形で確認。
 ・さらにLchだけ不定期に「ガサ、ゴソ」と小さなノイズ音が発生。
 ・AMは受信しているが音が極めて小さい。Sメーターは微かに振れるだけ。
 ・続く、、

Kt800139

2013年9月20日 (金)

Xperia AX / SO-01E アップデート記録

 ・2013年9月20日、iPhone5s/5c発売日の早朝。
 ・Xperia AX にアップデート通知が来ていました。
 ・NTT docomo Xperia AX SO-01Eの製品アップデート情報
 ・改善される事象は「充電中に電池残量が正しく表示されない場合がある。」とか、、
 ・不具合の心当たりはありませんが、アップデート実行しました。

■更新情報--------------------------------------------------
 ・Androidバージョン
  旧)4.1.2
  新)4.1.2
 ・ビルド番号
  旧)9.1.C.0.473
  新)9.1.C.1.103

20130920_063018 20130920_063133 20130920_063953

 ・いよいよドコモもiPhoneを取り扱うことになりましたね。
 ・新聞各紙の朝刊に全面広告が入っていて、ドコモの本気度が分かりますが、、
 ・私はドコモ歴10年超のプレミアムユーザーですが代えるつもり全くナシです。
 ・1台目のAXにはほとほと手を焼きましたが、2台目は安定して使えているので、
 ・もうしばらくこのAXを使いながらXperia新シリーズのZ1を待とうかと思案中、、

2013年9月15日 (日)

SONY MDR-CD900ST メンテナンス記録

 ・FMチューナーの音を確認するときのヘッドホンは MDR-CD900ST を使っています。
 ・スタジオでも常用しているので、慣れた音で聴き比べができます。
 ・他の MDR-CD900ST より使用頻度は少ないのですが、5年も経つと劣化しますね。
 ・イヤーパッドの黒い表面がボロボロと剥がれてきました。
 ・民生用機器だと新品買い替えになるところ、さすが業務用は部品単位で購入可能です。
 ・左右のイヤーパッドとウレタンリングを交換しました。

900st23 900st24

■製品情報------------------------------------------------------------

Sony Music Communications MDR-CD900ST

900st22

■部品注文------------------------------------------------------------

 ・部品表を確認して必要パーツをサウンドハウスで注文しました。

Mdrcd900st_partslists

900st01 900st02 900st03 900st04 900st06

900st05 ・図面番号:1
 ・部品コード:SONY 2-115-695-01
 ・部品名:イヤーパッド(スクリーン付)
 ・適合機種 MDR-CD900ST
 ・価格:980円(1個)
 ・注文サイト→

900st07 ・図面番号:2
 ・部品コード:SONY 2-113-149-01
 ・部品名:ウレタンリング
 ・適合機種:MDR-CD900ST,MDR7506,MDR-CD900,MDR-V6
 ・価格:110円(1個)
 ・注文サイト→

■交換手順------------------------------------------------------------

 ・サウンドハウスの商品サイトに手順を示した映像があります。
 ・難しい作業ではなく、あっけないほど簡単です。
 ・ウレタンリング交換は必須ではありませんが、
 ・長年の使用で変形しているのでこの機に一緒に交換した方が良いです。

900st08 900st09 900st10 900st11 900st12_2
900st13 900st14 900st15_2 900st16 900st17

■装着感向上----------------------------------------------------------

 ・このヘッドホンは発売から20年以上も経過した超定番機です。
 ・新機種もいろいろ試しますが、「変わらない音」を求める場合はこれが一番です。

900st21

2013年9月 8日 (日)

SONY ST-5130 前期型 2号機

 ・2013年8月初め、電源が入らないという ST-5130前期型を入手しました。
 ・前期型と後期型の違いはここ。外観ではつまみの形状で判断できます。
 ・5000F、5150、5140、5130 シリーズなら故障品でも確保しちゃいます。
 ・病気です、、

Sony_st513005

■製品情報

 ・オーディオの足跡 SONY ST-5130 ¥69,800(1972年頃)
 ・ソニー チューナーカタログ 1974年1月版

Sony_st513001 Sony_st513002 Sony_st513003 Sony_st513004 Sony_st513009

■電源が入らない-------------------------------------------------------

 ・電源基板チェック。ヒューズ切れではない。
 ・回路図と見比べながら各部電圧確認。
 ・Q701:2SD291、Q702:2SC1364(回路図では2SC634A)が怪しい?
 ・2SD291  → 保管しているST-5150の基板から2SD291を移植。変化なし。
 ・2SC1364 → 2SC1815 に交換。当たり!
 ・これで電源が入るようになりました。
 ・ついでに同じ 2SC1364 を使った Q702 も 2SC1815 に交換。
 ・さらについでに電源部の電解コンデンサ4本を交換。
 ・C701:220uF/25V
 ・C702:1000uF/35V
 ・C703:220uF/25V
 ・C704:47uF/16V

Sony_st513019 Sony_st513031 Sony_st513032 Sony_st513033 Sony_st513034

■不具合いろいろ--------------------------------------------------------

 ・電源が入ったので動作確認してみると不具合箇所が多数あり。
 ・周波数窓を照らす両端の照明ランプ球切れ。
 ・AM放送受信に切り替えるとSメーターが振れ放送が聴けた。。
 ・放送局周波数付近でメーターは振れるのでFM放送は受信している模様。
 ・ところがFMは出力端子からは音声が聴こえない。
 ・ステレオランプも点灯しない。
 ・念のためマルチパスH端子から信号を取り出してみると、FM音声が聞こえた。
 ・FMは検波回路までは生きている。MPX回路に問題ありそう。

Sony_st513012 Sony_st513014 Sony_st513016 Sony_st513015 Sony_st513011

■MPX部修理-------------------------------------------------------------

 ・ST-5130回路図に基づいてMPX回路で音声信号を追いました。
 ・トランジスタの脚に直接リード線をつけて信号を確認、
 ・原因は Q401 2SK23 (19kHz AMP) これが不良でした。
 ・部品取りした ST-5150基板に載っていた 2SK23A に交換。
 ・これで放送が聴けるようになりました。

Sony_st513018 Sony_st513038 Sony_st513039 Sony_st513045

■STEREOランプ交換、メーター交換----------------------------------------

 ・FM放送が聴けるようになってもやはりSTEREOランプが点灯しない。
 ・これは単純な電球切れでした。
 ・大量に保管してある同型品に交換。

Sony_st513042 Sony_st513041 Sony_st513043 Sony_st513035 Sony_st513037

 ・TメーターとSメーターの照明が電球色なのでちょっとショボイ。
 ・内部を見ると、メーターをこじ開けようとした痕跡あり。
 ・ST5150Dから部品取りした緑色フィルムが貼ってあるタイプに交換。
 ・これで雰囲気がずいぶん変わります。
 ・各部受信調整してST-5130初期型復活しました。

Sony_st513046front Sony_st513047if Sony_st513048mpx Sony_st513049am ST-5130 回路図

■FMが聴ける素敵なインテリア-----------------------------------------

 ・シルバーパネルに浮かび上がる緑色照明が美しい、、この雰囲気が大好きです。
 ・喫茶店を経営する友人がこれを欲しいというので譲渡しました。
 ・FMが聴ける素敵なインテリアとして彼のお店で活躍中。

Sony_st513008

2013年9月 1日 (日)

PIONEER SX-100S

 ・2013年8月初め、懲りもせずまた古いレシーバーを入手しました。
 ・もう巨艦クラスは買わない、と自制しているのですが、、
 ・でも調べてみると何と「オートチューニング機構」を搭載しているとのこと。
 ・1970年にオートチューニング機があったのか! これは興味津々です。

Sx100s64

■製品情報------------------------------------------------------------

 ・オーディオの足跡 Pioneer SX-100S ¥125,000(1970年頃)
 ・輸出機SX-2500、ネット上でサービスマニュアル、回路図発見。
 ・パイオニア 総合ステレオアンプ カタログ(1970年7月版?)

Sx100s00 Sx100s62 Sx100s63 Sx100s10 Sx100s11

<PIONEERカタログよりキャッチコピー抜粋>
 ・ソリッドステート総合ステレオアンプ SX-100S
 ・エポックメイキングな独自のオートチューニング機構を開発採用。
 ・手動選局よりも正確なサーボモーターによる精密同調システム。
 ・どんな場合でも正しい同調点を追尾する完璧なセンターチューニング方式。
 ・電波が弱い局も自動停止装置用ミューティングレベル可変式で対応。
 ・FMステレオ放送局だけの選局も可能。
 ・ミュージックパワー200Wの余裕。
 ・付属のリモコンユニットで離れた位置から音量調整と選局可能。
 ・FMフロントエンドは4連バリコンとFETを組み合わせた高周波増幅採用。
 ・IF部はICとクリスタルフィルター採用で選択度とリミッタ効果抜群。
 ・PHONO端子2回路。MC用トランス別売。
 ・テープデッキ2台同時接続可能。
 ・トーンコントロールは3dBの高精度スイッチ式。
 ・マルチチャンネル化を考慮してプリメインの分割使用可能。
 ・シグナルストレングスメーターとセンターチューニングメーター採用。
 ・好評のUAシリーズ系のデザインでまとめたハイセンスなボディデザイン。

■SX2500回路図と内部照合----------------------------------------------

 ・FM4連、AM3連の独立バリコン。IF部はクリスタルフィルター2個。レシオ検波。
 ・MPX部はIC化される以前の旧式。
 ・FMフロントエンドとIFユニットの基板番号が僅かに違うだけ。
 ・あとの基板番号はすべて一致。

Sx100s0top

Sx100s0tbotom_2

Sx100sinside

■動作確認------------------------------------------------------------

 ・現物を見るとやはりデカイ(幅486×高146×奥行384mm)、オモイ(15kg)です。
 ・本体は意外にキレイな、と言うよりむしろ綺麗すぎる状態でした。すでに清掃済みらしい。
 ・清掃時に磨き過ぎたのか? フロントパネルの文字が一部消えています。これは残念!
 ・文字消え以外は全体に傷はなく、ウッドボディも保存状態も良好。文字消えさえなければ、、

Sx100s02 Sx100s04 Sx100s07 Sx100s13 Sx100s14

 ・右側面に謎の窪み。CdS光センサーは何に使う?
 ・背面から謎のケーブルが飛び出している。これは何??
 ・カタログ写真と見比べると背面のAMバーアンテナが無い、、
 ・謎のケーブルはAMアンテナに繋がっていた残骸でした。
 ・AMバーアンテナは折れてなくなった、というより意図的にきれいに外されている感じ。
 ・本来はオートチューニングと音量をコントロールできるリモコンが付属するようです。
 ・スピーカー端子は特殊形状のプラグ形式。昭和57年5月17日の修理シール。

Sx100s21 Sx100s22 Sx100s30 Sx100s23 Sx100s24

 ・さっそく実験用のスピーカー、レコードプレーヤー、CDプレーヤーを接続して動作確認。
 ・電源OK、周波数窓の青い照明は中央部が暗い→球切れ予想。
 ・二つのメーター照明OK。FM放送受信OK、周波数指針のずれはわずか。
 ・STEREOランプは点灯したり消灯したりの繰り返し。聴感上のステレオ感も同じ。
 ・レコード再生OK、AUX端子とTAPE端子に繋いだCD再生もOK。
 ・ボリューム操作OK、バランス操作OK、トーンコントロールOK、

Sx100s31 Sx100s25 Sx100s26 Sx100s27 Sx100s28

【不具合症状】
 ・電源オン時に大きなポップノイズ。
 ・FMステレオ受信に難あり。MPX部の再調整必要。
 ・適当なAMループアンテナではうまく受信できない。アンテナ部の修理必要。

Sx100s34 Sx100s36 Sx100s37 Sx100s38 Sx100s40

■オートチューニング機構----------------------------------------------

【操作方法】~英文サービスマニュアルより意訳~
Sx100s26_2 ・SELECTORスイッチを「FM AUTO」に切り替える。
 ・LOCAL STATIONスイッチ ON
 ・FM MUTING ノブを最大右へ。
 ・ただし電波の弱い地域ではLOCAL STATIONスイッチ OFF、MUTINGノブを左へ。
 ・緑色に光っている[<] [>]ボタンを押す。
 ・FMステレオ局だけを選局する場合は先に「FM STEREO STATION」スイッチ ON。

【動作原理】〜オーディオの足跡から勝手に転載〜

 SX-100SにはFMもAMもワンタッチでボタンを押すだけというオートチューニング機構を搭載しており、サーボコントロールにより、手動選局より精密な同調を可能にしています。オートチューニングメカの問題点は、モーターの慣性やブラシの磨耗によってズレが起こり、正確な同調が困難になる事でした。本機ではこのズレをAFCでカバーするような方法でなく、ディスクリミネーターから得られる正負の直流信号(Sカーブ)が同調点でゼロになることを利用して同調点で停止させるしくみを採用しています。ダイアル指針は停止する前に左右に小さく往復します。これは精密な同調点を追跡しているからで、もし受信の途中に電波の関係で信号位置がずれるような事があってもそれを追いかけて同調します。また、ダイアル指針が動いている間は自動的にミューティングが働くので不快な局間ノイズは出ません。このミューティングはオートチューニング停止感度レベルを兼ねており、停止感度を可変する事ができます。もちろんマニュアル同調も従来どおりに普通に行うことが出来ます。

 Local Stationスイッチを搭載しており、ONにするとダイアル指針を停止させる感度が20dBダウンします。これにより、電波の弱い局やノイズの多い局では停止せずに通過し、電波の強い局だけを選んでキャッチできます。また、FM Stereo StationスイッチをONにしておけば、ステレオ放送だけを選びます。付属のリモコンユニットを使う事で、オートチューニングとボリュームの両方が離れたところから操作できます。

Sx100s43 Sx100s45 Sx100s46 Sx100s47 Sx100s48

■試聴-----------------------------------------------------------------

 ・FM部を軽く調整してステレオランプ点灯、セパレーション約40dB。
 ・Sメーターの振れが小さめ。電波強度70dBfでも半分ほどしか振れない?
 ・この時代の青色照明はちょっと地味な感じ。でもいい雰囲気です。
 ・何といっても「オートチューニング機構」がマニアックでたまりません。

Sx100s60

■宿題-----------------------------------------------------------------

 ・AMアンテナの復旧とAM部再調整。
 ・スイッチとVR、4ピンDINコネクタとケーブルがあればリモコンユニット自作できるかも?
 ・当分楽しめそうです。

Sx100sspec_2

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »